ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「水瀬いのり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「水瀬いのり」に関する情報が集まったページです。

3歳児も楽しめたアニメ映画「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)」 子どもに見てほしい理由を全力で解説する
なぜ子どもに見てほしいのか、全力で解説。(2020/11/14)

宇垣美里インタビュー アニメ映画「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」で感じたキャラクターを演じることの難しさ
映画は11月7日公開です。(2020/11/6)

かつてない社会現象「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」レビュー 本編の魅力をネタバレなしで紹介
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のかつてない社会現象をまとめると共に、本編の魅力をネタバレなしでお届けする。(2020/10/17)

「魔進戦隊キラメイジャー」出演俳優が“ヒロイン”巡りバチバチ 小宮璃央を取り合う“お姫様ワンダー抱っこ”バトルが勃発
キラメイジャーのヒロインは充瑠くんです(迫真)。(2020/10/16)

Yahoo!とTwitter、三陸沿岸地域の応援企画 ツイートやリツイートで寄付
ドキュメンタリー動画を見たり、所定のハッシュタグをつけてツイートやリツイートしたりすることで寄付が可能。(2020/3/3)

原作漫画が完結の『五等分の花嫁』、テレビアニメ第2期が10月から放送決定!
ティーザービジュアルと&PVも公開!(2020/2/19)

OVA発売前にぴょんぴょん 「ごちうさ」特別番組劇放送決定、さらに“全羽”一挙と劇場版も放送
心ぴょんぴょんしてきた。(2019/9/9)

「息づかい聞こえるほど」……等身大キャラと“手と手合わせて”踊るリズムゲー「テトテ×コネクト」
等身大のパートナーキャラクターと手と手を合わせてペアダンスを楽しむアーケードゲーム「テトテ×コネクト」が登場。「キャラの息づかいが聞こえるほど」の近い距離感で爽快なダンスを楽しめるという。(2019/6/10)

プリキュア最新映画に宮野真守が出演決定! 口癖をコピーする能力に「プリキュア側になれたみたい」
予告映像では、新たな情報も明らかに。(2018/6/27)

声優の畠中祐、“縛られてしまう自分と決別するため”Twitter休止を発表 「エゴサだってしちゃうし」
今後の出演情報はオフィシャルTwitterと所属プロダクションTwitterで告知していくもよう。(2018/6/24)

“Wいのりん”で尊さ2倍! 水瀬いのり×キリンレモン「まっすぐに、トウメイに。」MVがカワイイの極み
最初のフレーズからかわいい。(2018/5/17)

フリクリ続編「フリクリ オルタナ」「フリクリ プログレ」として9月劇場公開!
公開日決定!※追記・訂正あり(2018/3/21)

新たな“いのりまち”誕生へ 水瀬いのり22歳の誕生日に町民の願い実る
住民登録しなきゃ(使命感)。(2017/12/2)

「ノゲノラ」チーム最新作アニメ「宇宙よりも遠い場所」2018年1月放送開始! 声優は水瀬いのり&花澤香菜ら
通称「よりもい」。(2017/11/9)

アニメ「バジリスク 〜桜花忍法帖〜」2018年1月放送決定! OP曲は陰陽座再び
バジリスクタイムの時間だ!!(2017/10/13)

「Re:ゼロから始める異世界生活」アニメ新作エピソードが制作決定! 完全新作PVも公開
言質、とりました!(2017/9/10)

アニメ「少女終末旅行」チト役は水瀬いのり、ユーリ役は久保ユリカに OP&EDも歌唱
10月6日から放送スタート。(2017/9/7)

水瀬いのりがアクセルワン所属に 町民から喜びの声があがる
“いのりのまち”が復活するといいな。(2017/9/1)

“いのりまち”消滅へ 水瀬いのり、事務所契約満了で存続厳しく 町民に動揺広がる
支持率100%の町長。(2017/7/4)

「キラキラ☆プリキュアアラモード」6人目のプリキュア・キュアパルフェが登場! 声優は水瀬いのり
キラキラルがぴょんぴょんしてくる。(2017/6/1)

アニメ「さくらインターネット 新生」 さくらインターネットが創業20周年記念に公開
テーマは挑戦。(2017/1/26)

12月4日は「ごちうさ」チノちゃんの誕生日 公式はティッピーケーキで祝福、ニコ動の第1話は“お前らの愛で見えない”状態に
2日前の12月2日は中の人・水瀬いのりさんの誕生日でした。(2016/12/4)

声優・水瀬いのりさんへの殺害予告、投稿者を書類送検 水瀬さん「私は負けないですよ」
声優・水瀬いのりさんに対する殺害予告がネット上に書き込まれた問題で、投稿者が書類送検されたとソニー・ミュージックアーティスツが発表。(2016/11/30)

殺害予告を受けた声優・水瀬いのりさん、ブログに悔しさつづる 「私は負けないですよ」とも
「この件に関しては、悔しいし、ずっとイライラしてます」(2016/11/29)

声優・水瀬いのり、殺害予告を受け台湾でのイベントをキャンセル 悔しさにじませるも「絶対次の機会を」と前向き発言
所属事務所と所属レコード会社が発表しました。(2016/11/25)

声優・水瀬いのりさんに殺害予告 出演イベント中止
声優・水瀬いのりさんに対する殺害予告がネット上に投稿されたことを受け、11月〜12月に予定していた出演イベントが中止に。(2016/11/25)

バーチャル三波春夫「ハルオロイド・ミナミ」をオーディションしてみた
我が家にやってくるバーチャル演歌歌手はこれで4人目。ハルオロイドの実力を試してみた。(2016/10/20)

アニメ「ViVid Strike!」10月1日から放送へ スポーツ格闘路線は「魔法少女リリカルなのはViVid」から継承?
OPは小倉唯さんの「Future Strike」、EDは水瀬いのりさんの「Starry Wish」。(2016/8/31)

「リゼロ」最終話放送直前イベントの開催が急きょ決定! メインキャストのトーク、主題歌ミニライブなど
11月のスペシャルイベントに応募が殺到したからなのだそうです。(2016/8/30)

千鳥がかわいい超巨弾戦記ギャグアニメ「信長の忍び」、10月放送開始が決定
第0話先行公開中、監督は大地丙太郎。少女忍者・千鳥役は水瀬いのりさん。(2016/7/12)

「魔法少女リリカルなのは」シリーズ最新作! 「ViVid Strike!」10月より放送開始
2015年放送「なのはViVid」の続編か!?(2016/7/8)

「ごちうさ」「ゆゆ式」「がっこうぐらし!」 「まんがタイムきららフェスタ!2016」の参加作品&出演者が発表!
計8作品24人が出演する過去最大規模のイベントに。(2016/4/19)

第10回声優アワード、ダンまちコンビが主演賞に 神谷浩史さんは殿堂入りへ
助演男優賞、パーソナリティ賞を受賞した鈴村健一さんは「松来未祐さんが背中押してくれたお陰」とコメント。(2016/3/13)

「ダンまち」新作OVAの制作決定 ヘスティア様にまた会えるぞおおおおおお!
2月21日開催のイベント「神の感謝祭(ヘスティアパーティー)」で発表されました。(2016/2/22)

ここさけメンバーにまた会える! 「心が叫びたがってるんだ」スペシャルイベントが8月7日に秩父で開催決定
本当は行きたいんだ!(2016/2/19)

アニメ「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」は4月7日放送 新ビジュアルも解禁
ネトゲでもいいから告白されたい(切実)。(2016/2/10)

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」の放送日が2016年4月に決定! 原作は6000万PV突破のWeb小説
キービジュアルやキャスト&スタッフ情報も解禁されました。(2015/12/18)

ヘスティア様のむちむちボディでカップ麺のフタを押さえる! 「みんなのくじ」にダンまち第2弾が登場!
A賞とラストワン賞がぬーどるストッパーです。(2015/12/4)

アニメとTCGが合体した新プロジェクト「ラクエンロジック」始動! ブシロードが新たな地平を拓く
テレビアニメは2016年1月スタート!(2015/11/17)

「うたわれるもの 偽りの仮面」テレビアニメ化 10月から放送
キャストや特報映像も公開。(2015/6/7)

「心が叫びたがってるんだ。」声優陣に水瀬いのりさん、内山昂輝さん、雨宮天さん、細谷佳正さん 特報&ポスター解禁
「AnimeJapan 2015」ステージで公開。(2015/3/21)

「マジンガー」シリーズのロボが美少女に! アニメ「ロボットガールズZ」来年放送
「ロボットガールズZ」ではマジンガーZやグレートマジンガーがかわいい女の子になって地下帝国と戦う。(2013/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。