ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「.hackシリーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「.hackシリーズ」に関する情報が集まったページです。

いったい何の役に立つんです? 使用中のトイレットペーパーの残量をリアルタイムに確認できるシステム
普通に目視すればいいような気もしますが……。(2017/4/13)

手塚治虫キャラクターをリメイクしたカードゲームだと! 奥浩哉、ヒロアキ、須田剛一、松山洋らが参加
ゲーム業界人がたくさん!(2016/8/23)

ケモい漫画・イラスト求む CC2が「THE KEMONO BOOK」制作 ケモナー作家を公募
サイバーコネクトツーがケモノファン向け特別冊子「THE KEMONO BOOK」に参加する作家をプロアマ問わず募集する。(2013/4/12)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/11/21)

バンダイチャンネルの「月額1000円見放題」に「境界線上のホライゾン」など7作品が追加
バンダイチャンネルは、アニメ動画配信サービス「月額1000円見放題」の対象作品に「境界線上のホライゾン」「機動戦士Vガンダム」など7作品を2月10日より追加する。(2012/2/3)

「.hack」が3DCGアニメ映画に 2012年1月公開
アクションRPG「.hack」を原作とする3DCGアニメ映画「ドットハック」が来年公開。俳優の桜庭ななみさんや松坂桃李さんらが声優を務める。(2011/8/23)

ファルコム「空の軌跡」アニメ化決定! 監督は橘正紀さん、制作はキネマシトラス
(2011/3/9)

愛されて9周年! 音楽で綴る「The World」の世界「.hack//LIVE劇奏」リポート in ゆうぽうとホール
(2010/7/5)

TGS2009:
「.hack//Link」の発売時期が確定――プロジェクト発表会
バンダイナムコゲームスブースにて行われた「『.hack//Link』プロジェクト発表会」で、.hack//Linkの発売時期や今後展開予定のプロジェクトが明かされた。(2009/9/25)

年代記もついに最終章へ――「.hack」シリーズ最新作、PSPで登場
「.hack」シリーズの最新作としてPSP用ソフト「.hack//Link」の発売が決定。歴代シリーズのキャラクターが登場する。(2009/1/23)

Amazon.co.jpのBlu-rayベスト10、半数が日本のアニメ
Amazon.co.jpの今年上半期ベスト10のうち5作品が日本のアニメ。「秒速5センチメートル」「.hack//G.U.TRILOGY」「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」などがランクインしている。(2008/6/26)

「.hack//G.U. TRILOGY」劇場公開決定
(2007/11/30)

「.hack//G.U. TRILOGY」など事業は新たな局面へ――サイバーコネクトツー新事業戦略発表会
サイバーコネクトツーは10月3日、時事通信ホールにおいて新事業戦略発表会を開催し、2008年発売のアニメ「.hack//G.U. TRILOGY」を発表。コーポレートブランドマークを一新し、新たな局面に至ったことを示した。(2007/10/3)

年末年始はホリの周辺機器で快適ゲームライフ
周辺機器のホリがWii、PS3、ニンテンドーDS、PSPと全方位的にお約束な保護シートやケースから特徴的なコントローラまで、年末年始のゲームライフを彩ってくれるアイテムがそろっている。(2006/12/21)

東京ゲームショウ2006:
ガンダム、リッジ、アイドルマスター、そしてケータイゲームまでてんこ盛り――バンダイナムコゲームスブース
発足後初の東京ゲームショウを迎えたバンダイナムコゲームスブースでは、PS3のローンチタイトルでもある「リッジレーサー7」、「機動戦士ガンダム Target in Sight」をはじめ、PS2、PSP、ケータイゲームと幅広いジャンルに渡り数多くのゲームが展示されていた。(2006/9/24)

ホリ、秋のラインアップはベーシックに押さえる
(2006/8/31)

「.hack//G.U. Vol.1 再誕」レビュー:
そこには確かにオンラインの世界が広がっていた
「The World」という仮想ネットゲーム空間をベースに、物語が展開される「.hack」シリーズの最新作。続き物ではあるが、新シリーズ開始ということで、この機会に始めようと思っている人もいるだろう。実際に今から手をつけても面白くプレイできるのかどうか、それも同時に探ってみた。(2006/6/5)

E3 2006「バンダイナムコゲームスブース」:
ついに起動、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」――PSP「Ace Combat X」もプレイアブルで出展
バンダイナムコゲームスは、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」、PSP「Ace Combat X」、「Tekken: Dark Resurrection」など、17タイトルのプレイアブル版を用意。ブース内にあるスクリーンでは、「鉄拳6」などのムービーも上映されていた。(2006/5/12)

もうすぐ発売。気になる「.hack//G.U.」のファン感謝祭に潜入してきた
GW最終日、都内でプレイステーション 2ソフト「.hack//G.U.」発売に先がけたファン感謝イベントが開催された。悪天候のせいか、予想以上に最寄駅の人通りが少ない。不安に思いながら会場に入ると、そこは.hackファンで溢れていた。(2006/5/10)

「.hack//G.U. 感謝祭誕」参加者募集
(2006/4/5)

「.hack//Roots」収録開始につきアフレコ現場訪問
4月5日深夜1時30分よりテレビ東京および系列全国5局にて放送開始を予定している「.hack//Roots」のアフレコが行われ、メインキャストが一堂に会した。そこで収録の様子をうかがった。(2006/3/16)

ブロッコリー×サーカスが挑む、王道純愛アドベンチャー「true tears」はここから始まる――発表会
2006年2月7日、ブロッコリーとサーカスの共同展開ブランド「la'cryma」より3月30日に発売予定の涙の学園純愛アドベンチャー「true tears」の発表会が開催。会場には木谷高明会長、tororo団長を始め、ゲストとしてヒロイン役の声優3名も登場した。(2006/2/8)

バンダイ「.hack//G.U.」プロジェクト発表会で壮大なメディアミックスを語る
バンダイは、2002年にメディアミックス展開をして話題となった「.hack」シリーズの最新作を発表。それに伴う壮大なプロジェクト内容を公表した。(2006/2/6)

PS2とPSPのベスト版3月発売予定タイトルが決定
(2006/2/1)

「.hack//fragment」レビュー:
難しいことを考えてはいけない――オンとオフの正しい使い方
オンラインゲームというと、課金が心配で遊べないという人もいることだろう。そんな人でも安心してプレイ可能なのが、今回レビューを行う「.hack//fragment」だ。.hackの世界観を知らない人でも楽しく遊べるのか? オンラインゲームをプレイしたことが無い人にとって、ハードルは高くないのか? 気になります。(2005/11/29)

東京ゲームショウ2005――バンダイナムコブース:
初の共同出展で、40タイトル近くを誇る大型ブースに
経営統合を行うバンダイとナムコは、共同でのブース出展で、ちょうど真ん中で区切る形で、左がナムコ、右がバンダイとなっていた。なお、プレイアブル版は「リッジレーサー6」や「.hack//fragment」など、合わせて30タイトルにおよぶ。(2005/9/16)

Yahoo!動画のバンダイチャンネルに「逆襲のシャア」や「天地無用」を追加
(2005/7/13)

「.hack//フラグメント」にマルチタームのライブラリを採用
(2005/7/6)

架空のオンラインRPG体験が戻ってくる――「.hack//G.U.」発売決定
テレビアニメやコミックといった多岐にわたるメディア展開もさることながら、架空のオンライン世界で冒険を繰り広げるという独特の世界観で人気を博した「.hack」シリーズ。その最新作が2年ぶりに復活を果たす!(2005/6/17)

バンダイブース:
E3で「.hack」PS2最新作映像を公開――その名は「.hack//G.U.」
E3のバンダイブースではPS2最新作「.hack//G.U.」が公開。映像公開をすると共に集まったファンのためにTシャツを投げ配る。(2005/5/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。