ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インテリジェント・スイッチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インテリジェント・スイッチ」に関する情報が集まったページです。

IT基礎英語:
intelligenceを使いこなす知的な人々とは
intelligenceは「インテリ」なだけではない、様々な意味を持っている。(2019/12/27)

工場用イーサネット入門(6):
工場内ネットワークを守る運用手法とトラブル対処法
インダストリー4.0や工場向けIoTなどに注目が集まっていますが、そもそも工場内のネットワーク環境は、どのように構築すべきなのでしょうか。本連載では、産業用イーサネットの導入に当たり、その基礎から設備設計の留意点などを含めて解説していきます。最終回となる今回はネットワークを守る運用手法やトラブル対処の方法を紹介します。(2016/8/31)

工場用イーサネット入門(5):
工場のネットワークセキュリティ対策とは?
インダストリー4.0や工場向けIoTなどに注目が集まっていますが、そもそも工場内のネットワーク環境は、どのように構築すべきなのでしょうか。本連載では、産業用イーサネットの導入に当たり、その基礎から設備設計の留意点などを含めて解説していきます。第5回では、工場のネットワークセキュリティ対策について解説します。(2016/6/30)

工場用イーサネット入門(4):
工場を止めないネットワークの基本機能と、ハブとスイッチの違い
インダストリー4.0や工場向けIoTなどに注目が集まっていますが、そもそも工場内のネットワーク環境は、どのように構築すべきなのでしょうか。本連載では、産業用イーサネットの導入に当たり、その基礎から設備設計の留意点などを含めて解説していきます。第4回では、工場用イーサネットでも使うハブとスイッチの違いに焦点を当てながら、「基本的なネットワークの機能」を解説します。(2016/5/30)

もし、在宅業務することになったらどうするか:
PCフリーライターが普段実践する、モバイルオフィス環境──「セキュリティ」編
いつでもどこでも自由なワークスタイルを実現する「モバイルオフィス」。ただビジネス業務を行うなら、普段のオフィス内より強く“セキュリティ”を意識すべきだ。今回はモバイルオフィスにおけるセキュリティを意識したPCの仕様や周辺機器の選び方、具体的な実践方法を紹介する。(2011/8/24)

ヤマハのスイッチングハブを100人に:
PR:ネットワークの運用、スイッチの選び方で簡単になるのをご存じですか?
「自宅でルータを設定した」という経験だけで、会社のネットワーク担当になってしまうのが、中小企業の悲しい実情。ルータの設定でアクセス端末を制限するだけでも一苦労なのに「スイッチごとの設定なんてできない」とお嘆きの声も聞こえてくる。そんな担当者にオススメなのがヤマハのスイッチ「SWX2200」である。(2011/2/21)

車載エレクトロニクスの消費電力を削減せよ!
自動車向けの電子部品や電子制御機器などは、電力管理システムによって、バッテリを余計に消耗したり、ガソリン燃料を浪費したりすることを防ぐように設計されている。今や自動車の多くには車内ネットワークが導入され、電子サブシステムのスリープ時の電力要件もより厳しくなってきている。設計者には、車載アクセサリやサブシステムの消費電力をできるだけ低減することが求められる。さらに、次世代の電気自動車やプラグイン電気自動車などでは、こうした電子サブシステムの低消費電力化がますます重要な課題となる。(2008/10/1)

グリーンIT、仮想化を見据え:
NECがブレードサーバを強化――省電力化、価格改定など
NECのブレードサーバ「SIGMABLADE」が強化される。大規模システム向けには省電力性の向上が、中小規模システム向けには導入/運用面の改善が図られるという。価格も引き下げられる。(2008/7/24)

ネットワークに芽生えたエコ意識
Interopに集まるグリーンなネットワーク製品群
ネットワークの祭典「Interop Tokyo 2008」が6月9〜13日に開催された。展示会ではさまざまなネットワーク製品が一堂に会したが、ここでは企業での取り組みが活発化してきたグリーンIT関連製品を中心に紹介する。(2008/6/16)

NEWS
エクストリームネットワークス、価格/機能バランスを重視した新製品群
コストパフォーマンスを追求したレイヤー2スイッチをはじめ、無線LAN、セキュリティアプライアンスといった一連の新製品をリリースする。(2008/5/21)

各社に聞く「グリーンITにどう取り組むか」(2):
顧客のために、仮想化技術を使う〜本田技研工業〜
あらゆる企業活動において、常に社会や顧客の期待に応えることを念頭に置くという本田技研工業。グリーンITについても例外ではない。ただ単に省力化というトレンドに対応しているわけではなく、最終顧客の満足を見据えた継続的な省力化に長年取り組み続けている。(2008/4/17)

「子供たちに青空を」を胸に グリーンITを進めるホンダ
グローバルに事業を展開する企業ほど、環境問題に対して負う責務は大きい。ホンダでは「グリーンIT」に関する取り組みをスタートしている。(2008/1/22)

シスコ、「無停止スイッチ」などエリア別企業ネットワーク製品群
シスコシステムズは、LANスイッチの仮想化エンジンなど新しい企業向け戦略に基づく製品を複数発表した。(2007/11/6)

3GSM World Congress 2007:
通信業界の再編が進む中、次世代サービスへの準備は万端──Ericsson
3GSMの期間中、スウェーデンのEricssonがプレスを集めて2007年の戦略を説明した。Carl-Henric Svanberg CEO兼社長は、同社が手がける通信インフラ、サービス、マルチメディアのいずれについても、次世代サービスの提供に向けた準備は整っていると自信を見せた。(2007/2/21)

Hot Topics
2007年のホットなストレージ技術【後編】
2007年にはiSCSI SAN、ハードウェアベースのテープ暗号化、大容量ディスクドライブ、仮想化、シンプロビジョニングが、必須のストレージ技術になる見通しだ。前編に続いて、米国Storage誌の編集部が選定した残りの3つの技術と、今後注目すべきストレージ規格について説明する。(2007/2/7)

上司のためのストレージ・ネットワーキング (6):
ストレージ・ネットワークはどこへ向かうのか
ストレージ・ネットワークの役割が拡大を続けるなか、そのインテリジェント化を目指した技術やコンセプトが次々に登場しつつある。連載の最終回として、ストレージ・ネットワークの最新動向を紹介する(2006/10/28)

コレガ、ギガビット対応の16/24ポートインテリジェントLANスイッチ3製品
コレガは、ギガビット接続に対応する16/24ポートインテリジェントLANスイッチ「CG-MSW2404GTR」「CG-MSW2402TXR」「CG-MSW1601TXR」を発売する。オプションのSFPモジュールにより、光ファイバを用いたギガビット環境にも対応する。(2006/10/3)

バッファロー、法人向けのIEEE802.1X対応レイヤー2インテリジェントLANスイッチ
バッファローは、IEEE802.1X認証に対応する法人向けのレイヤー2インテリジェントLANスイッチ「BS-2024GMR」を発売する。10/100BASE-Tポートを24基を装備するほか、1000BASE-T/mini-GBICポートも2基利用できる。(2006/9/13)

アライドテレシス、全ポートPoE給電対応のインテリジェントLANスイッチ
アライドテレシスは、10/100BASE-TXポート8基とギガビット対応ポート1基の計9ポートを装備するインテリジェントスイッチングLANスイッチ「CentreCOM FS909M-PS」を発売する。(2006/8/21)

バッファロー、低価格IEEE802.1X対応LANスイッチ
バッファローは、セキュアなネットワーク構築が可能なIEEE802.1X対応のレイヤ2インテリジェントスイッチ「BS-2016M」「BS-2024GM」を発表した。価格は4万9800円から。(2005/8/24)

セキュリティの本来の目的は「コアビジネスを動かし続けること」――ISSセミナー
インターネット セキュリティ システムズは4月19日、「セキュリティ対策 次の一手」と題したセミナーを開催。これまでのセキュリティ対策に欠けていた要素について語った。(2005/4/21)

スイッチング・ハブ導入の勘どころ(後編):
ギガビット・イーサネット・スイッチの選び方
スイッチング・ハブ導入の勘どころ「前編:まずは、スイッチング・ハブの基本機能を知ろう」では、スイッチング・ハブを導入する際に必要となる基礎知識を解説した。後編では、ギガビット・クラスの機能に加え、スイッチング・ハブの選択のコツを紹介する。 (2004/10/15)

スイッチング・ハブ導入の勘どころ(前編):
まずは、スイッチング・ハブの基本機能を知ろう
 スイッチング・ハブは、企業LANを構成する要素として欠かせないものである。10年前は高価な製品として高根の花だったネットワーク機器は、現在では価格の下落により家庭内LANでも当たり前のように使われるようになった。だが、企業のバックエンドに配置されるスイッチング・ハブと、企業のワークグループ、家庭向けの製品ではその機能などに大きな違いがある。本記事では、企業システムへの導入に当たって必要となる基礎知識やスペックの読み方、導入のコツを解説していく。 (2004/10/5)

アライドテレシス、GbitEthernetポートを24基装備したレイヤー2plusスイッチを販売開始
アライドテレシスは、レイヤー2plusスイッチ「CentreCOM 9424T/SP」を販売開始する。(2004/9/7)

EMC、情報ライフサイクル管理を支援する戦略とロードマップを発表
情報ライフサイクル(ILM:Information Lifecycle Management)管理にコミットするEMCは、仮想化技術やストレージ・ルータといった自社ソリューションで、企業の情報コンテンツ管理をサポートするという。(2004/7/22)

アライドテレシス、“レイヤー2プラス”スイッチの普及モデルを発表
アライドテレシスは、レイヤー2プラススイッチ普及モデル「CentreCOM 8324XL」を受注開始した。(2004/7/1)

VLAN機能対応8/16ポートインテリジェントスイッチ――アライドテレシス
アライドテレシスは、100BASE-TXを8または16ポート装備したインテリジェントスイッチングHUBを発売する。価格は3万4800円から。(2004/5/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。