ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「McAfee DeepSAFE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「McAfee DeepSAFE」に関する情報が集まったページです。

市場投入迫る:
次世代タブレットは「Bay Trail-T」でどう変わる?
Silvermontマイクロアーキテクチャを採用したタブレット向けSoC“Bay Trail”こと「Atom Z3000」シリーズを解説。(2013/9/27)

マルチデバイス時代のデータ・パスワード管理術:
PR:「McAfee LiveSafe」で安全・快適なデジタルライフを
セキュリティ製品に求められるのは、もはやマルウェア対策機能だけではない。マカフィーの最新セキュリティスイート「McAfee LiveSafe™ サービス」は、同社が考える理想のセキュリティソフトへの第一歩だ。(2013/9/27)

マカフィー、サーバOSの深部で動作するrootkit対策を発表
インテルと共同開発した「McAfee Deep Defender」がInto Xeon E3/E5/E7シリーズおよびWindows Server 2008 R2に対応。サーバOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になる。(2013/7/30)

PR:中小企業が知っておくべき本当の情報セキュリティーの脅威と対策
大企業ほどに資金面でも人材面でも潤沢ではない中小企業にとって情報セキュリティーは、頭の痛い課題だ。しかし、脅威の実情と適切な対策に取り組むことで、大企業に引けを取らない情報セキュリティーを実現していける。多数の企業の現場で情報セキュリティーの実現を支援してきた専門家の萩原栄幸氏が、中小企業に知ってほしい本当の脅威と対策を解説する。(2013/8/1)

中小企業にこそチャンス!:
PR:iモードの生みの親、そしてIT業界きっての論客として著名な夏野剛氏が予測する近未来のIT社会とは?
ITは、従来に思いもつかなかい価値を社会にもたらす一方、新たな問題も出現させてきた。技術革新がさらに進めばどんな社会になるのか――。携帯インターネットの世界を創造した夏野剛氏と、そして夏野氏がIT業界の「国連軍」と称する、インテルとマカフィーのそれぞれのキーパーソンが、近未来のIT社会と安全について意見を語った。(2013/8/1)

Intel×McAfeeで次世代セキュリティへ:
マカフィー入ってる――生体認証機能付きセキュリティ「McAfee LiveSafe」説明会
インテル入ってる、マカフィー入ってる。(2013/6/14)

Maker's Voice:
IntelとMcAfeeで作るセキュリティの新しいカタチ、CMOに聞くマーケティング戦略
「ハードウェア支援型セキュリティ」というアプローチに取り組むIntelとMcAfee。McAfeeの最高マーケティング責任者のペニー・ボールドウィン氏は、「複雑で難解なセキュリティを親しみあるものにしたい」と話す。(2013/6/5)

ハードウェアが見張り番、瞬時に継続的にルートキットを監視:
PR:OSを超えたセキュリティを実現する「McAfee Deep Defender」
ウイルス対策ソフトを導入していても長年気付けないこともあるステルス型マルウェア、「ルートキット」。マカフィーはインテルとの密接な協力により、CPUというハードウェアの力を借りてルートキット侵入の試みを瞬時に見つけ出す技術を開発した。これまでのウイルス作者と対策の「いたちごっこ」という構図を変えてしまう可能性も秘めている。(2012/11/7)

ここまで来ている、ルートキットの危険性:
PR:ハードウェアの力を借りて見えない脅威に対策せよ
ここ数年、情報を盗み出していることを気付かせない「ステルス型マルウェア」が増加している。こうしたステルスマルウェアはPCへの感染に成功すると、ユーザーやセキュリティ対策ソフトに見つからないようこっそりと活動する。それを見つけ出すには、OSの外側から改ざんされていないかどうかをチェックする新しい仕組みが必要だ。(2012/11/1)

徹頭徹尾、セキュリティを念頭に:
PR:Security Connectedを形作るマカフィーのソリューション
何か事故が発生してからはじめて、場当たり的にセキュリティに取り組むのではなく、統合管理、一元管理という枠組みの中でリスクを把握し、的確に手を打つプロアクティブなセキュリティへの転換をうながすマカフィーの「Security Connected」。この構想は、同社の幅広いポートフォリオによって裏打ちされている。(2012/10/22)

Research@Intel 2012:
Intelが過去10年で製品化した“技術の殿堂”トップテン
米Intelは、同社の研究開発成果を発表する「Research@Intel 2012」を開催した。そこで、ジャスティン・ラトナー氏が訴求する“技術の殿堂”とは?(2012/7/4)

ステルスマルウェアに対抗:
OSの階層を超えたセキュリティ――マカフィー「Deep Defender」説明会
マカフィーは、インテルと共同開発のハードウェア支援型セキュリティ「DeepSAFE」技術を使った次世代ソリューション「Deep Defender」の説明会を実施した。(2012/6/19)

rootkitの封じ込めを狙うインテル・マカフィーの新技術
最近の標的型攻撃で頻繁に用いられるrootkitの新たな対策技術をインテルとマカフィーが共同開発。年内に製品化する同技術の全容を明らかにした(2012/6/19)

McAfee幹部が語る次のセキュリティ対策――「ネットにつながるものは守る」
PCやスマホなどセキュリティ対策が必要なデバイスがどんどん増える中、セキュリティベンダーのMcAfeeはユーザーに負担の少ない対策を展開していく。(2012/6/18)

情報セキュリティEXPOレポート:
“特効薬”なき標的型攻撃に立ち向かう、進化したセキュリティ技術が多数登場
東京ビッグサイトで開催中の「情報セキュリティEXPO」。2011年に企業や組織を狙うサイバー攻撃事件が多発したことから、今回は出展各社が“進化”を図った最新の対策技術を披露する。ユニークな新製品も交えてレポートする。(2012/5/10)

インテルとの統合の真価はいまだ見えず
マカフィー新技術「DeepSAFE」は単なる“vPro対応技術”で終わるか
マカフィーが開発した新しいセキュリティ技術「DeepSAFE」を評価する声は多いものの、セキュリティ業界を変えるほどの影響力を持つのはまだ先だというのが専門家の共通認識だ。(2011/11/24)

McAfee、Intelのハードウェア技術を活用したセキュリティ新製品を発表
OSより下のレイヤでマルウェアの活動を阻止する「McAfee Deep Defender」や、PCのリモート管理製品を発表した。(2011/10/21)

マカフィー、ステルスマルウェアに対抗する「McAfee Deep Defender」を発表
マカフィーは、インテルと共同開発の「McAfee DeepSAFE」技術を用いた初のセキュリティ製品「McAfee Deep Defender」を発表した。(2011/10/20)

担当者に聞く:
Intel×McAfeeの「DeepSAFE」でサイバー犯罪者の1歩先へ
特定の企業やインフラを狙った標的型攻撃が現実化する中、高度なマルウェアに対抗する手段として、McAfeeはハードウェア支援型セキュリティを開発した。McAfee Labsのデビット・マーカス氏に話を聞いた。(2011/10/19)

居場所を模索するIntel
「インテル入ってる」「ウィンテル」の次は? Intelのモバイル&クラウド戦略
Intelのよりどころとなってきた「強力なノートPCとデスクトップPCが市場をけん引する」というパラダイムはさほど意味を成さなくなってきた。Intelはクラウドとスマートフォンにどう対応するのか。(2011/10/4)

NEWS
マカフィー共同社長来日 インテルとの取り組み具体策を語る
マカフィーは2012年版のセキュリティ対策ソフトを発売した。説明会では、来日した米本社の共同社長らがモバイル戦略やインテルとの取り組みについて語った。(2011/9/30)

PCもMacもスマホも何台でもOK、マカフィーが個人向けセキュリティソフトで新展開
マカフィーは、端末の種類や台数に関係なくユーザー数単位で利用できるセキュリティソフト「マカフィー オール アクセス」を発売する。(2011/9/29)

IntelとMcAfeeが次世代セキュリティ技術を披露
Windows 8にも対応したハードウェアレベルのセキュリティ基盤「DeepSAFE」
McAfeeを買収したIntelが、OSの下のハードウェアで機能するセキュリティ技術を披露した。これまでのセキュリティ対策とは別アプローチを取る戦略の詳細を明かす。(2011/9/29)

IDF 2011:
GoogleはIntel Architectureで最適化を進めていく
“ARMでWindows 8が動くかも”と盛り上がる米国西海岸。その近くのIDF基調講演で、Googleの幹部が、Intel ArchitectureでAndroidが“よく動くようにする”と宣言した。(2011/9/14)

IntelとMcAfee、ハードウェア活用の新セキュリティ技術を発表
OSの下位レイヤで動作することでコンピュータを乗っ取る脅威などを防ぐ新技術を開発した。(2011/9/14)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。