ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BELKIN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BELKIN」に関する情報が集まったページです。

ベルキン、最大18W出力&2台同時充電可能なモバイルバッテリーをAmazon限定発売
ベルキンは、容量1万mAhのモバイルバッテリー「Belkin BOOST↑CHARGE USB-C PD パワーバンク 10K + USB-C ケーブル」を発売。最大18W出力のUSB Type-Cポートと、USB Type-Aで2台同時充電できる。(2022/5/16)

ベルキン、厚さ0.29mmで感度を維持するiPad mini(第6世代)向けガラスフィルム発売
ベルキンは、iPad mini(第6世代)向けガラスフィルム「Belkin SCREENFORCE TemperedGlass for iPad Mini」を発売。硬度9Hの強化ガラスを採用し、厚さ0.29mmでタッチスクリーンの感度を維持する。(2022/4/27)

ベルキン、最大60W出力に対応した高耐久USBケーブル2モデルを発売
ベルキンは、柔軟性が高いシリコン素材を採用した「Belkin BOOST↑CHARGE PRO Flex USBケーブル」と、絡みにくくソフトな「Belkin BOOST↑CHARGE Flex USBケーブル」を発売。それぞれ最大60W出力に対応する。(2022/4/26)

急速充電に対応した2ポート搭載カーチャージャー ベルキンから
ベルキンは、4月20日にカーチャージャー2モデルをAmazon限定で販売開始。USB Type-A/USB Type-Cポートで最大25W給電可能なモデルと、2つのUSB Type-Cポートで各18W給電できるモデルを展開する。(2022/4/20)

Apple Watchのディスプレイと側面を保護するプロテクター ベルキンから
ベルキンは、日本製プレミアム強化ガラスのスクリーンプロテクターとケースが一体になったApple Watchプロテクターを発売。第4〜7世代に対応し、40mm/44mmとブラック/クリアカラーから選べる。(2022/4/13)

細菌の増殖や黄ばみを抑える、MagSafe対応iPhone 13 Pro用ケース ベルキンから
ベルキンは、iPhone 13 Pro/Pro Max向け「Belkin SCREENFORCE MagSafe対応抗菌スマートフォンケース」を発売。細菌の増殖を99%抑制し、紫外線に強い素材の採用で黄ばみなどの経年変化も防ぐクリアケースとなっている。(2022/4/8)

3台を同時充電 ベルキンが1万mAhのモバイルバッテリーをAmazon限定発売
ベルキンは、「Belkin BOOST↑CHARGE 3ポートモバイルバッテリー10000mAh + USB-A to USB-Cケーブル付き」を3月29日に発売する。取り扱いはAmazon.co.jp。価格は1990円(税込み)。(2022/3/29)

iPhone SEをMagSafe化するケースでいろいろくっつけてみた iPhone SE唯一の「残念」を補完できる?
iPhone 13と同じ最新SoCを備えたiPhone SE(第3世代)のコスパは高い。しかし、不足しているものもある。MagSafeだ。これを補完する背品を試した。(2022/3/22)

「iPhone SE(第3世代)」はTouch ID継承で5G対応? ウワサから見えた姿
2022年3月9日(日本時間)に発表されることが予想される第3世代の「iPhone SE」は、どんな仕様になるのか。ネットメディアのウワサをもとに考察したい。第2世代と同様、Touch ID搭載モデルになり、デザインはほぼ同じになりそうだ。(2022/3/7)

スタンドにもなる iPhone 13/12向けMagSafe充電パッドがベルキンから
ベルキンが「Belkin BOOST↑CHARGE PRO MagSafeポータブルワイヤレス充電パッド15W」(電源アダプター付き)を2月28日に発売する。iPhone 13/12シリーズを15Wで急速充電できる。価格は8800円。(2022/3/2)

ベルキン、USB Type-C/A端子を備える急速充電器を発売 2300円
ベルキンがUSB Type-CとType-Aを1つずつ備える急速充電器を発売した。USB Type-C端子から最大25Wの電力供給を行える他、2つの端末を同時に充電できる。(2022/2/25)

ベルキンからAirTag用ホルダー ワイヤーケーブルとカラビナの2種で1912円
ベルキンは、紛失防止タグAirTag本体の保護とバックへの取り付けやすさをうたう「Belkin AirTag用カラビナ付きセキュアホルダー」と、「Belkin AirTag用ワイヤーケーブル付きセキュアホルダー」を2月7日以降、順次発売する。販路はAmazon.co.jpと全国の家電量販店など。価格はどちらも1912円(税込み)。(2022/2/7)

4台を同時に充電 ベルキン、最大108W給電対応の充電器を発売
ベルキンは、最大108Wの高出力を実現した「Belkin BOOST↑CHARGE PRO 4ポートGaN充電器108W」をAmazonで先行販売。2つのUSB-CポートとUSB-Aポートを備え、ノートPC1台とデバイス3台を充電できる。(2022/1/20)

SOHO向け9機種に脆弱性発見
プロ調査で脆弱性が大量に見つかってしまった“残念”な無線LANルーターとは?
セキュリティ専門家らが、一般家庭や小規模オフィスで使われる無線LANルーター9機種に脆弱性を発見した。攻撃の恐れがあるとして、ユーザー企業に注意を呼び掛けている。(2021/12/30)

ベルキン、Wi-Fi 6対応デュアルバンドルーター 5GHzで最大4804MBps
ベルキンの傘下ブランド「Lynksys」が、Wi-Fi 6に対応したデュアルバンドルーターを発売する。最大通信速度は2.4GHzで578Mbps、5GHzで4804Mbpsで、比較的省スペースながら最大250平方メートルをカバーできる。(2021/12/27)

ベルキン、Thunderbolt 4接続に対応した多機能拡張ドック
ベルキンは、Thunderbolt 4外付け型の多機能拡張ドック「Belkin CONNECT Pro Thunderbolt 4 Dock」を発売する。(2021/11/19)

「Apple Watch Series 7」をじっくり試す 弱点を克服した今こそ“買い”だ
10月15日に発売された「Apple Watch」の最新モデル「Series 7」。デザインも新しくなり、ベゼルが1.7mmとかなり狭額になった。廉価版ともいえる「Series 3」や「SE」もあるが、本製品を選ぶべき理由は「耐久性」と「バッテリーの持続時間」にある。1日中ずっとApple Watchと一緒にいられる生活は近い。(2021/11/7)

第3世代になりProのフォルムを受け継いだ新型AirPodsはどう進化したか
新型AirPods「AirPods (3rd generation) 」が発売された。MACお宝鑑定団では早速入手し、いつも通り、細かい検証を行なった。(2021/10/27)

iPhoneの保護ガラスで気泡が抜けない問題発生 Apple Storeが貼り付けサービス停止
Apple Storeは、スクリーンプロテクションアプリケーターを使用した画面保護ガラス貼り付けサービスを停止した。(2021/9/27)

iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadがApple Storeで販売開始 Apple Store店舗内の様子
iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadの発売初日の様子をApple Storeで確認してきた。(2021/9/24)

ベルキン、マグネット式ワイヤレス充電器ほか充電器3機種を発売
ベルキンは、最大7.5Wで急速充電可能なマグネット機能付充電パッドとマグネット機能付充電スタンド、2台同時に急速充電できるUSB充電器を順次発売する。(2021/9/22)

ものになるモノ、ならないモノ(91):
投資額別に「松・竹・梅」で見る、理想のリモートミーティング環境――数千円+Zoom設定変更から数万円コースまで
快適なテレワーク環境を構築するために、何を用意すべきなのだろうか。音楽制作業を営む山崎潤一郎氏が快適なリモートミーティングを実施するための知見を「松・竹・梅」の投資額別に解説する。(2021/9/22)

ベルキン、MagSafe対応iPhone 12シリーズ向け抗菌ケースを発売
ベルキンは、MagSafe対応iPhone 12シリーズ用「SHEERFORCE MagSafe対応抗菌クリアケース」をAmazonで発売。EPA(米国環境保護庁)に準拠した抗菌コーティングを施し、耐紫外線性のある素材を採用して黄ばみを防いでいる。(2021/7/20)

ベルキン、AmazonプライムデーでApple Find My対応イヤフォンなどを販売
ベルキンは、AmazonプライムデーにApple Find Myに対応した「SOUNDFORM Freedom 完全ワイヤレスイヤホン」や「MagSafe 3-in-1 磁気ワイヤレス充電器」など、Belkinと傘下ブランドLinksysの製品を販売する。(2021/6/21)

BelkinがFind My対応の完全ワイヤレスBluetoothイヤフォン「SOUNDFORM Freedom」を発売
Belkin(ベルキン)が、サードパーティー製としては初めて「Find My」に対応する完全ワイヤレスイヤフォンを発売する。税込み実売価格は1万円程度ながら、ノイズキャンセル機能を備え、IPX5等級の防水性能も確保している。(2021/6/18)

Appleの「AirTag」を使うメリット 後発だけど他のスマートタグとはどう違う?
Appleが4月に発売したスマートタグ「AirTag」。スマートタグとしては後発の製品ではあるが、その真価はiPhoneやiPadといったApple製端末と併用したときに現れる。外部アプリではなくOS標準の機能で簡単に設定でき、万一悪意のある人に自分のものではないAirTagを紛れ込まされてしまった際の対策もされている。(2021/6/13)

ベルキン、MagSafeに対応したiPhone 12シリーズ向け車載用スタンド発売
ベルキンは、MagSafeに対応したiPhone 12シリーズ向け車載用スタンド「MagSafe Air Vent 車用磁気スタンドPRO」を発売。エアコン吹き出し口を利用し、強力な磁気モジュールで端末を安全に固定できる。(2021/5/26)

Appleは失せ物探しを再発明できるか:
「AirTag」が活躍する風景 Appleの新たなチャレンジ
Appleから遂に発表された「AirTag」。同社の「探す」エコシステムを活用することで、プライバシーを保護しながら失せ物探しに貢献する。実際のふるまいなどを林信行氏がチェックした。(2021/4/22)

Appleの「探す」機能で他社製品も追跡可能に 電動自転車やイヤフォンなど
Appleデバイスを「探す」機能で、他社製品も追跡が可能に。まずはVanMoof製の電動自転車、Belkin製のワイヤレスイヤフォン、Chipolo製のアイテムファインダー「ONE Spot」から対応する。(2021/4/8)

大事なアイテムはiPhoneで探し、誰かが見つけてくれる未来が幕開け
Appleの「探す(Find My)」機能が、サードパーティー製デバイスの探索機能もサポートした。当初の対応製品はわずかだが、今後の展開に期待が持てそうだ。(2021/4/8)

Appleの「探す」アプリ、紛失防止タグ、電動自転車含むサードパーティー製品に対応 次期リリースではUWB使い方向も分かるように
Apple純正の「AirTag」はないが、サードパーティー製紛失防止タグ、対応する(2021/4/8)

ベルキン、4804Mbps接続をサポートしたメッシュ対応Wi-Fi 6無線LANルーター
ベルキンは、「Linksys」ブランドからWi-Fi 6接続に対応した無線LANルーター「E9450」を発売する。(2021/3/18)

ベルキン、メッシュ接続対応のWi-Fi 6無線LANルーター
ベルキンは、独自メッシュ接続規格に対応したWi-Fi 6無線LANルーター「MX4200」を発表した。(2021/2/19)

Appleの紛失防止「AirTag」の「持ち物を探す」機能は、既にSafariからアクセスできる サービス開始は3月か?
長らく噂されているAppleの忘れ物防止タグは、既にシステムに組み込まれているようだ。(2021/1/14)

SolarWinds悪用攻撃、Intel、Cicso、NVIDIA、VMwareも──Wall Street Journal報道
米国務省などが被害を受けた、ロシアによるとみられる大規模サイバー攻撃で、Cisco、Intel、NVIDIA、VMwareなどの米IT大手もマルウェアに感染した可能性があると、Wall Street Journalが報じた。(2020/12/22)

ベルキン、最大15WのQiワイヤレス充電器を発売 2台同時充電&スタンドの2種
ベルキンは、最大15Wの高速充電が可能なQiワイヤレス充電器を発売。2台同時充電できるパッドタイプと、縦・横置きできるスタンドタイプの2種で展開する。(2020/12/11)

ベルキン、「Linksys」ブランドからWi-Fi 6対応無線LANルーター3製品を発売
ベルキンは、Wi-Fi 6接続に対応した無線LANルーター計3製品の発表を行った。(2020/12/3)

MagSafe充電は期待外れ? iPhone 12を150%速く充電する裏技まで徹底レビュー
ワイヤレス給電ができる「MagSafe」。iPhone 12シリーズを買うときには欲しくなるアイテムだ。実際に購入して使い勝手を調べてみた。(2020/11/19)

テレワーク時代のスマート家電:
これ以上スマート家電を導入できないだと?――スマートリモコンとWi-Fiルーターで切り抜けた
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回はスマートホーム化する中で避けては通れない、ボトルネックとなる製品にフォーカスした。(2020/11/5)

Lightning廃止の布石? iPhone 12で「MagSafe」を試して感じた可能性
「MagSafe for iPhone」は、ワイヤレス充電を扱いやすくすると同時に、将来性の拡張性も兼ね備えた技術だ。今後はLightningに代わる、標準的な充電手段になる? ただしユーザーの利便性を考えると疑問符が付く面もある。(2020/11/4)

iPhone 12のMagSafe対応カメラアクセサリ、Momentが予約開始 三脚マウントなど
Appleが「iPhoneの新しいエコシステム」と説明する「iPhone 12」のMagSafeに対応する複数のカメラアクセサリを、Momentが来年3月に発売する。マイクやライトも追加できるプロ三脚マウントは39.99ドル。(2020/11/3)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマホをワイヤレス充電できるGoogle アシスタント搭載スマートスピーカー「SOUNDFORM ELITE」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はGoogle アシスタント対応のベルキン「SOUNDFORM ELITE」を試した。(2020/10/28)

「Made for MagSafe」入り製品は来春から増える? iPhone 12のMagSafe対応製品を作る方法が判明
iPhone 12用ケース上からMagSafe充電器を当てて充電できたとしてもMagSafe対応とは呼べない。(2020/10/26)

Apple、iPhone 12とiPhone 12 Proの販売開始 Apple Storeでは比較展示も
Apple Store 名古屋栄での様子をレポート。(2020/10/23)

iPhone 12のCeramic Shield、耐落下性能が4倍になっても傷はつく ではどうするか
落としても割れにくいiPhone 12のCeramic Shieldだが、万能ではない。(2020/10/23)

Belkin、MagSafeに対応したワイヤレス充電器や車用磁気スタンドを発表
iPhone 12で導入された磁石を使った位置合わせ充電機能をフル活用した製品を投入する。(2020/10/16)

魅力のディテールを整理:
「映像美」を再定義するiPhone 12シリーズの新たな可能性
Appleが10月13日(現地時間)に行ったスペシャルイベントで、新型iPhoneとHomePod miniが発表された。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/15)

ベルキン、iPhone 12シリーズに最適化したモバイルアクセサリー4製品を発売
ベルキンは、iPhone 12シリーズに最適化したモバイルアクセサリー4製品を発売。端末の最新機能を活用し、最大15Wのワイヤレス充電や「MagSafe」機構との互換性、画面を保護する強化ガラス、運転中の安全な操作体験など利便性の高い新製品を提供する。(2020/10/15)

ベルキン初のスマートスピーカー発売 完全ワイヤレスイヤフォンも
ベルキンは、10月23日に同社初のスマートスピーカー「SOUNDFORM ELITE Hi-Fi スマートスピーカー」を発売。完全ワイヤレスイヤフォンやワイヤレス充電スタンド付きBluetoothスピーカーも販売し、先行体験イベントも行う。(2020/10/2)

2台同時充電/最大15Wの充電が可能なワイヤレスチャージャー2製品 ベルキンから
ベルキンは、9月25日に最大10Wで2台同時充電可能なデュアルワイヤレス充電パッド、最大15Wでワイヤレス充電パッドを発売。それぞれブラックとホワイトの2カラーで展開する。(2020/9/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。