ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「三浦弘行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三浦弘行」に関する情報が集まったページです。

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(4):
図書館「蔵書分類」のバグ
今回は図書館でおなじみ「本の分類」を取り上げます。情報処理系の本は007(情報学、情報科学)に547(通信工学・電気通信)、548(情報工学)とバラバラに分類されていますが、この分類を「仕様書」と考え、その問題解決に取り組んでみましょう。(2018/5/7)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(3):
将棋「名人位」挑戦規定のバグ
組み込みエンジニアの現場力を上げるドリル、今回は「仕様書のバグ」に挑戦します。将棋界の最高タイトルの1つである、名人位の挑戦規定という仕様書に潜むバグを発見してください。(2018/4/6)

将棋連盟、三浦九段に慰謝料支払い 「将棋ソフト不正使用疑惑」で和解
将棋ソフト不正使用疑惑は、将棋連盟が三浦九段に慰謝料を支払う形で和解した。(2017/5/25)

将棋棋士の三浦九段、“冤罪”問題で日本将棋連盟と和解
日本将棋連盟から三浦九段には慰謝料も。(2017/5/24)

三浦九段は「一兆%無実」「疑ってごめんなさい」 橋本崇載八段がTwitterで謝罪
「今回の騒動は、三浦さんにとってあまりにも気の毒な事件」とコメントしている。(2017/3/2)

将棋連盟の新会長に佐藤康光九段 「将棋界の信頼回復に努める」
日本将棋連盟の新会長に佐藤康光九段が就任。将棋ソフト不正使用疑惑の混乱で引責辞任した谷川浩司九段の後任として、将棋界の信頼回復に努めるとしている。(2017/2/6)

将棋連盟谷川会長の兄がネット署名、三浦九段の名誉回復目指す
「将棋界を正常な状態に戻す」ことも求めている。(2017/1/30)

三浦九段の復帰戦を前に誤解を解きたい――羽生三冠の妻・理恵さんがTwitterで冤罪事件についてコメント
メディア、ネットでの情報拡散の恐ろしさと、イメージ先行の怖さについて計19の投稿をした。(2017/1/30)

日本将棋連盟の谷川浩司会長が辞任 ソフト不正利用疑惑で引責
心身ともに不調をきたすようになったとしています。(2017/1/18)

将棋連盟谷川会長、辞任へ ソフト不正使用問題で引責
将棋連盟の谷川会長が会長職を辞任へ。三浦弘行九段の将棋ソフト不正使用疑惑への対応をめぐり、混乱を招いた責任を取る。(2017/1/18)

将棋棋士のスマホ不正疑惑、第三者委報告書のドラフト版が存在
将棋連盟が公開した調査報告書と別のバージョンが公式サイトにアップされていた。(2017/1/18)

三浦九段の将棋ソフト“不正使用疑惑”、日本将棋連盟が第三委報告書をWeb公開
日本将棋連盟が三浦弘行九段の将棋ソフト不正疑惑について、第三者委員会による報告書の要約を公開。40ページ以上にわたり、調査結果が細かく掲載されている。(2017/1/16)

日本将棋連盟、第三者委の調査報告書を公開 トップ棋士のスマホ不正疑惑問題
報告書の要約(約40ページ)をWebで公開。(2017/1/16)

疑惑が晴れた「将棋のソフト不正問題」と将棋連盟に対して望むこと
(2016/12/28)

将棋棋士の三浦九段が将棋連盟に不満の意 「休場の申し出はしていない」「元の状態に戻してほしい」
“出場停止処分を妥当”としたことには「将棋連盟に寄り添ったものであり、極めて不当」とコメント。(2016/12/27)

三浦九段の将棋ソフト“不正使用疑惑”は「証拠なし」 ただし出場停止処分は「やむを得なかった」
プロ棋士の三浦九段が対局中に将棋ソフトを不正使用した疑いで、第三者調査委員会が「不正行為に及んだと認めるに足る証拠はない」と判断。(2016/12/26)

将棋のスマホ不正疑惑に「証拠なし」の判断 第三者委「不正認定の根拠とすることはできない」
調査の結果、「不正行為に及んでいたと認めるに足る証拠はない」と判断。(2016/12/26)

「スマホ不正疑惑」で騒動続く三浦九段、処分後初の不戦敗が確定 将棋連盟「第三者委の判断を待つしかない」
第三者委は調査を進めているとのこと。(2016/11/18)

「スマホ禁止」では解決しない「頭脳ゲームの不正問題」
頭脳ゲームにおける電子機器の脅威を考える。(2016/11/5)

渡辺竜王が将棋の“スマホ不正疑惑”についてブログで言及 「報道を介すことで自分の本意ではない形で世に出た」
騒動について初めて直接説明。(2016/11/2)

羽生三冠「疑わしきは罰せずが大原則」 将棋棋士の“スマホ不正疑惑”についてTwitterで見解を表明
妻・羽生理恵さんのTwitterを通じて発表しました。(2016/10/20)

「将棋ソフト不正使用の疑い」に三浦九段が反論 「適正な手続きによる処分とは到底言い難い」
騒動をめぐって年内の出場停止が決まっていました。(2016/10/18)

将棋棋士の「スマホ不正」疑惑と「出場停止処分」について思うこと
将棋界で起きてはならないことが起きた。棋士の不正疑惑とその影響を考える。(2016/10/13)

将棋竜王戦の挑戦者が突然変更 将棋連盟が異例の発表 
元々の挑戦者だった三浦弘行九段は2016年12月31日まで出場停止に。(2016/10/12)

最強将棋ソフトに挑む人類代表決定トーナメント「叡王戦」 本戦出場棋士16人の対局カードが決定
現役タイトルホルダーと将棋ソフトに完勝した実績のある棋士が1回戦でぶつかるという好カードも。(2015/10/15)

プロ棋士VS.コンピュータ「第1期将棋電王戦」来春に 現役プロ棋士から“人類代表”を選ぶ新棋戦を新設
プロ棋士とコンピュータの対局「第1期将棋電王戦」が来春開催決定。これまでの団体戦方式ではなく、ドワンゴが新設する棋戦の優勝者とコンピュータソフトが対局する。(2015/6/3)

将棋電王戦FINAL 第2局――人間側の連勝なるか Selene VS. 永瀬拓矢六段の見どころは
第1局は人間側の先勝に終わった「将棋電王戦FINAL」。第2局の対局者プロフィールと、注目すべき見どころをお伝えする。(2015/3/19)

団体戦は次がラスト! そしてタッグマッチへ 「将棋電王戦FINAL」2015年春に開催決定
プロ棋士とコンピュータソフトが戦う「将棋電王戦」は対決から共存へ。タイトルホルダーの参加はあるか!?(2014/8/29)

“敵”が“先生”になる日――コンピュータ将棋ソフト開発者 一丸貴則さん・山本一成さん(後編)
人間のプロ棋士とコンピュータソフトが戦った「将棋電王戦」。2人のソフト開発者はどんなことを考えて対局当日に臨み、そしてその結果に何を感じたのか。今後の人間とコンピュータとの関わり方についても考える。(2014/4/25)

第39期棋王戦五番勝負第1局ライブ配信 渡辺棋王VS三浦九段
将棋の第39期棋王戦五番勝負第1局、渡辺明棋王VS三浦弘行九段をライブ配信する。大盤解説は、北浜健介八段(解説)と竹部さゆり女流三段(聞き手)が担当する。配信は2月2日9時0分〜。(2014/1/24)

昨日の敵は今日の友――「電王戦タッグマッチ」開催 電王戦の棋士&将棋ソフトが再び集結 
初戦と決勝の解説は森内俊之名人が担当。かっこ良すぎるプロモーションビデオは必見です。(2013/8/21)

電王戦最終局、三浦八段が102手で投了 最終結果は3勝1敗1分けでコンピュータ側勝利
「責任果たせなくて申し訳ない」と三浦八段。(2013/4/20)

人間側完勝の裏にあったもの――コンピューター将棋ソフト対プロ棋士「第2回電王戦」、第1局リポート
コンピューター将棋ソフト対プロ将棋棋士。人間側の阿部四段の完勝となったが、そこに至るまでには対局前からのさまざまな駆け引きがあった。(2013/3/26)

第2回将棋電王戦第5局をライブ配信 三浦八段VS「GPS将棋」
現役プロ棋士と最先端コンピュータ将棋ソフトが団体戦で激突する第2回将棋電王戦をライブ配信する。第5局は三浦弘行八段VS「GPS将棋」。解説は屋敷伸之九段、聞き手は矢内理絵子女流四段、ゲストは作家の貴志祐介さん、声優の岡本信彦さん、観戦記は作家の夢枕獏さんが担当する。配信は4月20日9時30分〜。(2013/3/18)

第2回将棋電王戦・直前記者会見ライブ配信 棋士が心境を明かす
第2回将棋電王戦の直前記者会見をライブ配信。対局に臨む心境をプロ棋士が語る。登壇者は、日本将棋連盟理事の北島忠雄六段、阿部光瑠四段、佐藤慎一四段、船江恒平五段、塚田泰明九段、三浦弘行八段。配信は3月15日14時0分〜。(2013/3/8)

「将棋界の1番長い日」をニコ生はどう伝えたのか A級順位戦ネット配信の楽しみ方
アンケート機能で次の一手を予想したり、棋士の食事メニューに盛り上がったりと、ニコ生流の楽しみ方が定着しつつある。(2013/3/6)

将棋・第71期A級順位戦最終日 三浦弘行八段VS高橋道雄九段
「第71期将棋名人戦・A級順位戦」の最終戦をニコニコ生放送でライブ配信する。A級順位戦は、将棋界のトップクラス10人が総当たりで争うリーグ戦。1位の棋士が森内俊之名人への挑戦権を獲得する。ニコニコ生放送では全5局を個別にサブ番組で視聴でき、このページでは【三浦弘行八段VS高橋道雄九段】戦の盤面カメラの映像を届ける。配信は3月1日9時30分〜。(2013/2/28)

「第71期将棋名人戦・A級順位戦」最終戦をニコ生でライブ配信 羽生三冠VS“ハッシー”橋本八段も
3月1日午前9時30分から!(2013/2/20)

コンピュータに勝てば100万円! 世界最強「GPS将棋」対局イベントをニコニコ本社で開催
挑戦は先着順で誰でも可能。GPS将棋の強さは第2回電王戦の670分の1?(2013/2/18)

名人・棋王・王将出演 「第3回上州将棋祭り」ライブ配信
「第3回上州将棋祭り」をニコニコ生放送でライブ配信する。目玉の席上対局は郷田真隆棋王VS三浦弘行八段。大盤解説は藤井猛九段、矢内理絵子女流四段(聞き手)が担当する。そのほかに、森内俊之名人、佐藤康光王将、西村一義九段、藤井猛九段、先崎学八段、三浦弘行八段らも参加する予定。配信は1月4日10時30分〜。(2012/12/27)

トッププロの三浦八段も参戦決定――コンピューターvsプロ将棋棋士「第2回電王戦」が3月より開催
東京・六本木のニコファーレで開催された記者発表には、三浦弘行八段をはじめとする参戦棋士5名と、コンピューター将棋開発者5チームが参加。先手・後手を決める「振り駒」も行われた。(2012/12/17)

プロ棋士VS将棋ソフト「電王戦」再び 今度は5対5の団体戦、A級棋士も参戦へ
前回、将棋ソフト・ボンクラーズに敗れた米長会長。その無念を晴らすのはこの5人だ!(2012/12/17)

渡辺明竜王VS丸山忠久9段 第25期竜王戦7番勝負第1局・初日を完全生中継
将棋の第25期竜王戦7番勝負第1局・初日、渡辺明竜王VS丸山忠久9段を完全生中継する。大盤解説は三浦弘行8段。配信は10月15日9時0分〜。(2012/10/4)

ネット初! 将棋「名人戦」をライブ配信 森内俊之VS羽生善治・第1局(2日日)
将棋の7大タイトルの1つ「第70期名人戦」をニコニコ生放送でライブ配信する。名人戦をネット配信するのは初めて。今回は七番勝負・第1局(2日目)で、森内俊之名人に羽生善治二冠が挑む。解説は三浦弘行八段、安食総子女流初段。配信は4月11日9時0分〜。(2012/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。