ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「白泉社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「白泉社」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

聖夜にこんなの絶対おかしいよ ニコ生が12月24日に「ベルセルク」「まどマギ」「ゴブリンスレイヤー」を一挙配信
リア充ばかりが楽しいクリスマスを許せない人がドワンゴにいるのか?(2019/12/13)

マシリトが行く!【後編】:
『ドラゴンボール』を手掛けた『ジャンプ』伝説の編集長が明かす「ゲームプロデュースの神髄」
マンガをアニメやゲームなどへメディアミックスする際には何が大切なのか。鳥山明氏の国民的マンガ『ドラゴンボール』の担当編集者であり、『週刊少年ジャンプ』伝説の編集長「Dr.マシリト」こと現白泉社会長の鳥嶋和彦、バンダイナムコエンターテインメント取締役の内山大輔、バンダイナムコホールディングスIP戦略本部アドバイザーの鵜之澤伸、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」の平信一編集長に聞いた。(2019/12/6)

マシリトが行く!【中編】:
「これさぁ、悪いんだけど、捨ててくれる?」――『ジャンプ』伝説の編集長が、数億円を費やした『ドラゴンボールのゲーム事業』を容赦なく“ボツ”にした真相
鳥山明氏の『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』の担当編集者だったマシリトこと鳥嶋和彦氏はかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイに対して、数億円の予算を投じたゲーム開発をいったん中止させた。それはいったいなぜなのか。そしてそのとき、ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。“ボツ”にした経緯と真相をお届けする。(2019/12/5)

マシリトが行く!【前編】:
『ジャンプ』伝説の編集長が、『ドラゴンボール』のゲーム化で断ち切った「クソゲーを生む悪循環」
『ドラゴンボール』の担当編集者だったマシリトはかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイのプロデューサーに対して、数億円の予算を投じたそのゲーム開発をいったん中止させるという、強烈なダメ出しをした。ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。「クソゲーを生む悪循環」をいかにして断ち切ったのか?(2019/12/4)

生駒里奈、矢部昌暉 1年ぶりの続編に成長を実感、舞台「暁のヨナ〜烽火の祈り編〜」公開ゲネプロ
今作では、火の部族の物語が描かれます。(2019/11/14)

ドワンゴから独立:
「持続可能なゲームメディア」の未来像とは 電ファミニコゲーマー・平編集長を直撃
ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」が運営元であるドワンゴから独立するというニュースは話題になった。日本でも指折りのゲーム報道媒体として親しまれてきた同サイトだが、Webメディアとしてどうマネタイズできるかを模索している。ゲームニュースの一線に身を置き続けてきた平信一氏に、描くメディアの未来像について直撃した。(2019/10/25)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【後編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏による特別講義の後編――。コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。(2019/7/22)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【前編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏が21世紀のマンガの在り方を余すところなく語った前編――。(2019/7/19)

有名作家に絵柄似せるよう新人漫画家を誘導、「花とゆめ」編集部が謝罪 「酷似」と騒動
白泉社の少女漫画雑誌「花とゆめ」編集部はこのほど、同誌に掲載した読み切り作品の絵柄が、著名漫画家の絵柄に酷似しているとネットで騒動になっていた件について、「編集部が率先して、既存の先生の絵柄に近しい方向へ誘導した」ことを明らかにし、謝罪した。(2019/7/8)

『花とゆめ』読み切り漫画の絵柄が他の作家と酷似 「編集部が率先して誘導した結果」と編集部が謝罪
「本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」と謝罪しています。(2019/7/5)

那州雪絵『ここはグリーン・ウッド』が初の舞台化、7月に公演決定
懐かしいぃぃぃ!(2019/6/1)

マリネラ国民の方々へ 『パタリロ!』単行本モチーフのビニールポーチがカプセルトイで登場
原作絵を使ったビニール製ポーチが登場です。(2019/6/3)

なんだこのニット! 「映画版 ふたりエッチ 〜ダブル・ラブ〜」予告が完全に青山ひかる無双
や、やりすぎたー。(2019/5/8)

園田競馬場の入門マンガ、「公式なのに生々しい」と評判 「的確過ぎ」「すごく笑えるしタメになる」
「行き過ぎたのではないかと不安もあるのも正直なところです(笑)」と園田競馬場担当者。(2019/4/9)

「劇場版パタリロ!」予告編&ビジュアルが解禁! 加藤諒×魔夜峰央ワールドの妖しい美しさがクセになりそう
あらすじには「埼玉県春日部」の文字も。(2019/3/29)

「マシリト」こと鳥嶋和彦が語るキャリア論【後編】:
ジャンプ「伝説の編集長」がFGO誕生に関わった“黒子”、電ファミニコゲーマー編集長と考えた「ドラゴンボールの見つけ方」
ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が『ドラゴンボール』のような作品をいかに見つけ、生み出していくかを語った。(2019/3/29)

ネットに広まる「魔女っ子は放送禁止用語」説 調査して分かった「放送で扱いにくい理由」と「一般人が納得できない理由」
芸人さんのツイートが話題に。まとめサイトなどで記事化され、情報が拡散しています。(2019/3/27)

「マシリト」こと鳥嶋和彦が語るキャリア論【前編】:
ジャンプ「伝説の編集長」がFGO誕生に関わった“黒子”、電ファミニコゲーマー編集長と語る「才能を“超一流”に育てる極意」
ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が才能を育てる極意を語った。(2019/3/26)

『ふたりエッチ』が実写映画化! 主演は青山ひかる、4月と5月に2作連続で劇場公開
いやぁ映画って本当に素晴らしいものですね。(2019/3/20)

「劇場版パタリロ!」が2019年6月28日に公開決定! 主演の加藤諒「他の人に演じてほしくない」
白組がVFXを担当。“見たことはあるけど、観たことのない”パタリロ!ワールドが展開。(2019/3/12)

「夏目友人帳」ニャンコ先生がみつばち姿に! 一番くじがファミマで販売 C賞以下もうれしいアイテムばかり
ハンドクリームほしいな。(2019/3/7)

白泉社3大マンガ誌『花とゆめ』『LaLa』『ヤングアニマル』の電子版、紙と同日配信に 2月20日より
白泉社のマンガアプリで紙と同日に読めるように。(2019/2/20)

18年ぶり再アニメ化「フルーツバスケット」 ネットの反応に見る″前作”の偉大さ
2019年に全編アニメ化決定! ファンの思いはちょっぴり複雑なようです。(2018/11/20)

ついに透が、由希が、帰ってくるぞおお!『フルーツバスケット』が、12年の時を経て新キャストで再アニメ化!
『フルバ』の感動が再び……!(2018/11/20)

夏目友人帳「ニャンコ先生」の一番くじが登場 キッチンをテーマにした両手鍋やグラスがかわいい
食いしん坊なニャンコ先生らしいセレクト。(2018/11/13)

独身をこじらせた「300歳」魔女の残念な暮らしを描いた漫画『魔女は三百路から』が話題 「なにこれ面白い」「続きが気になる」
タイトルも納得のかわいさと色気。(2018/11/10)

白泉社、漫画投稿サイト「マンガラボ!」2019年始動 投稿作は漫画アプリにも掲載、編集者との橋渡しにも
公開に先がけて「次世代キャラクターコンテスト」を開催しています。(2018/10/30)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【後編】:
「最近の若い奴は」と言う管理職は仕事をしていない――『ジャンプ』伝説の編集長が考える組織論
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。漫画界で“伝説の編集者”と呼ばれる鳥嶋さん。今回は白泉社の社長としていかなる人材育成をしてきたのかを聞き、鳥嶋さんの組織論に迫った。(2018/10/30)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【中編】:
『ジャンプ』伝説の編集長は『ドラゴンボール』をいかにして生み出したのか
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、漫画界で“伝説の編集者”と呼ばれる鳥嶋さん。今回は『ドラゴンボール』がいかにして生まれたのかをお届けする。(2018/10/29)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【前編】:
ドラゴンボールの生みの親 『ジャンプ』伝説の編集長が語る「嫌いな仕事で結果を出す方法」
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長・鳥嶋和彦さんだ。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、「伝説」を残してきた鳥嶋さんだが、入社当時は漫画を一切読んだことがなく『ジャンプ』も大嫌いだった。自分のやりたくない仕事で、いかにして結果を出してきたのか。(2018/10/26)

電子オンリーのコミック誌『花ゆめAi』創刊 白泉社のヒット作家がWebコミックに
電子オンリーのコミック誌です。(2018/10/23)

『ベルセルク』実写版PV、“黒い剣士”ガッツを松崎しげるが熱演 大反響も海外ファンを困惑させる事態に
それは、剣士というにはあまりにも黒すぎた。(2018/9/28)

とんでもない才能が開花してしまった 「あそびあそばせ」華子役の木野日菜の演技力が「人間じゃない」領域に
絶対声帯4つぐらいある。(2018/9/10)

おい、話が違う きれいな皮をかぶった夏アニメ「あそびあそばせ」が蓋を開けたら“汚いきんいろモザイク”だった
45秒で脱ぎ捨てる化けの皮。(2018/7/22)

「半分、青い。」、ヒロインの漫画デビュー作『一瞬に咲け』が花ゆめに掲載!
原案は北川悦吏子さん。(2018/7/4)

あの場面のかわいいニャンコ先生がストラップに! 夏目友人帳「ニャンコ先生徒然ストラップ」第6弾が登場
ウリ坊バージョンのニャンコ先生も。(2018/6/14)

「現実の方がむごい」 “ヤバいマンガ枠”扱いされる“知るかバカうどん×クジラックス”の白熱対談
おお神よ! なぜこの二人を引き合わせてしまったのか!(2018/6/8)

白泉社『ヤングアニマル嵐』が休刊 2018年内に“エロ系電子雑誌”と“戦う青年コミック誌”を創刊
過去作品は『ヘウレーカ』『ナナとカオル』など。(2018/6/1)

今夏に「羽海野チカの世界展」が東京に帰ってくる 『ハチクロ』『3月のライオン』など初公開原画も展示
新グッズやおまけなどは現在計画中とのこと。(2018/5/26)

『別冊花とゆめ』40年の歴史に幕、『ガラスの仮面』『パタリロ!』などを掲載 新Webコミック誌『花ゆめAi』今秋創刊予定
寂しい。(2018/5/26)

純白の瀬戸焼きが美しい! 「夏目友人帳」ニャンコ先生の招き猫型貯金箱が登場
ニャンコ先生がうちにやってくる!(2018/3/26)

ニャンコ先生のカプセルトイが登場 丸くなったり寝そべったり まったりポーズに癒やされる
全5種類です。(2018/2/19)

白泉社らが「自動着色技術」を使った漫画の配信・販売を開始 漫画着色向けの新モデルを開発
AI技術を使ったカラー漫画の登場です。(2018/2/7)

AIが自動着色した「カラー版漫画」配信 白泉社
AIの線画自動着色サービス「PaintsChainer」を活用したカラー版漫画の配信・販売を、白泉社と博報堂DYデジタルが始めた。(2018/2/7)

とうとう5回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2018
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第88回は、毎年恒例の特別企画。2017年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト10を紹介。(2018/1/21)

花とどんぶりコミックス創刊! 名作少女漫画3タイトルが「生ラーメン少女漫画」として期間限定登場
どの漫画で、麺キュンする?(2017/12/1)

「BANANA FISH」アニメ化を記念して、元書店員がブックフェアの打線を組んでみた
世界により深く潜ってみませんか……?(2017/11/26)

舞台「パタリロ!」第2弾、2018年3月上演決定! 加藤諒は安定の顔力で続投
新たにロビー少尉、ビョルン&アンドレセンも登場。(2017/11/22)

「青森放送のエントロピーは途方もない!」 青森放送社屋側面に巨大“キュゥべえ”出現でわけがわからないよ!
「蒼樹うめ展 in 青森」記念で特別ラッピング。(2017/11/11)

出版海賊サイト「はるか夢の址」、運営者および漫画を違法にアップロードした者9人逮捕
ACCSによる1年間の推定被害額は約731億円にも。(2017/10/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。