ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「平沢進」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「平沢進」に関する情報が集まったページです。

平沢進さんがフォロワー8万突破で謎企画を進行中 八百万の国で八万だから「百足らず様」が誕生ってどういうことですか!?
書き下ろしテーマソングも民謡っぽく耳に残りすぎる事案。(2016/5/23)

アニメ「ベルセルク」キャスト情報など公開 今回も平沢進さんが劇中歌を提供!
制作スタッフは一新、キャスト・音楽制作は映画から引き継がれた。(2016/3/26)

平沢進さんがまたもや先進的ライブ企画 開催の行方がファンの足を使った謎解きで決まる!
頭と身体を使ってみんなで謎解き。11月のライブの成功を目指せ!(2015/5/27)

アニメーション監督・今敏の回顧展、杉並アニメーションミュージアムで開催
セル画や漫画の原稿、私物の展示のほか、アニメ映画作品の上映も実施する。(2014/10/17)

音楽家・平沢進さん、フォロワー7万人突破で"7万歩”配信イベント
ミュージシャンの平沢進さんが、Twitterのフォロワー数が7万を超えたことを記念(?)して「HIRASAWA追跡70000歩」をスタート。(2013/8/8)

平沢進御大「譲ってしまった7万歩を取り戻す旅に出る」 フォロワー7万人突破で謎の追跡企画
御大らしいっちゃーらしい。(2013/8/7)

スターリンの放屁も爆音で:
映画体験が「爆音」で変わる?――音楽ライブ用の大音響で映画を上映する「爆音映画祭」
限 界 ま で 鳴 ら す ぜ!(2013/5/8)

今敏監督が死去 ネットに追悼の声絶えず
「千年女優」や「パプリカ」などで知られる今敏監督が死去した。ネットでは早すぎる死を惜しむ書き込みが絶えない。(2010/8/25)

ねとらぼ:
今年の「Twitter流行語大賞」は?
ネット流行語大賞は「※ただしイケメンに限る」、ケータイは「盛る/盛れる」、ではTwitterは?――1人のユーザーがTwitter流行語大賞の受け付けフォームを作り、投票を呼び掛けている。(2009/11/26)

DVDレビュー:
れこめんどDVD「パプリカ」
夢の話を聞かされるのはつまらないけど、それを映像として観られるなら、少しは知りたい。他人の夢に入り込むという行為はとてつもない影響を及ぼす――そんな筒井康隆原作SF小説の映像化。アニメでしか描けなかった“夢体験”。(2007/6/22)

小寺信良:
著作権保護期間延長はクリエイターのためになるか
文化庁に提出された著作権保護期間の延長を求めた要望書に対して、11月8日、「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」が発足。そのメンバーでもある筆者が考える著作権保護期間延長に関する思い、そして現在の著作権法が抱える問題とは?(2006/11/27)

エアギターで演奏できる「シャツ」、開発される
世界ナンバーワンプレイヤーに日本のコメディアンが君臨したことで一躍有名になった「エアギター」。そのエアギターで本当に演奏ができるとしたら?(2006/11/13)

LifeStyle Weekly Access Top10:
タイムシフト視聴で楽しむW杯(メガネっ娘写真付き)
熱戦の続くワールドカップ。時差を乗り越えるためにもレコーダーを活用したタイムシフト視聴で楽しみたい。サッカーつながりで、メガネっ娘アイドルの写真も掲載。(2006/6/16)

小寺信良:
「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言
録音・録画補償金やDRMのあり方などの議論の舞台に登場するのは、いつもJASRACを始めとする権利団体。だが本当の意味での著作権者であるプロの音楽家は、今日の状況をどう考えているのか。現役ミュージシャンで音楽配信の先駆者である平沢進氏に話を聞いた。(2006/6/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。