ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「飯島愛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「飯島愛」に関する情報が集まったページです。

「愛ちゃんが天国に行ってもう12年」 中山秀征、親友・飯島愛さんの墓参りを在りし日の2ショットとともに報告
墓前で「マタくる!? いくいく」(2020/8/8)

大竹しのぶ、“金スマ”新年会で飯島愛さんにメッセージ 「お酒飲もうねと言ってくれてた娘も30歳になったよ」
飯島さんが亡くなって11年がたちました。(2020/2/16)

飯島愛さんのブログが誕生日の10月31日に閉鎖 ファンから「ありがとう」と感謝の書き込み
7年間管理してきたご両親への労いも。(2015/11/1)

飯島愛さんのブログが10月閉鎖へ 本人亡き後も「さみしいよ。本当に今までありがとう」などコメント7万件
飯島さんが亡くなった後はご両親が管理していたそうです。(2015/9/19)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

古田雄介の死とインターネット・最終回:
インターネットは半永久的ではない――数十年単位でみる死とインターネット
ネット上には亡くなった人が発信した情報がそこかしこに残っている。ただ、2000年以前のものはそれほど多くはない。十数年のうちに消滅するケースが大半だ。(2014/1/28)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
2012年、Business Media 誠で最も読まれた記事は?
世界中で大きな政治のイベントがあった2012年。Business Media 誠で最も読まれた記事は何だったのだろうか?(2012/12/28)

古田雄介の死とインターネット:
ユーザーが亡くなったページの権利と責任は誰のもの?――法の観点から見た死とインターネット
インターネット上に浮かぶユーザーの死という事態について、さまざまな現場の現状を探ってきたが、法的にはどんな線が引かれているのか。落合洋司弁護士にうかがった。(2012/12/21)

古田雄介の死とインターネット:
相続? 消滅? 宙に浮く? ネット資産がユーザーの死後にたどる末路
ネットバンクの口座や電子マネーといったインターネット上の資産は、ユーザーが亡くなった後にどう処理されるのか。実際の状況をベースにひも解いてみよう。(2012/10/12)

古田雄介の死とインターネット:
有料サービスは死亡した会員をどうやって知り、どう処理する?
無料で使えるネットサービスでは、会員が亡くなってもそのままになることが多い。しかし、定額制の有料サービスは放置というわけにはいかない。では実際、どう対応しているのか?(2012/9/21)

古田雄介の死とインターネット:
インターネットを墓場に持ち込むと、望まないものだけ地上に戻ってくる?
自分が死んだとき、遺族に直接的な迷惑をかけるものがネットに残る場合もある。どうすれば防げるのか、相続の対象としてのネットの資産と負債をみてみよう。(2012/8/31)

古田雄介の死とインターネット:
死後にHDDデータを消去するソフト、愛用者は5〜10万人!?
デジタルの世界にも万一に備える生前準備サービスは多彩にあるが、現時点でどれだけのニーズがあるのか。オンラインとオフラインの両面を調べた。(2012/8/3)

古田雄介の死とインターネット:
死んだら発動する“お別れサービス”は何年先まで保証する?
自分が死んだら、指定したアドレスにお別れメールを送ったり、自分のブログにメッセージを載せたりできる“お別れサービス”がある。それらがどのように運用されているか調べてみた。(2012/7/6)

新連載・古田雄介の死とインターネット:
なぜ飯島愛の公式ブログはちゃんと管理されているのか?
管理人の死後、オンラインに残されたブログやSNSなどの“遺産”はどのように扱われるのか。利用規約の先にある、実際の処理が行われている現場のいまを探ってみよう。(2012/6/22)

オルタナブログ通信:
永遠に生き続けるブログ
約230人のブロガーによって、日々、ITにまつわる時事情報などが発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今回は、その中から「今年の一文字」「ブログ」「Twitter」「言葉」を紹介しよう。(2010/11/12)

「新刊ください」に戸惑った 初めてのコミケ出展
初めて同人誌を作り、初めて冬コミに出展した。200冊も作ってしまい、売れ残ったらどうしようと不安だったが……(2009/1/5)

今年はなんだか地味でした 08年ITmediaNews記事ランキング
ITmedia Newsのアクセスランキングトップ100とともに、なんとも地味だったこの1年を振り返ります。(2008/12/26)

飯島愛さん、最後のブログは「ニコニコ大会議」
死亡が報じられたタレントの飯島愛さんのブログの最後のエントリーは、ニコニコ動画のユーザーイベント「ニコニコ大会議」の様子をつづったもの。ひろゆき氏の写真も掲載されている。(2008/12/24)

Google検索ランキング、「初音ミク」が著名人3位に
Googleの2007年国内キーワード検索ランキングで、エンタメ作品2位に「ひぐらしのなく頃に」、3位には「らき☆すた」が、著名人3位に「初音ミク」が入った。(2007/12/19)

Yahoo!検索年間ランキング、1位「mixi」・2位「YouTube」
Yahoo!JAPANの07年検索ランキングは、1位が昨年と変わらず「mixi」。2位には「2ちゃんねる」を抑えて「YouTube」が入った。「脳内メーカー」「ニコニコ動画」も上位にランクイン。(2007/11/30)

新作DVD情報:
札束が乱れ飛ぶバブリーな東京へ――「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」
ワンレン、ボディコン、お立ち台……現在の不景気を招いたバブル崩壊を食い止めようと、ヒロスエが、日本が最もハイテンションだった90年代バブル時代へタイムスリップ!(2007/8/6)

News Weekly Access Top10(2007年4月15日−4月21日)
飯島愛も「陰陽師」好き
芸能界を引退した飯島愛さんだが、ブログは積極的に更新している。YouTubeを「ようつべ」と読み、「陰陽師」を踊れると語るなどかなり濃くネットにハマっているようだ。(2007/4/23)

ふかわりょう=フリーター、「人生ゲーム 芸人魂」
タカラはボードゲーム「人生ゲーム」の最新作「人生ゲーム 芸人魂」を販売する。お笑い芸人となって「芸能界の殿堂入り」を目指すが、芸人選択がうまくいかないと「ふかわりょう」としてプレイすることになる(2005/10/13)

2ちゃんの「良スレ」が電子書籍化されヒットするまで
ネット発、2ちゃんねる発の書籍が、電子書籍としてダウンロード販売されている。これがどうやら、携帯向けにウケているのだという。仕掛け人たちに、ことのてん末を聞いた。(2004/8/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。