ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「景気探検」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「景気探検」に関する情報が集まったページです。

景気探検:
庚寅の年は時代のターニングポイントに
今年は60年に1度の「庚寅」。戦前、戦後の日本を振り返っても、庚寅の年は時代のターニングポイントになっているという。(2010/1/26)

景気探検:
松井秀の活躍が日米の景気に貢献
ワールドシリーズで大活躍し、日本人で初のシリーズMVPを獲得した松井秀喜選手。彼の活躍は、日米の景気を大いに刺激してくれたのだ。(2010/1/6)

景気探検:
楽観はできないが、雇用情勢に回復の兆しも
年末を間近に控えてこの先の雇用情勢が懸念されている。参考指標となるであろう自殺者やホームレスの数はピーク時から減少傾向にあり、改善の兆しを垣間見ることができる。(2009/11/19)

景気探検:
大相撲やプロ野球は水面下の景気回復を下支え
今年は野球が景気にプラス要因として働いている。最も人気のある巨人がV9(65〜73年)以来のセ・リーグ3連覇を成し遂げた。さらに7年ぶりに日本一を奪回したことで景気の下支えとなりそうだ。(2009/11/17)

景気探検:
明暗両面の指標が並存する水面下の景気回復
依然として低い水準での回復ではあるが、GDPが上昇傾向にあるなど、景気の最悪期からは抜け出したといえよう。(2009/9/25)

景気探検:
大相撲名古屋場所の懸賞が増加、企業プロモーション費に改善の兆し?
企業の広告費の代理変数と言える大相撲の懸賞が、7月に行われた名古屋場所では昨年を上回った。(2009/8/21)

景気探検:
「笑点」でGDP成長率の傾向をつかめる
景気の底打ち感が強まり、実質GDP成長率は改善傾向にありそうだ。日本テレビ系の長寿番組「笑点」の視聴率からも読み取ることができるという。(2009/7/24)

景気探検:
日本の景気好転、靖国神社の桜がいち早く伝えていた
まだまだ予断は許さない状況であるが、景気の底打ち感は出てきた。景気回復と桜の開花時期が密接に関係しているのをご存じだろうか。(2009/6/25)

景気探検:
景気の山は後ずれへ、戦後最長の景気拡張がさらに延長
景気の山、谷の後ずれによって、戦後最長の景気拡張期間は69カ月ではなく73カ月になる可能性が大きいという。(2009/5/21)

景気探検:
WBC効果で日経平均が上昇、今秋までには景気の谷も
日本チームの連覇で幕を閉じたWBC。大会期間中に日経平均株価は1054円上昇し経済効果をもたらした。人生の応援歌がヒットするなど、そろそろ不景気も終わりに近づいている。(2009/4/16)

景気探検:
プラザ合意をほうふつさせる円高・ドル安の動き
このところの円レート変動は、1985年のプラザ合意後の円高・ドル安の動きに似ている。より具体的に分析してみよう。(2009/3/25)

景気探検:
史上最悪の事態が続く日本経済、「坂の上の雲」に景気回復を託す
今年の大河ドラマは最終回が11月に前倒しとなり、日本人に愛される作品の1つである司馬遼太郎「坂の上の雲」のドラマが放送される。強い時代の日本に思いをはせ、景気回復を祈る人も多いだろう。(2009/2/20)

景気探検:
景気が好転する? 2009年レコード大賞の行方に注目
昨年秋の「リーマンショック」以降、厳しい状況が続く日本経済。この閉塞感を打ち破るジンクスが年末のレコード大賞に隠されているという。(2009/1/23)

景気探検:
低迷続く日本の景気、過去のマイナス記録を相次ぎ更新
世界的な経済危機の中で、日本の景気も多分に漏れず苦しい状況にあり、一般家庭にまでその影響は及んでいる。ヒットする連続ドラマといえば、「強い女性」や「不幸な家庭」をテーマにしたものが多いという。(2008/12/18)

景気探検:
大リーグ優勝チームが不景気をもたらす?
米国発の国際的な金融危機の中、大リーグでワールドチャンピオンになったのはフィリーズだった。実は前回優勝した28年前も深刻な不況のさなかだった。(2008/11/21)

景気探検:
米経済を救えなかったヤンキース、日本の景気回復に影響も
9月の米証券大手の破たんを発端にした米国の金融危機は、世界各国の経済に大きなつめ跡を残した。景気回復のけん引役となるはずの大リーグのニューヨーク・ヤンキースだったが……。(2008/10/16)

景気探検:
エド・はるみが景気回復に貢献? 厳しい環境下明るい材料も
米国の不況や原材料の高騰の煽りを受け、一段と冷え込む日本経済。そうした中、意外な人の頑張りが景気回復に影響を与える可能性もあるという。(2008/9/12)

景気探検:
景気は後退局面に、ただし浅い可能性――北京五輪のメダルも注目?
ついに基調判断は下方修正され、景気後退の可能性が高いことを暫定的に示す『悪化』になった。ただし、大幅な在庫調整などの必要はないことから、傷は浅いとの見方が強い。(2008/8/7)

景気探検:
7月末発表の米国GDPに注目――シリアスドラマ高視聴率と景況感
ここまでの発表数値を見ると米国の個人消費はしっかりしている。国内では過度な悲観論が修正されていく可能性もある。阪神タイガースの快進撃が景気下支え要因となるかも注目だ。(2008/7/11)

景気探検:
景気は「局面変化」の判断か。関東甲信の梅雨明けが7月20日前かどうかも注目点
関東甲信地方の梅雨入りは6月2日と平年より6日早かった。過去57年間で関東甲信地方が梅雨の時期に景気が拡張局面にある確率は65%だ。今年は景気面からも梅雨明けがいつになるか要注目だ。(2008/6/9)

景気探検:
景気は極めて微妙な状況だが、何とか踊り場でとどまる
米国の状況を見て、日本の景気にも不安感が漂うが、極めて微妙な状況にあるが、何とか踊り場でとどまるのではないか。(2008/5/14)

景気探検:
大相撲春場所、高松宮記念、そして流行色
この春は景気動向にとって正念場だ。3月調査の日銀短観の「最近」の業況判断DIの動きをみると、一部に底堅い印象はあるものの予断は許さない。一方社会現象に目を向けてみると…(2008/4/11)

景気探検:
景気は後退? それとも一時的な踊り場? 実質GDPはプラスの可能性も
2月末に発表された1月分の鉱工業生産指数・速報値は前月比2.0%減と2カ月ぶりの減少になった。生産のピークが07年10月分とみて、そこを景気の山とする景気後退説が出てくる可能性がある。(2008/3/18)

景気探検:
悪いのは本当にサブプライム問題か?――景況感悪化の別の理由
サブプライムローン問題の全貌がなかなか分からず、暗雲が世界中を覆っているが、日本の株価が大きく下落している要因には幾つかの理由がある。(2008/2/15)

景気探検:
暗いニュースに沈む消費者心理――明るいのは子年のジンクスだけ?
1951年以降の日経平均株価・前年末比を調べてみると十二支の中では平均上昇率が一番高いのは子年の40.3%であり、昨年までの57年間の平均12.4%を大きく上回る。(2008/1/29)

景気探検2008年を占う:
米大統領選挙、夏季オリンピック開催年のジンクスとは?――二分される世界経済・日本経済の読み方
2008年の景気の見方は悲観論と楽観論とに二分されている。景況感の悪化が昨年に引き続き今年も進み、それが経済の実体面にも大きく影響すると考える人にとって、2008年は景気腰折れの年と予想されるのだろう。(2008/1/7)

景気探検:
「不運」の連鎖は大相撲にも――懸賞本数の伸び悩みに見る消費者心理
景気の判断材料には明るい話題もあったが、11月は結果的に話の腰を折られることが多かった。大相撲でも人気力士の休場により多数の懸賞が消えた。(2007/12/14)

景気探検:
市場の混乱あるも足元景気は拡大か? その傾向はドラマ「働きマン」にも
サブプライムローン問題による金融資本市場の混乱や建築基準法改正の影響などはあるが、足元回復の動きをみせる明るい動きもある。(2007/11/21)

景気探検:
景気拡張は過去最長へ、プロ野球人気球団の好調も下支えに?!
景気はもたつき局面を緩やかな拡大を続けている。景気拡張期間は67カ月となり、日清戦争好況の64カ月の最長記録を抜いて新記録を更新している。(2007/10/17)

景気探検:
サブプライム問題を乗り越え、欽ちゃん走りが先行きを明るく?
米サブプライムローン問題による懸念から、消費者マインドの先行きが気になるところだが、身近な社会現象からは先行きの持ち直しの兆しもうかがわれる。(2007/9/19)

景気探検:
ヤンキース奇跡の大逆転が日本の景気を左右する!?
景気は今年に入ってすっきりしない状況が続いてきた。しかし、今後も緩やかな拡大を続けていきそうだ。そして、人気球団ヤンキースの動向が注目される。(2007/8/13)

景気探検:
ラニーニャ発生で消費はどうなる?――天候と景気の不思議な相関関係
日銀短観の内容は、発表時の日銀がある日本橋本石町の天気と相関性が高いようだ。また、ラニーニャ現象の発生は景気にどう影響するのか?(2007/7/11)

景気探検:
日銀の第3次利上げ時期を占う――選挙と金融政策の関係
4月の景気動向指数データは、年が明けてからのもたつき局面をそろそろ脱出することが示唆されている。そうした中、日銀の第3次利上げが注目されている。(2007/6/26)

景気探検:
ホームレスの実態から見る景気の回復具合は?
厚生省が集計した「ホームレスの実態に関する全国調査」によると、全国のホームレスは今年1月時点で1万8564人だった。この調査から見えてくる景気の動向とは?(2007/5/30)

景気探検:
「ハケンの品格」で占う――強い女性ドラマがヒットすると景気は?
IT関連の在庫調整や米国経済の減速の影響で製造業中心にもたつき感はあるが、個人消費の推移などから、景気の底堅さを示唆するものも多い。身近なデータからも景気の流れを追ってみよう。(2007/5/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。