ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Maru-Jan」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Maru-Jan」に関する情報が集まったページです。

【まとめ】各社の新型コロナ関連支援サービスまとめ 漫画読み放題、学習支援、給食代替など
新しい情報は随時追記していく予定です。【3月14日13時00分更新】(2020/3/18)

経済評論家の勝間和代さん、麻雀プロになる わずか1年で圧倒的成長
最高位戦日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格。(2015/1/15)

優勝賞金500万円の麻雀選手権、北海道の一般人がプロに勝ち優勝 「賞金は帰りの飛行機代にします」
決勝卓には麻雀プロ1人・一般人3人が集結。(2014/8/3)

全国のアカギさん、宮永咲さん、出番ですよ! 賞金総額1000万円「全国麻雀選手権」開催決定
優勝賞金は500万円、しかも参加費無料!(2014/4/21)

注目PC詳細レビュー:
「GRANNOTE」――富士通の“洗練された大人世代PC”を徹底検証(使い勝手編)
富士通のシニア向けPCといえば「らくらくパソコン」が思い浮かぶが、いまやPCとスマートデバイスを使いこなすシニアも多い。そんな“アクティブな大人世代”が満足できるPCを目指したという「GRANNOTE」は、これまでのPCと一体何が違うのか?(2014/4/17)

麻雀のプロを名乗れるかも?――シグナルトーク「MaruーJan」
(2011/12/5)

オンライン麻雀「Maru-Jan」で東北関東大震災のチャリティイベント実施
3月29日午後7時〜午後10時の期間、「チャリティー卓」が開かれる。(2011/3/25)

シグナルトーク代表取締役 栢 孝文氏に聞く:
“麻雀ゲーム”ではなく“麻雀”を再現する「Maru-Jan」の試み
耐久といえば8時間だろう――。そんな軽い気持ちで始まった生放送企画「マルジャン放送局8時間スペシャル『全面対決!プロ雀士 vs 丸雀士!』」を振り返る。(2011/2/14)

プロ雀士ってどのくらい強いの? マルジャン放送局8時間スペシャル「全面対決!プロ雀士 vs 丸雀士!」放送決定
オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」の公式サイトコンテンツ「マルジャン放送局」において、8時間ぶっ通しのプロ雀士と戦うイベントが開催される!(2011/1/19)

オンライン麻雀ゲームMaru-Janを使った認知症予防効果の研究開始
シグナルトークは10月26日、麻雀ゲームと認知症の関係について調査研究を開始することを発表した。(2010/10/26)

ゲームは子供が遊ぶもの? 現役「大人ゲーマー」のみなさんに、どんなゲームで遊んでいるか聞いてみました
「大人向けゲーム」というと、どんなものを想像しますか? 一口に「大人向け」と言っても、いろんな種類があるんです。(2010/2/25)

「Maru-Jan」で赤い羽根共同募金
(2008/5/23)

4月26日は「オンライン麻雀の日」――「Maru-Jan」新イベント「天上戦」開始
(2008/4/25)

“麻雀トレーニング”アプリ、「Maru-Jan麻雀脳力塾2」登場
(2008/3/21)

全プレイヤーを対象に総計5000万円相当のポイントをプレゼント――「Maru-Jan」キャンペーン
(2008/3/19)

「Maru-Jan」で日立マクセルとのタイアップイベントを開催
(2008/3/7)

「Maru-Jan」登録会員が20万人を突破
(2008/1/11)

和テイストで上級卓も設置――「Maru-Jan Version7」
(2007/11/15)

“超リアルな麻雀ゲーム”の次は“誰も作ったことのないゲーム”を作りたい――シグナルトーク栢孝文社長
オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」を展開しているシグナルトーク。徹底してリアルな表現を求め、細部にこだわるのが特徴だ。現在取り組んでいるCGM的な新作の構想を打ち明けた。(2007/5/23)

県対抗で日本一を目指す「丸雀甲子園」開幕――「Maru-Jan5」
(2007/2/20)

シグナルトーク「Maru-Jan麻雀入門」キャラクターデザインに漫画家片山まさゆき氏起用
(2006/6/6)

ガマニアGASHで「Maru-Jan3」を発売。記念キャンペーンも実施
(2006/4/11)

「牌の混ざり具合」にこだわった「Maru-Jan3」βテスト開始
(2006/3/28)

シグナルトーク・コーポレーション 栢孝文氏インタビュー:
「ゲームは開発メンバーのもの」――シグナルトーク・コーポレーションはクリエイターの理想郷となるか
前例のないプロジェクトファイナンスによる資金調達で話題を集め、ゲーム開発の現状に一石を投じたシグナルトーク・コーポレーション。代表取締役の栢 孝文(かや たかふみ)氏へインタビューを行った。(2006/1/26)

オンライン対戦麻雀「Maru-Jan2」、GASHによる支払いが可能に
(2005/11/15)

オンライン麻雀「Maru-Jan2」、So-netでのサービスを開始。あわせて「すしの日」記念イベントも
(2005/11/1)

オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan2」、BIGLOBEでもサービスを開始
(2005/10/18)

iモード向け四人打ちオンライン麻雀のオープンβ開始
(2005/9/21)

Maru-Jan2、「第二回鉄壁杯」を開催
(2005/9/21)

オンライン対戦麻雀「Maru-Jan2」で「丸雀おみくじ」イベント
(2005/8/2)

BB Games、団体やサービスを超えた所属女流雀士の対戦イベントを実施
(2005/4/4)

会員2万人突破のオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan2」、4時間限定の無料テストを実施
シグナルトークは、PC用オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan2」の会員数が2万人を突破したと発表。あわせて、Maru-Jan2の新バージョンの無料テストを、時間限定でおこなうと発表した。(2005/1/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。