ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「広末涼子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「広末涼子」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

アプリで男性化&女性化、芸能人もチャレンジ Mattがハリウッド俳優風、武井壮がビヨンセ風に大変身
武井さんが新しい扉を開きかけてる。(2019/5/16)

長谷川京子×水野美紀×玄理×大政絢 金10「ミストレス 女たちの秘密」男性陣が怖すぎる、距離感が狂ってる
女4人の関係は浅くもないが深くもない。(2019/4/26)

「平成\(^o^)/ネット史というタイトル案もありました」 NHKの正月特番「平成ネット史(仮)」、制作裏話を聞く
NHKが20年以上に及ぶインターネットの歴史をひもとく番組「平成ネット史(仮)」をEテレで放送する。「『平成ネット史』というと固いじゃないですか、だから(仮)が付いているんですよ」――そう話すのは、同番組のチーフプロデューサーだ。制作の裏話を聞いた。(2018/12/28)

「夢で見る光景のよう」「最高、最強」 有村架純、戸田恵梨香、広末涼子ら17人の美人女優が集合した“船上パーティー”がまぶしすぎる
華やかとかいうレベルではない。(2018/10/16)

「似すぎてて爆笑」 沙羅の丸山桂里奈ものまね、本人も大ウケのクオリティーにファンも高評価
しゃべり方が似てる。(2018/10/3)

ティーン時代の輝きハンパない! 相武紗季の写真集『10代』『surf trip』がデジタル版で再リリース
初めて見たとき衝撃的だった。(2018/10/1)

甘酸っぱさの宝石箱や! 10代の広末涼子を収めた写真集『NO MAKE』、デジタル版で再リリース
思わず遠い目になる。(2018/7/9)

いつもは受けだが今度は攻め 舘ひろし、映画「終わった人」完成披露で見せた“枯れない役者魂”
ハングリー精神でアドリブや10行以上のセリフに挑戦。(2018/5/11)

「あの女優誰だよ!」「めちゃかわいい」 “CM美少女”池間夏海が日本中から熱視線を浴びる
顔と名前を完全に記憶した。(2018/3/17)

「広末涼子みたい」 道端カレン、22歳短髪時代の写真が圧倒的な透明感を漂わせる
MajiでKoiしそう。(2018/2/3)

MajiでKoiしそう 広末涼子、約20年ぶりの女子高生姿がデビュー当時のまま
本当に3児の母ですか!?(2018/1/4)

整形疑惑は「セーフ!」 おかもとまり、過去の写真とともに顔のパーツを徹底検証
整形への持論も展開。(2017/12/11)

これはキス顔……! 本田翼、広末涼子&綾瀬はるかと「とりちゅーポーズ」にファン「最高の唇だ」
生まれ変わったら俺3人の旦那さんになりたい(切望)。(2017/10/27)

「端っこなのが逆にかわいい」 新垣結衣、映画「ミックス。」出演者らとのセルフィーポジが話題に
一瞬ガッキー探した。(2017/9/21)

姉妹でもいける! 黒木瞳、広末涼子の17年ぶり“親子写真”に懐かしさと驚きの声
ドラマ「オヤジぃ。」から17年。(2017/8/23)

ビジネス界のメシア、“企業レスキューコンサルタント”沖田義盛……って誰だお前!
「会社はシイタケであってほしい、そう思うとです」(沖田義盛)。(2017/6/1)

汗だくスマッシュ&しゃしゃしゃしゃー! 映画「ミックス。」卓球×ガッキーが案の定カワイイ!
かわいいしかない。(2017/5/25)

だから誰なんだよ! 広末涼子を生んだ敏腕マネジャー・剣持信也の “こだわり”が圧巻
これは敏腕ですわ……。(2017/4/20)

「逃げ恥」ガッキー新作映画は卓球モノ! 「ミックス。」瑛太とのW主演で2017年秋公開へ
卓球も未経験の新垣さんと瑛太さんは初共演ダブル主演。(2017/2/10)

『Boon』復刊第2号が発売 山口編集長に聞く『Boon』の戦略
(2015/4/14)

あのストリート系雑誌6年ぶりに復活 山口一郎編集長に聞く“『Boon』復刊の理由”
6年ぶりに復刊した『Boon』。山口一郎編集長にその経緯を伺いました。(2014/10/16)

ストリート誌『Boon』6年半ぶりに復刊、表紙は広末涼子
“ストリート”を確立したあのファッション誌が帰ってきた。(2014/10/8)

高知県が本気を出した結果、大家族「高知家」に
高知県の本気をご覧ください。(2013/6/4)

映画ウラ事情:
厚みを増すハリウッドに対し、今後の映画界を背負えそうな期待の日本人監督は?
『プラチナデータ』の大友啓史監督は、折衝の達人。自治体に「ここでの撮影は不可能」と断られても、粘り強く腹を割って話し合う。(2013/3/18)

帰りはTSUTAYAに……?:
撮影者「今まで見ていたものと全く違う」——4Kブラビアによる“感じる写真展”が開幕
六本木の「東京ミッドタウン」でユニークな写真展が催されている。写真展なのにパネルは数えるほどしかなく、暗いブースの中には3台の大型テレビ。ソニーが主催する「感じる写真展」だ。(2013/2/7)

石野純也のMobile Eye(10月6日〜10月19日):
「LTE」「端末」「サービス」から読み解く携帯3キャリア“冬の陣”
この2週間の大きなトピックは、ドコモ、au、ソフトバンクの新機種が発表されたこと。冬モデルでは高速通信サービスの対応機種が大幅に拡充され、3社ともエリアの拡大にも余念がない。今回はネットワーク、端末、サービスという切り口から3社の戦略を見ていこう。(2012/10/19)

「LTEの先駆者」ドコモ 冬モデルのスマホは全機種、下り最大100Mbpsの「Xi」対応
ドコモの冬モデルは、スマートフォン全モデルで下り最大100MbpsのLTEサービス「Xi」に対応した。LTEで他社に2年先行している経験を生かし、「生活に合った端末やサービスを提供する」という。(2012/10/11)

スマホは全機種Xi、通信速度は下り最大100Mbpsに――ドコモの2012年冬モデル17機種
NTTドコモが2012年冬モデルを発表。スマートフォン10機種、タブレット1機種、iモードケータイ4機種、フォトパネルとモバイルWi-Fiルーター各1機種の、計17機種を投入する。スマホとタブレットは全機種が下り最大100MbpsのXiに対応する。(2012/10/11)

NTTドコモの20年(前編:1992〜2002):
PR:「携帯電話」から「ケータイ」へ 電話をコンピュータに変えたドコモ
2012年7月、NTTドコモは創業から20周年を迎えた。自動車電話や無線呼出サービス、携帯電話などをNTTから譲受して始まった移動通信事業だが、この20年で同社が提供する機器とサービスは大きな変貌を遂げた。まずは1992年〜2002年までの前半10年をITmedia Mobile前編集長の斎藤健二と現編集長の園部修が振り返る。(2012/7/24)

似すぎ! おかもとまりさんの「ものまねメイク術」が完全に本人
広末涼子モノマネで有名なおかもとまりさんが、ブログで「ものまねメイク術」を披露し話題に。(2012/5/22)

ふぉーんなハナシ:
スマホで復活して欲しい“超”個性派端末たち――続々・2Gケータイの思い出
ドコモの「ムーバ」終了に合わせてITmedia +D Mobileが募集した“2Gケータイの思い出”。最終回はかつての超個性派ケータイや、今では無くなってしまったサービスや周辺機器を振り返ります。(2012/5/9)

意外に楽しい映像配信 「dマーケット VIDEOストア」を使ってみた
2012年2月から、多くのドコモスマートフォンやタブレットで利用可能になった「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」。アニメや特撮ヒーロードラマなどをよく見る筆者が、実際に加入してサービスを体験してみたところ、思った以上に楽しめた。1カ月だけでも試しに加入してみる価値がある。(2012/3/16)

11年ぶり:
ヒロスエがドコモのCMに帰ってくる――「dマーケット VIDEOストア」新CM
ドコモが2月18日から放映する「dマーケット VIDEOストア」の新CMに、広末涼子さんが起用された。広末さんがドコモのCMに出演するのは、11年ぶり。ポケベルやiモードに続き、スマートフォンと3世代のCMに登場する。(2012/2/16)

結婚アドバイザーに聞く、結婚のお世話をしたい芸能人は誰?
結婚のお世話をしたいと思う芸能人は誰ですか? 結婚相談所で婚活中の男女にアドバイスをする人に聞いたところ、男性芸能人ではNHK大河ドラマで活躍した「福山雅治」さんがトップだった。オーネット調べ。(2010/12/9)

コンビニ、ヒット商品の理由:
コンビニで最も売れたチョコ、ガルボボールの秘密
コンビニのチョコレート部門で、圧倒的な強さを誇る明治製菓のガルボシリーズ。8月末に発売されたガルボボールも、当然のように売り上げランキングトップに躍り出たが、その強さの理由はどこにあるのだろうか。(2010/9/28)

関西発パスタ便:
京大の折田先生像、今年はあのキャラに……
京都大学に根付く「自由の学風」。その学風を築くために多大な功績を残した折田先生の像は、“季節の風物詩”として知られるようになりました。果たして折田先生像2010はどのようなものだったのでしょうか。(2010/2/26)

10代のころのアイドル、誰が好きだった?
(2010/1/28)

torne(トルネ)体験会:
「torne」はテレビの未来を変える黒船か? 「torne」体験会で見たこと、感じたこと
プレイステーション 3に接続することで、地上デジタル放送の視聴や録画が可能となる、PS3専用地上デジタルレコーダーキット「torne」。その体験会が、SCEJにて開催された。そこで初めて分かったことがある。(2010/1/22)

大河ドラマ『龍馬伝』の針路はいかに? 視聴意向は6割弱
幕末を駆け抜け、日本の歴史を大きく変えた坂本龍馬。2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』では33年の人生が、三菱財閥の創業者になった岩崎弥太郎の視点から描かれるが、その視聴意向には男女差があるようだ。ネットエイジア調べ。(2009/11/13)

エヴァ実写化計画始動 綾波レイ役は誰?
エイプリルフールネタではなかった! エヴァンゲリオン実写化計画が始動。注目のキャスティングは……。(2009/4/2)

仲間由紀恵、石原さとみ、相武紗季のケータイは:
ドラマで使われるケータイたち 2009年冬──au編
人気の連続ドラマに登場するキャストが手にする携帯電話をチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。au編では、2008年秋冬モデルが多く採用されている。(2009/3/17)

本山由樹子の新作劇場:
アカデミー賞受賞なるか?――「おくりびと」
アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた本木雅弘主演の話題作が、3月18日にDVD化。モックンの所作も山形の風景もすべてが美しく、2008年文句ナシの邦画No.1作品。(2009/2/2)

モバゲー新CMに再び広末涼子さん
「モバゲータウン」の新テレビCMでは、今年7月に放映したCMに引き続き広末涼子さんが出演する。(2008/12/12)

ねとらぼ:
「自分の技術で幸せにしたい!」――エンジニアが最も萌えるアイドルは?
「エンジニアが最も萌えるアイドル」というニッチなランキングが発表された。1位のあの人には「マニアな装置を作ってあげたい」という声が寄せられている。(2008/11/21)

“女王様”山田優は「PRADA Phone」:
ドラマで使われるケータイたち 2008年夏──ドコモ編
9月に入り、7月から始まった夏クールの各ドラマが終盤に突入し、そろそろ結末へ向けて盛り上がってきた。そんなドラマで活躍するケータイをチェックする恒例の「ドラマで使われるケータイたち」。2008年の夏は、どんなモデルが使われているのだろうか。(2008/9/6)

今日から使えるITトリビア:
カリスマ経営者の変人ぶりと日本のヘンジン会
「変人」と言えば、田中眞紀子代議士が小泉純一郎元首相を称した言葉だが、ビッグネームには多かれ少なかれ、変人ぶりや奇行のウワサがあるもの。今日のIT時代を築き上げたスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツにも数々の逸話が。もちろん日本にだって!?(2008/8/31)

週間ソフト販売ランキング:
ゲームにイメージガールはつきもの?
新作ラッシュで上位に大量ランクイン。夏のボーナスもあいまってか、なんだか景気のいい結果となっております。そういえば、ゲームによってはイメージガールが登場しますね。(2008/7/3)

Mobile Weekly Top10:
ちょっとハヤリとされる言葉を使ってみたい:「KY」
今週のランキングは、ドコモの“905iシリーズ”やソフトバンクモバイルの“シャア専用”、auの“INFOBAR 2”など、続々登場する新機種関連の記事にアクセスが集まった。(2007/12/7)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
資生堂・白TSUBAKIの女優たちには“ワケ”がある
資生堂が満を持して投入したヘアケア製品「TSUBAKI」。現在は赤と白2色のラインアップが展開されているが、注目はCMに起用されている女優たちだ。彼女たちはどういった狙いで選ばれているのだろうか?(2007/10/25)

新作DVD情報:
札束が乱れ飛ぶバブリーな東京へ――「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」
ワンレン、ボディコン、お立ち台……現在の不景気を招いたバブル崩壊を食い止めようと、ヒロスエが、日本が最もハイテンションだった90年代バブル時代へタイムスリップ!(2007/8/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。