ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KDrive」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KDrive」に関する情報が集まったページです。

キングソフト、同社従来ソフトのWindows XPサポートを継続――4月以降の新規製品は対象外
キングソフトは、同社製ソフトウェア製品のWindows XPのサポート方針についてのアナウンスを行なった。(2014/2/5)

ドコモの法人向けスマホパッケージに勤怠管理「KING OF TIME」が追加
ヒューマンテクノロジーズは、NTTドコモの法人向けサービスパッケージ「ビジネスプラス」に、クラウド型勤怠管理クラウドサービス「KING OF TIME」が追加されたと発表した。(2013/8/30)

キングソフトのオンラインストレージ「KDrive」個人版終了
キングソフトが運営するオンラインストレージサービス「KDrive」が、無料版は来年2月、有料版は8月に終了する。(2013/8/26)

キングソフト、オンラインストレージ「KDrive」個人向けサービスを2014年に終了
キングソフトは、同社提供のオンラインストレージサービス「KDrive」の個人向けサービス終了を発表。法人向けの「KDrive for Business」のみ存続となる。(2013/8/23)

無料容量拡大からちょうど1年:
キングソフト、個人向けオンラインストレージ「KDrive」終了へ
キングソフトは、個人向けオンラインストレージサービス「KDrive」の無料版と有料版を2014年に終了する。無料版のアップロードは9月2日からできなくなる。(2013/8/23)

ゼロから始めるQNAP 第0回:
「初心者だって最強NASが欲しい!!」の巻
これは編集部から突然「QNAP」を与えられたNASビギナーが、悪戦苦闘しつつもNASマスターへの道を目指す、ひとりの男の物語である。え? HDDが入ってないって? あんたそこからか!(2013/1/25)

GEANEE、Android4.0の“HDMIスマートスティック”「ADH-41」
GEANEEは、Android 4.0を搭載したHDMIスマートスティック「ADH-41」を発売する。自宅テレビのHDMI端子に接続するだけで、インターネット閲覧やメールの送受信、大画面でのコンテンツ再生などが可能になる。(2012/12/7)

「KDrive」が50Gバイトまで無料に スマホ向け新カメラ機能で「ローカルフォルダはもういらない」
キングソフトのオンラインストレージ「KDrive」が最大50Gバイトまで無料に。新たにiOS/Android版アプリに「クラウドカメラ」機能を搭載し、写真を端末内に保存することなくKDriveに直接アップロードできるようになった。(2012/8/22)

3G回線付きedenTAB発表:
サービス+端末で総合ソリューションを提供――edenTABで目指す新しいMVNOの形
Mobile In Styleが、3G回線付きの7インチタブレット「edenTAB」を8月22日から販売する。3G回線をバンドルした端末をMVNOとして提供するのは、端末メーカーとしては初めて。同社の狙いを代表取締役の下浩子氏が説明した。(2012/8/22)

キングソフトの「KDrive」が容量拡大で30Gバイトに、条件付きで50Gバイトまで
キングソフトは、オンラインストレージ「KDrive」を拡張した。無料容量を条件付きで最大50Gバイトまで増量できるようにしたほか、Mac OS向けクライアントソフト「KDrive for Mac(β)」を新たにリリース。iPhone、Android、Windows PC向けソフトをアップデートした。(2012/8/22)

最大50Gバイトまで無料――キングソフト、オンラインストレージ「KDrive」の機能拡張
これまで最大10Gバイトだった無料容量を最大50Gバイトに拡大。iPhone/Android向けKDriveアプリには新機能が追加された。(2012/8/22)

いつでもどこでもOfficeデータを閲覧、編集 「KINGSOFT Office for Android」
すきま時間を使って、Wordの企画書やExcelの見積書を手直ししたい――。こんな忙しいビジネスパーソンにオススメなのが、Android端末上でOfficeデータを編集できるこのソフトだ。(2012/2/28)

7インチタブレットの「eden TAB」、3月3日から量販店で発売
ビジネスに役立つアプリとオンラインストレージサービスをプリセットした7インチタブレットの「eden TAB」が、3月3日から量販店の店頭に並ぶ。(2012/2/22)

Mobile In Style、7型Androidタブレット「eden TAB Wi-Fi」にKINGSOFT製ソフト付属モデル
Mobile In Styleは、同社製7型Androidタブレット「eden TAB」Wi-Fi版にKINGSOFTセキュリティ製ソフトなどを付属した「eden TAB Wi-Fi ソフト搭載モデル」を発売する。(2012/2/22)

7インチ画面のAndroidタブレット、2週間まで返品OK――体当たり戦略で売る「eden TAB」
3万円を切る7インチ画面のAndroidタブレット、買って2週間以内なら返品もOK――。こんな“体当たり戦略”を展開するのが、設立まもないMobile In Styleだ。どんなビジネスモデルで収益化を目指すのか。(2012/2/17)

「2週間で返品OK」のお試し期間も:
広告収益で低価格を実現――2万円台の7型ワイドAndroidタブレット「eden TAB」販売開始
Mobile In Styleが7型ワイドAndroidタブレット「eden TAB」の予約販売を開始した。スペックの高さや、デザインなどにこだわる一方で、ソフトウェアの広告収益という新しいビジネスモデルで2万9800円という低価格を実現している。(2012/2/17)

外出先のスマホから社内データにアクセス――企業向けオンラインストレージ「KDrive for Business」
キングソフトが企業向けオンラインストレージサービス「KDrive for Business」を提供。外出先でもスマホから社内データを活用できるようになる。(2011/12/19)

キングソフト、Androidアプリをプリペイド方式で販売――全国のファミリーマートで
キングソフトが、同社のAndroidアプリとオンラインストレージサービス「KDrive」のライセンスをファミリーマートのFamiポートを通じて販売する。(2011/12/14)

Android版は編集にも対応:
リボンUIを採用したOffice互換ソフト「KINGSOFT Office 2012」――キングソフト発表会
キングソフトの最新オフィス製品「KINGSOFT Office 2012 Standard」が登場。Microsoft Office 2007以降に見られるリボンインタフェースを採用し、オンラインストレージとの連携機能を備えた。(2011/10/8)

オフィス文書を編集できるアプリ「KINGSOFT Office for Android」登場
オフィス文書を閲覧、編集、新規作成できるAndroiアプリ「KINGSOFT Office for Android」が登場。無料でも閲覧アプリとして利用できる。(2011/10/7)

キングソフト、PCからAndroid端末のアプリやデータを管理する「KINGSOFT Data Manager」
キングソフトは、Android端末とPCをWi-Fi接続し、データ管理やバックアップが可能な「KINGSOFT Data Manager」を発売した。PCにクライアントソフトは不要で、ブラウザからデータ管理を行える。(2011/9/9)

App Town 仕事効率化:
キングソフト、無料オンラインストレージ「KDrive」用のiPhoneアプリを配信
キングソフトは、2Gバイト(最大10Gバイト)まで無料のオンラインストレージ「KDrive」と連携するiPhoneアプリ「KDrive for iPhone」の配信を開始した。(2011/8/11)

App Town 仕事効率化:
「キングソフトオフィス」のデータをiPhoneで――閲覧アプリ登場
キングソフトが、同社の総合オフィスソフト「キングソフトオフィス」のデータをiPhoneで閲覧可能にするアプリをリリースした。(2011/7/25)

KDrive上の文書や画像をiPadで閲覧――ビュワーアプリ「Kingsoft Office」
キングソフトは、オンラインストレージ「KDrive」に保存したドキュメントや画像を閲覧できるiPad向けビューワアプリ「Kingsoft Office」の配信を開始した。(2011/5/31)

キングソフト、2Gバイトの無料オンラインストレージ「KDrive」
2Gバイトまで利用可能な無料オンラインストレージサービス「KDrive」をキングソフトが開始。Webからの保存・閲覧のほか、PC上に仮想ドライブを作成し、保存したファイルを自動的にオンライン上にバックアップする機能も。(2011/5/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。