ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「らくらくスマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「らくらくスマートフォン」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【5月最新版】 最新スマホもお得に入手
職場や学校で新年度を迎えてバタバタした月も終わり、身の回りの整備を始めることも多い5月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/5/15)

4万〜6万円で買えるミッドレンジスマホのオススメ9機種まとめ
ハイエンドのスマートフォンを使いたくても、モデルによっては10万円を超える価格や、20万円に迫るものも存在する。一方で、ハイエンドに迫る性能を持ちながら、比較的手頃な価格帯(4万〜6万円台)を実現したミッドレンジのスマートフォンも選択肢としてはアリだろう。各キャリアやメーカーなどが販売しているミッドレンジモデルの主要な販路、価格、特徴を中心にまとめた。(2022/5/1)

房野麻子の「モバイルチェック」:
“オワコン”のワンセグ、ネット配信に移行して再び輝けるか
民放10局が地上波で放送するテレビ番組をネットで同時配信する「地上波リアルタイム配信」が、4月11日に解禁された。もともとスマホでテレビを見るといえば、ワンセグだったが、どのようにして終焉(しゅうえん)を迎えたのか。(2022/4/29)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【4月】 スマホをお得に手に入れよう
新年度になり、新しくスマホを持つ家族が増えたり、機種変更を行う人は多いだろう。キャリア変更を行うこともある。では、4月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/4/14)

ドコモオンラインショップ、4月1日以降の割引内容を変更 「機種購入割引」は終了
NTTドコモは、4月1日以降にドコモオンラインショップで実施している「5G WELCOME割」「端末購入割引」の内容を変更。また、3月1日にに「機種購入割引」は終了する。(2022/3/31)

ドコモの「らくらくスマートフォン F-42A」「らくらくホン F-01M」がMNPで2.2万円引きに
NTTドコモは、3月25日に「端末購入割引」の内容を変更。「らくらくスマートフォン F-42A」「らくらくホン F-01M」がそれぞれ2万2000円割引となる。(2022/3/25)

arrows先生が聞く:
PR:10周年を迎えた「arrows」ってどんなスマホ? これからどうなる? FCNTの“中の人”が語る
2021年、FCNTのスマートフォン「arrows」が誕生から10周年を迎えました。折しも、arrowsスマホを開発/製造する富士通コネクテッドテクノロジーズも「FCNT株式会社」に社名を変更し、新たなスタートを切りました。この記念すべきタイミングで、伝説の「arrows先生」がarrowsの過去、これから、そして未来について話を聞きました。(2022/3/17)

組み込み採用事例:
薄型圧電センサーをシニア向けスマホに採用、直感的なボタン操作が可能に
村田製作所の圧電フィルムセンサー「Picoleaf」が、FCNT製のシニア向け「らくらくスマートフォン」に採用された。高感度の押圧検知ができるPicoleafを組み込んだタッチパネルは、実際のボタンを押すような感覚で操作できる。(2022/3/11)

らくスマ/arrows向け会員サービスが登場 健康寿命の延伸を目指す取り組みも
FCNTが、らくらくスマートフォンやarrows向けの会員サービス「La Member’s(ラ・メンバーズ)」を2月24日から提供する。スマートフォンの基本操作を解説した動画や役立ち情報、毎日の歩数や記事の閲覧などでためられるポイントを提供する。「人生100年時代」を見据え、健康寿命の延伸を目指す取り組みも展開していく。(2022/2/25)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが“TONEのAndroidスマホ”を扱うインパクト 3G巻き取りを狙うが、ライバルも
ドコモのエコノミーMVNOに加わったトーンモバイルが、2月24日から自社端末をドコモショップで販売する。Android端末のみに実装されているシニア向けのサービスが利用できるようになるインパクトは大きい。狙うのは、3Gのフィーチャーフォンを使うユーザーだ。そのインパクトを考察していきたい。(2022/2/19)

ドコモ、5G対応の「らくらくスマートフォン」を2月24日に発売 5万1744円
NTTドコモは、シニア層向けのAndroidスマートフォン「らくらくスマートフォン F-52B」(FCNT製)を2月24日に発売する。ドコモオンラインショップ価格は5万1744円(税込み)。らくらくスマートフォンとして初めて5Gに対応し、従来製品の使い勝手を維持しつつも、カメラやバッテリーを強化した。(2022/2/14)

2万円台の「AQUOS wish」と「arrows We」、どちらを選ぶ? スペックから使い勝手までを比較
スマートフォンの基本性能は年々向上し、いまや税込み1〜3万円台のエントリーモデルでも、普段使いに不便を感じない機能とスペックを備えている。コスパを重視する人から注目を集めている「AQUOS wish」と「arrows We」の違いを、au版で比べてみた。(2022/2/8)

4〜5年は使えるスペック ドコモから京セラ製「あんしんスマホ」が登場した理由
ドコモが2022年2月以降に発売予定のシニア向けスマホ「あんしんスマホ KY-51B」。現在販売されている「らくらくスマートフォン」と比較されやすい端末だが、どんなコンセプトで企画、開発されたのか。(2021/12/24)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
ドコモのスマートフォンを振り返る 日本最初のXperiaとGalaxyから独自モデルまで
ITmedia Mobile 20周年を記念したケータイ史を振り返る企画。今回はドコモのスマートフォンを振り返る。「フィーチャーフォンはすでにスマホだ」という意見もありながら、2005年に登場したMotorola「M1000」から現代のスマホまでを振り返る。(2021/12/12)

スマホから消えた「ワンセグ」、2021年は搭載機種ゼロに その背景を探る
スマホから「ワンセグ」が消えつつある。2021年に発売されたスマホの中で、ワンセグ機能を搭載した機種はゼロだった。ワンセグ対応スマホが減少した要因は、「通信の性能向上」「動画配信の普及」「テレビ離れ」という3つの理由が挙げられる。(2021/12/2)

ドコモ、11月1日以降に「Galaxy A51 5G」など3機種の割引を変更
NTTドコモは、11月1日以降に「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」の内容を変更する。対象機種は「Galaxy A51 5G SC-54A」など3機種。(2021/10/25)

5機種が対象:
dアカウントの「パスワードレス認証」が生体認証“非対応”スマホでも利用可能に 10月22日から
NTTドコモの「dアカウント」において、同社の生体認証非対応スマホでもパスワードレス認証を利用できるようになる。対象は5機種で、パスワードの代わりに画面ロックの解除方法を使って認証できるようになる。(2021/10/18)

Mobile Weekly Top10:
楽天モバイルがauエリアへのローミングエリアを削減へ/約10カ月かけて登場した「ドコモのエコノミーMVNO」
楽天モバイルが、auエリアへのローミングサービスの終了を加速することになりました。KDDIに支払うローミング料金が「重し」としてのしかかっていることが原因と思われます。(2021/10/12)

石野純也のMobile Eye:
ドコモの「エコノミーMVNO」で“弱点”解消なるか 対サブブランドでは収益性が課題
ドコモが2020年12月のahamo発表時にコンセプトを披露していた「エコノミーMVNO」の詳細が決まった。ドコモ自身が提供する料金プランではないが、あたかもドコモ内の料金プランかのように契約できる。ドコモの料金カテゴリーとはいえ、実態としてはユーザーを自らMVNOに送り出しているため、収益性が課題となる。(2021/10/9)

「らくらくスマートフォン」と「あんしんスマホ」 シニア向けスマホを2機種並べたドコモの狙いとは?
NTTドコモが2022年春商戦向けモデルとして、FCNT製の「らくらくスマートフォン」と京セラ製の「かんたんスマホ」の2機種を投入する。どちらもシニア向けスマートフォンで、ほぼ同時期に発売される予定となっている。なぜ、わざわざシニア向けスマホを2モデルも用意するのだろうか。狙いを考察してみよう。(2021/10/8)

ドコモの新機種は「コスパ」と「使いやすさ」重視 SIMフリーでも端末企画は継続
NTTドコモが10月6日、2021-2022冬春の新型スマートフォンを発表した。新モデルは全機種が5Gに対応し、ハイスペック、スタンダード、あんしんスマホとらくらくスマホ、そしてレノボのノートPCなど、バラエティー豊かなラインアップとなった。今回は、コストパフォーマンスと使いやすさを重視した。(2021/10/6)

ドコモが2021年冬・2022年春商戦向け新モデルを発表 全機種が5G対応 京セラ製スマホやThinkPadの姿も
NTTドコモが2021年冬商戦と2022年春少年向けの新モデルを発表した。全て5G対応モデルとなったことが大きな特徴だ。(2021/10/6)

ドコモ、5G対応の「らくらくスマートフォン」を発表 ワンセグやマスク通話モード搭載
NTTドコモは6日、FCNT製の「らくらくスマートフォン F-52B」を発表した。らくスマとして初めて5Gに対応。新しい生活様式にあわせた「マスク通話モード」を搭載する。(2021/10/6)

ドコモから京セラ製の「あんしんスマホ」 ケータイ風のボタン配置、ワンタッチで画面メモ撮影
NTTドコモは6日、京セラ製の「あんしんスマホ KY-51B」を発表した。これからスマホデビューするシニア層を対象とした製品で、通話キーやメールキーを装備。スマホならではの使い方を紹介するコンテンツも提供する。【更新】(2021/10/6)

「ラジスマ」って知ってますか? もう「年寄りのメディア」ではないラジオ
(2021/9/9)

ドコモ、9月1日以降に「iPhone 12/12 mini」「Xperia Ace II」の割引を変更
NTTドコモは、9月1日以降に「5G WELCOME割」「端末購入割引」の内容を変更する。対象機種は「iPhone 12(64GB/128GB)」「iPhone 12 mini(64GB/128GB)」「Xperia Ace II SO-41B」。(2021/8/31)

ドコモオンラインショップ、9月1日以降に「らくらくスマートフォン F-42A」の割引を変更
NTTドコモは、9月1日以降にドコモオンラインショップで実施している「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」の内容を変更する。対象機種は「らくらくスマートフォン F-42A」。(2021/8/6)

ドコモ、7月14日以降の割引対象へ「Galaxy A51 5G」「arrows Be4」を追加
NTTドコモは、7月14日以降に実施するドコモオンラインショップの割引「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」について、新たに「Galaxy A51 5G SC-54A」「arrows Be4 F-41A」を追加した。(2021/7/14)

ドコモ、7月14日以降に割引施策を変更 iPhone 12が新規契約で2万ポイント還元
NTTドコモは、7月14日以降にドコモオンラインショップで実施している「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」の内容を変更する。(2021/7/9)

ドコモオンラインショップ限定の端末購入割引が5月18日に終了
NTTドコモは、対象機種を機種変更(Xi→Xi)した場合に適用となる「オンラインショップ限定端末購入割引」を5月18日21時59分に終了する。(2021/5/7)

ドコモ、4月29日以降に「5G WELCOME割」や「端末購入割引」を変更
NTTドコモは、4月29日以降に「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」の内容を変更する。(2021/4/15)

ドコモ、arrows 5GとLG V60 ThinQ 5Gの割引施策を4月1日から変更
NTTドコモは、4月1日からドコモオンラインショップ限定で実施している機種購入割引を変更。「arrows 5G F-51A」「LG V60 ThinQ 5G L-51A」が「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」へと変更される。(2021/3/31)

arrowsの富士通コネクテッドテクノロジーズが「FCNT」に社名変更 4月1日付
「arrows」や「らくらくスマートフォン」で知られる富士通コネクテッドテクノロジーズが、4月1日付で商号(社名)を変更する。変更後の商号は、従来から略称として用いていた「FCNT(エフシーエヌティー)」だ。(2021/3/29)

ドコモ、3月19日以降に割引内容を変更 iPhone 12シリーズが5G WELCOME割の対象に
ドコモは、3月19日以降に「5G WELCOME割」「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」の割引内容を変更。割引額やポイントの増額などを行う。(2021/3/18)

5Gビジネスの神髄に迫る:
“arrowsの富士通コネクテッドテクノロジーズ”がローカル5G戦略に注力する理由
富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)は、ここ最近スマートフォン型のローカル5G対応スマートデバイスを発表するなど、ローカル5Gへの取り組みを積極化している。同社がこれまで培ってきた5Gなどの無線技術を活用しながらも、ビジネス領域を広げる上で注目したのが産業領域での5G活用だった。まずは得意とするデバイスでローカル5Gへの対応を進めることにより、市場を開拓するに至った。(2020/12/28)

ドコモが2020-2021冬春新モデル8機種を発表 5Gミッドレンジや4Gスマホも
NTTドコモが11月5日、Androidスマートフォンの2020-2021冬春商戦向け新モデルを発表した。5Gはハイスペックモデルとミッドレンジモデルまで幅広くそろえる。4Gでも新機種を用意した。ドコモオンラインショップ限定カラーもある。(2020/11/5)

ドコモ、10月1日に端末割引を変更 「らくらくホン」「AQUOS ケータイ」などが対象に
NTTドコモは、10月1日から「はじめてスマホ購入サポート」「端末購入割引」を変更。新たに「らくらくホン F-01M」「AQUOS ケータイ SH-02L」などが対象に加わる。(2020/9/28)

ドコモ、「らくらくスマートフォン F-42A」を9月23日発売 税込み約4万円
NTTドコモは、9月23日に「らくらくスマートフォン F-42A」を発売。4.7型の有機ELディスプレイや、よく利用するアプリを配置できる「スマホかんたんホーム」を備え、フリック入力での文字入力をサポートする「らくらくタッチ」などの機能を搭載する。(2020/9/15)

Mobile Weekly Top10:
ハイエンドXperiaがSIMフリーで登場/「Black Shark 3 Pro」は日本で発売されるのか?
ソニーモバイルコミュニケーションズが、XperiaのハイエンドモデルをSIMロックをかけずに販売することになりました。その成否やいかに……?(2020/8/25)

ドコモの一部機種でLINEアプリの提供終了 らくらくスマートフォン2/3やAQUOSケータイなど
NTTドコモは8月18日、一部機種で「LINE」アプリサービスが提供終了することを案内した。終了時期は2020年9月中旬を予定している。「らくらくスマートフォン2/3」や「ARROWSケータイ(F-05G)」「AQUOSケータイ(SH-06GとSH-01J)」などが対象。(2020/8/18)

arrows 5Gへの「Photoshop Express」統合はどう実現した? 担当者に聞いてみよう
7月30日、富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)としては久しぶりのハイエンドスマートフォン「arrows 5G」が発売された。その特徴の1つとして、アドビの「Photoshop Express」と連携するカメラ機能が挙げられる。その実現に至るまでの経緯をアドビとFCNTの担当者に聞いた。(2020/7/30)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
「3G終了」へのカウントダウン 携帯電話販売店では何が? ケータイユーザーはどう動く?
NTTドコモがFOMAのサービス終了を予告したことで、「3Gサービスの終了」に注目が集まりました。とりわけ、3Gケータイを使っているユーザーにとっては死活問題ですが、携帯電話の販売現場はどうなっているのでしょうか。(2020/4/1)

Google Chrome完全ガイド:
Chromeを「ダークモード」に切り替えて省電力や眼の負担軽減(Android/iPhone編)
最近スマホやPCで話題になる「ダークモード」とは? その意味や効果をコンパクトにまとめつつ、Android/iPhone版Google Chromeでのダークモード有効化の手順について説明します。(2019/12/25)

ドコモが「iPhone 8(64GB)」を値下げ&割り引き MNPなら4万7520円(税込み)に
NTTドコモが、10月19日から「iPhone 8(64GB)」を6万7320円から5万8520円に値下げした。合わせて、同社が10月12日から実施している「端末購入割引」の対象に加えた。iPhone 8(64GB)は価格変更に伴い、「スマホおかえしプログラム」の対象外となった。(2019/10/21)

ドコモの「らくらくスマートフォン me」、LINEで意図しない“友だち登録”が起こる不具合
ドコモの「らくらくスマートフォン me F-01L」で不具合が判明。LINEアカウントを新規登録する際に「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」のチェックを外しても、意図しない友だち登録が発生する。(2019/9/17)

携帯料金 A to Z:
月額980円から 3キャリアの「ケータイ→スマホ乗り換えキャンペーン」をおさらい
3キャリアはケータイからスマートフォンへの乗り換えを促すキャンペーンを積極的に展開している。NTTドコモとauは指定のプランを契約することで一定額を割引し、ソフトバンクは専用のプランを提供している。スマホ乗り換え施策の違いを確認しよう。(2019/9/6)

ドコモオンラインショップ、対象機種を買うと抽選で3000ポイントを還元
NTTドコモがオンラインショップで実施している「SPECIAL CAMPAIGN」で、8月19日から「ドコモ賞」がスタート。ドコモオンラインショップで対象機種を購入した中から抽選で10人に1人dポイント3000ポイントをプレゼントする。(2019/8/20)

ドコモの一部機種で「LINE」アプリが提供終了 プッシュ通知も停止
NTTドコモの一部機種が、2019年9月頃にコミュニケーションアプリ「LINE」を提供終了。2020年3月頃にも一部機種でプッシュ通知が停止し、アプリを起動していない間に受け取ったメッセージの通知、無料通話の着信通知を受け取れなくなる。(2019/8/5)

Androidスマホおすすめ“5選” 3万円前後の快適ミドルレンジ機種(2019年版)
ハイエンド機種の価格高騰もあり、昨今注目を集めているミドルレンジのAndroidスマートフォン。中でも3万円前後の機種は十分な性能を備えていて選択肢も多いです。その中でも特におすすめな機種を、ポイントと共にご紹介します。(2019/4/18)

ドコモ、「月々サポート」や「docomo with」の提供を終了へ
ドコモが、新料金プランの提供に合わせて「月々サポート」と「docomo with」の新規申し込み受付を、2019年5月31日に終了する。(2019/4/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。