ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モデル駆動開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モデル駆動開発」に関する情報が集まったページです。

問題解決力を高めるコツはプログラミングの原則・思考にあり(3):
プログラミングに特効薬や万能薬はない――複雑さへの対抗手段としての抽象化とKISS
本連載では、さまざまなプログラミングの原則・思考の中から、特に問題解決力を高めるのに役立つものをピックアップ。プログラマーは、その思考法をビジネスに応用し、そうではない人はプログラマーと一緒に働く際に思い出してほしい。今回は「80-10-10の法則」「パレートの法則」「KISS」「less is more」「オッカムの剃刀」などについて。(2017/8/10)

沖縄モノづくり新時代(7):
イルカ、クラゲ……美ら海水族館の話? いえ、ロボットの名前です――「沖縄海洋ロボコン2016」レポート
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第7回では、いつもとは少し視点を変えて海中のロボット競技「沖縄海洋ロボコン」の模様をお届けする。(2016/12/20)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(3):
UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか”
「モデリングはいつ誰が何をどのようにするのか」――今回はソフトウェア開発の現場で、モデリングを実際にどのように実施しているのか見ていきましょう。またUMLやSysMLの使いにくいところを、開発現場ではどのようにカバーしているのかも見ていきます。(2015/11/2)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(2):
UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(後編)
前編では「モデル」の目的とその効果、具体的なモデル手法について代表的なものを説明しましたが、後編ではその手法を実践するツールを紹介します。(2015/10/15)

PLMニュース:
電子制御系の領域を強化したダッソーの自動車業界向けPLMパッケージとは
自動車業界向けのパッケージ製品「スマート、セーフ&コネクテッド」を発表した。ISO 26262、AUTOSARへの対応を考慮した構成となっている。(2012/9/18)

NEWS:
電子制御系の領域を強化したダッソーの自動車業界向けPLMパッケージとは
自動車業界向けのパッケージ製品「スマート、セーフ&コネクテッド」を発表した。ISO 26262、AUTOSARへの対応を考慮した構成となっている。(2012/9/18)

PLMニュース:
V6プラットフォームが目指すのはモノづくりの「民主化」?
2011年10月19日、来日したダッソー・システムズ 社長 兼 最高経営責任者 ベルナール・シャーレス氏自身がV6プラットフォームの目指す世界を語った。キーワードは3次元データの“民主化”らしい。(2011/10/26)

NEWS:
V6プラットフォームが目指すのはモノづくりの「民主化」
2011年10月19日、来日したダッソー・システムズ 社長 兼 最高経営責任者 ベルナール・シャーレス氏自身がV6プラットフォームの目指す世界を語った。キーワードは“民主化”らしい。(2011/10/26)

3つの設計アプローチで見るETロボコン参戦記録(6):
3つの設計手法を比較して見えてくるもの――そして、ETロボコン活動だからこそ得られる効果とは?
最終回となる今回は、3チームがそれぞれ行った設計手法の技術的側面と、企業としてETロボコンに参加するメリットや実際に得られたものについて、全体チームリーダーが考察する。(2011/7/6)

3つの設計アプローチで見るETロボコン参戦記録(5):
モデル検討に専念できる!! 「BridgePoint」によるアプローチ
富士ゼロックスのETロボコン参戦記録。今回はモデル駆動開発ツール「BridgePoint」を使い、開発にチャレンジした「みんなとみらい2」の取り組みなどを紹介する。(2011/6/8)

3つの設計アプローチで見るETロボコン参戦記録(4):
加速度的に生産性が向上!? 「DSL」によるアプローチ
富士ゼロックスのETロボコン参戦記録。今回は出場3チームの1つ「みんなとみらい1」の取り組みと技術的なチャレンジについて紹介する。(2011/5/12)

3つの設計アプローチで見るETロボコン参戦記録(3):
実録、MDDツールを“使わない”アプローチ
富士ゼロックスのETロボコン参戦記録。今回は出場3チームの1つ「Fusion&Futures」の取り組みと技術的なチャレンジについて紹介する。(2011/4/11)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(7):
MBD&MDDの適用状況と今後の展開・課題
最終回となる今回は、実際の開発現場におけるMBD&MDDの適用状況と、今後の展開・課題について紹介する(2011/1/27)

車載向け組み込みソフトウェア開発製品も:
V6R2011x、Exaleadベースの検索機能を統合
ダッソー・システムズのPLMプラットフォームV6のアップデート版「R2011x」は、図面検索機能の強化、エレキ・ソフト領域の機能拡充がポイントだ。(2010/12/21)

“Search-Based Application”へ:
V6R2011x、Exaleadベースの検索機能を統合
ダッソー・システムズはV6R2011xのプレスブリーフィングを実施。検索エンジンや組み込みソフトウェア開発ツール統合の詳細が示された(2010/12/21)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(6):
【番外編】MDDツールを自作してみよう!!
状態遷移図で定義されたモデル情報から動作可能なコードを生成する“自作”のMDDツールの開発にチャレンジする!(2010/11/2)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(4):
制御の世界のモデルベース開発とは?
簡単な制御モデルを使って“制御の世界”の開発プロセスを解説。また、モデリングで使用するツールについても紹介!!(2010/6/29)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(3):
続・ソフトウェアのモデル駆動開発にチャレンジ!
今回は前回作成したモデルを基に、さらに実装を意識した詳細設計と実装、ソースコードの自動生成に挑戦する(2010/5/31)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(2):
ソフトウェアのモデル駆動開発にチャレンジ!
自動追従ライントレースシステムを題材に「モデル駆動開発」について解説。まずは、モデリングと解析・検証から(2010/4/20)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(1):
組み込みシステム開発における“モデル”とは?
組み込み開発に不可欠な2つの世界 ―ソフトウェアと制御― のモデルを使ってどのように開発が行われるのかを解説(2010/3/11)

UMLツール紹介:IBM Rational Software Modeler編
EclipseベースのUMLツール「IBM Rational Software Modeler」の導入メリットとは?
モデル駆動型開発を推進する上では、モデリング環境と開発環境との高い親和性が求められる。今回はEclipseベースのモデリングツール「IBM Rational Software Modeler」の特徴的な機能を紹介する。(2009/12/16)

ETロボコン2008〜チャンピオンシップへの道〜(6):
専門家が思わずうなる、モデルの作り方
モデルワークショップの中から、パネルディスカッションの様子をレポート。いま一度、正しいモデリング技術を復習しよう。(2008/12/8)

MSがモデリング戦略を策定――OMGにも参加
Microsoftはモデリング戦略を確立し、Object Management Group(OMG)に参加した。この動きは、同社がUnified Modeling Language(UML)のサポート姿勢を鮮明にしたことを意味する。(2008/9/12)

UMLモデリングツールから設計支援ツールへ
C#にも対応、カスタマイズ性もアップした「JUDE/Professional 5.3」
モデリングに必要な基本的な機能を備えた「JUDE」の新バージョンが2008年6月末にリリースされた。実際に追加された機能を試してみた。(2008/8/28)

名付け親に聞く:
課題が多いSOAによるシステム構築――Gartnerの最上級アナリスト
米Gartnerの最上級アナリスト、ロイ・シュルテ氏はSOAは今後広くシステム構築手法に使われるとする一方、現状では技術的な課題も多いとしている。(2008/7/17)

情報システム用語事典:
ソフトウェアファクトリ(そふとうぇあふぁくとり)
software factory / ソフトウェア工場 / ソフトウェア生産工場(2008/7/15)

Microsoft、新モデリング言語「D」の開発に着手
Microsoftが、同社の広範なモデル駆動開発戦略「Oslo」で中枢的な役割を担う宣言型プログラミング言語を「D」と呼んでいる。(2008/2/6)

The Rational Edge:
専門家に聞くモデル駆動開発のメカニズム
WebSphereコンサルタントがモデル駆動開発(MDD)や、実行イメージパターン、Java Emitter Templates(JET)、そしてDesign Pattern Toolkit(DPTK)のオーサリングおよびその使用によるアプリケーションのソース生成に関する質問に答える。(2007/3/29)

The Rational Edge:
専門家に聞くモデル駆動開発のメカニズム
The Rational Edgeより:WebSphereコンサルタントのChris Gerken氏がモデル駆動開発(MDD)や、実行イメージパターン、Java Emitter Templates(JET)、そしてDesign Pattern Toolkit(DPTK)のオーサリングおよびその使用によるアプリケーションのソース生成に関する質問に答える。(2007/3/15)

アーキテクト育成とその価値を高める支援活動、Software Factories Initiative
マイクロソフトは11月1日から、アーキテクトおよびアーキテクトを目指す技術者を対象にさまざまな情報提供を行う「Software Factories Initiative」の活動を開始する。11月8日には活動の第一弾として、東京・新宿でアーキテクト向けのセミナーを開催する。(2006/11/1)

ETロボコン2006へと続く道(4):
2006年大会は“環境への対応力”で悲喜こもごも
タイムトライアル部門で急浮上した“設計変更のパラメータ化”とは? モデルはどこまで進化したか、など2006年大会の模様をレポートする(2006/7/21)

Windows Communication Foundation概説:
Windows Communication Foundationとは
Windows Vistaに搭載予定の新しい通信基盤技術「WCF」の思想やそれがもたらす意味、プログラミン グ・モデルを紹介。(2006/3/21)

「ITアーキテクト塾」レポート(2) :
テストファーストでユーザーも開発者も幸せに
いかに生産性を上げつつ、高品質なソフトウェアを開発するか。この究極の課題に応えるのが、「テストファースト」だ。「@IT ITアーキテクト塾」第2回では、テストファーストの概要、メリットおよびその実践について、会場と講演者を交えてディスカッションを展開した(2006/2/24)

ソフトウェア開発をちゃんと考える(1):
開発コストと工数を下げるためのアイデア
 本連載は、メタボリックスの山田正樹氏が、仕事の合間に読む数冊の書籍に刺激を受けて思考した過程やその結果を記述したものである。参考にするのは必ずしもソフトウェア工学に関わる書籍ではないかもしれないが、いずれその思考の軌跡はソフトウェア工学的な輪郭を帯びることになる。(@IT編集部)(2005/9/17)

2005 JavaOne Conference:
CompuwareなどからJavaOneで新ツール続々発表
モデル駆動開発ツールの新版や、Webアプリケーション用のリッチレンダリング技術、リッチインターネットアプリケーションプラットフォームの新版などが登場。(IDG)(2005/6/28)

実行可能な知識とソフトウェア(9):
モデリング=まねることの本質について
残念ながら、第8回「建築家の視点、アーキテクトとしての共通認識」の最後でお約束した第2シーズンには、もろもろの事情があって今回はまだ突入できなかった。それまでのつなぎとして第1シーズンの番外編をお届けしようと思う。(2005/1/14)

実行可能な知識とソフトウェア(6):
「要求」から「コード」に至る長く険しい道
……そういう意味では「コード」よりも「動く知識」といった方がいいかもしれない。アーキテクトの仕事は、要求をドメイン知識やアプリケーション知識を利用して動く知識に変換することであった(本文より)(2004/8/28)

実行可能な知識とソフトウェア(3):
ドメイン・エンジニアリング温故知新
ソフトウェア開発とは問題ドメインの知識をアプリケーション・ドメインの知識に変換することだといってもいい。(本文より)(2004/5/8)

情報マネジメント用語辞典:
MDA(えむでぃーえい)
model driven architecture / モデル駆動開発 / モデル駆動型アーキテクチャ(2004/4/10)

ビジネスモデリング事始(3):
ビジネスとITを全体最適に導くEA(下)
競争が激しく、再編が進む業種・業界ではすでにEAの適用プロジェクトが進められ、成果を挙げている。実例とともに、EAの運営体制のポイントについて解説しよう。(2004/1/31)

安藤幸央のランダウン(17):
Eclipse:新しい開発環境モデルの誕生
「Java FAQ(What's New)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします。(編集局)(2003/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。