ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LoRaWAN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LoRaWAN」に関する情報が集まったページです。

課題はコストか:
山火事発生をIoTで検知可能に、新興企業の取り組み
数社の新興企業をはじめとするさまざまな企業が、山火事に関する早期警報を提供することが可能な、ワイヤレスセンサー搭載のIoTシステムの開発に取り組んでいる。現在、こうしたシステムを提供しているメーカーとしては、Dryad NetworksやLADsensors、Seidorなどが挙げられる。(2021/8/4)

米新興企業:
暗号通貨マイニングデバイスで「5Gを増強を目指す」
わずか8年前に設立された新興企業が、5G(第5世代移動通信)スマートフォンユーザー向けのカバレッジを米国内で利用できるようになる“DIY型のCBRS(市民ブロードバンド無線サービス)ネットワーク”を配備するために、1000米ドル(もしくはそれ以上)を支払うよう、ユーザーを説得することはできるのだろうか。(2021/7/26)

「LTE」から「5G」にアップグレード
ナローバンド「NB-IoT」とブロードバンド「5G」の違い 融合による相乗効果は
LPWAの一種である「NB-IoT」は、将来的に「5G」のネットワークとの融合が進む可能性がある。NB-IoTや5Gの基本と併せて、両社が融合したネットワークについて紹介する。(2021/7/20)

小売り、製造、医療を中心とした5G導入【後編】
「触覚インターネット」とは? 「5G」が実現する医療、ヘルスケア業界の未来像
「5G」による通信で大きく変わる可能性がある業界が幾つかある。医療やヘルスケアの業界がその一つだ。具体的にどう変わるのだろうか。(2021/7/13)

小売り、製造、医療を中心とした5G導入【中編】
小売業と製造業が「5G」に“熱視線”の理由 具体的な用途は?
複数の調査会社が、「5G」によってまず恩恵を受けるのは小売業や製造業であると指摘している。具体的にどのような用途が考えられるのだろうか。(2021/7/6)

小売り、製造、医療を中心とした5G導入【前編】
華々しい「5G市場予測」の“光と影” さまざまなレポートから見えた未来とは
「5G」の将来に関する予測は一つの大きな予測に集約される。それは2025年までに5Gに対する期待が現実のものとなり始めるということだ。さまざまなレポートが示す具体的な予測を見てみよう。(2021/7/1)

セキュリティで比較する「5G」と「無線LAN」【後編】
「5G」は「無線LAN」よりもセキュリティ面でやや有利か? その根拠とは
「5G」はデバイス、「無線LAN」はユーザー中心の認証方式を採用する。この違いだけでは両者のセキュリティ面での優劣は判断できない。ただし別の要素が5Gにセキュリティ面での優位性をもたらすという。それは何か。(2021/6/27)

製造業IoT:
eSIMを超える「iSIM」に取り組むソラコム、あらゆるネットワークから接続可能に
ソラコムは、オンラインで開催中の年次ユーザーイベント「Discovery 2021 ONLINE」の基調講演において、新サービスとなる「SORACOM Arc」や、SIMカードの機能をセルラーSoC内に集積する「iSIM」など、同社の最新の取り組みについて紹介した。(2021/6/23)

セキュリティで比較する「5G」と「無線LAN」【前編】
「5G」と「無線LAN」のどちらが安全か? そもそも判断できない?
無線ネットワークとして「5G」と「無線LAN」のどちらを選ぶかを検討する際、重要な要素となるのがセキュリティだ。どちらのセキュリティがより高いのかを判断することは、決して簡単ではない。それはなぜなのか。(2021/6/20)

製造業IoT:
300万回線達成のソラコム、ソニーや日立など6社と資本提携しグローバル展開拡大
ソラコムは、セコム、ソースネクスト、ソニーグループ、日本瓦斯(ニチガス)、日立製作所、World Innovation Lab(WiL)の6社と資本提携を含むパートナーシップを締結すると発表した。(2021/6/14)

もしAmazonが建設業界に進出したら【後編】
“破壊者”Amazonに敗北しないために建設業がやるべきこととは?
Amazon.comが建設業界に進出した場合、企業にも消費者にもメリットをもたらす可能性がある。だがデジタル化に遅れた建設業界の企業にとっては大きな脅威となり得る。生き残るために建設業界の企業は何をすべきか。(2021/5/19)

IoTで“親和性”を発揮
「5G」と「LoRaWAN」の根本的な違い なぜ併用すべきなのか?
「5G」と「LoRaWAN」は特性の異なる無線技術だ。とはいえ互いに補い合う特性もあり、特にIoTで使う場合の親和性は高い。その理由は。(2021/5/18)

もしAmazonが建設業界に進出したら【前編】
“破壊者”Amazon、次の標的は建設業界か 「Alexa」「Key」が参入の布石?
Amazon.comが建設業界への参入を狙っているとの見方がある。その根拠として専門家は、同社が「Alexa」「Key by Amazon」などのIoT関連製品やサービスに力を入れていることを挙げる。どういうことなのか。(2021/5/10)

FAニュース:
製造現場に混在する無線通信を安定化する通信規格の適合性試験仕様を策定
フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、製造現場に混在する無線通信を安定化する通信規格の適合性試験仕様を策定した。無線機器が技術仕様に適合する試験の基準や手順が明確になった。(2021/2/8)

STマイクロ STM32WLシリーズ:
機能を拡充した無線マイコンシリーズ
STマイクロエレクトロニクスは、無線通信方式「LoRa」に対応したワイヤレスマイクロコントローラー「STM32WL」シリーズを拡充した。機能やパッケージオプションを拡充し、新たにデュアルコア搭載のマイクロコントローラーを追加している。(2021/2/5)

保全活動の負荷を軽減:
PR:回転機械の不具合予兆をIoTで検知、工場の安定稼働を守る「CBM」の価値
工場設備の多くの機器には回転機械が使用されており、設備不具合の多くの場合がこれら回転機械の故障が原因で起こっている。こうした回転機械の故障による生産停止を防ぐため注目を集めているのが、IoTを活用した「状態基準保全(CBM: Condition Based Maintenance)」である。(2021/1/26)

TechTarget発 世界のITニュース
OSSのTCP/IPスタックに33種類の脆弱性「Amnesia:33」を報告 Forescout
IoTデバイスなど各種デバイスに広く採用されているオープンソースのTCP/IPスタック4種類に、リモートコード実行を含む複数の脆弱性があることが判明した。その影響は。(2021/1/13)

送受信の制御で低消費電力化も
IoTに適した無線LANの条件とは? 「IEEE 802.11ah」「11af」「11ba」から探る
無線LANで着目すべき点はデータ伝送速度だけではない。特にIoTを想定した場合、省電力機能や電波の到達距離などにも注目すべきだ。IoTに適した無線LAN規格の検討ポイントを紹介する。(2020/11/27)

組込み/エッジ コンピューティング展:
ITの専門知識が不要なIoTデータ活用サービス、月額5万円から
IoTBASEは、「第2回 組込み/エッジ コンピューティング展 秋」において、IoTデータ活用サービス「Canvas」を披露した。ITに関する専門知識がなくても簡単に使えることを目指したユーザーインタフェースや操作性、可視化のための画面表示が特徴で、既に70〜80社に導入されているという。(2020/11/9)

防災:
法面や傾斜地を遠隔監視可能な「法面傾斜観測計」、作業員の土砂災害被災を防ぐ
グリーンハウスは、近年法面の構造物工で作業を行うスタッフが、土砂災害の被害に遭うケースが増えていることを踏まえて、遠隔地で地すべりや土石流、がけ崩れの予兆を把握し、被災を防ぐ遠隔監視ソリューション「法面傾斜観測計」を開発した。(2020/9/18)

製造業IoT:
さまざまなLPWAの通信性能や干渉問題を検証する実証実験を開始
東京大学IoTメディアラボラトリーは、横須賀リサーチパークと共同で、都市部におけるLPWAの実証実験を開始する。各LPWA方式の通信デバイスの比較評価を通じて、IoT事業者によるLPWAの選定を支援する。(2020/9/3)

リアルタイムOS列伝(5):
ArmマイコンのRTOSとして充実する「Mbed OS」に一抹の不安
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第5回は、プロセッサコアIPベンダーのArmが独自に展開する「Mbed OS」を取り上げる。(2020/9/3)

製造業IoT:
屋内外の熱中症を予防、暑さ指数を見える化するソリューション
フジクラは、暑さ指数を見える化し、必要に応じて熱中症の危険度を通知する「熱中症予防IoTソリューション」の提供を開始した。学校や工事現場、介護施設での利用を見込む。(2020/7/20)

AI/IoTプラットフォーム:
PR:製造業に迫る「2025年の崖」。進まないAI活用の実現策は?
日本企業に強く求められているデジタルトランスフォーメーション(DX)の中でも鍵を握るとされているのがAIだ。国内の製造業もAIの活用に意欲を示しているが、効果的な取り組みを進められていない状況にある。NTTPCコミュニケーションズ、NVIDIA、ALBERTの3社はWebセミナーを開催し、国内製造業が効果的かつ効率的にAIを活用し、DXを推進するのに必要なアプローチについて訴えた。(2020/7/20)

「5G」がもたらす「IoT」の変化【後編】
「5G」×「IoT」で自動化し得る3つのプロセス
IoTデバイス同士をつなぐネットワークとして「5G」を活用することで、さまざまなプロセスの自動化を実現しやすくなる。具体的に何の自動化につながるのだろうか。(2020/7/15)

組み込み開発ニュース:
LoRaWAN通信チップとAVRマイコンを1つにしたArduino対応評価ボード
グリーンハウスは、LoRaWAN通信チップとAVRマイクロコントローラーを搭載し、Arduinoで開発可能な評価ボード「GH-EVARDLRA」を発売した。ICTを活用したスマートシティー整備推進事業の実証実験に、小ロットから柔軟に対応する。(2020/7/7)

「5G」がもたらす「IoT」の変化【前編】
「5G」はなぜ「エッジコンピューティング」でこそ使うべきなのか?
「IoT」やその延長線上にある「エッジコンピューティング」の普及と、「5G」の台頭が同時に起きていることには、どのような意味があるのだろうか。5Gでエッジコンピューティングはどう変わるのか。(2020/7/1)

製造業IoT:
ソラコムのIoT回線サービスが200万契約突破、eSIMに加えLPWAの採用も拡大
ソラコムは、IoT向けデータ通信サービス「SORACOM Air」の回線契約数が200万を超えたと発表した。2015年9月末にNTTドコモのMVNOとしてSORACOM Airのサービスを開始してから約4年半での達成となる。(2020/6/30)

製造ITニュース:
LPWAネットワークを用いた工場、ビル向けの振動診断パッケージ製品を提供
マクニカネットワークスは、LPWAネットワークを用いた、工場やビル向けの振動診断パッケージ製品の提供を開始した。LPWAネットワークを利用してデータを収集するため、従来は同様のソリューション導入時に必要だった構内配線が不要になる。(2020/6/24)

製造業IoT:
HACCP対応の温度管理ソリューションが従来比でコスト半額、IIJがLoRaWANで
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、食品の衛生管理の手法であるHACCPに基づいて、冷凍冷蔵庫や倉庫の温度を自動で監視、管理できるIoTソリューション「IIJ LoRaWANソリューション for HACCP温度管理」を開発したと発表した。従来のLTEルーターを用いたソリューションと比べてコストが半額以下で済むという。(2020/6/16)

スマートアグリ:
LoRaWAN活用で運用コストを大幅削減、IIJが水田管理用のIoTセンサーなどを開発
IIJは2020年6月10日、LoRaWANを活用するIoTセンサーなどで構築した水田の水管理システムの実証実験の報告会を開催した。LoRaWANの活用によって低コストでIoTセンサーを運用できる仕組みを実現している。(2020/6/11)

静岡県の水田、IoTで水位を遠隔調整 作業時間を8割削減 農家は「仕事が楽になった」と実感
インターネットイニシアティブ(IIJ)などが参加する共同研究グループが、IoTを活用したスマート農業の実証実験の結果を発表した。実験では、水位センサーや遠隔操作可能な給水弁を開発し、水田に導入。農業従事者の作業時間を最大で約79%、移動距離を最大で約48%削減したという。(2020/6/10)

「IEEE 802.15.4」の方が適している場合も
IoTデバイスで「IEEE 802.11」無線LANを採用すべき理由と、注意すべき限界
IoT(モノのインターネット)デバイスの通信手段として、低コストでの通信を可能にする無線LANが広く利用されている。ただし、その通信範囲や消費電力には課題がある。(2020/6/3)

「LPWA」の主要キーワード
いまさら聞けない「LoRa」と「LoRaWAN」の違いは? IoTの要素技術
センサーなどのIoTデバイスを接続する無線通信に使われる技術や規格として「LoRa」や「LoRaWAN」がある。両者はどう異なり、どのように使われているのだろうか。(2020/5/22)

FAニュース:
回転機械の振動監視ができるLoRaWAN対応ワイヤレス振動センサー
アドバンテックは、LoRaWAN通信対応のワイヤレス振動センサー「WISE-2410」を発売した。簡単な設置で回転機械の振動をリモート監視でき、機械状態の把握や保全作業を効率化する。(2020/4/10)

日本支社の責任者が語る:
PR:共創で付加価値を探る、アドバンテックの成長支える“IoTの3本柱”とは
産業用IoTプラットフォーム「WISE-PaaS」を中核として、エコシステムを着実に広げているAdvantech(アドバンテック)。IoTについては、扱う製品やターゲット市場によって、「エンベデッドIoT事業部」「インダストリアルIoT事業部」「サービスIoT事業部」に分かれている。各事業部の日本の責任者に、日本市場における戦略や注力製品を聞いた。(2020/4/1)

トイレ利用状況をモニタリング:
個室トイレでサボっている社員をIoTで検知「トイレットマスター」
オフィス内の“個室トイレ占有問題”などを解決できるトイレIoTサービスをセンスウェイが開発した。(2020/3/13)

STマイクロ STM32WLE5:
LoRa対応マイクロコントローラーを発表
STマイクロエレクトロニクスは、LoRa対応マイクロコントローラー「STM32WLE5」を発表した。長距離無線通信に対応し、電力と資源を効率的に管理できるIoT機器の開発に貢献する。(2020/2/4)

2019年を振り返る:
「原因追求型のフィードバックをされると、気がめいる」――2019年、Facebookで反響が多かった記事ベスト10
2019年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2019年に@ITが公開した記事の中から、Facebookで反響を集めた上位10記事を紹介します。(2020/1/7)

高精度の測位も可能:
LoRaWANとWi-Fiは好相性、組み合わせて幅広い用途に
IoT(モノのインターネット)の導入を進める際、無線接続ソリューションの選択肢が多過ぎて、その検討にかなりの時間を費やしてしまうのではないだろうか。しかし、Wi-FiとLoRaWANは、エッジからクラウドへのエンド・ツー・エンドのソリューションとしての相乗効果を生み出すことから、非常に魅力的な選択肢だといえる。(2019/12/20)

PR:レノボのPC「ThinkCentre Nano」とモバイル液晶ディスプレイが働き方改革にジャストミートな理由
企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進行する中、より多くの人、より多くのデバイスが常時インターネットにつながる時代が到来しつつあります。レノボ・ジャパンがそんな時代を見越して開発した超小型デスクトップPC「ThinkCentre Nano」シリーズとモバイル液晶ディスプレイ「ThinkVision M14」を紹介します。(2019/12/17)

スマートファクトリー:
PR:スマート工場化で得られる4つの価値、現場で“OODAループ”を回すのに必要なもの
横河電機の国内向けサービスを展開する横河ソリューションサービス。同社が現在最も力を入れているのが、横河電機グループとしての豊富な技術やノウハウを生かしたスマート工場を中心としたデジタル変革への提案である。その具体的な取り組みを紹介する。(2019/11/26)

「技適マーク」未表示の無線機器を利用できる制度がスタート 実験目的で180日以内(要申請)
いわゆる「技適マーク」を表示していない(取得していない)無線機器を180日以内の範囲内で実験利用できる制度がスタートした。利用には住所地を所管する総合通信局などへの届け出が必要だ。【更新】(2019/11/23)

電子ブックレット(組み込み開発):
アマゾンがLPWAを独自開発/ありふれた元素で熱電発電
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2019年7〜9月に公開した組み込み開発関係のニュースをぎゅっとまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2019年7〜9月)」をお送りします。(2019/11/7)

「どの規格も重要」と強調:
インドがLPWANの導入を加速、スマートシティー実現へ
インドは現在、国内で100のスマートシティーを実現するという政府目標を遂行中だが、4000のスマートビレッジやスマートタウン、スマートシティーの実現に向けて、プログラムの第2フェーズである「Smart City Mission 2.0」の施行を検討しているという。(2019/10/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
アマゾンも参入、LPWAが盛り上がってきた
最近のアマゾンはいい意味で予想を裏切ってきますよね。(2019/10/3)

最小10個から対応可能:
セキュアチップ実装の障壁を下げる、Microchipが提案
Microchip Technology(以下、Microchip)は2019年10月1日(米国時間)、セキュアな鍵ストレージを提供するプロビジョニング済みのソリューション「Trust Platform」を発表した。少量生産のIoT(モノのインターネット)デバイスから大量生産のデバイスまで、量産数量にかかわらず、セキュア認証を実装できるようにすることが最大の狙いだ。(2019/10/1)

組み込み開発ニュース:
アマゾンがLPWAを独自開発、LoRaWANでもSigfoxでも802.11ahでもない
アマゾンは、独自のLPWA(低消費電力広帯域)ネットワーク(以下、LPWA)を開発中であることを明らかにした。「Sidewalk」と呼ぶこのLPWAは、ISM帯域である900MHz帯を用いており、km単位の通信距離と、電池駆動のIoTデバイスを年単位で動作させられるという。(2019/9/28)

IoTで空港業務を効率化 荷物運搬車の位置と整備士の動線を把握――NECとJAL、羽田空港で共同実証
NECと日本航空(JAL)は、羽田空港(東京国際空港)で、IoTを活用して空港業務を効率化する実証実験を実施。屋外での荷物コンテナ運搬車の位置把握にはLoRaWAN、屋内での整備士の動線把握にはBLEを活用し、有効性を確認した。(2019/9/30)

製造業IoT:
LoRaWANを再定義するIIJ、PoCを安価に立ち上げられるゲートウェイを発売
IIJと台湾のKiwi TechnologyがIoT活用に向けたLoRaWANの事業展開で協業する。Kiwi製のLoRaWANゲートウェイに、IIJが開発したLoRaWANの運用に必要なネットワークサーバ機能を組み込んだ製品や、LoRaWAN対応センサーなどをIIJが国内向けに販売する。(2019/9/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。