ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「Linksys」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Linksys」に関する情報が集まったページです。

LinksysのメッシュWiFi「VELOP」、11月9日から一般販売開始
ベルキンが持つLinksysブランドのVELOPメッシュWiFiシステムが一般販売される。これまではApple Store先行販売のみだった。(2018/11/5)

iPad ProのUSB-C搭載に向け動き出したベルキン
ベルキンがメディア向けイベント「ベルキン プレスミーティング 2018」を開催した。(2018/10/25)

終息どころか「拡張」と「拡散」続くIoTマルウェア 警告相次ぐ
ルーターやネットワーク接続ストレージ(NAS)といった組み込み機器、広義のInternet of Thing(IoT)を狙った攻撃が世界的に拡大しており、セキュリティ企業が相次いで警告を発しています。(2018/5/31)

高度なマルウェア「VPNFilter」、54カ国で感染拡大 一斉攻撃の恐れも
感染したデバイスに対して「kill」コマンドが実行されれば、大量のルータが同時に使用不能に陥る恐れもある。(2018/5/24)

FoxconnがBelkin買収
Linksys、Wemoブランドを傘下に持つBelkinがFoxconn傘下となる。(2018/3/27)

「Google Home」などでWi-Fiが切れる問題、Googleも修正配信へ
Wi-Fiルータメーカーが先にファームウェア更新の提供を始めている「Google Home」や「Chromecast」などが接続するWi-Fiネットワークが遅くなったり切れたりする問題について、Googleが米国時間の1月18日に修正をローリングアウトすると発表した。(2018/1/18)

「Google Home」などでWi-Fiが切れる問題、ルータ各社がファームウェア更新で対処
「Google Home」がスリープモードから起動する際に1度に大量のmDNSを送信することがあり、これが原因でWi-Fiが落ちることがあったとルータメーカーのTP-Linkが説明してファームウェアアップデートを公開した。Googleも米メディアに対し、これを認めた。(2018/1/16)

特にAndroidに深刻な影響:
「WPA2」の脆弱性情報、セキュリティ機関が公開 パッチ適用を呼び掛け
影響はAndroidやLinux、Windowsなど広範に及ぶことから、修正パッチが公開され次第、適用するようユーザーに呼び掛けている。(2017/10/17)

「CCleaner」に混入されたマルウェア、標的は日本や米国のIT大手
攻撃目標のドメインの一覧には、CiscoやHTC、Samsung、ソニー、VMWare、Intel、Microsoft、Linksys、D-Linkなどのドメインが含まれていた。(2017/9/22)

Wi-Fiルーターに10件の脆弱性報告、Linksysが対策を勧告
Linksysは攻撃を防ぐための当面の対策として、WiFi Guest Networkの無効化や、デフォルトのパスワード変更を呼び掛けた。(2017/4/21)

エミライ、Aurender純正コントローラーアプリとシステムソフトウェアをアップデート
エミライが“Aurender”製品のシステムソフトウェアとコントローラーアプリのバージョンアップを実施。PCレスのファイルコピー機能やNAS共有機能を強化。(2016/3/14)

多数メーカーの組み込み機器に同一の秘密鍵、盗聴攻撃の恐れ
影響を受ける製品はルータやIPカメラ、VOIP電話など多岐にわたる。HTTPS通信に割り込む中間者攻撃を仕掛けられて情報が流出する恐れもある。(2015/11/26)

USB機器共有モジュールに脆弱性、ルータなどに影響
ホームユーザーネットワーク上でUSB機器を共有するなどのためのLinuxカーネルモジュールに問題が見つかった。(2015/5/21)

無線LANルータのハッキングコンテスト、DEFCONで開催
コンテストの狙いは、ルータ攻撃の危険性にスポットを当て、メーカーに対し顧客を守るために必要な措置を取るようプレッシャーをかけることにある。(2014/7/29)

脆弱性解決のルータ、閉じたはずの「裏口」が再び開く
問題が解決されたはずのルータにバックドア実装のコードが残り、再アクティベートできることが分かったという。(2014/4/24)

ASUS製ルータに脆弱性、HDDに不審な記録も
外部の人間にはアクセスできるはずのない外付けHDDの中に、不正なメッセージが仕込まれていたという。(2014/2/19)

ルータ感染ワームは未解決の脆弱性を悪用、Linksysが対策を紹介
Linksysのルータに感染するワーム「TheMoon」は未解決の脆弱性を悪用していることが判明。Linksysは数週間以内に問題を修正するためのファームウェアを公開する予定だという。(2014/2/18)

Linksysルータに感染するワームが流通、ポートチェックを
80番ポートと8080番ポート上のアウトバンドスキャンが増大するなどの動きがあれば、感染が疑われるという。(2014/2/14)

ビジネスニュース 事業買収:
半導体業界における2013年の買収事例
2013年以降、半導体業界ではいくつかの大きな買収が完了した。最もインパクトの強い事例の1つはMicron Technologyによるエルピーダメモリの買収だろう。今回は、エルピーダを含め、2013年7月までに買収が完了あるいは発表された事例を紹介する。(2013/8/22)

家庭やSOHO向けルータの多数に深刻なセキュリティ問題、米国企業が指摘
大手メーカーのルータ13台をテストした結果、リモートやローカルからの攻撃に利用されかねない脆弱性が多数見つかったという。(2013/4/19)

数千万台ものネットワーク機器に影響の恐れ:
詳報:libupnpに深刻な脆弱性、パッチ適用やUPnP無効化呼び掛け
ルータやプリンタ、NASなどのネットワーク機器に採用されているUniversal Plug and Play(UPnP)プロトコルを実装したライブラリに、複数の深刻な脆弱性が見つかった。(2013/1/30)

3分LifeHacking:
SNS中毒にならないために、スマホからのアクセスを一時的にブロックする方法
スマートフォンを使うようになってからTwitterやFacebookなどのSNSをだらだらみたり、頻繁にメールチェックをしたりと、実は時間を無駄に使っていませんか? そうした習慣を改めたい人にお薦めのハックを紹介します。(2012/3/2)

「Free Public WiFi」問題への理解と対処:
巷に増殖中の「Free Public WiFi」にご注意を
「Free Public WiFi」という無線LANアクセス・ポイントが街中で急増中。その増殖の仕組みと危険性を解説。安易に接続すると、あなたのPCにも……(2010/11/11)

CiscoがTCPプロトコルの脆弱性に対処、IOSやLinksys製品に影響
Ciscoはソフトウェアアップデートを公開し、DoSの脆弱性に対処した。(2009/9/9)

ビデオがITの将来を左右する:
シスコはなぜFlip Videoを手に入れたのか
(2009/6/8)

Cisco、小型ビデオカメラ「Flip Video」のメーカーを買収
Ciscoはコンシューマー向け事業の強化を目指し、人気のビデオカメラ企業Pure Digital Technologiesを買収する。(2009/3/20)

海外ダイジェスト(1月8日)
Facebookユーザーが1億5000万人に、Microsoftのボブ・マグリア氏がサーバ&ツール部門社長に、など。(2009/1/8)

FSF、GPL違反で米Ciscoを提訴
米Cicsoを、無線ルータ製品においてプログラムをライセンスを順守しないで利用しているとして、FSGが提訴した。(2008/12/12)

Leverage OSS:
Firewall Builderによるファイアウォールの設定
IPトラフィックのフィルタリング設定に役立つFirewall Builderは、定義したパケットフィルタリングポリシーとその実装を分けることで、ハードウェアに依存しない運用に役立ってくれる。(2008/8/20)

Linux Hacks:
BackTrackを使ってセキュリティをテストする
侵入テストの分野で、現在最高峰のLinuxディストリビューションであるBackTrack。セキュリティのプロであれば、おそらく心底ほれ込むだろう。(2008/6/19)

MS、Extenders for Windows Media Center対応製品を発表
対応新製品3機種を発表。またWindows Media Center Internet TVのβ版もリリースした。(2007/9/28)

MS、「Extenders for Windows Media Center」を発表
新生Extenders for Windows Media Centerは、DivXとXvidに対応する。(2007/9/7)

T-Mobile、Wi-Fi携帯サービスを米国で開始
「T-Mobile HotSpot @Home」では、家庭やアクセスポイントではWi-Fiを、圏外では携帯ネットワークを、1台の携帯電話で利用できる。(2007/6/28)

RSA Conference 2007 Report:
セキュリティ専門カンファレンスなのに……無線LAN利用状態はぼろぼろ?
AirDefenseによると、セキュリティをテーマとしたカンファレンスでありながら、参加者の無線LAN利用時のリスク意識は実にお寒い状態だという。(2007/2/9)

「どこでもWi-Fi自動接続」サービス登場
カリフォルニアの新興企業が、Wi-Fi対応端末から簡単にWi-Fiホットスポットへと接続できる無料ソフトウェアをリリースした。(2007/2/1)

「iPhone」訴訟、Appleに勝ち目はあるか
iPhoneの商標権侵害で提訴されても強気の姿勢を崩さないAppleと、和解に前向きなCisco。専門家からは「裁判になればAppleに勝ち目はない」との指摘も。(2007/1/12)

Apple、「iPhone」商標侵害で訴えられる
Appleの新しい携帯電話は、「iPhone」の商標を持つCiscoの許可を得ていなかった。(2007/1/11)

Macworld Expo 2007:
Mac+iPod+携帯でスマートフォン超えを目指す「iPhone」
「Cover Flowを使えるiPod」以外にも多くの特徴を持つ。(2007/1/10)

海外記事とキーワードで振り返る2006年
2006年、ITmediaに登場した海外記事の中から主要トピックをピックアップ。海外記事担当の3人が激動の1年を振り返ってみた。(2006/12/26)

「iPhone」登場、Linksysから
発表されたのは噂のApple携帯「iPhone」ではなかった。(2006/12/18)

Cisco C-Scape 2006:
裏方から表の世界へ、ブランディング戦略を強化するCisco
Cisco SystemsはLinksysやScientific Atlantaの買収、アスレチックスのスポンサードなどを通じてコンシューマー向けのプレゼンスを強めつつある。(2006/12/14)

無線LANデバイスに相次いで脆弱性が発覚
Linksys製のノートPC用無線アダプタとBroadcom製のワイヤレスドライバに脆弱性が見つかった。悪用される危険性がある。(2006/11/14)

Yahoo!とLynksys、VoIP機能付きコードレス電話を発売
Yahoo!とLinksysが共同で開発したデュアルモードのコードレス電話では、USBでPCに接続してIP電話を利用できるほか、固定電話回線での利用も可能。Yahoo!の地域情報検索も利用できるという。(2006/11/10)

元麻布春男のWatchTower:
良い技術は、かならず普及する――ムーリー・エデン副社長に聞く
WPC TOKYO 2006の開催にあわせて、インテルのムーリー・エデン副社長が来日した。その彼に、次世代CPUやプラットフォーム、WiMAXなどの話を聞いた。(2006/10/23)

Googleハッキング【第2回】
Googleハッキングに対する企業の防衛策とは!?
Googleハッキングは、必ずしも洗練されたテクニックを必要としない。あなたの会社がGoogleハッキングの餌食になれば、大きなリスクを背負うことになる。餌食になった企業の数を推測するのは不可能だが、潜在的には驚くような数に上るはずだ。(2006/9/6)

MicrosoftのIPTV、フランスに進出
MicrosoftとフランスのClub Internetが独占契約を結び、同国で初めてMicrosoft TV Editionを使ったIPTVサービスを提供する。(2006/6/10)

Cisco、Linksysの新幹部任命。創業者は中国で機会開拓
Linksysの上級副社長兼ジェネラルマネジャーにPolaroid元CEOのポコック氏を任命。Linksys創業者は中国での機会開拓に専念する。(2006/5/12)

Skype、スモールビジネス支援を強化
「Skype for Business」では専用サイト、ハード製品、グループユーザー管理ツールなどを提供。従業員10人以下の小規模事業所を支援する。(2006/3/10)

Yahoo!とLinksys、ステレオへの音楽転送で提携
Yahoo! MusicのサービスとLinksysの製品「Wireless-G Music Bridge」を連動させ、Yahoo!ソフトのボタンをクリックするだけで、ホームステレオに音楽をストリーミングできるようにする。(2006/1/27)

「SONAによってSOAが加速する」、シスコ黒澤社長
「SONA」という新しいコンセプトを発表したCisco。シスコシステムズの代表取締役社長、黒澤保樹氏にその展開を聞いた。(2005/12/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。