ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Interop」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Interop」に関する情報が集まったページです。

製造業IoT:
「B737MAX」の墜落事故を繰り返さない、イベント駆動型アーキテクチャが鍵に
「Interop Tokyo 2019」の基調講演に、米国VANTIQ CEOのマーティ・スプリンゼン氏が登壇。「リアルタイムが成功の鍵、デジタルトランスフォーメーション〜SQL型DBを作った男が語る、EDAとは〜」と題して、同社の取り組みや導入事例を紹介した。(2019/7/26)

「つながる」だけではない、オートノマス・ネットワークのこれから:
PR:デジタルトランスフォーメーションを支えるネットワークの姿とは?
しばしば聞かれる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という言葉だが、具体的にはどのような変化を意味するのだろうか。米Extreme Networksのペリー・コーレル氏はInterop Tokyo 2019の基調講演の中でDXによる変化をひもとき、DXを支えるネットワークに求められる要素を説明した。(2019/7/16)

Interop Tokyo 2019:
「EDA」が実現するリアルタイムなIoTサービス、推進団体が事例を披露
EDAコンソーシアムは「Interop Tokyo 2019」に出展。同コンソーシアムの参加企業が、EDA(Event Driven Architecture:イベント駆動型アーキテクチャ)の取り組み事例を多数披露した。(2019/6/21)

Interop Tokyo 2019:
ネットワークで時刻合わせる「NTPクロック」、開発の狙いは
ネットワークにつながっているITシステムと同じように、NTP(Network Time Protocol)で時刻を合わせられる「NTPクロック」を、セイコーソリューションズが「Interop Tokyo 2019」に出展。開発の狙いは。(2019/6/19)

Interop Tokyo 2019速報:
Interop Tokyo 2019のBest of Show受賞製品が決定
2019年6月12日に開幕したInterop Tokyo 2019で、同日午前、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2019/6/12)

Interop Tokyo 2019直前特集(3):
企業とサービス事業者のネットワーク/インフラ、複雑化をどうする?
「Interop Tokyo 2019」では、例年通り、高速化を続けるネットワーク製品が多数登場する。一方、ネットワークおよびITインフラ、アプリケーションの複雑化に対応するモニタリング/サービス監視・管理ツールも出展する。本記事では、データセンタースイッチと、インフラやアプリケーションのパフォーマンス管理製品について紹介する。(2019/6/11)

Interop Tokyo直前特集(2):
Interop Tokyo 2019出展製品から探る、IoT/エッジ、SD-WAN、LAN関連のトレンド
Interop Tokyo 2019では、IoT/エッジ関連の製品/サービスが大量に出展する。本記事では、これと、SD-WANやWi-FiアクセスポイントなどのLAN関連を合わせ、トレンドを探る。(2019/6/10)

NTPサーバと同期する「NTPクロック」に無線LAN&電池駆動の新モデルが登場 配線不要で掛け時計のように設置可能
セイコーソリューションズが、NTPサーバから配信される時刻に同期し、オフィスや工場で掛け時計などとして使える「NTPクロック」の新モデルを発表。無線LANに対応しており、販売開始は2020年1月の予定。6月12日から千葉・幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2019」にも出展する。(2019/6/6)

Interop Tokyo 2018の歩き方(3):
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを、Best of Show Awardノミネート製品を通じて紹介する本連載。第3回の今回は、AI、IoT、サーバ、ストレージなど、ノンジャンルで特徴的な製品を紹介する。(2018/6/14)

Interop Tokyo 2018速報:
Interop Tokyo 2018のBest of Show受賞製品が決定
2018年6月13日に開幕したInterop Tokyo 2018で、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2018/6/13)

Interop Tokyo 2018の歩き方(2):
Interop Tokyo 2018、SD-WANはフェーズ2に入った
2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを紹介する本連載。第2回ではSD-WANを中心とした製品・サービスに焦点を当てる。(2018/6/13)

Interop Tokyo 2018の歩き方(1):
「クラウド化」という観点で見るInterop Tokyo 2018の新製品、アナリティクス編
2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを、Best of Show Awardノミネート製品を通じて紹介する本連載。第1回の今回は、アナリティクス編として、ネットワークデータ分析を生かした製品を紹介する。(2018/6/12)

従来のIT運用管理ツールとは全く異なる:
PR:普及期に入った新世代データセンター運用ツール、Tetration Analyticsとは
2017年6月に開催されたInterop Tokyo 2017で、マネジメント&モニタリング部門のグランプリを受賞した「Cisco Tetration Analytics」は、IT運用でコストが掛かる部分を、可視化と自動化によって包括的に改善するツールだ。従来のIT運用管理製品とは全く異なるアーキテクチャで、IT運用の自動化、近代化を実現する。(2017/8/21)

Interop Tokyo 2017:
PR:異例のダブルグランプリを獲得、波に乗るジュニパーネットワークスが描く新たなセキュリティ戦略とは
ジュニパーネットワークスは「Interop Tokyo 2017」(2017年6月7〜9日、幕張メッセ)において、グローバルに先行して日本で次世代の高密度ルータを特別発表。その結果、異例とも言える一製品でのダブルグランプリを獲得、会場の話題をさらった。さらに、来日したCEOが基調講演に登壇、「AI、ビッグデータ、自動化でサイバー犯罪とどう戦うか」とし、同社のSDSN(Software-Defined Secure Network)ソリューションを説明した。(2017/7/3)

Interop Tokyo 2017でJPCERT/CCが警告:
「WannaCryはまだ終わっていない」──キルスイッチで毎日1000台が救われている
Interop Tokyo 2017において、JPCERT/CCの久保啓司氏が「WannaCryがおしえてくれたこと」と題して講演。「境界防御」という神話は崩壊したこと、いまだにキルスイッチへのアクセスが観測できることに触れ、あらためて最新パッチの適用を呼び掛けた。(2017/6/13)

マストドンつまみ食い日記:
オイゲン・ロチコさんの考えは伝わったか Interop Tokyo 2017 「マストドン」ブリーフィング
オイゲンさんのファミリーネームは「ロッコ」ではなく「ロチコ」と読むそうだ。(2017/6/9)

マストドンつまみ食い日記:
「日本がシリコンバレーのルールに従う必要はない」 マストドン作者オイゲン・ロッコさん語る Interop Tokyo 2017 「マストドン」ブリーフィング基調講演
「なぜマストドンを作ったか」への回答。(2017/6/8)

Interop Tokyo 2017:
京セラがSIGFOXのデモ、水道検針や物流で需要
京セラ子会社の京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は「Interop Tokyo 2017」で、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの1つである「SIGFOX」のデモを披露した。さらに、SIGFOXのエコシステムパートナーのアイ・サイナップは、KCCSのブースにて、SIGFOXに対応したデバイスやモジュールを展示した。(2017/6/8)

Interop Tokyo 2017速報:
Interop Tokyo 2017のBest of Show受賞製品が決定
2017年6月7日に開幕したInterop Tokyo 2017で、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2017/6/7)

Interop Tokyo 2017の歩き方(3):
Interop Tokyo 2017、2020年に向けた懸念とセキュリティ製品の最新動向
Interop Tokyo 2017の見どころを紹介している本連載。第3回として、今回多数出展されているセキュリティ製品をチェックする。(2017/6/7)

SDSNはシスコスイッチやVMware NSXに対応:
業績好調のJuniper Networks、グローバルおよび日本における事業戦略を説明
ジュニパーネットワークスは2017年6月5日、Interop Tokyo 2017で講演する米本社CEOのラミ・ラヒム氏、日本法人代表取締役の古屋知宏氏がグローバルおよび日本における事業戦略を説明、併せて「Software Defined Secure Network(SDSN)」の強化を発表した。(2017/6/6)

Interop Tokyo 2017の歩き方(2):
Interop Tokyo 2017、IoTとクラウドで進化するITインフラ、そしてネットワーク
Interop Tokyo 2017の見どころを3回に分けて紹介する連載の第2回として、IoT、クラウド、そしてこれらをきっかけとしたネットワーキングの新たな役割を象徴する展示を紹介する。(2017/6/6)

Interop Tokyo 2017の歩き方(1):
Interop Tokyo 2017、SD-WANやセキュリティはどう変わるのか
2017年6月7〜9日に開催の「Interop Tokyo 2017」では、セキュリティ、IoT、SDI/NFV、モバイルといったキーワードに関連する多数の製品やソリューションが展示される。展示会に関する連載の第1回として、SDN/SD-WAN、セキュリティ、データセンター可視化などのソフトウェアソリューションを紹介する。(2017/6/5)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン会議2レポートその1 6月7-10日もマストドンイベント
マストドン会議2「Mastodonにインスタンスを立てる理由」レポートの前半と、マストドン会議3、そしてInterop Tokyo内でのマストドンイベントについても紹介。(2017/5/19)

Best of Show Awardグランプリを受賞:
PR:このスイッチが、データセンターのプロを喜ばせる理由
Interop Tokyo 2016のBest of Show Awardで、ジュニパーネットワークスの「QFX10008 データセンター スパインスイッチ」がグランプリを獲得した。独自開発チップ「Q5」を搭載するこのスイッチは、データセンターのプロをどう喜ばせるのか。(2016/9/1)

Interop Tokyo 2016 Report:
困難極めるサイバー攻撃への対応、その効率化を支える先端技術
高度化するサイバー攻撃への対応をどう効率化して、被害の抑止につなげるか――2016年のInteropではその“支援役”として期待させる先端技術が出品された。(2016/6/9)

Interop Tokyo 2016速報:
2016年のInterop Tokyo、Best of Show Award受賞製品・サービスが決定
千葉・幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2016で、優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardの受賞製品が決定した。(2016/6/8)

Interop Tokyo 2016ピックアップ(1):
2016年のInterop Tokyoに登場する、SD-WANとセキュリティのユニークな製品たち
2016年6月8〜10日に、千葉・幕張メッセで「Interop Tokyo 2016」。ネットワークおよびセキュリティで、数々の先端的な製品やサービスが登場する。ここではSD-WANとセキュリティで注目の製品を簡潔に紹介する。(2016/6/7)

Interop Tokyo 2016:
PR:2015年のInteropで2冠のナパテックジャパン、目指すは「Smarter Data Delivery」
ネットワーク解析アクセラレータとネットワークレコーダーで知られるナパテックジャパン。「Smarter Data Delivery」というテーマを掲げ、Interop Tokyo 2016でインターネット利用の高度化に対応する製品を展示する。(2016/5/26)

PR:「コンテナ、SDN、NFVは要素」、ジュニパーが2016年のInteropで見せる新発想
2016年6月8〜10日に、千葉・幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2016」。ジュニパーネットワークスの展示する全ての製品は、今のネットワーク、セキュリティに求められる新発想を具現化したものだ。(2016/6/1)

Interop見どころ案内:
PR:シスコだから実現できる「セキュリティソリューション」とは?
2016年6月8日〜10日に東京の幕張メッセで「Interop Tokyo 2016」が開催される。シスコシステムズが展示する最新製品、ソリューションの中から見どころを紹介する。(2016/5/24)

Interop Tokyo 2016 特集:
「日本のインターネットの父」が語る、Interopの意義
2016年6月8日から10日にかけて、インターネットテクノロジーをテーマとした国内最大級の展示会「Interop Tokyo 2016」が開催される。本稿では、Interop Tokyo 実行委員長である慶應義塾大学環境情報学部長 教授、村井純氏にInteropの持つ意義について聞いた。(2016/5/9)

Interop Tokyo 2015 シスコブースレポート【後編】:
PR:やりたいことの妨げではなく武器になるためにインフラに必要なものは?
企業がやりたいことを、やりたいときにすぐ実現するために、インフラには何が必要だろうか? 柔軟性や拡張性、プログラマビリティやセキュリティなどさまざまな要素が挙げられるだろう。Interop Tokyo 2015のシスコのブース展示の中から、Software Defined Network(SDN)をはじめ、ビジネスの迅速な展開を可能にするソリューション群を紹介していこう。(2015/7/13)

Interop Tokyo 2015 シスコブースレポート【前編】:
PR:シスコが示す、「より速く」だけじゃない新しい無線LANソリューションの姿
今やITベンダーの役割は、より高速で、より大容量なインフラを提供することだけではない。性能、機能を追求すると共に、ITをビジネスドライバーとして活用し、組織を変革していくための「解」も求められているのだ。Interop Tokyo 2015のシスコシステムズのブースでは、これまで培ってきたネットワーク技術をベースに、新たな付加価値を生み出し、ビジネスをスピーディに展開するソリューション群が紹介された。(2015/7/13)

PR:Interop Tokyo 2015 Best of Show Award、私たちが受賞した理由
2015年6月に開催されたInterop Tokyo 2015。その「Best of Show Award」は、各ジャンルで最も優れた出展製品を称える賞だ。今年も例年にまして、受賞者には革新的な製品が勢ぞろいしている。どのような製品が、どのような理由で受賞したのか。受賞企業自身が語る。(2015/7/13)

「より速く、より安く」というネットワーク機器の原点を追求:
PR:いよいよ始まる「100GbE時代」に向けたハイエンドスイッチが登場
ここ数年、OpenFlowやSDNといったキーワードに注目が集まったInterop Tokyo。通信事業者やデータセンター、企業向けにイーサネットスイッチ「APRESIA」シリーズを提供してきた日立金属では、「着実に増加し続けているトラフィックをいかに高速に、低コストでさばくか」というネットワーク機器の原点に立ち返る展示を行った。(2015/7/7)

Interop Tokyo 2015 Report:
サイバー攻撃や被害を食い止めるセキュリティ技術たち
ネットワーク技術展示会のInteropでは例年多くのサイバー攻撃が観測される。会場ではその様子や防御策、最新のセキュリティ対策技術などが注目を集めていた。(2015/6/11)

SDNで、ビジネスとネットワーク管理はどう変わる?:
PR:Interop Tokyo 2014に見た「SDNの現実解、3つのキーワード」
通信キャリア、データセンター、企業向けにおいて高信頼性を追求したスイッチ「APRESIA」シリーズを提供している日立金属。同社が次世代ネットワーク向けに取り組んでいるのがSDN(Software Defined Networking)だ。SDNをビジネスに活用する上で、同社は具体的にどのようなシナリオを提案しているのだろうか。「Interop Tokyo 2014」で紹介された同社の3つのソリューションから、「本当に求められるSDNの現実解」を見ていこう。(2014/8/5)

Interop Tokyo 2014とPHOTO NEXT 2014の2つのイベントをまとめて紹介! 恒例、コンパニオンのおねいさん写真を撮ってきた【レポート】
お姉さん満載でお送りします。(2014/6/21)

Interop Tokyo 2013から見たSDNのいま:
夢から現実のソリューションへ
6月に開催された「Interop Tokyo 2013」では、昨年以上に充実したSDN関連のデモンストレーションが注目を集め、同時にOpenFlowの可用性や監視機能など、実導入に向けた課題も見えてきた。会場で見付けたほかのユニークな製品も交えながら、その模様を振り返る。(2013/7/5)

Interop Tokyo 2013:
展示会の華! コンパニオンのおねいさん写真を撮ってきましたよ(前編)【レポート】
Interop Tokyo 2013のコンパニオさんをご紹介。(2013/6/19)

「Open Compute Project」がSDN分野に参入
Facebookが主導するデータセンターの「ノーブランド化」
「Interop 2013」の基調講演では、Open Compute Projectがネットワーク分野に拡張すると発表された。これによりデータセンター業界のOpenFlow/SDNへの流れが加速する可能性がさらに高まった。(2013/6/19)

Interop Tokyo 2013レポート:
OpenFlow 1.3.1の相互接続検証ネットワーク上で実アクセスを提供
幕張メッセで6月12日から14日にかけて開催されている「Interop Tokyo 2013」。そのShowNetで、Software Defined Networks(SDN)に関する意欲的な取り組みがいくつか行われている。(2013/6/14)

Interop Tokyo 2013レポート:
ShowNetの「汚れた無線LAN、クリーンアップ大作戦」
「Interop Tokyo 2013」会場の無線電場状況が強烈に「汚い」環境で、いかに良い品質の通信を実現するか。その方策と実験の内容を速報する。(2013/6/13)

Interop Tokyo 2013 Report:
ネットワークの進化は止まらない 20年目を迎えたInterop
今年も開幕したInterop Tokyo。SDNやクラウド連携、ネットワークの最適化など、さまざまな観点からのネットワークの新ソリューションが多数出展されている。(2013/6/13)

「組織内の異常な通信はどこから?」をビジュアルに:
NICT、サイバー攻撃を可視化し表示する「NIRVANA改」
情報通信研究機構(NICT)は、組織内ネットワークの通信状況とサイバー攻撃に関する警告を視覚的に表示する「NIRVANA改」を開発した。Interop Tokyoで動態展示を行う。(2013/6/11)

「Interop Tokyo 2013」でWi-Fi位置情報分析を用いた情報配信や屋内ナビなどを提供
Interop Tokyo 2013の会場で、来場者向けにWi-Fiサービスを提供するほか、展示会場内の来場者が持つWi-Fi対応デバイスから位置情報を検出し、来場者の位置に応じた情報提供やナビゲーションサービス、来場者参加型ゲームなどを提供するトライアルを行う。(2013/6/10)

NICT、サイバー攻撃監視機能を備えた「NIRVANA 改」を開発
大規模ネットワーク監視システム「NIRVANA」に、サイバー攻撃の警告を実装した「NIRVANA 改」をInteropで公開する。(2013/6/10)

これが世界最大規模のテストベッドの全貌だ:
潜入! 北陸StarBED技術センター
Interop Tokyoの「クラウドコンピューティングコンペティション」やWASForum主催の「Hardening Zero/One」など、超ハードなコンピューティング環境を陰で支える北陸StarBED技術センター。企業の実証実験空間としても積極的に利用される同センターは、世界最大規模のエミュレーション環境を誇る最先端施設だった。(2013/3/26)

OpenFlow ShowCase、各ブースの技術を掘り下げる:
Interop Tokyo 2012で見えたOpenFlowのこれから
6月に開催された「Interop Tokyo 2012」。その主催者企画の中で最も目立っていたのが、OpenFlow関連の展示です。来場者も大きな興味を示した「OpenFlow ShowCase」のデモをひもとき、どんな思想に基づいてOpenFlowが活用されようとしているのかを探ります。(2012/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。