ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コンビニスイーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ローソンに「KIHACHI」熊谷喜八シェフ監修スイーツが登場! 焼き桃やマンゴーなど“大人の夏の味”
コンビニスイーツ、すごい!(2019/5/27)

「プレミアムロールケーキ」超え? ローソン太鼓判の新食感スイーツ「バスチー」「ザクシュー」
コンビニスイーツでもあなどれないお味。(2019/3/19)

ローソン×GODIVAの1000円超え「お花見」スイーツ! 「桜」「抹茶」のゴージャスなケーキセット
歳時スイーツ第3弾!(2019/3/13)

ヒットの理由を解剖:
冬スイーツの“女王” 「雪苺娘」が20年以上愛されるワケ
山崎製パンの「雪苺娘」は冬の定番スイーツだ。なぜ20年以上売れ続けているのだろうか。味や具材のバランス、ネーミングにその秘密があった。(2019/2/11)

今振り返るコンビニ統廃合の歴史。セーブオン、スリーエフ、am/pm……思い出のあのチェーンはなぜ消えたのか?
圧倒的な3大チェーンの強さと、中堅・ローカルコンビニ受難の歴史。(2018/12/12)

何種類制覇してた? ローソン×GODIVAコラボを振り返る
ローソンとゴディバ ジャパンの社長も“誕生秘話”を語りました。(2018/7/6)

GODIVA×ローソンコラボ新作は「七夕」テーマ シリーズ初の“1000円超え”スイーツ
彦星と織姫がショコラスイーツ「エトワールドゥショコラ」に変身。(2018/6/29)

累計1000万個の人気シリーズ:
ローソン、「GODIVA」コラボで“最高価格のパフェ”を投入
ローソンがGODIVAとの共同開発シリーズの新作を発表。シリーズ最高価格の450円のパフェを投入する。(2018/4/12)

1月15日は……:
「いちごの日」を商機に 手軽なスイーツから“育てる”体験まで
1月15日は「いちごの日」。産地から小売店まで、さらなる消費拡大を狙った多様な取り組みが展開される日になっているようだ。(2018/1/15)

わーい「やわらかロール」の無料引換券だ! スイーツを期待してお店へ行ったら全く違うロールだった件
「行ってきまーす!! スイーツ求めて!!!」とコンビニへ出かけたTwitterユーザーでしたが……。(2017/1/24)

あのキャラに花束を:
月刊チャンピオンなのにアイドル漫画!? “マブい特攻隊長”向井拓海が、うなりを上げてアイドル街道仏恥義理!
走志走愛、限界なんて追い越そうぜ。(2016/9/29)

水曜インタビュー劇場(上海公演):
苦闘20年! 中国でローソンの店舗数がやっと伸びてきた理由
中国で、ローソンの店舗数が伸びている。2年半で、2.5倍ほど拡大したわけだが、現場ではどのような手を打ってきたのだろうか。現地でマーケティングを担当している吉田涼平さんに話を聞いた。(2016/7/27)

コンビニスイーツ、何を買っていますか?
あなたはコンビニの冷蔵コーナーで、どんなスイーツ(常温の菓子、アイスを除く)を買っていますか? コンビニスイーツを購入している人に聞いたところ……。マイボイスコム調べ。(2016/6/16)

新連載・ノッている会社は、ここまでやっている!:
おでんの「大根」が一番おいしいのは? ローソンがとにかく面白い
消費構造の変化、情報化の進展、かつてないグローバル化……。ますますビジネスが難しさを増す中、ユーザーから変わらぬ高い支持を得ている企業は一体何をしているのか。5社の取り組みを紹介する。第1回はローソン。(2015/12/11)

コンビニ探偵! 調査報告書:
安っぽいコンビニの「おせち」が、高級路線に転換できた理由
かつて、安っぽかったコンビニのおせちが、ここ数年で一気に高級路線に転換しているのをご存じだろうか。今回は、コンビニおせちの販売戦略と商品展開について調査した。(2015/12/10)

ダイエットに効くコンビニスイーツは○○だった!
スイーツを目の前にして「食べたい……でも食べちゃいけない」とストレスを感じていませんか? 実はその我慢によるストレスがかえって太りやすくなることが分かっているのです。(2015/11/15)

今日何食べた? iPhoneカメラで食事管理&ダイエット
(2015/7/23)

仕事をしたら“スイーツ”の味が分かった(前編):
コンビニの「シュークリーム」「エクレア」ってどんな味? 科学的に分析した
「コンビニで販売されているスイーツの味はどこも同じようなもの」と思っている人も多いのでは。そこで、味を分析できる機械を使って、コンビニで販売しているシュークリームとエクレアの味を測定してもらった。(2014/7/30)

6月17日発売:
ローソンの、レンジでチンするアサイーボウルを食べてみた
最近、若い女性を中心に人気の「アサイーボウル」。ローソン「ウチカフェフラッペ」の新作、アサイーボウルを発売前に入手できたので、さっそく食べてみた。(2014/6/16)

それゆけ! カナモリさん:
「オフィスグリコ」と「ぐりこ・や」に学ぶ縮小市場での生き残り方
2002年の東京進出以来、多くの企業でお馴染みの「オフィスグリコ」。サービスエリア、ターミナル駅を中心に人気となっている土産店「ぐりこ・や」。一見別々の展開に見える両者は、あるプロジェクトが結実したものだという。(2013/5/20)

お値段そのまま:
ローソンのロールケーキに22日だけ「いちご」が載る理由
4月22日以降、ローソンは毎月22日に販売する「プレミアムロールケーキ」をいちごを載せたバージョンに変更するという。お値段そのままでいちごが載る理由とは?(2013/4/22)

マイクロマウスで始める組み込み開発入門(8):
マイコンの気持ちを理解してチャタリングを防止!! タイマー割り込みを使いこなそう
北上くんの指導の下、マイクロマウスの開発に挑戦中のえみちゃん。スイッチを制御して、4つのLEDで2進数を表示させるプログラムを開発しましたが、考えていた通りに動かなかった様子です。今回は、マイコンプログラム初心者が一度はハマるチャタリングの防止と、「SH7125」マイコンに組み込まれているタイマーについて解説します。(2012/12/5)

これからのことがよく分かるコラム:
増えてきた“スイーツ男子”――その特徴は?
「甘いものを買って、食べている男性が増えているなあ」と感じている人も多いのでは。ホットペッパーが20〜30代の男性に聞いたところ「週に1回以上スイーツを食べている」人は6割以上に。そんなスイーツ男子には、一体どのような特徴があるのだろうか。(2012/6/6)

最も気に入ったコンビニスイーツはどれ?
あなたが最も気に入っているコンビニスイーツ(コンビニ独自がつくっている商品)は、どこのコンビニのものですか? コンビニスイーツを年に1回以上購入する人に聞いた。インターワイヤード調べ。(2012/5/16)

ローソン、レンジでチンするスイーツ第2弾発売 ワッフルやパンケーキ
ローソンの電子レンジで温めるスイーツに第2弾が登場。チョコとオレンジソースをかけたワッフルなど3品が発売される。(2012/1/23)

「スイーツ、温めますか?」とローソン レンジで温める「ホットスイーツ」登場!
ローソンがレンジで温めて食べる「ホットスイーツ」を期間限定で販売。フレンチトーストに、濃厚なチョコを使ったフォンダンショコラなど、寒い季節にぴったり。(2011/11/14)

それゆけ! カナモリさん:
ローソンに食われる!? 街のケーキ屋の危機をどうするか?
コンビニスイーツが絶好調だ。そして、その影響を受け地元の街からケーキ屋が消えるかもしれない。どうしたらいいのだろうか?(2011/10/5)

ローソンが秋のスイーツを発売:
田崎真也が語る、コンビニスイーツとお酒の楽しみ方
スイーツと一緒に楽しむお酒は? このように聞かれても、困ってしまう人が多いのでは。そこで日本を代表するソムリエ・田崎真也さんに、スイーツに合うお酒を聞いた。(2011/9/16)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
10周年のナチュラルローソンから、コンビニの未来を考えた
女性の美と健康にフォーカスした商品や、快適なライフスタイルを提供することを意識したナチュラルローソンがこの度、誕生10周年を迎えた。10周年を記念して行われた“感謝の夕べ”で、筆者はコンビニの未来について考えた。(2011/8/11)

ロールケーキのヒットで、2010年のコンビニスイーツ市場は6.2%増
(2011/6/17)

ケーキは串に刺して「もってね!」 バータイプのスイーツ、ミニストップから
アイスキャンディーのようなバータイプのケーキが登場。ミニストップで販売する。(2011/6/15)

まとめ読み!誠 PDF:
プレミアムロールケーキはどのように作っているの?
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は郷好文さんのコンビニに関する記事をまとめました。(2011/6/13)

それゆけ! カナモリさん:
高級チョコとコンビニが組んだ――ゴディバ&セブン-イレブンの戦略
コンビニエンスストアの棚の一角が、また華やぐ季節になってきた。ホワイトデーコーナーである。そこに鎮座しているのは、ベルギー生まれの高級チョコレート「ゴディバ」だ。バレンタイン商戦に引き続き参戦している。その狙いを考察してみよう。(2011/3/9)

好きなコンビニスイーツ、トップはローソン「プレミアムロールケーキ」
“身近なぜいたく”ということで、男女を問わない人気を集めているコンビニスイーツ。どのコンビニスイーツがお気に入りか尋ねると、トップは断トツでローソンのプレミアムロールケーキだった。クロス・マーケティング調べ。(2011/2/21)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
プレミアムロールケーキはどのように作っているのか
普段甘いモノを食べなくても「コンビニではスイーツを買う」という人もいるだろう。中でもローソンのプレミアムロールケーキはロングランで売れているという。そこでローソンの担当者に、開発の裏話などを聞いた。(2010/10/28)

疲れを癒やしたい……コンビニスイーツを買う理由
(2010/10/5)

コンビニで買っているスイーツといえば
コンビニでスイーツを買う場合、スイーツにかけられる金額はいくらくらいだろうか。1回当たりの上限金額を聞いたところ「150円〜200円未満」と答えた人が最も多く、次いで「100円〜150円未満」「250円〜300円未満」と続いた。マイボイスコム調べ。(2010/5/27)

誠 Weekly Access Top10(2010年5月1日〜5月7日):
上海万博のロボット、“魯班ちゃん”を見にいきたい
中国がその威信をかけて臨んでいる上海国際博覧会。中国各省や各国がさまざまな展示を行っているが、筆者は山東館のパビリオンで展示されているという「魯班ちゃん」なるロボットが気になった。(2010/5/14)

女性に人気のコンビニスイーツは?
(2010/4/9)

健康スーパーサイズ・ミー:
最終回:試して分かった「ダイエットを成功させる10カ条」
「流行のダイエットはやらない」と宣言してスタートした当連載「健康スーパーサイズ・ミー」も、今回でいよいよ最終回。担当編集さんとの対談形式でこの3カ月を振り返りつつ、「これからダイエットを始める人への10のアドバイス」をお届けします。(2010/3/24)

プリンアラモードはどこへいった?
(2008/6/18)

誠 Weekly Access Top10(2008年1月18日〜1月24日):
クジラの味と馬の味
先日、何年ぶりかにクジラを食べた。皮を湯がいて酢みそで食べる「さらしくじら」は郷愁をそそる味だったが、クジラ肉の味とともにもう1つ思い出したのが、ある英国人に嫌われた思い出だった。(2008/1/28)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
スイーツ男が増えると、マーケティングが変わる
“甘い男”が増えている。自らおいしいチョコを選んで「自分バレンタイン」、コンビニの棚に並ぶのはボリュームたっぷりの「男のデザート」……バブル崩壊後のジェンダーニュートラルの流れの中で、マーケティングはどう変わる?(2008/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。