ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GREE Platform」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GREE Platform」に関する情報が集まったページです。

クリエイターの持続可能なマーケティング活動を支援:
BASEとグリーが提携、「Fanbeats」利用企業のネットショップ開設などを支援
BASEは、同社が提供するEコマースプラットフォーム「BASE」と、グリーが展開するファンコミュニティープラットフォーム「Fanbeats」とのサービス提携を開始した。(2019/1/24)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(7):
「3年待たずに転職」はアリか?――自身の成長とともに“やりたいこと”も成長する
IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞く本連載。今回は、モブキャストで「ルミネス」開発チームに所属する石田拓馬さんにお話を伺った。新卒で入社した会社を2年で退職した石田さんが考える「3年以上働ける会社の見つけ方」とは――。(2016/5/13)

トリプルディスプレー、20万円の椅子、IDEが重くならない開発PCは当たり前:
PR:「C#で高みを目指す」技術者集団でありパイオニアである「グラニ」が今、求める人材とは
設立は2012年9月、ソーシャルゲームの大ヒットタイトルを「C#」で開発する技術集団「グラニ」。そのグラニが「社内SE」を欲している。その狙いを、グラニの歴史と思想から、ひも解いてみよう。(2014/8/6)

グリー、通期で営業益41%減 海外は成長、「反転攻勢目指す」
グリーの前期は減収減益。今期は好調な海外マーケットに一層力を入れるほか、ゲーム事業の「選択と集中」戦略を推し進め、「反転攻勢を目指す」。(2013/8/14)

“パズドラ”登場でスマホのゲーム市場はどう変わったのか?
幅広いユーザーに人気のスマホゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」。なぜこんなに人気なのか、そしてゲームアプリ業界にどんな影響を与えたのか? パズドラ登場の以前と以後を比較した。(2013/6/17)

グリーはいかにしてJenkinsを導入したのか(3):
Androidアプリのビルド/テストはCIでここまで変わる
グリーのサービス開発における継続的インテグレーションと、CIツールであるJenkinsの導入について、CI導入のモチベーション、進め方のポイントを中心に説明します。今回は、apkの作成までの自動化を手始めに、徐々に自動化の資産を積み上げていくことで開発ワークフローを改善していく過程を紹介します。(2013/5/27)

C++でクロスプラットフォームを実現するCocos2dx入門(後編):
iOS/Androidとの相互API呼び出しを行う際のコツ
スマホ向けゲームアプリ開発フレームワークの概要や使い方を解説する特集です。今回は、C++とJava/Objectve-Cとのバインドコードを使って拡張する方法や注意点、メモリ解放機能などを解説します。(2013/4/23)

グリー、米国子会社でリストラ GREE Platform部門閉鎖で
グリーの米子会社でリストラ。グリーの米子会社GREE Internationalはこのほど、ソーシャルゲームプラットフォーム「GREE Platform」事業を東京本社に統合するため。(2012/12/10)

AVTokyo 2012レポート:
雑然紛然? ここが変だよ、日本のモバイルアプリとAPT!
2012年11月17日、都内のClub atomで開催されたディープなイベント「AVTokyo 2012」。その中から公開OKのセッション2つの内容を簡単に紹介する。(2012/12/6)

グリー、ソーシャルプラットフォーム「OpenFeint」のサービスを終了
グリーが昨年買収したソーシャルゲームプラットフォーム「OpenFeint」がサービス終了する。(2012/11/20)

「GREE Platform」をWebアプリ向けにも拡大
グリーがソーシャルゲームプラットフォーム「GREE Platform」をWebアプリ向けに拡大。ネイティブアプリに加えWebアプリによるソーシャルゲームの展開が世界で可能になる。(2012/11/14)

ヤフーとグリーが包括提携 ソーシャルゲーム誘導・決済で連携、コンテンツ共同開発も
ヤフーとグリーが包括的業務提携。Yahoo!JAPANからGREEへの誘導や決済の連携、ソーシャルゲームの共同開発も検討。(2012/11/8)

グリーとヤフーが包括的業務提携 ソーシャルゲームやコンテンツで
スマートフォン版Yahoo! JAPANのトップページなどからGREEのソーシャルゲームへの誘導などで提携する。(2012/11/8)

TGS2012【基調講演】:
スマートフォンの普及はゲーム人口を増やすチャンス――田中良和グリー社長講演リポート
昨年に引き続き基調講演に登場したグリーの田中社長。今回は、グリー、そしてソーシャルゲームの未来についてを熱く語った。(2012/9/21)

UXClip(4):
グリーの最新ソーシャルアプリ開発フレームワーク
グリーが次世代ソーシャルアプリ開発のフレームワークのフロントにAdobe AIRを採用した理由を聞いた。グリーのスマホアプリ開発チームが使う最新のツール群とは?(2012/9/19)

ソーシャルメディア戦略を加速!グリー、GREE TV(仮)を開発へ
グリーはVOYAGE GROUPと業務提携し、さらなるソーシャルメディア領域の強化を図っていく構えだ。(2012/8/31)

テーマはソーシャルゲームの進化――グリー、今年も東京ゲームショウに出展
お姉さん満載のブース再び……?(2012/8/22)

アメフトのトップ選手も熱狂:
世界最強のサッカーゲーム、間もなく正式発表のiOS版「FIFA 13」に迫る
これまでサッカーにまるで興味がなかった筆者を、熱狂的なファンに変えてしまったゲームがある。EAスポーツの「FIFA ワールドクラス サッカー」だ。EAカナダのシニア・バイス・プレジデントであるMatt Bilbey氏に、iOS版「FIFA」の現状や次期バージョンについて聞いた(聞き手:林信行)。(2012/8/7)

グリーとバンダイナムコゲームスが包括提携 「アイマス」「サモンナイト」など投入
グリーとバンダイナムコゲームスが包括的提携。「アイマス」「テイルズオブ」など人気シリーズのソーシャルゲームをGREE向けに投入。(2012/6/26)

グリーとバンダイナムコゲームスが包括的業務提携 「テイルズ」「アイマス」など提供
「テイルズ」「アイマス」シリーズや「パックマン」のソーシャルゲームをグリーのプラットフォームで配信する。(2012/6/26)

グリー、グローバルプラットフォーム「GREE Platform」提供開始
統一プラットフォーム「GREE Platform」のユーザー数は全世界で2億3000万人となる。「聖戦ケルベロス」などのグローバル配信も。(2012/5/24)

グリー、シミュレーションRPGのFunzioを約169億円で買収
グリーはモバイル向けシミュレーションRPG開発のFunzioを2億1000万ドルで買収する。(2012/5/2)

日本オラクル製品導入事例:グリー
グリーのビッグデータ活用を支える、高速ログデータ解析プラットフォーム
2012年春にソーシャルプラットフォームのグローバル展開を目指しているグリーは、大幅なデータ増加が予想されるログ解析システムのプラットフォームを刷新。従来と同コストでより高い性能を得ることに成功した。(2012/3/23)

グリーとレベルファイブが包括提携 「イナズマイレブン」などソーシャルゲームに
レベルファイブとグリーがソーシャルゲーム事業で包括提携。第1弾として「二ノ国」「イナズマイレブン」「ダンボール戦機」のソーシャルゲームを共同で企画、GREEでリリースする。(2012/3/21)

グリー、未成年ユーザーの利用金額を制限 RMT防止対策として有人監視を導入
違反ユーザーはアカウント停止も――。ゲーム内アイテムを実際の金で交換するRMTに対して対応策をグリーが発表。未成年ユーザーの利用制限についても強化する。(2012/3/16)

グリー、初の世界向けソーシャルゲーム「Zombie Jombie」公開
「Zombie Jombie」はゾンビをモチーフにしたカードゲーム。米子会社のGREE Internationalが開発、運営する。(2012/3/16)

GREEでソーシャルゲーム「ヱヴァンゲリヲン〜絶対防衛線〜」提供開始
「ヱヴァンゲリヲン」の世界観を「GREE」上で楽しめる。ディーツー コミュニケーションズとコプロがGREE Platformを利用し提供した。(2012/2/24)

「アサシン クリード」シリーズ最新作はGREEで提供
Ubisoftとグリーは、「アサシン クリード」シリーズ最新作をグローバルに展開する「GREE Platform」で提供すると発表した。(2012/2/21)

「アサシン クリード」新作をGREE Platformで Ubisoftとグリーが発表
人気シリーズ「アサシン クリード」新作をGREE Platform向けに投入するとUbisoftが発表。日本語版、英語版が12月にリリースされる予定だ。(2012/2/21)

グリーがデータ解析システムを刷新 1.9億ユーザーが利用する統合プラットフォーム構築に向けて
SNSやソーシャルゲームなどのサービスを統合したプラットフォーム「GREE Platform」の構築に向けて、グリーはログデータ解析システムを刷新した。(2012/2/14)

グリー、E3に初出展へ
グリーが6月に米国で開かれる世界最大のゲーム展示会「E3」に初出展。(2012/2/9)

グリー、世界最大規模のゲームショウ「E3 2012」に初出展
グリーが東京ゲームショウに続き、「Electronic Entertainment Expo(E3)」にも出展する。(2012/2/9)

グリーとPayPalが戦略的提携 「GREE」仮想通貨の購入可能に
グリーと米PayPalが戦略的提携。GREE内仮想通貨「コイン」の購入をPayPalで行えるようにし、PayPalのユーザー基盤をGREEの世界展開に活用する。(2011/12/14)

ねっと知ったかぶりβ版(12/05〜12/09) ねとらぼ賞のトロフィーを大公開
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はAKB48とGoogleの提携が話題になりました。「Mashup Awards 7」受賞者に贈るねとらぼ賞のトロフィーも公開します。(2011/12/9)

「GREE Platform」が目指す「10億ユーザー」
国内外のソーシャルプラットフォームを統一した「GREE Platform」でグリーが世界攻略を本格化。スマートフォンの世界的な普及を追い風に、「10億人が使うサービス」を目指す。(2011/12/6)

グリー、世界1.5億ユーザーに向けソーシャル基盤「GREE Platform」を提供
グリーは、GREEとOpenFeintを統合したソーシャルプラットフォーム「GREE Platform」を2012年4〜6月期からグローバル展開する。世界規模で利用されるOpenFeintのユーザーベースとGREEの高い収益モデルとを統合する巨大なゲームプラットフォームとなる。(2011/12/6)

グリー、タブレット端末向けサービスを強化
GREE向けWebアプリの開発環境がタブレット端末に対応。GREEのパートナー企業が開発したスマホ向けWebアプリが、自動でタブレット向けに最適化される。(2011/9/8)

コナミがプレス発表会 ソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」から「重大発表」
「GREE platform 2011 上半期優秀アプリ表彰」で「殿堂入り」に選ばれた、コナミデジタルエンタテインメントのソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」のプレス発表会をライブ配信する。ドラゴンコレクションから「3大重大発表」があるほか、お笑いコンビ「TKO」などをゲストに招いて今後の展開を紹介する。配信は8月18日13時30分〜。(2011/8/16)

グリーの会員は「月1000万人」増えている 「次は3億人目標」と田中社長
「会員数はすでに1億人を超えた。次は3億人を目標にしたい」――グリーが2011年6月期の第4四半期決算を発表。国内の課金や広告事業が好調で増収増益となったが、今後は海外での取り組みを加速させ、将来的には「FacebookやTwitterに並ぶメディア企業」を目指す。(2011/8/9)

グリー、SK telecomとの業務提携とケイブ、UltiZen Gamesへの資本参入を発表
スマートフォン向けソーシャルゲームの急成長にあわせて、グローバル展開を目指すグリーが、韓国、中国、日本での業務・資本提携を発表した。(2011/8/8)

GREEと共通仕様のアプリプラットフォームが中国で提供開始 コーエーテクモ、タイトーが進出
「GREE Platform」と仕様を共通化した携帯電話向けプラットフォームが中国で公開された。第1弾としてコーエーテクモゲームス、タイトーがソーシャルゲームをリリースする。(2011/8/5)

5000万ユーザーにリーチ――SNS「mig33」、グリーと共通仕様のスマホ向けプラットフォームを採用
グリーの開発パートナーは、「mig33」がサービスを展開するアジアやアフリカ、中東のユーザーにソーシャルアプリを提供できるようになる。(2011/7/22)

アップフロンティアのソーシャルアプリ開発サービス ハルヒのアプリで採用
アップフロンティアが、コンテンツホルダーのソーシャルアプリ開発を請け負う「ソーシャルアプリ化支援サービス」を開始。ネクソンがGREE向けに提供する「涼宮ハルヒの団結」に採用された。(2011/6/16)

「バーコードカノジョ」にAndroid版が登場
バーコードをスキャンして“彼女”を生成し、商品情報などとともに管理できるモノチェックインサービス「バーコードカノジョ」がAndroidにも登場。GREE Platform for smartphoneに対応しており、ソーシャルゲームの機能も備えた。(2011/5/6)

グリー、新興国向けモバイルSNS「mig33」とスマートフォン仕様を共通化
グリーのスマートフォン向けアプリプラットフォームと、新興国中心に4700万ユーザーを抱える「mig33」のプラットフォームが共通化へ。(2011/4/13)

漢字書き取りアプリにSNS機能が追加「漢字力診断 for GREE」
ナウプロダクションは漢字の書き取り問題が楽しめる「漢字力診断 for GREE」を配信開始した。GREE Platformに対応しており、GREEのSNSサービスも利用できる。(2011/4/7)

ネクソンが「涼宮ハルヒの憂鬱」のソーシャルネットワークゲームを開発へ
ネクソン、テレビアニメシリーズ「涼宮ハルヒの憂鬱」のソーシャルネットワークゲームの開発・運営に関するライセンス契約を締結。(2011/2/25)

「GREE Platform Forum2011」 今後の施策や海外展開は
SNS「GREE」のオープンプラットフォーム「GREE Platform」の今後の施策や海外展開について発表するイベント「GREE Platform Forum2011」をライブ配信する。「GREE Platform Award 2010」の発表も。配信は2月24日14時0分〜2月24日16時0分。(2011/2/22)

GREEで新人アイドル育成カードゲーム「あいこれ」デビュー
ハドソンは、新人アイドルの「黛七海」と「桜井ちさと」を育てる新ソーシャルゲームを配信した。(2011/2/8)

グリー、「QQ」運営の中国Tencentと提携 スマホ向けアプリプラットフォーム共通化へ
グリーが中国の大手ネット企業Tencentと提携。スマートフォン向けアプリケーションプラットフォームを共通化し、日中のアプリプロバイダーが相互にアプリを提供できるようにする。(2011/1/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。