ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハイパスフィルタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイパスフィルタ」に関する情報が集まったページです。

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第41回 IBIS AMIの基本
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第41回はIBIS AMIの基本について解説する。(2015/9/2)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第32回 損失の解析
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第32回は、前回説明した損失について計算する「損失の解析」について取り上げる。(2015/4/14)

SPICEの仕組みとその活用設計(22):
Spiceの応用解析――微分方程式を解く
今回は数値計算の代表的なツールであるSpiceの応用解析として、“アナログコンピュータ”を模擬して代表的な微分方程式を解いてみます。(2015/3/27)

TDK DEA07190LT-4003B1:
0.65×0.5×0.3mmサイズのLTE向けローパスフィルタ
TDKは2015年1月22日、LTE向けローパスフィルタとして06505サイズ(0.65×0.5mm)の「DEA07190LT-4003B1」を発表した。(2015/1/23)

しっかり分かる「センサーの活用法」:
いまさら聞けないジャイロセンサー入門
スマートフォン、デジタルカメラ、カーナビなどに必ずといっていいほど搭載されるジャイロセンサー(角速度センサー)。ジャイロセンサーが角速度を検知する仕組みや応用例を紹介する。(2014/6/9)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
ドライバー構成は非公開? 「FitEar Parterre」(パルテール)の音に迫る
今回から、春のヘッドフォン祭で注目を集めた新製品をピックアップしていこう。1回目は「FitEar Parterre」(フィットイヤー・パルテール)。須山歯研が送り出した新しいユニバーサルタイプだ。(2013/5/20)

オンキヨー、チャンネルデバイダーに対応したホームシアター向けスピーカー「D-509シリーズ」
オンキヨーは、ホームシアター向けのプレミアムスピーカー「D-509シリーズ」3機種を9月下旬に発売する。(2012/8/29)

よく分かる! コンデンサの仕組みと働き(2):
電子回路で多様な活躍、 交流を通すコンデンサの機能
コンデンサは、2枚の電極板が向かい合った構造になっています。絶縁体(空気や誘電体)によって隔てられているので、コンデンサは直流を遮断するのは理解できますが、それではなぜ交流を通すことができるのでしょうか?(2012/5/23)

小寺信良のEnergy Future(16):
思い描いた「コンセントの未来」、ソニー発の強力な技術を使いこなせるか
ソニーが開発した「認証型コンセント」。前回はコンセントが家電を認識する仕組みを紹介した。今回は認証型コンセントを使うと何ができるのか、アプリケーション側から考えてみたい。他のさまざまな革新技術同様、大きな可能性を秘めると同時に、落とし穴もありそうだ。(2012/3/27)

STマイクロ L3G4IS:
「一粒で二度おいしい」、モーション検知/手ブレ補正対応のジャイロセンサー
STマイクロエレクトロニクスの3軸ジャイロ(角速度)センサー「L3G4IS」は、モーション検知とカメラの手ブレ補正のそれぞれに最適化した出力処理回路を搭載することで、1チップで2つの用途に対応した。(2012/1/18)

外形寸法が3.0×3.5×1.0mmの3軸デジタルジャイロ、実装面積は従来品の1/2
(2011/12/16)

なんだか“ノリがいい”ヤツを試してみよう:
たまねぎIT戦士なんてイヤだ!――「ミュージックサウンド DJエフェクター」でモテるDJに“転職”してみた
誰だって人生で1度や2度はDJに憧れたことがあると思う(あってほしい)。たまねぎIT戦士からジョブチェンジしたい新人は、ターンテーブル風のエフェクターを手に入れ、DJへの“転職”を試みた。(2011/10/1)

iPhone対応お手軽エフェクター:
ターンテーブル風でDJ気分?――「iPod、iPhone用 ミュージックサウンド DJエフェクター」
上海問屋から、iPodやiPhoneから流れる音楽に、さまざまな音響効果を追加できるエフェクターが発売された。価格は4999円。(2011/9/7)

民生機器市場にも広がるBCI技術:
脳の電気信号を読み取る
脳と電子機器を直結するBCI。これまで主に医療分野で研究開発が進められてきたが、最近では、ゲーム機器や軍用機器の市場からもBCIに熱い視線が注がれている。実際、BCIを利用したゲームコントローラもすでに登場している。では、このBCI技術は、どのような方法で実現されているのだろうか。また、この技術を利用した機器により、どのようなことが可能になるのだろうか。(2011/4/1)

難波弘之 対 野尻抱介:
なまじ知識がある人より、おもちゃ感覚でいじれる人のほうが強い
難波弘之さんと野尻抱介さんを交えた座談会は、SF界とボカロシーンの類似から「大先生が絶対成立しない」音楽界の現状に及び、冨田勲と「松武秀樹くんという優秀な青年」、コルグの工場がプレハブだったころにさかのぼっていく。(2010/11/2)

オーディオ処理技術 スピーカー:
役割増すTV用音響DSP、薄型化するスピーカの音質を維持
テレビ映像の高画質化の進展とは対照的に、音作りの難しさが増している。その最大の原因は、テレビの薄型化に伴って、スピーカを薄くしなければならなくなったことである。(2009/9/7)

Analog ABC(アナログ技術基礎講座):
第4回 基本現象を応用して回路設計 〜 フィルタ 〜
今回は、前回説明した共振現象の応用例として、フィルタ回路を取り上げます。フィルタ回路は、インダクタンス(L)、コンデンサ(C)、抵抗素子(R)のいずれかを組み合わせて構成します。(2009/8/10)

Signal Integrity:
ジッター測定時のオシロのセットアップ
(2008/2/1)

Design Ideas:
パソコンのシリアルポートを利用した赤外線伝送
(2008/2/1)

バラして納得! 電子部品入門(5):
コンデンサってどんなことをするの?
マザーボード上に配置されている円筒状の物体「コンデンサ」は電気を蓄えたり、蓄えた電気を放電したりする機能を持っている(2007/9/7)

RF-ICフィルタの回路/レイアウト設計を自動合成する
RF-ICの設計で単調に繰り返されていたフィルタ設計を、電磁界シミュレータで設計手順を統合して、自動化する。(2006/4/1)

デジタルビデオカメラ用オーディオシステム設計の課題と対策
廉価なデジタルビデオカメラのオーディオ性能を飛躍的に向上させるいくつかのコツを紹介する。(2006/2/1)

三洋、「ムービー手ぶれ補正機能」を搭載したXacti DMX-C4を発表
三洋電機は8月23日、「DMX-C1」の後継機種として、ムービーデジカメ「Xacti DMX-C4」を発表した。有効画素数は約400万画素にアップしたほか、「ムービー手ぶれ補正機能」を搭載した。9月10日発売で、価格は7万5600円(税込み)。(2004/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。