ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「堀主知ロバート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「堀主知ロバート」に関する情報が集まったページです。

薄くなりゆく物語、「NAZO」に注がれた物語編集力――松岡正剛ロングインタビュー
サイバードが9月にリリースしたジグザグ・シアターオペラ「NAZO(ナゾ)」。その開発に携わった知の巨人・松岡正剛氏。物語性や編集工学といった氏の“哲学”がふんだんに盛り込まれたこのアプリの知られざる物語をひもといていこう。(2014/11/14)

日本のインターネット企業 変革の旗手たち:
モバイルユーザーのそばにいる存在であり続けるための挑戦
モバイルインターネットのコンテンツサービスで代表的な企業となったサイバードホールディングス。同社は、コンテンツビジネスに加えて、次なるビジネスモデルを確立すべく、新たなスタートを切ろうとしている。その原動力となっているのは、「ユーザーの立場で考える」という創業以来の強い思いである。(2008/1/28)

「モバイル広告への先行投資と経営強化は今しかない」、サイバードHDの堀CEO
サイバードHDは、MBOにより株式を非公開化する。堀社長グループCEOは、「成長市場のモバイル広告へ先行投資するための最適な判断」と説明した。(2007/10/31)

サイバードがMBO JASDAQ上場廃止に
サイバードホールディングスがMBOを実施し、JASDAQ上場は廃止となる見通し。「短期的な業績に左右されない先行投資が必要」と説明している。(2007/10/31)

「コンテンツ+サービス+広告」の三位一体化を進める、サイバードHD
サイバードHDはグループ各社のサービス会員を顧客プラットフォームに位置付けモバイルの収益基盤を強化する。(2007/5/23)

ケータイ動画CMはクリック率が高い!?
3G携帯電話サービスの普及で、サイバードはメルマガと動画CMを連動させたマーケティングを展開する。2Gと比べ、広告のクリック率やサイト会員の定着率が高いという。(2006/11/24)

サイバード、リクルートが第2位株主に
サイバードとリクルートが業務・資本提携。サイバードのモバイルサイト開発運営力とリクルートの情報サービス事業ノウハウを組み合わせ、携帯向けECや広告事業を共同展開していく。(2005/6/1)

サイバードが過去最高売上、多角化へ
サイバードのメインとなる事業は、やはり携帯コンテンツ。だが今後は、広告事業や物販などにも力を入れる。(2004/11/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。