ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「点検」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「点検」に関する情報が集まったページです。

導入事例:
東京建物が施設内の設備と状況を見える化するDBMを日本橋のビルに導入
東京建物は、2019年5月にZETA通信を利用したビル間の無線通信の実証実験を行った。実証実験では、ZETA通信でデータ損失の無い完全なデータ伝送が行われ、スマートビルディングの実現でZETA通信の有用性が高いことを確認。その後、ビルマネジメントにおけるZETA通信の活用について検討を進め、ZETAセンサーによる設備の遠隔監視と点検作業のデジタル化の機能を備える「Dynamic Building Matrix」の試験導入に至った。(2021/2/17)

FAニュース:
金属表面の微小変形から内部の亀裂を10%以内の誤差で推定するAIを開発
三菱電機と東京工業大学は、金属表面の微小な変形から内部の亀裂を10%以内の誤差で推定するAIを開発した。超音波探傷検査の約6分の1の時間で非破壊検査が可能で、発電機などの電力機器の保守点検に活用できる。(2021/2/10)

ドローン:
32万画素のサーマルカメラと4800万画素のカメラを備えたインフラ点検向け新ドローン、DJI
DJIは、約32万画素を誇るHD解像度のサーマルカメラと、1/2インチCMOSセンサーを搭載した4800万画素のビジュアルカメラを備え、プラントや工場、インフラの点検で役立つ業務用ドローン「Mavic 2 Enterprise Advanced」を開発した。(2021/2/10)

製造現場向けAI技術:
写真1枚で撮影場所や被写体の大きさを自動認識するAI、東芝がプラント業務で活用
東芝は2021年2月1日、1枚の写真から撮影場所や被写体の大きさを自動認識し、そのデータを管理できるAI(人工知能)を開発したと発表した。発電プラント施設などの巡視や保守点検作業の自動化などに貢献する。(2021/2/1)

PR:「インフラ設備の保守・点検業務でのIoT活用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/1/29)

4歩行ロボ+3Dマップで公園管理を自動化 NTTコムウェア、平城京跡で実験
4足歩行ロボットと画像認識AI、3Dマップなどを活用し、広大な公園の維持管理を効率化・自動化する「自動巡回点検検証」の実験が、奈良市・平安京跡の「平城宮跡歴史公園」で始まる。(2021/1/22)

歴史公園スマートチャレンジ:
4足歩行ロボで平城宮を巡回 NTTコムウェアが社会実験
エヌ・ティ・ティ・コムウェアは1月21日、国営平城宮跡歴史公園(奈良市)で4足歩行ロボットと画像認識AIなどを活用した「自動巡回点検検証」を2月から実施すると発表した。(2021/1/22)

ドローン:
NTT東日本らがインフラ点検扱うドローン会社を設立、2021年度の売上目標は10億円
NTT東日本やオプティム、WorldLink & Companyが設立したNTTe-Drone Technologyは2021年2月1日に事業を開始する。今後、NTTe-Drone Technologyは、市場の成長が予測されているインフラ点検と農業の分野でドローンビジネスを展開し、2021年度中に売上10億円を目指す。(2021/1/20)

PR:現場の課題や使い勝手に寄り添う「AIの民主化」を深層学習で実現する方法
AI技術のビジネスの現場での活用が本格化しつつある。特に深層学習を活用した画像認識AIは、目視で実施してきた点検や検査に適用されて成果を生み出している。一方で「PoC(概念実証)止まり」などAIを現場に適用する難しさも指摘される。現場の担当者が簡単に使えて、しかも精度の高いAIはどうすれば実現するのか。(2020/12/22)

気象庁、公式サイトのWeb広告掲載を1月上旬に再開へ 事前に点検した広告のみを掲載
掲載基準に沿わない広告が掲載されていた問題について調査結果と再発防止策および今後の対応を発表。(2020/12/17)

維持検査・点検:
道路空間の取得と路面点検を1台に集約した新型の計測車両、パスコ
パスコは、道路点検用のデータも含む多目的の利用に資する道路空間データを、一度の走行計測で取得する新たなコンセプトに基づく計測車両システムを開発した。(2020/12/10)

FM:
Web上で設備と建築の合成BIMモデルを確認、スターツCAMのFM統合クラウドサービス
スターツCAMは、BIMも含めた施設に関連する情報を統合し、ライフサイクルマネジメントを支援するプラットフォーム「FM-Integration」を開発した。FM-Integrationは、ファシリティマネジメントの共通データベースをはじめ、BIMモデルや図面管理、長期修繕計画、点検、保全管理など、FM業務におけるさまざまな機能を統合したクラウドタイプのサービスで、ビル所有者や施設管理者向けにサブスクリプションで提供している。(2020/12/7)

不正出金・情報漏えい・なりすましが発覚:
ゆうちょ銀行「mijica」、セキュリティ点検で不備多数も「サービス内容は継続」
ゆうちょ銀行は11月9日、不正な送金や個人情報の流出が発生していたデビット・プリペイドカード「mijica」のセキュリティを点検したところ、22項目中14項目の不備が見つかったと発表した。(2020/11/9)

ゆうちょ銀行「mijica」、セキュリティの不備14項目見つかる
ゆうちょ銀行は、不正送金や不正アクセスによる被害が見つかったVISAデビットカード「mijica」について、セキュリティ対策の点検で22項目中14項目が不十分だったことが分かったと発表した。(2020/11/9)

Japan Drone2020:
ドローンを多産業で運用するために必要なガイドラインとは?UAV関連3団体が最新動向を報告
Japan Drone2020の特別講演で、福島ロボットテストフィールドで進められているプラント点検・警備・国際イベントでの運用ガイドラインについて、ドローン業界団体3団体が最新動向の詳細を報告した。(2020/11/6)

IoT&5Gソリューション展:
iPhoneのカメラで60fpsの高速バーコード読み取りを実現、人物追跡技術も開発中
アスタリスクは、「第6回 IoT&5Gソリューション展 秋」において、iOS端末向けソフトウェアバーコードリーダー「AsReader CAMERA-Type」を展示した。30fps以上の高速読み取りが可能で、POSレジや倉庫の棚卸だけでなく、工場での生産管理や設備点検などにも活用できるという。(2020/11/6)

工場やプラントのIoT運用、クラウドで高度化へ 新ソリューションが登場
東芝デジタルソリューションズは、O&M(運転管理&保守点検)を支援するIoTサービス「設備・機器メーカー向け Meister RemoteX」「工場・プラント向け Meister OperateX」の提供を開始。IoTデータとO&M業務データを統合することで、アセット管理を高度化する。(2020/11/2)

ピンポーン「ガス点検です〜!」 突然の来客に慌てて片付けた結果……まさかの悲劇を描いた漫画に共感
善処はした。(2020/10/23)

メンテナンス高度化:
PR:現場のデジタライゼーションでニューノーマル時代のリモート設備点検と保守の高度化を実現
国内の工場やプラント、社会公共インフラなどの設備は老朽化が進んでおり、それらの保守を担う作業員の高齢化に伴う人員不足が課題になっている。これらの設備の保守点検作業で大きな負荷になっているのがアナログメーターの目視点検や、設備稼働音に基づく聴音点検などだろう。日立製作所は、これら人の五感に基づく保守点検のデジタル化に向けて、現場のデジタライゼーションをコンセプトとするソリューションを提案している。(2020/10/16)

車載電子部品:
走るクルマからトンネル内のボルトに無線給電、センサーがゆるみ具合知らせる
京都大学とミネベアミツミは2020年10月9日、会見を開き、無線給電技術を活用したトンネル内のインフラ点検の実証実験を開始すると発表した。(2020/10/15)

Japan Drone2020:
非GPS環境下で自律飛行可能なドローン、煙突点検の費用を従来比で50%以上カット
関西電力は、自律制御システム研究所製の産業ドローン「ACSL-PF2」をカスタマイズして煙突点検用ドローンを開発した。同社が、KANSOテクノスやNJSと共同で行った火力発電所での実証実験では、煙突内部で自律飛行により高度175メートルまで上昇し、点検用の画像を取得可能なことが明らかになっている。(2020/10/15)

走行車両からトンネル内部を点検:
京都大とミネベアミツミ、無線給電で社会実証試験
京都大学とミネベアミツミは、マイクロ波(電磁波)を用いたワイヤレス給電技術を活用し、トンネル内部の劣化状況などを効率よく点検するための「巡回型インフラモニタリングシステム」について、実証実験を行う。(2020/10/12)

ロボット開発ニュース:
製油所向けプラント巡回点検防爆ロボットの実用化に向けて共同開発へ
三菱重工業は、プラント巡回点検防爆ロボット「EX ROVR」の実用化に向け、第2世代機の共同開発契約をENEOSと締結した。第2世代機の開発では、マニピュレーターの実装やソフトウェアの改良により、EX ROVRが取得するデータの量と質を向上する。(2020/10/6)

蓄電・発電機器:
ホンダが持ち運べる業務用蓄電池を販売、価格は税別12万8000円
ホンダは業務用蓄電機「LiB-AID(リベイド) E500 for Work」を2020年10月6日から販売する。電気設備の点検業務など向けの業務用蓄電機で、価格は税別12万8000円。日本全国のHondaパワープロダクツ取扱店で販売する。(2020/10/5)

ドローン:
ドローン・フロンティアが外壁点検サービスで体制を一新
建設業向けドローンソリューションサービスを展開するドローン・フロンティアが「赤外線・外壁点検サービス」完全化に向け赤外線データ解析会社のグループ化とロープ点検会社との業務提携を同時発表した。(2020/10/2)

インフラ点検ビジネス、国内で約5兆円 異業種参入の背景に規制緩和
高度経済成長期に集中整備された橋や道路、トンネルなどが一斉に老朽化する中、インフラ点検ビジネスに、電機や精密機器メーカーの参入が相次いでいる。カメラで撮影した映像をAIが解析してひび割れを発見するシステムなどの導入が期待される。(2020/10/2)

総務省、日本郵政に報告要請 ゆうちょ銀不正利用でグループ内の連携不足を指摘
ゆうちょ銀行口座から不正な預金引き出しなどが相次いだことを受け、総務省は親会社の日本郵政に対し、サービスの総点検と被害者への救済対応の状況を報告するよう求めた。(2020/10/1)

LED照明:
災害時に「いのちを守る」あかり、パナソニックLS社がVRで照明点検の重要性を啓発
2019年度の販売総数で誘導灯100万基以上、非常灯300万基以上とも言われる防災照明の市場で、確固たる存在感を示すパナソニック ライフソリューションズ社は、防災照明を災害時に「いのちを守る」あかりとして、定期点検の重要性をVRや動画など多面的な方法を駆使して啓発している。(2020/9/26)

ドローン:
日立システムズのドローン点検サービス、AIで「ひび」「さび」を検出する新機能
日立システムズが土木向けに提供している構造物のドローン点検サービスに、AIを活用したひびやさびなどの損傷箇所を自動で検出する新機能が追加された。点検結果のレポート出力にも対応しており、これまで3日は掛かっていた報告書の作成が半日に短縮できるという。(2020/9/25)

ゆうちょ銀の相次ぐ不正送金問題 各サービスの被害状況と銀行側の対策まとめ
ゆうちょ銀行で発生した不正引き出し問題で、ゆうちょ銀行の池田憲人社長が謝罪した。今後、サイバーセキュリティ体制の総点検や本人確認の厳格化などを行う。(2020/9/24)

ゆうちょ銀行、不正出金で“総点検” 被害総額6000万円、池田社長「少しでも早く公表すべきだった」
ゆうちょ銀行の口座から複数の決済サービスを使った不正出金の被害が相次いでいる問題で、同行の池田憲人社長と田中進副社長が9月24日、記者会見で謝罪した。池田社長が直接指揮するタスクフォースを設置し、セキュリティの確認、利用状況のモニタリングなど10月末まで“総点検”を行う。(2020/9/24)

現場管理:
マンションの工事日予約を効率化、社員のストレス軽減に役立つ予約管理システム
マンションなどの集合住宅では、専有部分の工事や点検に際し、各戸の希望に沿って日程を決める必要がある。この調整作業は管理会社や工事施工会社が行っているが、戸数が増えるにつれ、煩雑さが増し、大きな負担になっていた。ユアサ商事、ユアサクオビス、ダンドリワークスが開発したWeb予約システム「ITENE」は、1物件(50戸平均)の工事や点検で、平均28時間かかっていた調整時間を、平均9.5時間までに短縮できるという。システム導入によって、従事するスタッフの労働環境改善やストレスの軽減が図れるとする。(2020/9/9)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
敷地面積50haのロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」、2020年3月に開所
福島県南相馬市に、ロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」が開所した。敷地面積50ヘクタールの広大な土地に、インフラ点検、災害対応エリア、水中/水上ロボットエリアなど、さまざまなロボットの実証実験を行う設備が揃(そろ)っている。(2020/9/9)

光で異常を検知 NECと東北電力ネットワークがフィールド検証を開始
NECは、光センサー技術LiDARを活用した異常検知分析エンジンを開発した。2020年10月から、東北電力ネットワーク宮城管内の変電所で、巡視点検システムのフィールド検証を実施する。(2020/9/8)

ホンダ、車の点検修理もQRコード決済
ホンダが、全国の「ホンダカーズ」でQRコード決済を導入した。キャッシュレス決済利用増加や新型コロナ感染防止などで需要が増加していることが導入の理由となった。(2020/9/3)

ドローン:
JR新宿駅で狭小空間特化型ドローン活用した点検手法の実証実験
JR東日本スタートアップとLiberawarは、世界最小クラスのドローン「IBIS」を活用した駅舎天井裏の新たな点検手法の実証実験を行い、ドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認した。(2020/8/26)

ドローン:
深度100mまで潜れ前後左右の水平移動を可能にした有線水中ドローン
中国の深センに本社を構える水中ドローンメーカーCHASINGは、構造物の点検に使える有線水中ドローン「CHASING M2」を開発した。CHASING M2は、8基のスラスターで前後左右への水平移動を可能にしており、最大で深度100メートルまで潜行でき、障害物を回避しつつ、搭載した1/2.3インチCMOSセンサーカメラで構造物の撮影などが行える。CHASING M2は、国内の販売代理店が2020年7月上旬から発売している。(2020/8/18)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
床面ひび割れのAI検査ロボ「Floor Doctor」に、AR機能搭載の新型機
イクシスは、床面ひび割れ検査ロボット「Floor Doctor ver.2」の試作機を開発した。Floor Doctor ver.2は、従来機と比較し、iPadのAR機能を利用して自己位置推定ができるようになり、壁際での点検にも適応するようになった。(2020/8/17)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
3時間でトンネル内の全面内壁画像を撮影できる「TM-270」
倉敷紡績は、都市型地下鉄のトンネルを対象にした点検システム「TM-270」を開発した。TM-270は、組み立て式で、撮像方法がシンプルなため、トンネル内壁の全面撮影が3時間で完了する。現在、国内や海外にある都市型地下鉄トンネルの点検で試験運用を進めている。(2020/8/13)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
高所作業車3台の機能を1台にまとめた「E-マルチ点検車」
西日本高速道路エンジニアリング中国は、高所作業車3台分の作業台を1台に集約した「E-マルチ点検車」や既設パイプカルバート内部の状況を調べられるロボット「Ex-Mole」を開発した。国内の展示会などで、両製品が点検の省人化や安全性の向上に役立つことをアピールしている。(2020/8/12)

AI:
三井E&Sマシナリーと野村総研、道路ひび割れの“AI”自動解析を開発
三井E&Sマシナリーと野村総合研究所は、路面下空洞、路面のひび割れ、トンネル覆工コンクリート表面のクラックという3つの点検対象に、AIを採り入れた自動解析システムの実用化を共同で進めている。このうちトンネル点検では、データ取り込みから、AI解析、結果の可視化までをクラウド上に構築する。(2020/8/7)

第6回 国際ドローン展:
球体ガードやパノラマカメラ2台を搭載したドローンによる点検サービス
エイテックは、球体ガードとパノラマカメラを組み合わせたドローン点検手法を確立し、2種類のサービスを展開している。(2020/8/4)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
膨大な標識の定期点検は車で走るだけでOK、古河電気工業
古河電気工業は、ゼンリンデータコムと共同で、車で道路を走るだけで、標識などの道路付属物の定期点検が行える「みちてんスナップ」を開発した。(2020/7/28)

産業動向:
国交省が直轄工事721件を一斉点検、建設業法違反の工事はゼロ
国土交通省は毎年、直轄工事が正しく行われているかを確かめるために、全国一斉点検を実施している。建設業法で義務付けられた「施工体制台帳の備え付け」と「建設業許可票と施工体系図の掲示」の履行状況や元請け業者と下請け業者の契約内容などを調査した。(2020/7/29)

人とテクノロジーの連携で実現するFMソリューション:
リモート型設備点検の効果と3密回避システムの全貌
ウフルは、現場への移動時間や紙と口頭での報告といった巡回型の設備点検が抱える課題を解消するリモート型設備点検の普及を進めている。また、新型コロナウイルス対策に役立つ3密回避システムの開発にも着手している。(2020/7/22)

ロボット:
西松建設と長崎大、水力発電所トンネル点検用の“飛行船ロボ”を開発
西松建設は、長崎大学と共同で、飛行船型の水路トンネル調査ロボット「トンネルマンボウ」を開発した。実証実験では、水力発電所の水路トンネル壁面を自律飛行で点検することに成功した。(2020/7/16)

FAニュース:
低圧三相モーターの異常を、故障前に自動で高精度検知する診断装置
三菱電機は、モーター診断装置「DiaPro Motor」を発表した。工場の機械設備の動力となる低圧三相モーターの異常を、故障前に自動で高精度に検知できるため、モーター点検作業の効率化、省力化に貢献する。(2020/7/16)

太陽光:
水没した太陽光発電は感電の危険あり――JPEAが注意喚起と撤去手順の留意点を公開
太陽光発電協会が日本各地で豪雨による災害の発生を受け、冠水・浸水・水没した太陽光発電設備による感電を防ぐための手順や、安全に点検・撤去を行うための留意事項などを公開。水害にあった発電設備については、専門技術者以外は近づかないよう注意を呼びかけている。(2020/7/10)

HoloLensでマンションの外壁検査 報告業務を半分に 長谷工と日本MSらが開発
マンションの外壁タイル打診検査のためのMRソリューション「AR匠RESIDENCE」を長谷工などが開発。作業員が「HoloLens 2」を装着し、点検記録を行う。(2020/7/7)

モビリティサービス:
ドラレコ映像から道路インフラの点検表を自動作成、国交省の要領準拠で
古河電気工業とゼンリンデータコムは2020年6月25日、ドライブレコーダーの映像から道路標識や照明、カーブミラーなどの点検表を自動作成するサービス「みちてんスナップ」の提供を開始したと発表した。(2020/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。