ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミニストップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミニストップ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

2020年1月6日から:
ミニストップが店内のコーヒーを80円に値下げ おにぎり100円に続く戦略
ミニストップが店内で提供するコーヒーを値下げ。一部のコーヒーの本体価格を93円から80円にする。「おにぎり100円」に続く戦略。(2019/12/27)

「正月三が日は銀行ネットワークシステムのメンテでATMが使えない!」→調べてみたら「他行ATM」「他行宛振り込み」以外は大丈夫っぽかった
事前の確認はしたほうがよさそう。(2019/12/23)

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。(2019/12/13)

スマホで支払えるコンビニ収納サービス「マイペイメント」、セブン-イレブンに導入へ
NTTインターネットのコンビニ収納サービス「マイペイメント」が、セブン-イレブンに導入される。2020年2月開始を目標とし、セイコーマートや他のコンビニでも取り扱いに向けて調整を行っている。(2019/12/11)

すでに3000台 ファミマの無人レジに万引はないのか?
人手不足などを背景に、さまざまな店舗で無人レジが導入されている。その中でも、日常的に使われるコンビニエンスストアで、無人レジに積極的に取り組んでいるのがファミリーマートだ。(2019/12/6)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
「無人レジだけ」「カメラがたくさん」 ミニストップの省人化実験店舗に行ってみた
ミニストップが省人化実験店舗を運営している。店内には無人レジしかない。実際に行ってみたら無人レジ以外でも実験的な試みをしていた。(2019/11/28)

LINE Payが「年末感謝クーポン祭」開催 コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどが対象
LINE Payは、12月1日〜12月31日まで「年末感謝クーポン祭」を開催。対象はコンビニ、スーパー、ドラッグストア、エンタメカテゴリーの加盟店で、好きな店舗と商品を選んで買い物に利用できる。利用されたクーポンが合計400万個に達した時点で終了する。(2019/11/26)

LINE Pay、12月に「クーポン祭」開催 加盟店での買い物を割引 コンビニ3社など対象
LINE Payが新たなキャンペーン「年末感謝クーポン祭」を行うと発表。「LINE Pay」での買い物代金を割り引くクーポンを全ユーザーに付与する。開催期間は12月1日〜31日。クーポンはセブン-イレブン、ファミリーマートなどの加盟店で利用できる。(2019/11/26)

ふわふわの雲に乗ったカービィがキュート 「星のカービィ」一番くじが12月11日にコンビニ登場
雲に乗ったワドルディもかわいいです。(2019/11/19)

d払い、2020年3月まで10%還元 まずはコンビニから
NTTドコモが、コード決済サービス「d払い」において、毎月、特定のジャンルや店舗でのキャンペーンを行う。コンビニでのキャンペーンや、キャッシュレス・消費者還元事業の還元率5%の対象店舗でのキャンペーンなどを順次実施する。(2019/11/13)

渋谷ドンキがハロウィーン夜間の酒販売を自粛 コンビニ大手も売らない方針
渋谷から酒が消える?(2019/10/21)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
その価格、妥当ですか? ユーザーが事後的に値段を付ける「あと値決め」はプライシングをどう変えるか
利用や使用後にユーザーが価格を決める「あと値決め」。決済サービスを手掛けるネットプロテクションズが8月にサービスを開始した。誕生の背景には、多くの企業が「何となく」価格を決めている現状がある。客観性の乏しい商品やサービスの価格を、あと値決めはどう変えていくのか(2019/10/21)

Origami、ミニストップ全店舗で最大1100円分のクーポンキャンペーン開催
Origamiは、10月16日から10月30日までコンビニエンスストア「ミニストップ」でキャンペーンを開催。Origamiで初めて支払いをする場合は、キャンペーン全体で最大1100円分のクーポンを取得できる。(2019/10/15)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
ミニストップ「おにぎり100円」がもたらした“意外な変化”
ミニストップが7月に始めた「おにぎり100円」施策。主力商品のおにぎりを最大30円値下げした。開始から3カ月がたち、効果はどれほど出ているのか。また、“100円”という値決めは成功なのか。狙いや現状について聞くと、意外な変化も見えてきた。(2019/10/15)

エネルギー管理:
「誰でも参加できる電力市場」の実現へ、運用開始が迫るデジタルグリッドのP2P電力取引基盤とは?
東京大学発のスタートアップ企業、デジタルグリッド。同社が構築したP2P電力取引プラットフォームが、2020年1月に動き出す。2019年7月に就任した新社長、豊田祐介氏にその具体的な事業スキームとビジョンを聞いた。(2019/10/9)

ミニストップで増税に伴うシステム障害 税率10%の商品に軽減税率適用 原因は調査中
ミニストップで増税に伴うシステム障害が発生。税率10%で販売すべき商品に、誤って軽減税率(8%)を適用して販売するなどのトラブルが起きた。原因を調査中だが、詳しいことは不明という。(2019/10/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

「d払い」の20%還元キャンペーン、8月はコンビニが対象 13日から
NTTドコモは、8月13日から全国の対象コンビニエンスストアにて「d払い」20%還元キャンペーンを行う。キャンペーンサイトからエントリーすると、通常の還元ポイントに加え上限5000円分相当を期間・用途限定ポイントとして還元する。(2019/8/1)

大手コンビニやマクドナルド、吉野家でも:
メルペイ、支払い金額の最大70%をポイント還元するキャンペーンを実施
メルペイが8月1日から11日まで、最大で支払い額の70%相当をポイント還元するキャンペーンを行う。メルペイは利用時にチャージが不要といった手軽さから導入店舗数が増えている。(2019/8/1)

牛丼並盛が実質114円:
メルペイの70%還元スタート 吉野家は「若い女性を取り込みたい」と意欲
メルペイで支払うと、最大70%のポイントを還元するキャンペーンが開始。iDまたはコード決済で「メルペイあと払い」を利用する必要がある。新たにキャンペーン対象となった吉野家は、新たなユーザー層の獲得に期待を寄せる。(2019/8/1)

メルペイ、後払いすると「70%ポイント還元」 吉野家、マクドナルド、大手コンビニで開始
メルペイが、「メルペイあと払い」を一部加盟店で利用した顧客に対し、購入額の70%相当のポイントを還元するキャンペーンを開始。期間は8月1〜11日で、還元額の上限は1500ポイント。18歳未満は対象外。(2019/8/1)

メルペイが最大70%還元キャンペーン マクドナルドや吉野家も70%対象店に
70%還元店が拡大しています。(2019/8/1)

ミニストップで「ゆうちょPay」が利用可能に 7月1日から
各種コード決済の導入を進めているミニストップが、「ゆうちょPay」に対応。ゆうちょ銀行の口座を持っているユーザーは注目だ。(2019/6/28)

東京都、水道料金を「LINE Pay」「ファミペイ」などで決済可能に 7月から
東京都は、水道料金の支払い方法にモバイル決済サービスを追加する。自宅に届く請求書のバーコードをスマートフォンのカメラで読み取ると決済できる。(2019/6/28)

コンビニはセイコーマートが4年連続トップ、カフェはドトールが1位返り咲き JCSI顧客満足度調査
カフェ3位にスタバが入っています。(2019/6/26)

ミニストップ、おにぎりを毎日100円で提供へ 7月2日から全店で
紅しゃけやネギトロも30円引きで100円に。(2019/6/19)

LINE Pay、6月下旬の「Payトク」はコンビニで最大20%還元
LINE Payが6月23日から30日までに、最大20%を還元する「Payトク」を実施する。今回はコンビニエンスストアが対象。初めてLINE Payを使う人を対象にクーポンをプレゼントするキャンペーンも行う。(2019/6/14)

イオン、「WAON」ポイント付与率を2倍にアップ 200円で2ポイントに 7月1日から
会員登録が条件です。(2019/6/4)

「メルペイ」のコード決済、5月10日からミニストップで利用可能に
メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」のコード決済をミニストップに提供。4月25日から順次展開しており、5月10日に全国約2177店で利用可能となる。(2019/5/8)

リテールテックJAPAN 2019:
コンビニやドラッグストアで進む電子タグ採用、リアル店舗データ化への挑戦
流通情報システムの総合展示会「リテールテックJAPAN 2019」の「流通システム標準化の最新動向」をテーマとしたセミナーに、経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ 消費・流通政策課 係長の加藤彰二氏が登壇。「サプライチェーン流通・消費情報の活用へ向けた取り組み」と題して「電子タグ1000億枚宣言」をはじめとする流通におけるデータ活用の方向性などについて、講演を行った。(2019/5/7)

ファミマ、恵方巻など季節商材を完全予約制に 「廃棄ゼロ」目指す 加盟店支援策を発表 
加盟店支援にファミマが本腰。(2019/4/25)

ミニストップ、加盟店と本部の利益分配を見直し 24時間営業問題など「変化への対応不十分」と反省
「加盟店と本部の共存共栄」を目指すとのこと。(2019/4/23)

「ゆうちょPay」5月8日に開始 まずは量販店やドラッグストアなどが対応
ゆうちょ銀行が、コード決済サービス「ゆうちょPay」を5月8日に開始する。ゆうちょ銀行の口座を持っている人が、対応店舗でスマートフォンアプリからバーコードを使って決済できる。サービス開始を記念したキャンペーンも実施する。(2019/4/22)

ゆうちょPay、5月8日に提供開始 口座から即時引き落とし、ヤマダ電機など導入
ゆうちょ銀行が「ゆうちょPay」を5月8日から提供。ゆうちょ銀行の口座を持っている人が、同行と契約している店舗での支払いに使える。(2019/4/22)

「au PAY」で買い物をしてみた 新アプリの使い勝手や不満点は?
4月9日にスタートした「au PAY」は、au WALLETの残高を使う決済サービス。何ができて、何ができないのか? 競合他社にはない魅力は? 早速使ってみたので、アプリの使い勝手も含めてレビューしたい。(2019/4/12)

「au PAY」スタート ローソンや家電量販店でキャンペーンも
KDDIのコード決済「au PAY」が、4月9日にスタートした。auユーザーは、「au WALLET」アプリをアップデートすることで利用可能になる。利用できる店舗は、コンビニエンスストアや家電量販店が中心。(2019/4/9)

「au PAY」スタート 最大26.5%還元キャンペーンも
「ポイントで“資産運用”」サービスも。(2019/4/4)

スマホ決済「au PAY」が4月9日に開始 最大26.5%還元のキャンペーンも
KDDIが、QRコード/バーコード決済サービス「au PAY」を4月9日に開始する。「au WALLET」アプリの画面に表示されたQRコードやバーコードから決済する。最大26.5%を還元するキャンペーンを4月15日以降、順次実施する。(2019/4/4)

PayPayがローソンで利用可能に
支払いに使えるコンビニは5チェーンに。(2019/3/26)

「コンビニの成人向け雑誌をフィルムで包装」、堺市×ファミマの取り組みの今は
コンビニの成人誌販売中止が決まった今、あの取り組みがどうなったのか聞いてみた。(2019/3/17)

「LINE Pay」20%還元、次はビックカメラやZOZOTOWN、電気料金も
モバイル決済サービス「LINE Pay」で20%還元の新キャンペーン。ビックカメラやZOZOTOWN、九州電力・東京電力エナジーパートナーの電気料金支払いも対象だ。(2019/2/20)

東京に「両国 プラレール駅」が開業 60周年プラレール×JR東日本が夢のコラボ
JR両国駅で行われるプラレール特別展、家族みんなでれっつごぉぉ。4月7日まで。(2019/2/8)

ローソンでも「PayPay」利用可能に 3月から全国の店舗で
モバイル決済サービス「PayPay」が3月26日から全国のローソン店舗で利用可能になる。(2019/1/25)

ファミマも成人誌販売中止 セブン、ローソンに並ぶ
全国のファミリーマート店舗で今年8月末から、成人向け雑誌の販売が中止。セブン、ローソンに並んだ。(2019/1/22)

ローソンも成人向け雑誌の取り扱い中止へ 大手コンビニチェーンの成人誌撤退相次ぐ
業界への影響は大きそう。(2019/1/21)

セブン-イレブンで成人誌の販売を中止へ 女性や訪日外国人への配慮から
最大手のセブン-イレブンの販売中止は、コンビニ業界全体に影響しそうだ。(2019/1/21)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

iTunesカードの10%還元、コンビニでも 1月3日まで
コンビニでiTunesカード(バリアブル)を買うと、10%が加算される。1月3日まで。(2018/12/27)

エネルギー管理:
ブロックチェーンで電力融通、ミニストップらが参画する実証が19年4月から
2019年4月からデジタルグリッドが環境省から受託した実証事業として、ブロックチェーンを活用した電力融通を行う実証実験がスタート。コンビニのミニストップや戸建住宅に専用機器を設置し、仮想的な電力融通取り引きを行う計画だ。(2018/12/25)

20%還元スタートの「PayPay」で早速買い物をしてみた 意外な戸惑いも
総額100億円を還元するという「PayPay」の大規模なキャンペーンが、12月4日9時にスタートした。PayPayアプリでは何ができるのか。また本当に20%還元されたのか。初期設定から買い物の様子までレポートする。(2018/12/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。