ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MMDAgent」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「MMDAgent」に関する情報が集まったページです。

とある提督が雷とおしゃべりできる部屋を自宅に作り「ダメ男製造機」だと話題に
家に帰れば嫁が待ってるぞ。(2014/7/9)

俺、歌声になってみたから、歌わせてみない? 楽譜を入力すれば歌ってくれる「Sinsy」の中の人体験
自分の知らないところで、自分の声が、知らない曲を歌っている――そんな展開を期待してます。(2013/12/26)

バーチャルシンガーであなたのカラオケが上手くなる――JOYSOUND「ボーカルアシスト」が目指す未来
音声合成によるバーチャルシンガーがカラオケのお手本として歌ってくれる「ボーカルアシスト」がJOYSOUNDに加わる。名工大の技術を活用し、男女の自然な歌声がカラオケ上手に導いてくれる。詳細を聞いてみた。(2013/10/28)

音声合成・歌声合成の新星「CeVIO」、その謎が解けた!
無償の音声合成・歌声合成ソフト「CeVIO Creative Studio FREE」が公開された。簡単な操作でキャラのおしゃべりを制作できる期待の新星、その開発の経緯やこれからを教えてもらった。(2013/4/26)

ニコニコ技術部台湾支部、スカートめくりにかける情熱を目撃せよ
「東方Project」のキャラクター・霊夢の姿を立体投影し、さらにスカートめくりに挑む。(2013/2/12)

等身大ジョジョ&ディオから便所プラモまで ワンフェス2013[冬]フォトリポート
迫力の等身大「空条承太郎」「ディオ」に愛らしい雪ミクさん、さらにはネタ感満載の「洋式便所」など、ワンフェスの注目の展示をお届けする。(2013/2/11)

2次元キャラを現実に召喚する“変身ロボット”横国大が開発
2次元キャラを現実世界に召喚して会話を楽しめる日が来るかもしれない。(2013/2/8)

ロボットとCGを合成:
拡張現実で“萌えキャラ”に変身するロボットが間もなく登場!? ベンチャーを通じて販売も
科学技術振興機構は、横浜国立大学に委託していた研究開発課題「ロボットへの仮想キャラクタ映像合成システムの開発」において、拡張現実を利用した変身ロボットの試作開発に成功。ベンチャー企業「異次元」を通じて個人向け開発キットの試験販売を計画している。(2013/2/7)

家政婦のミク、開発進行中
「ミクちゃん、ライトつけて」で部屋の明かりが点灯!(2013/1/8)

マルチプラットフォーム対応に向け前進した「MMDAgent」
音声インタラクションシステム構築ツールキット「MMDAgent」の最新バージョンである1.1を公開した。Macなどのマルチプラットフォーム対応を改良したのがポイントだ。(2011/8/5)

MMDAgentがさらに進化して大学受付嬢に――等身大3Dメイちゃんが名工大の正門でご案内
名工大国際音声技術研究所のMMDAgentが、「世界初の双方向音声案内デジタルサイネージ」として実稼働スタート。3Dメイちゃんが同大学正門付近で案内嬢を務める。(2011/4/7)

初音ミクのMMDモデルが、Kinectで作ったモーションで応えてくれる?――MMDAgentのα版がついに公開
画面に話しかけると、3Dの初音ミクがエージェントとなって答える――そんな夢を実現する名工大の技術「MMDAgent」のα版が公開された。自由に対話システムを構築し、さらなる拡張を行うことも可能だ。(2010/12/25)

Weekly Access Top10:
CEATEC盛況 来場者は昨年より3万人増
今年のCEATECは盛況だったようだ。来場者数は昨年より約3万人増えた。現地に行っていなくても、UstreamやTwitterで会場の雰囲気を味わった人は多かったのではないだろうか。(2010/10/12)

初音ミクとも簡単に対話できる「MMDAgent」、その詳細を聞いてきた
初音ミクなどのMMDと音声で対話できるようにするオープンソースツール「MMDAgent」を開発している名古屋工業大学のチームに、対話システムの作り方から、Sinsyの今後についても答えてもらった。(2010/10/7)

初音ミク、エージェントになる?――名工大「MMDAgent」がもたらす未来
画面に話しかけると3Dの初音ミクがエージェントとなって答えたり踊ったりする――そんな技術が話題を呼んでいる。(2010/9/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。