ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情報処理技術者試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情報処理技術者試験」に関する情報が集まったページです。

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(15)STEM教育(3):
STEMを取り入れた「夏休みの自由研究」型パッケージ教育のすすめ
今回は、STEMを取り入れた新しい教育を提案します。併せて、プログラミング教育×STEM教育の方程式から導き出せる、「理系日本人補完計画」という壮大な妄想(?)を語ってみます。(2021/9/29)

受け身でいては幸せになれない:
SI系企業で働くエンジニアが年収を上げるためにすべきこと
複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回のテーマも年収です。構造的に、人をリスクと捉え、育てる環境がないIT業界。では、その中でエンジニアはどうやってキャリアを切り開いていけばいいのでしょうか。(2021/7/29)

IPA、ITパスポートなど13試験の受験料値上げ 5700円→7500円に 筆記は今秋、CBT方式は来春から
情報処理推進機構(IPA)が、ITパスポートなど12の試験から成る「情報処理技術者試験」と「情報処理安全確保支援士試験」の受験料を、5700円から7500円に値上げする。(2021/7/19)

秋期高度試験区分は2020年度内の実施を見送り:
IPA、情報セキュリティマネジメント試験と基本情報技術者試験の実施を延期へ
IPAは、2020年10月18日に実施予定の情報処理技術者試験のうち、「情報セキュリティマネジメント試験(SG)」と「基本情報技術者試験(FE)」の実施を延期する。秋期高度試験区分は、全ての区分で2020年度の試験実施を見送る。(2020/9/24)

IPA、情報処理技術者試験を中止 代替試験の有無、受験料払い戻し方法は未定
情報処理推進機構は、春の情報処理技術者試験などを中止すると発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止が目的。代替試験の有無や払い戻し方法などは未定。(2020/3/25)

4月の情報処理技術者試験は取りやめに 新型コロナウイルスの影響
代替試験の実施については可否も含めて検討中。(2020/3/24)

COBOLの出題廃止、Python追加 基本情報技術者試験、「AI人材育成ニーズ踏まえ」
基本情報技術者試験の出題でCOBOLが廃止、Pythonが追加。「AI人材育成のニーズなどを踏まえた措置」としている。(2019/1/24)

機械学習&ディープラーニング入門(コンピューター概論編):
Lesson 2 ディープラーニングを始めるための、コンピューターの基礎
ディープラーニングはプログラムとして作成するが、そのプログラムはコンピューター上でどうやって動くのか? コンピューターに関する基礎の基礎を紹介する。(2018/12/17)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(11):
「関係代数」を理解する
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「関係代数の基礎」を解説します。(2017/7/4)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(1):
「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。この「データベーススペシャリスト試験」は同じパターンの出題が多いために、過去問題をたくさん解くことが合格の早道です。本企画では、午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。初回は、「データベーススペシャリスト試験の基礎」を解説します。(2017/4/18)

「パソコンなんでも相談室」的な業務に従事しているエンジニアにもお勧め:
PR:今、1番足りない現場のセキュリティ担当者育成を支援する「CompTIA Security+」
「セキュリティ人材が足りない!」との声に、個人は、そして企業は、何をすれば良いのだろうか?(2016/11/7)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(11):
なぜ、「脆弱性」はなくならないの?
サイバーセキュリティの“基礎の基礎”をおさらいする本連載。今回はソフトウェアに「脆弱(ぜいじゃく)性」が生まれてしまう理由や、開発者/利用者として可能な脆弱性への対処方法について解説します。(2016/9/8)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(10):
なぜ、ログを保存することが大切なの?
情報セキュリティの“キソのキソ”を整理する本連載。今回のテーマは「ログ」です。ログの活用方法や、ログを保存する際の注意事項などについて学びましょう。(2016/8/12)

どんな状況・要望にも応えられる現場力が身に付く:
PR:最強のネットワーク/セキュリティエンジニアを生み出すシスコ「CCIE Security」の秘密とは?
ITエンジニアにとって、一部の資格は現場で働くための基礎知識にすぎない。しかし、シスコシステムズの「シスコ技術者認定」は、本物の“現場力”を持ったエンジニアを育成するための試験として知られている。その最高峰たる「CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)」の保有者は、いかなる状況にも的確かつ迅速に答えを出せるエキスパートだ。その秘密はどこにあるのだろうか。(2016/8/8)

FNETS、高度標的型攻撃対策をワンストップサービスで提供
富士通ネットワークソリューションズは、多層防御体制の構築を視野に入れたワンストップ型のサイバーセキュリティソリューションを提供する。(2016/7/12)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(9):
なぜ、いろいろな「暗号技術」が必要なの?
セキュリティ関連のキーワードに関する“素朴な疑問”を解消していく本連載。第9回のテーマは「暗号技術」です。通信に存在する3つのリスクとそれを解決するための暗号技術について学びましょう。(2016/6/15)

ITエンジニア職業図鑑(8):
上級職への登竜門――ITスペシャリスト
プログラマ、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第8回は、各技術の専門家「ITスペシャリスト」を解説する。(2016/5/19)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(8):
なぜ、GPSをオフにしても「位置情報」が取得できるの?――最低限押さえておくべき位置情報取得の仕組み
セキュリティ関連のキーワード関する“素朴な疑問”を解消する本連載。第8回では、「位置情報」をテーマに、スマホアプリなどが端末の位置情報を取得する仕組みを解説します。(2016/5/18)

初実施の情報セキュリティマネジメント試験、受験者と合格者の傾向は?
IPAが4月に初めて実施した「情報セキュリティマネジメント試験」では合格者の平均年齢が「基本情報技術者試験」よりも10歳以上高かった。(2016/5/16)

IPA、沖縄除く九州での情報処理技術者試験を中止に 熊本の地震を受け
九州地方(沖縄県除く)で「平成28年度春期 情報処理技術者試験」を中止に。(2016/4/16)

IPA、熊本県での情報処理技術者試験を中止
地震の影響を踏まえ、17日に予定していた「平成28年度春期 情報処理技術者試験」の熊本県での実施を中止する。(2016/4/15)

えんじにあ解体新書(7):
IT資格は水戸黄門の杖(つえ)?〜資格不要論の「りある」
SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回のテーマは「資格」です。SEに資格は必要なのでしょうか? @IT読者の「りある」な資格取得実数と共に解説します。(2016/4/7)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(7):
なぜ、「私が興味を持ちそうな広告」が表示されるの?
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第7回では、Webサイトなどがユーザーの行動を追跡(トラッキング)する仕組みについて解説します。(2016/4/4)

短期集中! 情報セキュリティマネジメント試験攻略法(5):
情報セキュリティマネジメント試験――1カ月でできる対策
「情報セキュリティマネジメント試験」本番に向け、重要ポイントを総ざらいする本連載。最終回は、直前1カ月で実施できる対策方法を紹介します。(2016/3/22)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(6):
なぜ、「セキュリティポリシー」が必要なの?――自社のセキュリティポリシーを一度も読んだことがない方へ
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第6回のテーマは、「セキュリティポリシー」です。「人的要因」によるセキュリティ事故を防ぐためのポリシーの策定・運用・変更のポイントについて解説します。(2016/3/15)

短期集中! 情報セキュリティマネジメント試験攻略法(4):
「情報セキュリティマネジメント試験」を受けるメリットはあるの?
「情報セキュリティマネジメント試験」本番に向け、重要ポイントを総ざらいする本連載。第4回では、本試験を受験するメリットや、学習のコツなどについて解説します。(2016/3/2)

短期集中! 情報セキュリティマネジメント試験攻略法(3):
「情報セキュリティマネジメント試験」何を勉強すればいいの?――具体的な勉強法の解説
「情報セキュリティマネジメント試験」本番に向け、重要ポイントを総ざらいする本連載。第3回では、午前/午後それぞれに向けた具体的な勉強法を解説します。(2016/2/16)

短期集中! 情報セキュリティマネジメント試験攻略法(2):
情報セキュリティマネジメント試験の問題を解いてみよう――午前/午後問題の傾向と対策
「情報セキュリティマネジメント試験」本番に向けた重要ポイントを総ざらいする本連載。第2回では、IPAが公開しているサンプル問題を基に作成した例題を解きながら、本試験の傾向と対策を紹介します。(2016/1/27)

浦島太郎にならないために:
PR:10年超のブランクを克服して現場復帰したエンジニアは、空白期間に何をしていたのか?
「ドッグイヤー」と言われるほど変化の早いIT業界では、たった数年IT業界から離れていただけで取り返しがつかないことになる場合がある。一方、10年以上現場を離れていても、ITの仕事に復帰するエンジニアもいる。その差はどこにあるのだろうか。(2016/1/29)

短期集中! 情報セキュリティマネジメント試験攻略法(1):
情報セキュリティマネジメント試験の概要――本番前にポイントを総ざらいしよう
2016年4月からいよいよ始まる「情報セキュリティマネジメント試験」。第1回に向けて、重要なポイントを短期集中で総ざらいしておきましょう! 「セキュリティスペシャリスト試験」や「ネットワークスペシャリスト試験」の対策本を執筆する左門至峰氏が解説します。(2016/1/18)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(3):
なぜ、「鍵マークの確認」が必要なの?――「HTTPS通信」のメリットを理解しよう
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第3回のテーマは、「HTTPS通信」です。「通信の暗号化」や「サーバー証明書」の役割を理解し、インターネット利用時のリスクから身を守るための最低限の確認事項について把握しておきましょう。(2015/12/16)

「人生を楽しくする方法の1つがプログラミング」──17歳でドワンゴ入社のエンジニアと“現場目線”で学ぶ「プロハイハイ」
カドカワの通信制高校「N高等学校」の提携通学コースとして、初心者向けのプログラミングコース「バンタン プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」が開校する。「プログラミングは人生を楽しくする手段の1つ」――講師を務める草野翔さんに思いを聞いた。(2015/12/14)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(2):
なぜ、「ソフトウエアのアップデート」が必要なの?
社内の業務連絡などで、「ソフトウエアのアップデートを行うように」という通知を受けることがしばしばあるのではないでしょうか。普通のユーザーにとっては手間のようにも感じられる「ソフトウエアのアップデート」は、どうして必要なのでしょう。第2回では、ソフトウエアアップデートの必要性や、修正プログラムの適用時に留意すべき事項について解説します。(2015/11/16)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(1):
なぜ、「標的型攻撃」で情報が漏れるの?――標的型メールのサンプルから攻撃の流れ、対策の考え方まで、もう一度分かりやすく解説します
近年取り上げられるセキュリティ関連のさまざまなキーワードについて、「素朴な疑問」から出発し、セキュリティ初心者の方にも分かりやすく解説することを目指した本連載。第1回のテーマは、「標的型攻撃」です。(2015/10/27)

ユーザー企業の現場担当者向けに:
IPAが新たな資格試験開始、セキュリティの世界における「火元責任者」育成を
情報処理推進機構(IPA)は2015年10月16日、国家試験「情報処理技術者試験」の新たな試験区分として、ユーザー企業の現場担当者のセキュリティ知識向上を目指した「情報セキュリティマネジメント試験」を創設することを発表した。(2015/10/16)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(17):
エンジニアに高い学歴は必要か
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は社会人になってから大学院に通学したり、資格をたくさん取得したりするのはキャリアアップに有効か、また転職時に採用担当者からどのように見られるのか、などを「辛口」に解説する。(2015/10/5)

勤務時間短縮だけがワーク ライフ バランスじゃない:
PR:アルペンスキー選手×エンジニアを両立させるワークスタイルとは?
春から秋はできるだけ稼いで、冬はスキーに没頭したい! アルペンスキー選手が選んだ1年スパンのワーク ライフ バランスとは?(2015/9/29)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
めちゃ高いプロマネ試験のハードルはアタマの中身より財布の中身!?
知れば知るほど奥深いPMP試験の世界。受験のハードルたるや、想像を絶する高さであることが分かってきた。受験料555ドル、失敗して再受験したら375ドル、おまけに受験するには4500時間のプロジェクト経験と35時間の学習が必要って……。(2015/7/24)

特集:フレッシュマン企画:
無料で入手できるドキュメント/電子書籍で勉強しよう
インターネット上で無料で公開されているドキュメントや電子書籍を使って、自分のスキルや知識を向上させよう!(2015/5/22)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
恐怖! ナゾの資格「ぴんぼっく」
かつての上司、Aさんが再び私の上司に返り咲いた。武勇伝には事欠かないAさんのことだから、職場が賑やかになるんだろうなぁ……なんてのんきに構えていたら、とんでもない事態に……。ヘルプデスクの私に「プロマネやれ」ってマジですか!?(2015/4/24)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(4):
PR:ハートに火を付けて! 燃えさかる案件の中心で辞意を叫ぶ
僕、梧籐 剛(ごとう ごう)。年齢27歳、職業ITエンジニア。美人上司と可愛い過ぎる後輩に囲まれてアンドロイド開発にいそしむバラ色の日々……?(2015/4/1)

2015年問題の本質を探る(5):
人材不足は“量”ではなく“質”が深刻――ITスキル標準はどこへ行く
2015年問題はIT人材の量的不足ばかりが注目されているが、IT業界にとって深刻なのは、むしろ質的人材不足である。これを解消するために、ITスキル標準を活用した人材育成体系や仕組み作りが大手IT企業を中心に進んでいるが、そのITスキル標準自体の行く末に不安が出てきた。各IT企業はどうすればよいのだろうか。(2014/12/10)

CCENT/CCNA 試験対策 2014年版(1):
CCENT/CCNA取得を目指す皆さんへ
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを、新米ネットワークエンジニアと共に学びましょう。(2014/10/30)

IT用語解説系マンガ:食べ超(58):
情報処理技術者試験に処理されよう!
「試験に合格すれば一発で一人前」という言葉を信じるお客さま専用のベルトコンベアーでございます。(2014/10/1)

IT用語解説系マンガ:食べ超(57):
行列のできるスケールアウト
世界最古のスケールアウトは、5つのパンと2匹の魚を5000人に分け与えた時だといわれています。(2014/9/17)

3年で辞めさせない、職場で活躍する新人の育て方:
PR:資格試験を積極活用して、自ら考え行動する新人を育成する――富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの新人研修は「自ら考え行動させる」のが特徴だ。その研修の内容は、そこに至った経緯は、そして効果はどのようなものなのだろうか。(2014/5/21)

ITパスポート試験が出題構成を見直しへ
情報処理推進機構(IPA)は、「ITパスポート試験」をはじめとする情報処理技術者試験の出題構成を見直し、セキュリティ関連の出題を強化する。(2013/10/31)

製造業エンジニア、転職活動の心得:
5年後の人気メーカーへの転職を狙い、就職先で“技術”を磨く。満を持して応募したその結果は……
就職氷河期に就職活動した野口さん(仮名)は、「5年後にはS社に転職する」という思いを秘めてI社に就職。I社でS社に必要とされる技術を磨いた上で、S社の中途採用に応募しましたが、その結果は思いも寄らぬものでした。(2013/7/17)

目指せ!シスアドの達人−第2部 飛躍編(21):
一番つらくて難しいのは“根回し”
(2012/10/29)

オルタナティブな生き方 片岡麻実さん:
目指せ、古典文学となるブログ!
文学少女とITが出逢うと片岡さんになる。「ガラスの仮面シリーズ」など一風変わった視点のブログを書く彼女に、生い立ちやブログへの思いを聞いた。(2012/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。