ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「非モテSNS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「非モテSNS」に関する情報が集まったページです。

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ねとらぼ:
みんな、オラに非モテをわけてくれ! 「HiMOTTER」イブにオープン
Twitterを利用して、非モテエピソードをつぶやけるTwitter連携サイトがイブに合わせてオープン。その名も「HiMOTTER」(ひもってー)だ。(2010/12/24)

ねとらぼ:
クリスマスは「エアデート」を “非モテ日本代表”とデートするメイドさん募集中
イブに“非モテ日本代表”がメイドさんとデートし、その様子を実況するという「エアデート」を非モテSNSが企画しているが、肝心のメイドさんが「まだ決まっていない」らしい。(2010/11/26)

ねとらぼ:
登録159万人 Facebook、日本で流行の兆し
世界最大のSNS「Facebook」が日本で流行の兆しを見せている。Facebookに同時にログインして交流する「オン会」が企画されるなど、ユーザーサイドから盛り上げようという気運も。(2010/10/13)

恋人と別れて「非モテSNS」入ると2万円プレゼント 「Himospawn」
「デート費用にオサラバ!」――「非モテSNS」に登録するために恋人と別れた人に2万円を贈るサービス「Himospawn」が始まった。(2010/10/4)

田代まさし容疑者逮捕にネット騒然 シミケン逮捕時Twitterで「大丈夫」と言っていたのに……
田代まさしさんが麻薬取締法違反容疑で逮捕されたという報道を受け、ネットでも大きな話題になっている。清水健太郎容疑者逮捕時、田代容疑者はTwitterで「全然大丈夫」とツイートしていたのだが……。(2010/9/16)

Twitter上の「願望」を集めた「したいなう」
Twitter上の「願望」を集約したサイト「したいなう」をホットココアがスタートした。(2010/6/21)

17歳が語る“脱・ネトゲ廃人” 「スレた目」が変わったとき
「非モテSNS」副管理人の西村本気さんは17歳の元“ネトゲ廃人”だ。今年1月に半生などを著書にして出版。6年間の引きこもり生活にひと区切りつけた。「いまはリア充です」――遠回りしたが、青春の真っただ中にいる。(2010/4/2)

「非モテSNS」のえがちゃん起業 「エイプリルフールネタじゃありません」
「非モテSNS」のえがちゃんが脱サラし、起業した(※注:エイプリルフールのネタではありません)。(2010/4/1)

ねとらぼ:
「バレンタイン爆発しろ!」 非モテSNS公式オフ、「新しい因習」を朝まで討論
バレンタインデーの必要性や悲惨な思い出について朝まで徹底討論する非モテSNS公式オフ会が2月14日に開催される。(2010/2/9)

ねとらぼ:
モテ系男女は退会処分――非モテSNS、累計1000人を強制退会
“モテ系”と認定されて強制退会処分を受けた非モテSNSユーザーが、累計1000人を突破した。(2010/1/14)

Twitterで鳩山首相になりすました男性が謝罪 「有名人でコントやってみたかった」
「鳩山由紀夫様、大変ご迷惑をおかけいたしました」――Twitterで首相になりすましていた人物が名乗り出て、ブログで謝罪した。(2009/12/28)

ねとらぼ:
“非モテ女子”限定、恋愛相談オフ 体重103キロのカウンセラーがアドバイス
非モテSNSがクリスマス直前に、“非モテ女子”限定の恋愛相談イベントを開く。体重103キロの恋愛カウンセラーが登場し、女子たちの相談に答える。(2009/12/15)

せかにゅ:
ウイルスがPCに児童ポルノをダウンロード、危うく有罪に
米国の男性が児童ポルノ所持で起訴されたが、ポルノをダウンロードしたのはコンピュータウイルスであることが分かり、無罪になった。(2009/11/16)

ねとらぼ:
「妄想恋人がいる設定で元気よく発言!」――非モテ専用つぶやきの場「pimote」
「非モテSNS」を運営する永上さんが、非モテのためのつぶやきの場「pimote」をスタートした。「妄想恋人がいる設定で元気よく発言する」のがルール。(2009/9/9)

“非モテの夏フェス”――東名阪でオフ会 友達できなければ返金OK(※ただし非イケメンに限る)
非モテを探して全国横断――「非モテSNS」の公式オフ会が東名阪で開かれる。参加は有料だが「友達が1人もできなかったら、返金OK(※ただし非イケメンに限る)」だ。(2009/8/3)

「非モテSNS」で人力コメント付けサービス 寂しい日記を“救済”
コメントゼロの“1人っ子”日記に人力でコメントを付ける“究極のなれ合い”サービスが、「非モテSNS」で始まった。(2009/7/15)

2次元 vs. 3次元!? ピクシブ社長と加藤鷹さん、「非モテSNS」オフ会で対談
「非モテSNS」のオフ会に、AV男優の加藤鷹さんとピクシブの片桐孝憲社長が登場。「2次元 vs. 3次元のちょっと大人な会話」をするという。(2009/7/6)

非モテSNS、2万会員突破
モテない人“非モテ”が集まり、傷をなめ合うSNS「非モテSNS」の会員数が5月12日に2万人を突破した。(2009/5/12)

ねとらぼ:
“非モテの神”永上さん、NHK「未婚社会」特番に出演 菊川怜さんと結婚トーク
「非モテSNS」を運営する永上裕之さんが、NHKの「日本の、これから 〜独身者急増!“未婚社会”〜」に出演する。(2009/5/7)

「怪しげな場所に俺を呼ぶな!」――田代まさし氏、「非モテSNS」オフ会に降臨
非モテだらけのオフ会に「ネット界のネ申」こと田代まさしさんが降臨。田代さんが「怪しげな場所に俺を呼ぶな!」と叫んだほど“カオス”な現場を、ITmediaの新人記者が取材した。(2009/5/1)

ねとらぼ:
ねとらぼが1周年だった 年間アクセストップ100
おかげさまでねとらぼが先週、1周年を迎えていました。アクセスの多かった記事を中心に、この1年を振り返ります。記事の最後に年間アクセストップ100の一覧表あり。(2009/4/24)

ねとらぼ:
1人遊び専門「セルフSNS」 「SNS本来の趣旨を大幅に逸脱」
「SNS本来の趣旨を大幅に逸脱」した1人遊び専門の「セルフSNS」が登場した。斬新すぎる。(2009/4/15)

「非モテSNS」に“神降臨” 田代まさしさん、オフ会に登場
“ネット界の神”こと田代まさしさんが「非モテSNS」のオフ会にゲストとして参加する。(2009/4/6)

ねとらぼ:
今年も白熱、エイプリルフールネタ合戦 「円谷プロ」など定番から新顔まで
今年のエイプリルフールは、円谷プロなど定番から日本のYouTubeなど新顔まで、さまざまなネタがネット上で楽しめる。(2009/4/1)

営業マンも“非モテの神”もこなす22歳 「非モテSNS」のえがちゃん参上
いよいよ出会いと恋の季節・春がやってくる……でもそんなの関係ねぇ! “非モテの神”えがちゃんとともに「非モテSNS」の世界をのぞいてみよう。(2009/3/19)

ねとらぼ:
彼女いなくてもデート気分 「エアホワイトデー」はいかが
“現役JK”とのデート気分が味わえるという、非モテSNS主催の「エアホワイトデー」企画が実施される。(2009/3/9)

ねとらぼ:
「非モテSNS」が英Timesで紹介される
「非モテSNS」が、英国の高級紙The Timesと、同紙のWeb版で紹介された。(2009/2/18)

ねとらぼ:
「非モテ専用名刺」で自己紹介してみないか
自分の名前やメールアドレス、非モテSNSのIDを入力し、名刺風の画像を作成できるサービスがある。(2009/1/22)

ねとらぼ:
あんなところに萌えキャラ こんなところにひろゆき氏――「ねとらぼ」総決算
ITちゃんアイコンでおなじみの「ねとらぼ」コーナーから今年の人気記事ベスト50を紹介するポ!(2008/12/26)

「非モテSNS」1万会員突破 「クリスマスを前に天井知らずのパワー」
もう止められない!?――“非モテ”が集まり、傷をなめ合う「非モテSNS」が1万会員を突破した。「クリスマスを前にした天井知らずの非モテパワー」という。(2008/12/18)

「とくダネ!」に初音ミク 「恋するVOC@LOID」作家のアルバム、オリコン8位に
「恋するVOC@LOID」作家の初音ミクアルバムがオリコンデイリーチャート8位を獲得。「とくダネ!」で紹介されて記者はびっくり。(2008/12/8)

ねとらぼ:
クリスマス前に盛り上がり? 「非モテSNS」3000会員突破
ネットばっかりやってモテない奴、集合――「非モテSNS」はオープンして約1週間。「クリスマスを前に異様な盛り上がり」を見せ、会員数は3000を突破した。(2008/12/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。