ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「News2u」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「News2u」に関する情報が集まったページです。

英字新聞「The Japan Times」、PR会社News2uの傘下に
120年の歴史ある英字新聞「The Japan Times」を、News2uグループが買収した。(2017/6/12)

ニューズ・ツー・ユーに:
ニフコ、英字紙ジャパンタイムズを売却
ニフコが英字紙「ジャパンタイムズ」の売却を発表。ニューズ・ツー・ユーホールディングスに譲渡する。「自動車業界の変化の中で、経営資源を集中する」という。(2017/6/12)

イベント主催者の重要課題を解決:
イベントレジスト、イベント集客に特化した広告・PR分野のサービスを提供開始
イベントレジストは、同社のイベント管理プラットフォーム「EventRegist」利用者向けに、集客のためのソリューションとして広告とPRの分野のサービスの提供を開始した。(2016/1/26)

「ソーシャルメディアサミット 2013」レポート:
「会話戦略の視点」で読み解くソーシャルメディアプロモーション、キーワードは“意外性”
「ソーシャルメディアサミット 2013」では4つのパネルディスカッションが組まれ、それぞれ「会話戦略」「活性化戦略」「支援戦略」「統合戦略」という視点でテーマが設定されていた。今回レポートするのは、企業のソーシャルメディア活用を会話戦略の視点で読み解く「アンバサダーを作るユーザーリレーションのために必要なこと」。(2013/2/7)

それゆけ! カナモリさん:
世界初! 機内生ビール1000円は高いか安いか?
ANAが世界で初めて機内で注ぐ「樽生ビール」の提供を7月20日より開始したという。その価格は1000円。果たして妥当な値段設定だろうか。(2010/7/28)

ブロガー向けにニュースリリース配信 News2u、アジャイルメディアと連携
News2uは、アジャイルメディアのサービスに登録したブロガー向けに、企業がニュースリリースを配信できるサービスを始める。(2009/9/16)

ニュースリリースをTumblrで配信 News2u、携帯サイトも公開
PR代行サービスのNews2uは、企業のニュースリリースをTumblrでも配信する。(2009/7/9)

ブロガー座談会 アルファブロガー編(1):
ブログで変わった私の人生
今後ブログはどうなっていくのか、どうなってほしいか――小飼弾、モダシンほか9名のアルファブロガーが語り合った。(2008/12/16)

同報メールの配信ミスを防ぐ:
ニューズ・ツー・ユー、ニュースリリースの配信を支援
ニューズ・ツー・ユーは、企業向けのニュースリリース公開支援サービスを発表した。(2008/7/24)

差別化し、言葉にし、心配する:
まつもとゆきひろ×小飼弾対談 生き残るエンジニアとは?
(2008/3/13)

“iPhone”は女性がハマる?──ブロガーたちのファーストインプレッション
日本でも大きな注目を集めているAppleの「iPhone」。日本のブロガーたちは、iPhoneのどこを評価し、どこの改善を望んでいるのか。実機を試したブロガーたちのファーストインプレッションを聞いた。(2007/7/10)

日本企業のニュースリリースを海外に News2uとBusiness Wireが提携
News2uはBusiness Wireと提携し、国内企業のニュースリリースを海外メディアや投資家向けに配信するサービスを始めた。(2007/6/21)

Web2.0時代の企業広報とは──時事通信がセミナー
(2006/6/15)

逮捕の衝撃、ITベンチャー経営者にも広がる
堀江前社長逮捕を受け、はてなの近藤社長やサイバーエージェントの藤田社長などITベンチャー社長が、自身のブログで心境を告白した。(2006/1/24)

企業広報担当者、ニュースサイトやメルマガを既存メディアと同等評価
ニューズ・ツー・ユーの調査によれば、企業広報担当者の過半数は、ニュースサイトやメールマガジンについて、「新聞・雑誌、電波メディアなど既存メディアと同等に評価している」ことがわかった。(2004/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。