ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゴシップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゴシップ」に関する情報が集まったページです。

インスタの写真を拡大したら「再婚」の文字。姪の結婚を心配するふりをして面白がる相談者に柴田理恵も怒る 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者……怖っ!(2020/5/4)

Amazon Prime Videoで映画「すみっコぐらし」独占配信
4月の新着コンテンツも発表。(2020/3/26)

好物を聞くとイメージが変わるマリー・アントワネット 彼女が愛した素朴な郷土料理「クグロフ」とは
パンがなければケーキを食べれば……なんて言ってないらしい。(2020/4/8)

不仲説なんてプロ意識で吹っ飛ばせ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」8話 プロのアイドル、それを照らすオタク
苦しみ続ける中でもプロな空音の強さを、とくと見よ。(2020/2/28)

ハピドラ!:
【漫画で紹介】KIMONO騒動でしかキム・カーダシアンを知らない人に伝えたい、まだまだいっぱいのお騒がせエピソード「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」
全員、悪役(ヴィラン)。(2019/10/26)

夫ライアン・レイノルズの誕生日祝いに妻ブレイク・ライブリーが選んだ写真が話題に 白目むき写真拡散の雪辱果たす
ヒュー・ジャックマンだけじゃなかった、妻とも悪ノリ。(2019/10/25)

上映時間7時間18分の映画「サタンタンゴ」を見ると人間は「サタンタンゴを見た状態」になれるという話
7時間18分にしてわずかに約150カット。驚異の長回しで描く「人生」の映画とその体験です。(2019/10/12)

ジャニーズは努力が9割【後編】:
ジャニー喜多川が育成 TOKIO国分太一、V6井ノ原快彦に学ぶ「最強のコミュニケーション術」
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする後編。ジャニーズの中でも特にコミュニケーション技術を学べるのがTOKIO国分太一とV6井ノ原快彦だ――。(2019/9/4)

「今知りたい! システムを守る認証の実態」セミナー:
【7pay、Omni7問題】企業、利用者、メディア、エンジニアは何を教訓にすべきか
2019年7月、NPO日本ネットワークセキュリティ協会が「今知りたい! システムを守る認証の実態」セミナーを開催。「認証」と「セキュリティ」をキーワードに3人の登壇者が、現在、事業者そして利用者ができることを語る会となった。(2019/8/28)

ベゾス夫妻の離婚、財産分与はAmazon株75%と全議決権が夫のジェフに
Amazon.comの創業者でCEO、Washington Postのオーナーでもあるジェフ・ベゾス氏とその妻マッケンジーさんの離婚の手続きが完了したとマッケンジーさんがツイートした。注目の財産分与は、Amazon株式の75%と議決権の100%が夫のものになる。(2019/4/5)

ジェフ・ベゾス氏スキャンダル脅迫の陰にサウジ政府──調査したコンサルが結論を公表
Amazon.com創業者でWashington Postのオーナーでもあるジェフ・ベゾス氏をゴシップメディアが脅迫した件で、ベゾス氏のプライベート情報を入手したのはサウジ政府だと、ベゾス氏から調査依頼を受けた著名セキュリティコンサルのギャビン・デ・ベッカー氏が発表した。(2019/4/1)

「他人から非難される覚えはない」 梅宮アンナ、ネットのバッシングに反論
「酷い言葉のオンパレード」だったと語るアンナさん。(2019/3/18)

検索結果から「いかがでしたかブログ」除外 ブラウザ拡張機能「ゴシップサイトブロッカー」が便利
URLやドメイン、キーワードといった条件で、該当するサイトを検索結果から除外できます。(2019/3/14)

ニュースの話を会社の人とするのって意外とむずかしくない?
どこで地雷を踏むかわからない。(2019/3/4)

ジェフ・ベゾス氏、ゴシップメディアからの脅迫メールをMediumで公開「プライベート写真公開は嫌だが脅迫に屈するのも嫌だ」
Amazon.comのCEOでWashington Postのオーナーでもあるジェフ・ベゾス氏が、ゴシップメディア「National Enquirer」からの脅迫メールをMediumで公開した。ベゾス氏に、申し出を断れば恥ずかしい写真を公開すると脅すものだ。(2019/2/8)

ITりてらしぃのすゝめ:
「クズだな」→「クズ過ぎる」 私がツイートを“たらい回しする遊び”に参加しなかった理由
先日、Twitter上で「クズだな」「クズ過ぎる」などの短文と共に、とあるツイートが続々と引用RTされる出来事が起きた。SNSでよく見るジョークの1つと笑い飛ばすこともできるが、サイバー犯罪者がつけいる隙を与えることにも……。(2019/1/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーは時間という経営資源の価値を最大化せよ!
プレイヤーの時は、イキイキと仕事をしていた人が、リーダーになった途端に輝きを失っうのはなぜだろうか?(2018/12/13)

565万円相当を稼いだ人も:
読んだら報酬、中国ニュースアプリ赤字覚悟の拡大策
上海で清掃員として働くカイ・リーさんは、中国ニュースアプリの「趣頭条(Qutoutiao)」にどっぷりはまっている。その魅力はセレブのゴシップ記事と、それを読むことで得る現金収入だ。(2018/12/12)

ゴーンショック:
ゴーン氏が「悪者」で西川社長が「男らしい」というおかしな風潮 後編
ゴーン氏逮捕については、センセーショナルな事件であったことや、私的流用や公私混同の話がゴシップネタとして面白おかしく報じられたことから、ゴーン氏一人が注目を集める格好となった。しかし企業としての責任にフォーカスすると、どう見えるだろうか?(2018/11/29)

ゴーンショック:
ゴーン氏が「悪者」で西川社長が「男らしい」というおかしな風潮 前編
ゴーン氏逮捕の真実は今後明らかにされていくだろうが、私的流用が多々あったことは間違いなさそうだ。しかし、そのような振る舞いをとめることができなかった役員にも責任がある。西川氏らほかの役員の責任はどう捉えたらいいのだろうか?(2018/11/28)

相撲女子を首ったけに:
「諦めなければ夢はかなう」 豊ノ島との友情が生んだ相撲雑誌
相撲雑誌「TSUNA」が人気だ。編集長は友人の豊ノ島の雄姿に突き動かされ創刊を決めた。独学で「相撲トリビア」を詰め込んだ入門誌を発行し続けた。(2018/11/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“めんどくさい女性”が働き方改革の救世主? 「ババア活用」のススメ
働き方改革を実感していない人が多いのは、「人生の邪魔をしない職場づくり」ができていないから。どうすればいいのでしょうか? 「細かい、おせっかい、空気を読まない面倒くさい人=ババア」が救世主になるのです。(2018/9/14)

「根も葉もない、を通り越して、もはや砂漠」 高畑充希、ゴシップ渦中での“意味深コメント”にファンからエール
坂口健太郎さんとの破局、城田優さんとの熱愛が報じられていた高畑さん。(2018/9/10)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第7話:協調領域(後編)
「従業員の心得」「コンプライアンス」「ハラスメント防止」――忙しい業務に加わる“講習三昧”に苦情の声をあげる社員たちに、一体どうすればセキュリティ教育を真剣に受けてもらえるの? 悩みぬくCSIRTの教育担当に、ベテランがくれたアドバイスとは。(2018/9/7)

メカ設計メルマガ 編集後記:
週刊ママさん、はじまる
ママさんは「今回のアイコンがゴシップ系週刊誌っぽい」と言っております。(2018/6/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ伝説のプロデューサーは天才たちをディスりまくったのか
最近、米国で著名人たちのインタビューが物議を醸している。インタビューの中で最も強烈な発言をしたのは、伝説的な米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。とんでも主張の数々に、後に本人がことの重大さに気付いて謝罪するという事態になっている。(2018/3/1)

除草剤まかれメロン約6600玉被害の農園、クラウドファンディングに成功 「人生と世界観がひっくり返った」
良かった……!(2018/2/7)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(36):
難しい問題ですね――議論中に言われると困る3つのNGワード
発散しまくった揚げ句、結論がないまま中途半端に終わり、モヤモヤ感だけが残る議論に参加したことはありませんか?(2017/12/13)

女性の3人に1人「ネットでセクハラ」被害 30歳未満は4割が経験
シマンテックが、オンラインハラスメントに関する調査結果を発表した。(2017/11/28)

相変わらずの攻めの姿勢 恒例ネタ「裏紅白歌合戦」2017年度のメンバー発表
文春砲が炸裂(さくれつ)した2016年に比べ、今回は穏やか?(2017/11/16)

画像無断使用への請求代行サービス「COPYTRACK」が話題 「日本では特にキュレーションサイトの案件が多い」
手軽さがすごい。(2017/10/24)

「180日以内に引き出さないと報酬没収」の規約変更に利用者から猛反発 クラウドワークスに改定の理由を聞いた
7月17日の規約変更について、利用者からは不満が噴出しています。(2017/10/21)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「なぜあの人が昇進?」人事から見えてくる会社の“いま”
人事というのは経営陣からのメッセージである。誰が営業部長、マネジャー、リーダーに上がるかによって、その企業や事業部が目指す営業スタイルや方針を読み解くことができるのだ。(2017/10/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

ITはみ出しコラム:
GoogleからXiaomiを経て、FacebookのVR責任者になったヒューゴ・バーラ氏とは?
かつてはAndroidやNexusの顔として知られていました。(2017/1/29)

ねとらぼレビュー:
あの俳優2人が共演NGって本当ですか? 「バイプレイヤーズ」第2話は序盤から「えええーっ!」
緑のフライトジャケットと、紅茶好きのスーツ……。(2017/1/21)

毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」のメンバー発表 司会の中居正広・ベッキーをはじめ、コメントしづらい顔ぶれ
2016年を騒がせた人たちが大集結。(2016/11/24)

検索すると「ウイルスやマルウェアに感染する確率」を算出:
ネット検索すると「最も危ない有名人」は、誰?
インテル セキュリティが、2016年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」の結果を発表した。有名人のゴシップにつられるユーザー心理を悪用して、マルウェアを仕掛けたサイトに誘導する手口に警鐘を鳴らす。(2016/10/6)

「リテラシー疲れ」にならないために、情報とは省エネで付き合いたい
情報の背負い過ぎで肩がこっている人たちへ。連載「ネットは1日25時間」。(2016/9/30)

ピーター・ティール氏と戦ったGawker.com、8月中に閉鎖へ(GizmodoなどはUnivisionが買収)
IT実業家のピーター・ティール氏を敵に回し、破産申請を余儀なくされたGawker Mediaをメディア企業のUnivisionが1億3500万ドルで買収する。ただし創業者のニック・デントンCEOと渦中のGawker.comは買収の対象外で、同メディアは間もなく閉鎖される。(2016/8/19)

半径300メートルのIT:
その「Pokemon GO」、ホンモノですか? 熱狂の裏の脅威
世界中で大評判になっている拡張現実ゲーム「Pokemon GO」。「早く遊びたい」という気持ちから、つい脅威に対する警戒心を失うと大変なことに……。(2016/7/19)

「私のSNSなら無料だし」 執拗に狙われる仏女優ソフィー・マルソーのパパラッチつぶしが完璧だと話題に
11歳年下の恋人との2ショットをパパラッチされていました。(2016/7/18)

AbemaTVで「海外ドラマチャンネル」開設 「フルハウス」「アルフ」など懐かしの海外ドラマも
7月16日開設!(2016/7/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
大物IT起業家がハルク・ホーガンを利用してメディアを潰しにかかったワケ
今、米国で物議を醸している裁判がある。プロレスラー、ハルク・ホーガンのセックス・スキャンダルをめぐる裁判だ。W不倫の暴露記事をめぐって争われているが、この裁判の裏には“陰謀”があった。それは……。(2016/6/16)

鳥嶋和彦、田尻智、シブサワ・コウ―― とんでもないインタビューを量産し続けるサイト「電ファミニコゲーマー」とは何者なのか
電ファミニコゲーマー編集長であり、インタビュー連載「ゲームの企画書」を手がけるリインフォース・平信一さんにお話を聞きました。(2016/6/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
「中立である」はずなのに……。なぜ米国のメディアは特定の候補者を支持するのか
米国の大統領選を見ていて、気になることがある。それは、米国の新聞社が候補者を支持表明すること。ジャーナリストはできる限り「中立」の立場でなければいけないはずなのに、なぜ特定の候補者を支持するのか。それは……。(2016/5/26)

半径300メートルのIT:
例えば私が明日、この世に存在しなくなったら
銃乱射事件の容疑者が持っていたiPhoneのロックを解除するか否かの議論が注目を集めましたが、同じロック解除の話でも私が気になったのは、「死んだ息子のiPhoneに残っている写真を見たいからロックを解除してほしい」という親の訴えでした。(2016/4/12)

「映画.com」エイプリルフールが物議 ゴシップネタを扱う内容に批判も ※追記あり
乙武さんやベッキーさんをネタにしており、ネットではネタの範疇(はんちゅう)を超えているとの声も。(2016/4/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
乙武氏に負けていない? 米国でも「5人と不倫」が大騒動に
ベストセラー『五体不満足』の著者である乙武洋匡氏の不倫報道がメディアで大きく取り上げられている。国際ニュースに目を向けると、いま偶然にも「5人と不倫」というキーワードで話題になっている大物政治家がいる。その人物とは……。(2016/3/31)

「死ね」が口癖になっている人に、直接理由を聞いてみたらいろいろ分かった
連載「ネットは1日25時間」。その言葉のナイフは何のために研いでいますか?(2016/1/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。