ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「生活習慣病」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生活習慣病」に関する情報が集まったページです。

「総務」から会社を変える:
社員の「心」と「体」をどう守る 総務が考えるべき「健康経営」のカギ
昨今話題の「健康経営」だが、コロナ禍で社員の健康に危機が迫っている。果たして、総務としてどうすればいいのか。(2021/9/17)

そのマネジメントは正しいのか:
社員を「子ども」扱い? 野村HD「在宅勤務中も喫煙禁止」の波紋
野村ホールディングスが在宅勤務であっても喫煙禁止とする施策を発表し、波紋を広げた。同社は健康経営の一環として説明するが、果たして効果はあるのだろうか。社員を「子ども」扱いする、安直なマネジメントではないのか。(2021/9/15)

経済損失は、年間約14兆5000億円:
将来の健康不安、「ガン」や「生活習慣病」を抑えて1位になったのは?
山田養蜂場は、「健康に関する意識調査」を実施した。自分の将来の健康で「不安に感じている分野・事柄」を尋ねたところ、3位は「ガン」、2位は「生活習慣病」という結果に。1位は?(2021/9/14)

湾岸諸国の医療IT事情【中編】
湾岸諸国が重点投資する医療IT「遠隔医療」「データドリブン」「自動化」とは?
コロナ禍の影響もあり、デジタルヘルスケア産業への関心が世界的に高まっている。湾岸諸国では「遠隔医療」「データドリブンなヘルスケア」「インテリジェントオートメーション」への投資が進んでいる。その理由は。(2021/9/10)

加藤綾菜、夫・加藤茶のために本格的な減塩料理をスタート 愛情たっぷりの姿勢に「カトちゃん幸せですね!」
愛する夫のため努力をいとわない綾菜さん。(2021/9/5)

背後に潜む経営難:
医療経営学者が明かす、「コロナ医療危機」の問題点
新型コロナウイルスの感染が全国規模で拡大し、医療崩壊が現実のものとなっている。中央大大学院教授で総合内科専門医の真野俊樹氏(医療経営学)は、コロナ禍によって露呈した日本の医療制度の限界を指摘し、現状の課題と改革案を提言する。(2021/9/5)

湾岸諸国の医療IT事情【前編】
コロナ禍が早めた「デジタルヘルスケア」の普及 湾岸諸国で急進の医療IT改革
湾岸諸国の医療機関では、生活習慣病をはじめとする慢性疾患の管理に医療ITを活用する機運が高まっている。その要因とみられるのが、コロナ禍をきっかけとした健康意識の変化だ。何が起きているのか。(2021/9/3)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
病院システムの課題を解決、ヘルスケア分野の5つの事例に学ぶITインフラ刷新術
さまざまな業界でITインフラの刷新が進んでいる今。ヘルスケアの分野でも、データやデバイスの管理、乱立するシステムの運用管理やコストなどの面で課題を抱えて組織が増えている。その解決策を5つの事例から探る。(2021/9/10)

「疾患を対象とした大規模なオープンデータは限られている」:
MRI画像のAI解析などで利用できる「脳画像ビッグデータ」を公開 国際電気通信基礎技術研究所ら研究グループ
ATR脳情報通信総合研究所の研究グループは「複数疾患の脳画像ビッグデータ」を一般公開した。多くの施設で統一のプロトコルで撮像した複数精神疾患のfMRIデータと旅行被験者データを合わせてデータベース化したもので、オンラインプラットフォームでダウンロードの申請ができる。(2021/9/1)

ステージ4の西郷輝彦、最先端治療で“前立腺がん消滅”を確認 「やったなぁ!」と喜ぶもPSA数値は謎の上昇
PSA下がらないのなんで……。(2021/8/30)

がんを経験した女性でも入れるがん保険登場 オンライン診療ベンチャーが開発した理由
オンライン診療サービスなどを手掛けるMICIN(マイシン)は8月25日、女性特有がん専用の「乳がん・子宮頸がん、子宮体がん再発保障保険」の販売を開始した。(2021/8/25)

医療技術ニュース:
将来の認知症発症リスクを高精度に予測するツールを開発
九州大学は「久山町研究」の追跡調査の成績を用いて、10年後の認知症発症リスクを予測するためのツールを開発した。健康診断で測定可能な因子と喫煙習慣や日中の活動量、生活習慣病などから、10年後の認知症発症確率を高い精度で予測できる。(2021/8/23)

東京五輪メダリスト、病児のためメダルをオークションに 落札した企業の粋な計らいへ反響「見習うべきすばらしい行為」
アメリカでの手術費用を募っています。(2021/8/17)

研究開発の最前線:
iPS細胞実用化の“死の谷”を越えろ、武田薬品など出資の新会社が始動
武田薬品工業と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が共同研究プログラム「T-CiRA」の研究開発成果の社会実装を目的とする「オリヅルセラピューティクス株式会社」の設立背景と今後の展望について説明。同社は2026年をめどにiPS細胞由来の心筋細胞と膵島細胞を用いた再生医療の臨床有効性・安全性データを収集し、株式上場を目指す。(2021/8/11)

「リンパ節にしこりができ、色々調べてみたら…」 「激走戦隊カーレンジャー」本橋由香、原発不明癌を公表 現在は化学療法を受ける
5月に診断されたとのことです。(2021/8/7)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「睡眠8時間+8時間の断食」で、体重60キロが53キロ、体脂肪率17%が6.6%に
間歇的断食により、集中力の増加や認知機能の改善、肥満者における体重減少などの効果が期待できる。断食と聞くと難しく考えがちだが、大事なのは無理せず長く続けること。(2021/8/4)

コロナ禍をデジタル活用で乗り切るNHS
英国が「iPad」3万台を救急隊員に支給する理由 タブレット片手に患者の命救う
英国NHSはAppleのタブレット「iPad」3万台を救急隊員に支給する。COVID-19パンデミックの最前線で奮闘する英国の救急隊員は、iPadをどのように活用するのか。(2021/7/29)

医療技術ニュース:
糖尿病の影響で、軽度のアルツハイマー病が悪化することが明らかに
九州大学は、糖尿病が脳内のインスリン抵抗性とDNAの酸化損傷を引き起こすことで、軽度のアルツハイマー病の病態が悪化することを明らかにした。糖尿病の予防により、アルツハイマー病の発症や進展を制御できる可能性が示唆される。(2021/7/29)

好きになった女の子は「1型糖尿病」 糖尿病のリアルと恋を描いた漫画の続きが気になる
爽やかな青春ラブストリーを展開しつつ、病気とのつきあい方を解説。(2021/7/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会スケジュール
ご入会いただくとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた勉強会に参加できます。(2021/7/27)

スマートビル:
階段利用を促しオフィスワーカーの健康行動をサポートするスマートビルのアプリ、鹿島が実証
鹿島建設とOKIは、オフィスビルで階段利用を促す専用アプリを用いた行動変容サービスの実証実験を行った。実験の結果、アプリ使用後に階段利用者が約40%増加するなど、効果が確認された。今後、新しいワークスタイルに順応した建物環境や働き方を支援するツールとして、スマートビルの提案に行動変容サービスを盛り込み、建物の付加価値向上につなげていく。(2021/7/20)

プロジェクト:
神戸市で病院と分譲マンションから成る延べ1.5万m2の複合施設を開発、ミサワホーム
ミサワホームは、京阪電鉄不動産や一輝会とともに、兵庫県神戸市で、分譲マンションと病院から成る複合施設「ASMACI神戸新長田」の開発を進めている。(2021/7/7)

AutoML OSS入門(1):
機械学習モデル構築作業の煩雑さを解消する「AutoML」とは――歴史、動向、利用のメリットを整理する
本連載では、AutoMLを実現するさまざまなOSSを解説します。第1回は、AutoMLの概要と、次回から紹介するさまざまなOSSを実行するための環境やデータについて解説します。(2021/7/7)

「ずっと一緒だよ」「大好き」 加藤綾菜、夫・加藤茶との“結婚10周年”で変わらぬ愛を誓う
もう10年!(2021/6/23)

住宅ローンを利用した人の8割以上が「変動セレクト住宅ローン」を選択 ソニー銀行
ソニー銀行は、2020年度に住宅ローンを利用した人の利用動向をまとめた。その結果、「新規購入」「借り換え」ともに8割以上が、変動金利の引き下げ幅が大きい「変動セレクト住宅ローン」を選択した。(2021/6/23)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
産業医の有効活用のススメ――健康経営に対する1ドルの投資で3ドルのリターンも
健康リスクが高まっている現在、企業で健康管理を行うことは重要な取り組みの一つ。もし少しでも健康リスクを感じた場合、産業医を上手に活用することが有効になる。(2021/6/16)

リモートワーク時代の理想的な職場の仲間との関係性:
「感情をすり減らされずに」働く極意
同じ状況で、同じ仕事をしていても、ストレスを感じる人と、感じない人とがいる。ストレスは平等に降りかかるとすれば、災いしているのは、ストレスそのものではないのだろうか。(2021/6/16)

渡辺徹、休みなく走り回る妻・榊原郁恵が心配 「むりせずに、少なくとも俺よりは長生きしてくれよ」「頼むよ」
渡辺さんのために忙しく走り回っている榊原さん。(2021/6/14)

Apple Watchで心臓病予防 脳梗塞前の心房細動を見つけるきっかけに
不整脈にはさまざまな種類があり、その一つに「心房細動」がある。ありふれた病気だが、放置すれば重篤な脳梗塞につながる。心房細動を発見するきっかけとして、Apple Watchが活躍する場面が増えつつあるという。(2021/6/14)

犬の肉球から心電図測定 AIがその場で心臓病を解析
AIシステムを開発するHACARUSと動物用医薬品を製造するDSファーマアニマルヘルスは6月10日、動物の肉球(足裏)から心電を測定し、AIで心臓の異常を解析するシステムを開発したと発表した。(2021/6/11)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

「iOS 15」の「ヘルスケア」アプリに転倒リスク評価などの新機能
今秋配信予定の「iOS 15」アップデートで追加される「ヘルスケア」アプリの新機能を紹介する。歩行データから“転びやすさ”を判定して警告する「歩行安定性」や健康データの家族との共有機能などがある。(2021/6/8)

スピン経済の歩き方:
2人に1人は不眠症? 「世界一眠れない日本のビジネスパーソン」がつくられていく構造的な理由
「眠れない」――。ベッドで横になるものの、なかなか寝ることができないというビジネスパーソンも多いのでは。とある調査によると、日本人の2人に1人は不眠に悩まされているようだが、そもそもなぜ寝ることができないのか。仕事のストレスを抱えていて……。(2021/6/1)

「鼻が無くならなくて良かった」 がん手術3回の仁科亜季子、7年ぶり再発の疑い晴れて安堵
23年間に子宮頸がん、胃がん、大腸がんを患ってきました。(2021/5/31)

脳とAIを「結合」して書字動作を判定:
「考えただけ」で文字を入力できるAIシステムを開発
脳の運動皮質に埋め込んだデバイスから得たデータをAIが解釈することで、四肢の不自由な患者がテキストでコミュニケーションできるシステムをスタンフォード大学の研究チームが開発した。(2021/5/26)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
嗜好品から交通安全軽視まで、なかなか変えられない行動を改めるには
人は簡単には変わらない?(2021/5/26)

「週55時間以上の労働は死亡リスクを高める」WHOが発表 2016年には年間74万人が「働きすぎ」で死亡
長時間労働が脳卒中や心臓病のリスクを高めるとの調査結果。(2021/5/18)

医療技術ニュース:
触覚に関係するメルケル細胞の研究に応用可能なモデル細胞を特定
ファンケルは、触覚に関係すると考えられているメルケル細胞のモデル細胞を検討し、「ヒトメルケル細胞癌由来細胞株MCC14/2」が、生体メルケル細胞の特徴を持つことを確認した。今後、皮膚科学研究への応用が期待できる。(2021/5/11)

次期Apple Watchは血圧、血糖値、アルコール検知もできる? 提携企業の技術資料で明らかに
英Rockley Photonicsの上場資料で明らかに。(2021/5/10)

右足切断のレスラーが“プロレス用義足”で復活! 義足の誕生秘話を開発企業に聞いた
復帰戦では大暴れしてほしい!(2021/5/9)

「そっちはどうだい」 元競泳選手・田中雅美、姉の三回忌を迎え姉妹2ショット公開 墓参かなわず思いをつづる
コロナ禍のため帰省は断念。(2021/5/8)

情緒がバグる! 「霜降り明星」粗品が歌う亡き父の歌が悲しくて笑えると反響 「世界一の親孝行ソング」
余命1年からの〜「でも次の月に死んだ」。(2021/5/7)

大神いずみ、ライザップで10.1キロ減を達成 “おなか激変”のビフォーアフターに「主人がすごく驚いてました」
見事なコミット。(2021/5/7)

Googleの「コロナ感染者予測」は信頼に足るのか 専門家がメカニズムを解説
コロナ禍で米Googleの新型コロナに関する予測サービス「COVID-19感染予測(日本版)」が注目を集めている。Googleの予測とどう向き合うべきなのか。専門家に聞いた。(2021/5/5)

オリオンビール、缶に純アルコールのグラム数表記へ 背景に沖縄の飲酒文化
オリオンビールは26日、缶ビールなどすべての缶入りアルコール飲料に純アルコール量を表記すると発表した。(2021/4/26)

アニメ「BECK」監督の小林治さん亡くなる 「きっとまた生まれ変わって良い作品を作るぞ!」Twitterにお別れメッセージ
2年前から腎臓癌で闘病していました。(2021/4/18)

海外医療技術トレンド(70):
欧州をけん引するポストコロナのデータ駆動型健康戦略「EU4Healthプログラム」
本連載第57回で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にデジタルで挑む欧州を取り上げたが、今回はポストコロナ時代に向けた欧州連合(EU)の新戦略について紹介する。(2021/4/16)

医療AIウェビナーレポート:
PR:コンピュータ診断支援とAIが融合するAI-CAD時代が到来、医療AIの最前線に迫る
医療分野におけるAI活用に向けた開発が加速している。中でもコンピュータ診断支援(CAD)とAIを融合した「AI-CAD」への期待は大きい。NVIDIAのウェビナー「医療AIの社会実装への加速―多様化する医療機器ソリューションへの提案―」では、AI-CADの最新動向をはじめ、医療AIの現状や将来、またAI実装に役立つ最新情報などが紹介された。(2021/4/14)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
AI栄養士が食事のアドバイス 創業70数年の食と健康の思いをIT活用で新たな価値に変革――「あすけん」天辰次郎氏
創業70数年の食と健康の歴史があるグリーンハウスが、100%出資する「食×テクノロジー」のベンチャー企業であるasken。ヘルスケアアプリ「あすけん」の挑戦と成功の要因を紹介する。(2021/4/6)

エビ中・安本彩花、悪性リンパ腫の寛解を報告 5カ月の闘病が「自分を強くしてくれました!!」
活動復帰はあらためて告知するとのこと。本当によかった!!(2021/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。