ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「菊地凛子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「菊地凛子」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「一緒にビールが飲めました」 あいみょん&新垣結衣、密着2ショットにファン「けもなれロス」「最高の組み合わせ」
2人と一緒にお酒が飲みたい。(2019/2/23)

「幸せになってほしかった」 ドラマ「けもなれ」新垣結衣&田中圭&田中美佐子、劇中とギャップある3ショットに反響
またいつか笑顔の3ショットが見られる日は来るのだろうか……。【ネタバレあり】(2018/11/28)

「お二人とも若い」「これは貴重」 松田龍平と新垣結衣、12年前の2ショットが初々しさの塊
新垣さんはまだ10代でした。(2018/10/22)

PR:富士山目指して大進撃する怪獣をロボットがボコ殴り 細かく見直すと面白い「パシリム:アップライジング」を超高速で振り返ってみた
1分ちょっとの動画でざっくり面白さをお伝えします。(2018/10/5)

「パシフィック・リム:アップライジング」が2018年4月日本公開決定! 日本語字幕付きの海外版予告も公開
日本が舞台と思われるシーンも。(2017/10/12)

実写版「攻殻機動隊」、公式画像ジェネレータ公開 同作のホワイトウォッシング批判に使う人続出
草薙素子役に白人のスカーレット・ヨハンソンが起用されたことがきっかけとなり、たびたび物議を醸していた。(2017/3/14)

菊地凛子が第1子出産を報告 夫・染谷将太の公式サイトにて
予定通りの出産になったと考えられます。(2016/10/8)

菊地凛子さんが夫・染谷将太さんとの間に第1子を妊娠したことを報告
「新たな家族が増えるという喜びと感動を大切に、また日々精進していきたいと思っております」(2016/5/7)

Gに負けるな! 4月29日全国ロードショー、実写版「テラフォーマーズ」新ポスタービジュアル公開
ただでさえイヤなあの生物が巨大化&実写化。(2016/2/8)

この男怪しすぎだろ……映画「テラフォーマーズ」小栗旬が演じる本多晃のメイキング写真公開
どう見ても謎。(2016/1/6)

実写映画「テラフォーマーズ」の特報映像公開 小吉とテラフォーマーの遭遇シーンも
宇宙服姿の出演者たちが動く姿が見られる。(2015/11/6)

実写映画版「テラフォーマーズ」の公開日が来年4月29日に決定! ポスターには初公開となる宇宙服姿も、宇宙服かっけええええ!
小吉たちより“あいつ”の方が目立ってる。(2015/11/2)

実写映画「テラフォーマーズ」キャスト発表 武井咲さん、山下智久さん、山田孝之さんら出演
ヒロインは武井咲さん、蛭間一郎役は山田孝之さん。小栗旬さんや菊地凛子さんも出演する。(2015/7/27)

天才子役・芦田愛菜、ハリウッド・デビュー! SF超大作『パシフィック・リム』に電撃参戦
芦田愛菜さんがハリウッドのSF映画に出演する。(2012/12/16)

本山由樹子の新作劇場:
押井守4年ぶりの長編アニメ――「スカイ・クロラ」
永遠に歳をとらないパイロットたちが抱える虚無感、戦闘シーンの高揚感。静と動を2Dと3Dの対比で描いた話題のアニメが通常版とコレクターズ版の2種類でBlu-ray Disc化。(2009/1/19)

新作DVD情報:
一発の銃弾がつなぐ、孤独な人々の魂――「バベル」
日本では菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートばかりが話題になったが、本作の見どころはそれだけではない。国境と言葉の壁を乗り越え豪華スターが集結した、重厚な群像劇、必見です!(2007/10/9)

+D Style News:
メガホン13年ぶり「グッド・シェパード」でデニーロが9年ぶり来日
メガホンをとるのは「ブロンクス物語〜」以来13年ぶりという新作「グッド・シェパード」のプロモーションで、ロバート・デニーロが9年ぶり7度目の来日。都内で会見を開いた。サプライズゲストには菊地凛子さんも登場。(2007/8/9)

Mobile&Movie 第269回:
図鑑に載ってない虫「この仕事、降りてもいいですか?」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのはテレビドラマ『時効警察』でおなじみの三木聡監督作「図鑑に載ってない虫」。アカデミー賞候補になった女優の菊地凛子も登場します。(2007/7/27)

Mobile&Movie 第258回:
バベル「家に向かっているよ」
映画に登場した“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、菊地凛子のアカデミー賞ノミネートで注目を集めた『バベル』。三菱電機の「D701i」が登場します。ネタバレ注意(2007/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。