ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Moonlight」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Moonlight」に関する情報が集まったページです。

Silverlight 3の機能も一部組み込み:
Linux版Silverlight「Moonlight 2 β」リリース
MicrosoftのRIA再生プラグインのLinux版「Moonlight 2」のβ1は、Monoランタイム搭載でJavaScriptエンジンの300倍の速度を実現した。(2009/8/18)

エンタープライズRIA開発の最新動向 第1回
アドビ、MS、サンの「RIA開発における優位点」とは?
業務アプリケーションでの採用も増えつつあるRIA。そこにはさまざまな技術がある。業務に適したシステムを構築するためには何を選べばよいのか? エンタープライズRIA開発の最新動向をシリーズで探っていく。(2009/4/3)

Linux版Silverlight「Moonlight」、正式リリース
LinuxでSilverlightコンテンツを再生できるMoonlightが正式版になった。(2009/2/12)

Mono、オバマ大統領の就任演説に合わせ「Moonlight 1.0」をリリース
Silverlightのオープンソース実装「Moonlight」のバージョン1.0がリリースされた。Silverlight 1.0に対応する。(2009/1/22)

Linux版Silverlight「Moonlight 1.0」βリリース
SilverlightコンテンツをLinuxで再生できるMoonlightがβ公開された。Firefox 3の拡張機能として配布される。(2008/12/3)

MicrosoftとNovell、提携2周年で進ちょくを報告――Moonlight βは間もなく
Microsoft SilverlightをLinux上で動作させるためのオープンソースプラグイン「Moonlight」β版は近く提供が開始される。(2008/11/20)

Microsoftのレイ・オジー氏、オープンソースやAzureなどを語る
Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏は、「Microsoft Professional Developers Conference」においてeWEEKとのインタビューに応じ、オープンソースや相互運用性、ソフトウェアモデリング、Windows Azureクラウドオペレーティングシステムなど、さまざまなテーマについて熱心に語った。(2008/11/6)

「ネットでMS環境に固執する意味薄い」――「Silverlight2」正式版、来週公開
MSのブラウザプラグイン新版「Silverlight2」正式版が来週中に公開される。AACやH.264にも対応した新DRMを搭載。「ネットでMS環境に固執する意味は薄い」とMSの担当者は語る。(2008/10/10)

まもなくβがとれます:
マイクロソフトが「Silverlight 2」正式版のリリース時期を発表
マイクロソフトが次世代Webブラウザプラグイン「Silverlight 2」の説明会を開催し、10月第3週の正式リリースを告知。“SeaDragon”の名で知られる画像高速表示機能「DeepZoom」のデモなども行った。(2008/10/10)

MSのSilverlightのオープンソース版「Moonlight」のコードをリリース
Moonlightは、MicrosoftのSilverlight向けに作られたコンテンツをLinux上で再生できるようにする。(2008/5/15)

NovellとMS、Linux向けSilverlightの「Moonlight」を準備中
Novellによると、MicrosoftのSilverlight技術のLinux対応版は6カ月以内に提供される見込みだ。(2007/12/7)

SilverlightはLinuxもサポート――MSの「Moonlight」プロジェクト
MicrosoftのSilverlightは、クラスプラットフォーム対応プラグインとしてLinuxもサポートする見込みだ。(2007/9/7)

MS、Flash対抗「Silverlight」を正式リリース
MicrosoftはNovellと協力してSilverlightでLinuxをサポートする「Moonlight」も提供する。(2007/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。