ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iTunes Ping」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iTunes Ping」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ITはみ出しコラム:
Appleの動画アプリ「Clips」はSNSで存在感を示せるか
ハードウェアの新製品が目立ったAppleの発表ですが、実は新しい動画撮影・編集アプリの「Clips」にも注目です。(2017/3/26)

Apple、音楽SNS「Ping」を終了
9月30日に終了する。(2012/9/16)

デザイン刷新の「iTunes 11」は10月リリース iCloudと統合
iTunes Storeで購入したコンテンツをiCloudを通じてすべての端末で視聴できるようになった。ライブラリ表示などのデザインも大きく変わった。(2012/9/13)

FacebookのiPadアプリ開発責任者がGoogleのモバイルチーム入り
iPad版Facebookアプリは5月には完成していたのに、まだ公開されていない――。開発担当者が個人ブログで明らかにしたが、10月4日のイベントで発表されるといううわさもある。(2011/9/27)

せかにゅ:
HTC、「Desire」「Desire HD」などをGingerbreadにアップグレードへ
HTCは第2四半期に、「Desire HD」「Desire Z」「Desire」などをAndroid 2.3「Gingerbread」にアップグレードする。(2011/2/28)

AppleがTwitterと提携――iTunes Pingの投稿が自動的にツイートに
これまでほかのSNSからのネットワーク取り込み機能がなかったiTunes PingにTwitterとの友達共有機能が追加され、Pingでの投稿を自動的にツイートする設定が可能になった。(2010/11/12)

せかにゅ:
iPhone 5はLTE非対応でGSM/CDMAデュアルモード?
次世代携帯規格LTEはまだ新しすぎるため、Appleは次のiPhoneで同規格を使わず、GSMとCDMAのデュアルモード機を投入する可能性があるとうわさされている。(2010/10/12)

Appleが「iOS 4.1」リリース ソーシャルゲーム機能など追加
iOS 4.1では新機能として、ソーシャルゲーム機能「Game Center」や音楽SNS「iTunes Ping」などが盛り込まれている。(2010/9/9)

touch、nano、shuffle、どれを買う?:
2010年のクリスマスを飾る“最強”の布陣――新型「iPod」ファミリー徹底レビュー
iPodファミリーがラインアップを一新し、一体どれを買えばいいのか迷っている人も多いはず。新旧モデルと比較しながらそれぞれの特徴を詳しく見ていこう。(2010/9/8)

Weekly Access Top10:
初音ミクが唱える般若心経に夢中
初音ミクが般若心経を唱える動画が面白い。ロックやテクノ風などさまざまなバージョンがそろっている。(2010/9/6)

iTunesの音楽SNS「Ping」、2日で会員100万人突破
iTunes 10をダウンロードしたユーザーの3分の1がPingに加入したという。(2010/9/6)

AppleのPingで早くも詐欺の手口が横行
AppleがiTunesの音楽SNS機能「Ping」を発表した翌日には、スパムや詐欺メッセージが殺到する状況になっていたという。(2010/9/6)

A4+iOS 4.1+FaceTime:
今度のiPodファミリー、何が変わった?
アップルがiPodのラインアップを一新。A4プロセッサとiOS 4.1を搭載した新iPod touchを筆頭に、iPod nanoもタッチ操作をサポートするなど盛りだくさんの内容だ。(2010/9/2)

iTunes 10に音楽SNS「Ping」 アーティストやユーザーをフォロー可能に
iTunesの新バージョン「10」には音楽ソーシャルネットワーク「Ping」が組み込まれている。ジョブズCEOは「FacebookとTwitterがiTunesと出合ったようなもの」と説明する。(2010/9/2)

iOS 4.1アップデートは“来週”配信 iOS 4.2は11月
Appleが、iPodの新ラインアップ発表に合わせて、iOSを4.1および4.2にアップデートするスケジュールを明らかにした。iPhoneと既存のiPod touch向けには、来週iOS 4.1アップデートが提供される。iPad/iPhone/iPod touch向けのiOS 4.2は11月に配信予定だ。(2010/9/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。