ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「木戸衣吹」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「木戸衣吹」に関する情報が集まったページです。

萌えキャラを腐らせたくない 「東北ずん子」運営会社がAI向け学習データを無料公開、その狙いは
萌えキャラの運営会社が、AI研究向け学習データを無料で公開している。自社の収益には直接つながらないが、「AIの研究を促進する」「腐らないコンテンツを作りたい」「女の子の声になりたい」など、無料公開にはさまざまな理由があった。(2020/7/14)

東北ずん子の姉・東北イタコがボイスロイド化 クラウドファンディングで1000万円を集める
目標額400万円はわずか24分で達成(2017/11/14)

「エロマンガ先生」新作OVAが2018年に制作決定! 約30秒の特報動画も公開
ファンイベント「エロマンガFes」も大盛り上がりに。(2017/11/13)

CEATEC 2016:
「ココロボ」が歌うロボット掃除機に進化、家族の伝言も歌いながら伝える
シャープは、「CEATEC JAPAN 2016」において、ロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」の新たな開発コンセプトを展示。ヤマハの音声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」とのコラボレーションによって「歌う家電」になっていた。(2016/10/6)

テレビアニメ「エロマンガ先生」、2017年4月放送開始
追加キャストに高橋未奈美さん、大西沙織さんら。(2016/10/4)

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」がボカロと融合 “しゃべる掃除機”から“うたう掃除機”へと超進化!
どこまで進化するんだCOCOROBO……!(2016/10/4)

CEATEC JAPAN 2016:
「♪ご飯? お風呂? 私?」――“ボカロ曲”歌うロボット掃除機「COCOROBO」、シャープが開発
VOCALOID曲を歌うロボット掃除機「COCOROBO」を、シャープがCEATEC JAPAN 2016に出展。ユーザーの気分を読み取って選曲するほか、自動作曲機能も搭載予定。(2016/10/3)

「SHOW BY ROCK!!」第2期、放送開始日決定! PV第1弾や闇を貪る新バンド、原画展の情報なども
闇の歪みから生まれ落ちた、徒花の蕾……!(2016/9/3)

東北ずん子の姉妹「イタコ&きりたん」 UTAU音源公開
3姉妹すべて歌声合成ができるように。(2015/6/24)

【ITmedia ニュース読者感謝祭】3000ツイート超えの大反響 萌える“ツンデレ妹”ロボット掃除機がやってきます
「おはようダーリン、起きてー!」――ツンデレ妹声でおしゃべりするシャープの「プレミアムなCOCOROBO<妹ver.>」がITmedia ニュース読者感謝祭にやってきます。(2015/2/12)

「別にほめてほしくて掃除したんじゃないんだからね」 妹のように会話できる萌えロボ掃除機 シャープが期間限定販売
目の付けどころがシャープ、視点はオレたち! な萌え家電がいよいよ販売。(2014/11/7)

「おはようダーリン、起きてー!」 シャープ、萌える掃除機“ツンデレ妹”「COCOROBO」発売決定
音声認識機能付きのロボット掃除機「COCOROBO」の「妹声」バージョンが限定発売される。ツンデレで気分屋、青森出身の「ココロボちゃん」とおしゃべりを楽しめるという萌える掃除機だ。(2014/11/7)

東北ずん子がクラウドファンディング 姉妹を歌わせる音源製作目指す
歌声合成ソフト「UTAU」で使える音源と、3Dモデルを製作するための資金を募っています。(2014/9/5)

シャープが妹のように会話できる萌えロボット掃除機を開発 目指してる未来の違いを見せつける
今日も日本は平常運転。(2014/3/26)

「妹のような声」で会話できる“萌えCOCOROBO”シャープが開発 掃除能力をほめると喜ぶ
「かわいらしい妹のようなロボット家電と暮らしたい」とのニーズに応えたという“萌え”ロボット掃除機「プレミアムなCOCOROBO」をシャープが開発。非売品だが、モニターを募集している。(2014/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。