ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイルバッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイルバッテリー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ゲオ、Qi対応1万mAhモバイルバッテリーを4378円で発売
ゲオがQi対応、AC充電器としても利用できるモバイルバッテリーを発売した。容量は1万mAhで、通常のモバイルバッテリーとしても利用可能だ。(2022/1/20)

CIOがAmazon「初売りセール」に参加 モバイルバッテリーやケーブルなどが最大39%オフに
CIOが、Amazonの「初売りセール」に参加。30W出力対応の超小型モバイルバッテリーやGaN急速充電器、高耐久充電ケーブルなどを最大39%オフで販売する。期間は1月6日まで。(2022/1/5)

エレコム、容量2万mAhのモバイルバッテリー発売 USB Type-C/Aポート合計20W出力可能
エレコムは、12月中旬にモバイルバッテリー「DE-C34-20000シリーズ」を発売。容量は2万mAで、USB PD対応のUSB Type-CポートとUSB Type-Aポートの2ポート合計で20W出力が可能だ。(2021/12/15)

CIO、楽天スーパーSALEで急速充電器やモバイルバッテリーなどを最大75%オフ
CIOは「楽天スーパーSALE」に参加し、GaN急速充電器やモバイルバッテリーなどを最大75%オフで販売。期間は12月11日1時59分まで。(2021/12/6)

iPhoneに“ピタッ”とくっつくワイヤレス充電器 Anker「MagGo」
iPhone 12/13シリーズにピタッとくっつくモバイルバッテリー「Anker MagGo」発売。強力なマグネットでズレずに装着・充電できる。(2021/11/26)

ゲオ、容量5000mAhのモバイルバッテリーを767円で発売
ゲオストアは、11月11日に「5000mAh モバイルバッテリー」を限定発売。持ち運びやすいコンパクトサイズで、価格は767円(税込み)。(2021/11/11)

東京ディズニーリゾートで待望の「モバイルバッテリーレンタルサービス」がスタート 実際に利用してみた
これは便利。(2021/10/26)

電動自転車をモバイルバッテリーで充電、ホンダが開発 シェアサイクルの充電不足解消に
ホンダは、シェアサイクル用電動アシスト自転車の充電に、モバイルバッテリーを使えるシステムを開発したと発表。車両本体の電源に加え、モバイルバッテリーを2つ目の電源として利用できる。(2021/10/22)

電動システム:
電動自転車の電池切れをモバイルバッテリーが助ける、ホンダが2電源システム
ホンダは2021年10月21日、シェアサイクルで使用する電動アシスト自転車向けに「2電源システム」を開発したと発表した。ユーザーが持ち歩いているモバイルバッテリーを自転車につなげることでバッテリー残量の減少を補う。2022年中にシェアサイクル事業者と共同で実証実験を行い、将来の事業化に向けて検討を進める。(2021/10/22)

オウルテック、容量2万mAhのコンパクトなモバイルバッテリーを発売
オウルテックは、容量2万mAhのコンパクトなモバイルバッテリー「OWL-LPB20015-BK」を発売。PD30W入力に対応し、出力ポートはType-C(PD60W)とType-A(最大出力18W)の2ポートで2台同時充電も可能だ。(2021/10/15)

スマホユーザーのアクセサリー所有率は約76% 最も多い製品は?
MMD研究所が「スマートフォンアクセサリーに関する調査」の結果を公開した。モバイルバッテリーやイヤフォン、ヘッドフォンなど多岐にわたり、所持率や購入場所/時期、購入する場合にかけられる金額を聞いている。(2021/10/14)

容量1万mAh、最大25W出力 アンカーがPPS対応のモバイルバッテリーを発売
アンカー・ジャパンは、9月7日にモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W」を発売。最大25W出力の急速充電が可能で、USB Power Deliveryのオプション規格「Programmable Power Supply(PPS)」に対応する。(2021/9/7)

サンワサプライ、Type-Cポートも備えた容量2万100mAhのモバイルバッテリー
サンワサプライは、2万100mAhの大容量型モバイルバッテリー「BTL-RDC22」を発売した。(2021/9/6)

スマホアクセサリー購入ガイド:
iPhoneで使える バッテリー内蔵ケースやMagSafe対応製品の選び方
スマートフォンの進化とともにバッテリーの持続時間は延びてきたが、今でも長時間の動画視聴や外出などでモバイルバッテリーがあるとうれしいシーンは多い。iPhone向けにはバッテリーを内蔵したケースやMagSafeで充電できるアクセサリーが多く販売されており、今回はそういった便利なケースを紹介する。(2021/9/1)

Anker、Amazonタイムセール祭りでモバイルバッテリーや充電器を特価販売
Ankerは、Amazonのタイムセール祭りで特価販売を行う。対象製品はモバイルバッテリー、ワイヤレス充電器、充電ケーブル、キーボード、カーチャージャーなど。(2021/8/17)

【Amazonタイムセール祭り】Anker特集 スマホにセットしたまま使えるゲーミングモバイルバッテリーが30%オフに
Apple Watchの磁気充電器も30%オフ!(2021/8/17)

レノボがPCアクセサリーの新ブランド「Lenovo Go」を日本でも展開 マウスとバッテリーを皮切りに
テレワークをより便利にすべく、レノボが国内でPCアクセサリーの販売に本腰を入れる。第1弾はワイヤレスマウス3種類とモバイルバッテリー1種類を投入する。(2021/8/3)

約40gのケーブル一体型モバイルバッテリー「TAU」が日本上陸 Makuakeで「応援購入」を募集中
ヤベツジャパンが、スイスに拠点を構えるメーカーの小型モバイルバッテリーを取り扱うことになった。約40gという軽量モデルで、USB Type-C端子、USB Micro-B端子やLightning端子を備えるスマートフォンに対応しており、クラウドファンディングサイト「Makuake」で応援購入を募っている。(2021/7/26)

エレコム、MagSafe対応モバイルバッテリー&車載ホルダーを発売
エレコムは、MagSafe対応モバイルバッテリーと車載ホルダーを発売。モバイルバッテリーは収納可能なスタンド付きとフィンガーベルト付き、車載ホルダーはエアコンルーバー取り付けタイプとゲル吸盤取り付けタイプをそろえる(2021/7/20)

スマホとAppleWatchをワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー CIOから
CIOは、スマホとAppleWatchのワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーのクラウドファンディングを「Makuake」で実施。1つのパッド内にコイルを2つ内蔵し、デバイスを自動判別して適切に充電する。(2021/7/19)

ワイヤレス充電対応、スタンド付きモバイルバッテリー AUKEYから
AUKEYは、7月7日に容量1万mAhのモバイルバッテリー「Basix Pro」を発売。最大10Wのワイヤレス充電や急速充電規格に対応し、充電しながら動画鑑賞を楽しめる折りたたみ式スタンドを搭載している。(2021/7/6)

モバイルバッテリーが月額1100円で借り放題 シェアリングサービスのChargeSPOTが実験
INFORICHが、モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」で、場所や時間の制限なく何度でもバッテリーを借りられる、月額制プランの試験提供を福岡県で始めた。(2021/7/2)

ポケモン社、モンスターボール型バッテリー8653個を自主回収 2017年発売の商品に原因不明の焼損
2017年に販売された「モンスターボール モバイルバッテリー Anker 10000mAh」が対象。(2021/7/2)

ポケモンコラボのAnker製モバイルバッテリーが自主回収に 焼損発生も原因は不明
ポケモン社は、Anker Japanとのコラボ商品「モンスターボールモバイルバッテリーAnker 10000mAh」を自主回収すると発表した。(2021/7/2)

利便性向上狙う:
モバイルバッテリー貸し出し「ChargeSPOT」、全国のセブン7000店舗に設置
2018年4月にローンチしたモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」。全国のセブン-イレブン約7000店舗に設置する。顧客の利便性向上を狙う。(2021/6/29)

ゴミ収集車の火災が発生 「リチウムイオン電池」や「スプレー缶」を一般ゴミと一緒に捨てないよう一宮市消防本部が注意喚起
モバイルバッテリーによるゴミ収集車の火災例も報告されています。(2021/6/27)

realme、容量2万mAhのモバイルバッテリー発売 IoTデバイス専用の低電流モードを搭載
realmeは、モバイルバッテリー「realme 20000mAh Power Bank 2」を発売。IoTデバイス専用の低流モードを搭載し、2つのUSB Type-Aポートと、USB Type-Cポートで3台同時充電も行える。(2021/6/23)

【Amazonプライムデー】年に一度の大型セール! Apple AirPods ProやAnkerのモバイルバッテリーなど1日目の注目商品まとめ
発売されたばかりの「New ポケモンスナップ」もなにげに40%OFFです。(2021/6/21)

Ankerのプライムデーセール バッテリーからプロジェクターまで170品以上 2割引〜
20、21日の「Amazonプライムデー」で、Ankerが170製品以上をセール。モバイルバッテリーからロボット掃除機、モバイルプロジェクターなどをラインアップしている。(2021/6/16)

iPhoneに貼り付くMagSafe対応モバイルバッテリー MEDIKから
MEDIKは、端末に貼り付く薄型のMagSafe対応モバイルバッテリー「OISLE MagSafeワイヤレスiPhone充電器」を発売。容量は4225mAhで、最大18Wの急速充電も行える。(2021/5/20)

スマホスタンドとしても使える AUKEY、容量1万mAhのコンパクトなモバイルバッテリー
AUKEYは、5月18日にモバイルバッテリー「Basix Pro Mini」を発売。コンパクトサイズながら容量1万mAhやワイヤレス充電機能、最大20Wの急速充電、3台同時充電などの機能を備えている。(2021/5/17)

CIO、ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリーの期間限定セール
CIOは、コンセント付きACチャージャー、モバイルバッテリー、ワイヤレス充電機能を集約した「SuperMobileChargerLite Cタイプ」の期間限定セールを実施。Amazonクーポンコードを利用すると5月24日まで2180円(税込み)になる。(2021/5/17)

5月7日まで:
CIO、ワイヤレス充電可能なコンセントプラグ付き3in1モバイルバッテリーを期間限定1980円(税込み)で販売 クーポン適用で
CIOが「コンセントプラグ付き充電器」「モバイルバッテリー」「ワイヤレス充電パッド」の3機能を集約したチャージャーの期間限定セールを実施する。Amazonでクーポンを使用すると1980円(税込み)で購入できる仕組みだ。(2021/4/30)

モバイルバッテリーレンタル「ChargeSPOT」が48時間1円で利用できるキャンペーン d払い利用で何度でも 6月30日まで
「ChargeSPOT」が、代金の支払い方法を「d払い」とすることで48時間1円でモバイルバッテリーのレンタルを受けられるキャンペーンを開催する。期間は5月1日から6月30日までで、期間中なら何度でも利用できる。(2021/4/30)

アンカー、マグネット式のワイヤレス充電対応モバイルバッテリーを発売
アンカー・ジャパンは、マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」を発売。iPhone 12シリーズに装着して利用でき、最大10W出力のUSB Type-Cポートも備える。(2021/4/15)

Lightningケーブルで充電できるモバイルバッテリー リンクスから
リンクスインターナショナルは、Lightningケーブルで充電できるモバイルバッテリー「enerpad Q-910」のクラウドファンディングを開始。1万mAhの大容量と1%刻みの正確な残量表示でバッテリー切れを防ぐ。(2021/4/14)

石野純也のMobile Eye:
OPPOから派生、「realme」日本参入のインパクト スマートフォンの投入はどうなる?
グローバルでシェアを伸ばすrealme(リアルミー)が、日本市場に上陸する。もともとはOPPOのサブブランド的な存在だったrealmeだが、2019年に単独の会社として独立した。日本では、まずワイヤレスイヤフォンやスマートウォッチ、モバイルバッテリーを展開する一方で、スマートフォン市場への参入も視野に入れているという。(2021/4/10)

製品動向:
大成建設らが薄型樹脂パネルを用いた給電床を開発、送電レーンのレイアウト変更が容易
大成建設、豊橋技術科学大学、大日本印刷(DNP)は、走行する汎用小型車両とロボットをワイヤレスで給電する内装床「T-iPower Floor」を開発した。今後、T-iPower Floorの施設への実装に向け、ワイヤレス給電システムの実証実験を進め、2025年度の商用化を目指す。(2021/4/9)

容量1万mAhのモバイルバッテリーとしても使える懐中電灯「FOYIKON」
KIMSONは、360度回転LED懐中電灯「FOYIKON」をクラウドファンディングサービス「Makuake」で販売開始。スポットライトのヘッドは360度回転させることができ、ライトを向けたい方向に固定できる。容量1万mAhのモバイルバッテリー機能も備えている。(2021/4/5)

家電メーカー進化論:
日本進出7年で売上200億突破のアンカー・ジャパン、“成功の裏側”と多ブランド戦略の意図
Ankerグループは2011年創業。13年設立の日本法人は初年度売り上げ約9億円、18年には200億円超と急成長を遂げ、今やモバイルバッテリーの代名詞ブランドとなった。また家電、オーディオデバイス、モバイルプロジェクターなど、次々と新ブランドを展開。急成長の秘密と多ブランド展開の戦略と展望を、猿渡歩COOに聞いた。(2021/3/31)

CIO、カードサイズの容量8000mAhモバイルバッテリーを4月1日まで1128円オフ
CIOは、クレジットカードサイズのモバイルバッテリー「SMARTCOBY8000」の期間限定セールを開催。クーポンコードを利用すると4月1日まで1128円オフで購入できる。(2021/3/25)

「チャージ完了してる?」 ポケモンGOでモバイルバッテリーの無料貸出クーポン配布 「ChargeSPOT」のポケストップで
ポケモンGOのイベントに合わせ、モバイルバッテリーシェアリングの「ChargeSPOT」がゲーム内でレンタル無料クーポンの配布を始めました。22日まで。(2021/3/17)

今こそ知りたい電池のあれこれ(2):
リチウムイオン電池で発熱や発火が起きる要因を整理しよう
小型電子機器やモバイルバッテリーの発火事故、ごみ収集車や集積場の火災、電気自動車からの出火など、リチウムイオン電池の普及に伴い、それに起因する発火・炎上はたびたび問題となっています。発熱、発火、爆発といった事故は用途を問わず大きな問題となりかねない事象です。今回は「リチウムイオン電池の異常発熱問題」について解説していきたいと思います。(2021/3/8)

USB Type-C対応、小型の5000mAhモバイルバッテリー サンワから
サンワサプライは、容量5000mAhのコンパクトなモバイルバッテリー「BTL-RDC21BK」を発売。USB Type-Aポート出力に加え、入出力に対応したUSB Type-Cポートを備える。(2021/2/18)

Lightningケーブル内蔵のコンセント型モバイルバッテリー、MATECHが2月17日まで40%オフで販売
MATECHは、2月8日にLightningケーブル内蔵のコンセント型モバイルバッテリー「LightCell+ 10,000mAh」を発売。Amazonでは2月17日まで40%割引で販売する。(2021/2/9)

iPhone 12にマグネットで吸着して充電できるモバイルバッテリー CIOから
CIOは、容量5000mAhのモバイルバッテリー「CIO-MB5000-MAG」を発売。最大15Wのワイヤレス充電が可能で、iPhone 12シリーズのMagsafe充電に対応する。(2021/2/2)

iPhone 12シリーズに最適 最大20W出力対応モバイルバッテリーがアンカーから
アンカー・ジャパンは、USB急速充電器/モバイルバッテリーの一体型モデル「Anker PowerCore Fusion 10000」、モバイルバッテリー「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」を発売。最大20W出力に対応する。(2021/1/26)

新しい活用方法:
NTT西、電話ボックスにモバイルバッテリー設置 ビジネスの可能性を探る
NTT西日本と、充電器のシェアリングサービスを手掛けるINFORICHは1月15日、福岡市内の公衆電話ボックスに、モバイルバッテリーの貸し出し機を設置する実証実験を開始した。(2021/1/16)

モバイルバッテリーを借りられる公衆電話、NTT西が実験 災害時は無料レンタル
NTT西日本が、福岡市内の公衆電話でモバイルバッテリーのシェアリングサービスを使えるようにする実証実験を始める。電話ボックスに受け渡し用のスタンドを設置。災害時には無料でバッテリーを貸し出す。(2021/1/14)

USB PD最大の100W入出力、4台同時充電 容量2万6800mAhのモバイルバッテリー「SuperTank Pro」
ゼンデュア・ジャパンは、1月13日にモバイルバッテリー「SuperTank Pro」を発売。USB PD最大の100W入出力が可能なポートを2ポートを搭載し、4つのType-Cポートで4台同時充電が可能だ。オンラインストアの価格は2万6800円(税込み)。(2021/1/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。