ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イマドコサーチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

iモード端末またはPCを利用し、探したいFOMA端末の居場所を地図で確認できるNTTドコモのサービス。検索されるFOMA端末がGPS対応の場合は、そのGPS機能を利用して居場所を確認可能。GPS非対応の場合も、基地局を利用しておおよその居場所を確認できる。

NTTドコモ、「らくらくスマートフォン」のソフト更新を開始
ドコモは、富士通製「らくらくスマートフォン」の機能バージョンを開始した。ソフト更新により、イマドコサーチのワンタッチブザー検索に対応する。(2012/11/28)

ドコモ スマートフォンも「イマドコサーチ」「イマドコかんたんサーチ」に対応
NTTドコモは、位置情報が検索できる「イマドコサーチ」と「イマドコかんたんサーチ」のサービスを、spモード対応のスマートフォンでも開始すると発表した。(2011/9/16)

らくらくホン初のGPS搭載モデル――NTTドコモ「らくらくホンIV」
NTTドコモは、らくらくホンとして初めてGPS機能を搭載する「らくらくホンIV」を発表した。GPSとワンタッチブザー、イマドコサーチによる緊急時の位置情報通知が行える。通話時の声を強調する機能も進化した。(2007/7/12)

GPS機能、FMラジオチューナー搭載の「SA702i」、新規は2万円前後
GPS機能を実装し、ルート案内のほか「イマドコサーチ」にも対応する三洋電機製端末「SA702i」が店頭に並んだ。新規価格は2万円前後。(2006/7/11)

キッズケータイ「SA800i」を3月4日に発売
ドコモは、子供を守る機能を搭載した携帯「SA800i」を3月4日に全国発売する。合わせて3月1日から「キッズiメニュー」と「イマドコサーチ」を提供する。(2006/2/23)

ドコモ、端末の位置情報確認サービス「イマドコサーチ」
NTTドコモは、iモード端末のおよその現在位置を確認できるサービス「イマドコサーチ」を来春にも提供する。(2005/11/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。