ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インシデント管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インシデント管理」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ニューノーマル時代のセキュリティ:
サイバー攻撃が発生! 「いつ、誰が、何を、どのように対応すべきか」を事前に整理せよ 「プレイブック」のすすめ
日本企業でも「インシデントの発生を前提に対策する」という考え方は広がりをみせているが、まだ根付いていないように感じる。インシデントからの回復を強化する「プレイブック」について解説する。(2021/2/17)

ニューノーマル時代のセキュリティ:
攻撃者を罠にかけて、返り討ち! “攻め”のセキュリティ対策「サイバーデセプション」とは何だ?
攻撃者を返り討ちにする「サイバーデセプション」。日本ではまだ聞き慣れない技術ではあるが、欧米では採用実績も高いといわれている。どういう仕組みなのか。(2021/1/28)

製造業DX:
PR:日立ハイテクやパナソニックはDXにどう取り組んだか、「稼ぐチカラ」に必要なもの
MONOistが2020年12月14〜15日にかけて開催した「MONOist IoT Forum 2020」で、セールスフォース・ドットコム インダストリーズトランスフォーメーション事業本部の鹿内健太郎氏が「未来を自ら生み出すためにすべきこと」をテーマに登壇し、製造業の競争力向上をテーマに講演を行った。本稿ではその様子をレポートする。(2021/1/20)

今後もリモートワークを続けるために:
PR:理想のVDIは環境選びが肝に VPNとの違いは? クラウド利用の注意点とは?
コロナ禍以前からVPNやVDIを導入しリモートワーク環境を整備していたが、全従業員が一斉に実施することは想定外だった企業は少なくないだろう。すでに導入したVDIを活用しつつ理想的なリモートワーク環境を整備するにはどうすれば良いのか。(2021/1/19)

「システム障害」の切り抜け方【前編】
「サーバがダウンしました」をうまく伝える方法
システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。障害発生時にユーザーをいら立たせない「優れた謝罪」のこつは。(2021/1/10)

Gartner Insights Pickup(186):
クラウドオペレーションの厄介なジレンマを克服する複合的なアプローチ
誰がクラウドオペレーションについての責任を持つのか――。1つの解はない。オペレーションアプローチには多くの選択肢があり、企業の個別状況によって最適な選択肢は異なる。(2020/12/11)

IBMとServiceNow IT運用を自動化する初の共同ソリューションを提供
アイ・ビー・エムとServiceNowは、戦略的パートナーシップを拡大し、両社初の共同ソリューションを提供する。AIとIT運用管理製品を連携してITプロセスを自動化し、ITの生産性を向上させる。(2020/10/22)

「エンジニア課金」を採用 New Relic Oneの製品/価格体系が変更
New Relicは、同社の可視化プラットフォーム「New Relic One」の製品体系や価格体系などを変更する。データ集約機能やAIによるアラート検知機能など3つの機能を統合し、新たに提供する。併せて価格体系も変更された。(2020/8/26)

Gartner Insights Pickup(170):
I&Oリーダーのためのカオスエンジニアリング入門
「カオスエンジニアリング」は、日本ではまだ聞きなれない言葉だ。だが、システムの信頼性を受け身でない形で確保し、DevOpsによるビジネスの俊敏性向上につなげるために、組織として取り組む必要がある。(2020/8/14)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
セキュリティオペレーションを高度化、調査で見えた「SOAR」活用の現状とは?
クラウドやテレワークの普及によりIT環境が複雑化する中、セキュリティ担当者の運用負荷は日に日に増している。そうした中で注目されているのが、セキュリティオペレーションの自動化/高度化を実現する「SOAR」の活用だ。(2020/7/7)

テレワークがIT部門に与えた影響【中編】
新型コロナ対策のテレワークでITトラブルが急増? IT投資動向にも変化が
テレワークの推進は、企業のIT投資の動向にも影響している。調査結果を基に、企業が直面した具体的な変化を説明する。(2020/5/19)

海外医療技術トレンド(57):
デジタルでリアルな課題の解決を目指す欧州の新型コロナウイルス対応策
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に苦しんでいる欧州だが、その一方でデジタルを活用した対応策も出始めている。(2020/3/27)

Atlassian、「Jira」「Confluence」など期限なく無料提供開始 10人以下のチームに
豪Atlassianが、10人以下のチームに対するクラウドサービスの無料提供をスタート。対象となるサービスは「Jira Software」「Confluence」「Jira Service Desk」「Jira Core」。最大2GBのストレージも込みとなる。(2020/3/24)

Google、LastPass、Travelexの事例を分析:
2020年1月に発生した大手Webサイトの大規模障害について解説、Uptime.com
Uptime.comは、企業Webサイトで発生した大規模なサービス停止事例をまとめたレポート「January 2020 Outage Report」を発表した。2020年1月に発生したGoogleやLastPassなどの事例を扱っている。(2020/3/4)

Gartner Insights Pickup(139):
内部セキュリティ不正対策に関する3つのポイント
綿密なインシデントレスポンス対策を講じている企業でも、内部のセキュリティ脅威への十分な対応をしているケースは少ない。CISO(最高情報セキュリティ責任者)は、従業員の不注意または悪意によるリスキーな行動を防止、阻止する対策を講じる必要がある。(2019/12/27)

AdobeとUberのデジタルトランスフォーメーション【後編】
「イノベーション」とは部署名ではなく企業の文化である
Adobeのシニアバイスプレジデント兼CIOが語った、デジタルトランスフォーメーションの真骨頂とは。同社とUberが登壇したイベントの内容を基に紹介する。(2019/11/21)

DXに向けて刷新が必要なのは「システムだけ」ではない:
PR:マルチクラウド環境における運用管理の課題と解決方法
デジタルトランスフォーメーション(DX)の潮流が高まる中、多くの企業がマルチクラウド環境の活用に乗り出している。だが、DX実践で求められるビジネス展開のスピードアップや柔軟性の向上は、インフラを刷新しただけで実現できるものではない。クラウド特有の運用手法を取り入れ、既存のオンプレミス環境と適切に融合させなければ、ビジネスの成果につなげることは難しい。現行のシステム運用を行いながら、DXに貢献するためには、運用管理をどのように刷新したらよいのだろうか。野村総合研究所に話を聞いた。(2019/11/28)

AdobeとUberのデジタルトランスフォーメーション【前編】
AdobeとUberに学ぶ、イノベーションにおけるCIOの役割
企業が熱心に取り組む「デジタルトランスフォーメーション」が、CIOや担当者に大きな課題をもたらしている。(2019/11/13)

新たな開発手法「ChatOps」についても解説
SlackでAWSのアラートを確認できる「AWS Chatbot」とは
AWSの「AWS Chatbot」は、「Slack」「Amazon Chime」と連携するチャットbotサービスだ。同サービスの詳しい機能と、DevOpsの手法の一つ「ChatOps」について説明する。(2019/8/29)

「どのサーバが、どう動いているか分からない」に終止符:
PR:低コストで、既存資産を生かしながら「安定運用のリスク」を回避する方法
DX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドが進展し、企業のシステム運用にはニーズの変化に追従できる一層のスピードと柔軟性が求められている。だが、「今現在のシステム構成情報すら把握できていないのに、変化に安全・確実に追従することなどできない」という企業が多いのが現実だ。では人手も予算も限定的な中で、一体どうすれば環境変化に安全・確実・迅速に対応できる運用管理を実現できるのか?――その一つの解を、運用自動化ソリューションを提供するNKIAに聞いた。(2019/5/14)

クラウド/コンテナ時代のZabbix再入門(後編):
Zabbix 4.0では、運用管理者の負担を減らすためにどんな機能が追加されたのか
2018年10月2日にリリースされたZabbix 4.0の新機能について、運用管理者の負担を減らす機能を中心に紹介する。(2018/12/21)

BAS:
ビルのセキュリティシステムを統合・管理するサービス提供開始、ジョンソンコントロールズ
ジョンソンコントロールズは、2016年に統合した防火・防災、セキュリティシステムのグローバルプロバイダー「タイコ」のセキュリティ事業を、ビルオートメーション(BAS)と組み合わせた形で、サービス提供を開始した。(2018/10/15)

IT運用管理のベストプラクティス
「ITIL 4」公開へ 従来のITILとの違いはモジュール化
ITサービスの設計保守に用いるガイダンスの新版「ITIL 4」が公開される。本稿では企業のITサービスマネジメントにおける課題と、この新しいガイダンスの特徴について紹介する。(2018/9/21)

【期間限定】オンデマンドで視聴可能
ハイブリッド統合監視のMPM(マルチプラットフォームモニタリング)のご紹介
(2018/9/19)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(10):
サービスマネジメントとは、システムのお守りや定型作業のことではない
当連載では、IT、サービス、ビジネス、そしてサービスマネジメントについて論じてきた。いったんここで、前後編の2回に分けてサービスマネジメントの全体像を見つめ直したい。前編の今回は、身の回りのサービスマネジメントからビジネス貢献への発展について考えてみたい。(2018/5/25)

PR:働き方改革で増えるセキュリティの脅威 限られた人材で備える方法とは?
働き方改革を背景に急速に利用が進むモバイル活用。セキュリティ対策の重要性も高まっているが、そこにはセキュリティ人材不足が大きな問題として横たわっている。この状況を打破するには、セキュリティ対策の“自動化”がカギになるという。(2018/4/16)

@IT運用管理セミナー〜運用管理は「なくなる仕事」?:
富士フイルムとメルカリSREが語る、「運用管理」という仕事の本当の価値と役割とは
@ITは2017年12月12日に「@IT運用管理セミナー〜運用管理は『なくなる仕事』?」を開催した。本稿では、その内容をレポートする。(2018/2/5)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
アクサ生命のCSIRT、“本気の”サイバー演習で見えた課題
ITmedia エンタープライズ主催のセキュリティセミナーで、アクサ生命のCISOが登場し、CSIRTとサイバーインシデントレスポンスの取り組みを紹介した。同社では情報漏えいなどのシナリオを想定した“本気の”演習を毎年行っているという。(2018/1/26)

車載セキュリティ:
アルパインが車載セキュリティを導入、「CES 2018」でデモンストレーション
車載セキュリティソリューションを展開するイスラエル企業のカランバセキュリティは、車載情報機器大手のアルパインなど3社とパートナー契約を締結した。アルパインとカランバセキュリティは、「CES 2018」において、ランサムウェア攻撃に対する車載情報機器の堅牢性を確保するデモンストレーションを披露した。(2018/1/17)

IoTセキュリティ:
IoT機器向けセキュリティソリューションが車載システムOSに対応
トレンドマイクロは、同社のIoT機器向けセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security」がメンター・グラフィックスの車載ソフトウェア「Mentor Automotive ConnectedOS」に対応したことを発表した。(2017/12/12)

海外医療技術トレンド(29):
「WannaCry」に襲われた英国の地域医療連携システム、そこから何を学べるのか
2017年10月に発生したランサムウェア「WannaCry」によるサイバー攻撃。被害事例として真っ先に挙げられたのが英国の医療機関だ。病院単体にとどまらず、地域医療連携システムにも影響が出た。そのとき、どのように対処し、今後のどのような対策を取ろうとしているのだろうか。(2017/11/2)

ユーザーが自己解決する環境の実現が理想
本当に頼りになるヘルプデスクの作り方
ユーザーが理想とするのは問題に突き当たって助けを求める場合、すぐ仕事に戻れるよう効率的なサービスを提供するヘルプデスクだ。その実現のためにはヘルプデスク担当者だけではなくIT部門の活躍が必須となる。(2017/10/19)

ゾーホージャパン、ウォッチガードとの協業で展開:
「効果を出すCSIRT運用」のためのソリューション、ネットブレインズがリリース
ネットブレインズが、組織内CSIRTの運用管理を支援するインシデント管理ソリューション「ServiceDesk Plus CSIRTモデル」の販売を開始。Zoho「ServiceDesk Plus」とWatchGuardのセキュリティアプライアンスを組み合わせて提供する。(2017/6/2)

運用管理ツールのコストと機能のバランス
システムが大きくなってもお財布に優しいジョブ管理ツールはないだろうか?
高機能なジョブ管理ツールを使い続けたくても保守料が重荷になる。使い勝手を妥協しない製品にリプレースしてコストも抑える、というのは理想論なのだろうか。(2017/6/1)

顧客が悩みがちな「3つの課題」を解決
「SAPをクラウドへ」でIT担当者が悩んでいること
SAP ERPのEOSがIT担当者を悩ませている。「クラウド移行」は有力な選択肢だが、ややハードルが高い。そこで頼りになるのが、移行から運用までトータルで任せられるサービスだ。(2017/5/8)

【最終回】失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「外資系パッケージソフト」の導入で失敗しないために
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回は最終回ということで、初回からの記事を振り返ります。(2017/4/26)

初出勤日に得た教訓
CIOは「企業を変える戦略」の前に「ITIL」を実践し、信頼を回復せよ
アイデア豊富なCIOなら出勤初日に他の幹部たちに対して戦略上のイニシアチブを提案したくなるかもしれない。それを実行に移せば、より上位のポジションに昇進する可能性がある、と。だがしかし……。(2017/4/18)

そもそも「サービス」とは何か?:
ITサービスの目的は「速く届けること」ではなく「価値を届けること」
IoT、X-Techトレンドの浸透を受け、各業種でITサービス開発競争が活発化している。これに伴い「開発するスピード」ばかりが注目されがちだが、言うまでもなく、ITサービスはリリースして終わり、ではない。リリース後こそ満足度を向上させていく必要がある。ではITサービスの価値を継続的に高め続けていくためには具体的にどうすればよいのだろうか?(2017/4/17)

山のような情報を分類し、重要なインシデントから効率よく対応するために:
PR:「ServiceDesk Plus」が実現する効率的なインシデント対応体制とは
頭では分かっていても、目の前の業務やインシデント対応に忙殺されていると、ついないがしろになるのが「記録」「報告」「連絡」のタスクだ。しかしその体制がしっかりしていないと、かえって余計な手間と時間がかかることになる。ITサービスマネジメントソフトウェア「ServiceDesk Plus」の活用によって、効率的なインシデントレスポンス体制を実現できるのをご存じだろうか。(2017/3/31)

セキュリティインシデント対応のキモは「情報共有」にあり:
PR:「名ばかりのCSIRT」を作らないために必要なこと
サイバー攻撃の増加を背景に、防御一辺倒ではなく、「侵入は起こり得る」という前提に立ってCSIRTの構築と運用に取り組む企業が増えてきた。せっかく整備する以上はうまく運用し、迅速かつ適切なインシデントマネジメントを実現したいものだ。そこに欠かせない要素とは何か。エキスパートに話を聞いた。(2017/3/31)

@ITセキュリティセミナー東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(3):
CSIRTが果たすべき「社会的責任」とは
@IT編集部が2017年2月に開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートシリーズ。最終回は、これまでに紹介できなかったセッションの模様をまとめてお届けする。(2017/3/15)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「障害の復旧」と「問題解決」を勘違いする人たち
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回からは、ソフトウェア利用の長き道のりである「運用」についてのお話をします。あなたは障害が起こったとき、メーカーへの問い合わせで苦労したことはありませんか?(2017/3/6)

デジタルビジネス時代、“従来型の運用管理”は通用しない?:
PR:「運用管理でビジネスに寄与する」ための第一歩とは?
IoT、X-Techトレンドに象徴されるように、各業種でデジタルトランスフォーメーションが進んでいる。これに伴い、ビジネスを支えるITシステムにはニーズの変化に対応するスピード・柔軟性が不可欠となり、そのITシステムの安定運用を担保する「運用管理」にも変革が求められている。一般に、デジタルビジネス時代に即した迅速・柔軟な運用管理スタイルに変革するにはどうすれば良いのだろうか? ゴルフダイジェスト・オンライン CTOの渡邉信之氏と、日立製作所 JP1エバンジェリストである加藤恵理氏の対談に、その現実解を探る。(2017/1/23)

AWSエンジニアによるインシデント対応も:
AWSをITILベースで管理、「AWS Managed Services」とは
米Amazon Web Services(AWS)が2016年12月13日(米国時間)に発表した「AWS Managed Services」は、ITILフレームワークに基づいて、AWSの運用管理が行えるサービスだ。既存ITサービス管理ソフトウェアを、フロントエンドとして使うことができる。(2016/12/15)

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
最終回 「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」で確かめる対策の抜けや漏れ
これまで標的型攻撃対策に役立つ防御方法やツール、組織体制などについて解説してきた。今回はまとめして、それらの取り組みをどのように進めるべきかについて、経産省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」に照らしながら解説しよう。(2016/12/5)

2016年内は無料の格安ビルドパイプラインも:
PR:サービスファースト時代、開発ツールベンダが、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習までを提案する理由
開発ツールベンダのアトラシアンが年次イベント「Atlassian Summit 2016」の報告会を開催。アトラシアンが重要視したのは、ツールのアップデートのみならず、サービスファースト時代のビルドパイプライン、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習まで、と多岐にわたるものだった。その裏側にある“思い”とは――(2016/11/28)

PR:従来型のシステム監視だけでは不十分? Webサービス障害の根本原因は別にあり!
EC事業者をはじめWebサービスを提供する企業の多くは、サービスのパフォーマンスを管理するために、ハードウェアやOSといったシステムコンポーネントごとの監視を行っている。ただし、それだけでは不十分だということが明らかになってきた。そこでこのシステム課題に対してCTCテクノロジーが提供を開始した新ソリューションが「Avail-ProE(アベイルプロイー)」だ。(2016/11/28)

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
第5回 脅威に備える最終防衛ライン、インシデント管理システムとは?
セキュリティインシデント発生時は、対応フローに基づく的確な作業を実施できるかがポイントになる。今回はその中心的な役割を担う「インシデント管理システム」について紹介しよう。(2016/11/1)

EMCジャパン、標的型攻撃の早期検知を支援する対策製品スイートを発売
EMCジャパンは、企業のセキュリティ対策チーム向けに標的型サイバー攻撃対策スイート「RSA NetWitness Suite」を発売した。マルウェアの侵入や不正活動を途切れなくモニターして不正を早期検知を支援する。(2016/8/31)

マルウェアの侵入や不正活動を相関的に判断:
EMC、標的型サイバー攻撃対策の統合ツール「RSA NetWitness Suite」を投入
EMCジャパンが、標的型サイバー攻撃の統合対策ツール「RSA NetWitness Suite」の提供を開始した。サイバー攻撃の早期検知や分析、インシデント管理などの各種セキュリティ対策ツールを用意する。(2016/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。