ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「集客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

極楽湯が「鬼滅の刃」とコラボ キャラクターの風呂やオリジナルグッズを用意
極楽湯は、「極楽湯・RAKU SPA グループ」全国29店舗で、「鬼滅の刃」とのタイアップ企画第2弾を開催する。キャラクターとコラボした風呂やオリジナルグッズなどを用意。梅雨でも楽しめるイベントを開催することによって集客を狙う。(2022/5/18)

「スシロー」も10〜30円値上げ10月から 1皿100円終了
回転ずし店「スシロー」を展開するフード&ライフカンパニーズは9日、にぎりずしなどのメニューを10月1日から10〜30円値上げすると発表した。昭和59年の創業以来、最も安い商品は1皿税抜き100円を維持して集客につなげてきたが、値上げに伴い終了する。(2022/5/10)

サンシャイン水族館、EXILEとコラボ クラゲエリアで特別な演出を展開
サンシャイン水族館は、2022年に結成20周年を迎えたEXILEとのコラボイベント「サンシャイン水族館×EXILE〜20th ANNIVERSARY〜」を開催する。人気アーティストのEXILEとコラボすることによって集客アップを狙う。(2022/5/6)

「PayPayポイント」を外販で共通ポイント化へ 楽天ポイントを抜いて1位を目指す
PayPayは、2022年10月以降に「PayPayポイント」を外販して共通ポイント化する考えがあることを明かした。企業側がPayPayポイントを購入してセールなどで付与することで、購買の増加や集客の増加につながることを狙う。他の共通ポイントと異なるのは、ポイントカードがなくPayPay決済と連動すること。(2022/4/27)

スマホで入れるメタバース、ドコモが公開 アニソンで集客、ライブも開催
NTTドコモがスマートフォンやPCのWebブラウザで利用できるメタバース「XR World」をオープンした。利用は無料。(2022/3/31)

国内初:
西武園ゆうえんちに「銭天堂」アトラクション 今春登場
西武園ゆうえんちは、国内外で人気の児童小説でアニメ化もされている「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の世界観を再現した体験型アトラクションを今春から開設する。「銭天堂」をテーマとするアトラクションは国内初。改装開業から5月で1年を迎えるのに合わせ、集客力のさらなる強化を図る。(2022/3/3)

高精度の集客ターゲティングを実現:
リアル行動ビッグデータを活用したイベント集客特化型デジタル広告 博展とunerryが提供
国内最大級のリアル行動データにより、精度の高いターゲティングを実現するデジタル広告。(2022/1/24)

スーパー・百貨店、コロナ後の集客は 試食や実演販売困難 新手法を模索
スーパーや百貨店の食品・雑貨売り場で試食や実演販売などを手掛けてきた販促支援会社が、「アフターコロナ」に向け新たな取り組みを始めている。(2021/12/24)

イカゲームの集客力に賭けるウォルマート Netflix Hub立ち上げの狙いは
Netflixは自社コンテンツの人気を生かして今秋Walmartと提携し、大型小売店で限定商品を販売する。(2021/12/23)

着物女子を狙う:
花やしき、縁日コーナーをリニューアル 3つの「あそび」を提供
花やしきは、同社が運営する遊園地「浅草花やしき」の縁日コーナーを「マルハナ縁日」としてリニューアルオープンすると発表した。浅草を着物で観光する女性客の集客を狙う。(2021/12/6)

集客戦略:
飲食店「満席」にするには? 忘年会で巻き返し戦略
国内の新型コロナウイルス感染者が激減したことで、「宴会控え」もようやく改善しつつあるが、今年も忘年会を開かない企業は多い。コロナ前の水準への回復へ道のりは遠いが、飲食店はさまざまな集客戦略で巻き返しを図っている。(2021/11/27)

東京・蒲田にて:
ホテルに昭和テーマの「駄菓子屋ルーム」 約20種類の駄菓子が出迎え
ホテルマネージメントジャパンは、運営する「オリエンタルエクスプレス東京蒲田」で、東京・蒲田の駄菓子屋をイメージした「コンセプトルーム」と蒲田の町を体験できる「宿泊プラン」の予約受付を開始した。「昭和」をテーマに、非日常の空間やプランの提供で集客につなげる。(2021/11/13)

2021年秋の調査:
首都圏版、「商業施設の集客力」ランキング 3期連続の1位は?
日経リサーチは、首都圏版の「商業施設の利用実態調査」を発表した。渋谷ヒカリエや御殿場プレミアムアウトレットを抑えて1位になったのは?(2021/11/9)

勘違いだらけのWebマーケティング【第2回】:
成果の出ないディスプレイ広告によくある3つの勘違い
Webマーケティングでよくある勘違いを紹介し、理想と現実のギャップを埋めるための本連載。第2回は、代表的な集客施策である「ディスプレイ広告」について。(2021/11/1)

Jリーグのガンバ大阪、サッカースタジアムで防災キャンプ開催 試合日以外の集客の一環
サッカーのJリーグ1部(J1)所属のガンバ大阪は、同クラブのホームスタジアム「パナソニックスタジアム吹田」を活用して、防災キャンプを開催すると発表した。Jリーグの試合日以外の集客の一環。24日から先着50人限定で募集を始める。(2021/10/23)

Googleマップでも「動画」:
MEO対策と専門動画で集客強化 GMO TECHとリチカがGoogleマップ上で検索順位を上げる新サービス提供
Googleマップ上での検索順位を上げる「MEO Dash! byGMO」のオプションとして「MEO向け動画パッケージ」を提供。(2021/10/13)

都内繁華街へ初出店:
「#ワークマン女子」アルカキット錦糸町に出店 大学生とのコラボで全国トップの売り上げを狙う
ワークマンは、「#ワークマン女子」をアルカキット錦糸町店に出店する。旗艦店として全国924店中で1位の年間6億円の売り上げを狙う。店内に「インスタ映え」するフォトスポットを設け、集客へつなげる狙い。(2021/10/1)

顧客が選べるギフトに勝機あり:
PR:激変するマーケティングに「デジタルギフト」という一手 「贈って」顧客接点を作り、育む効果とは?
コロナが生んだ「会わない、触らない」という新常識、そしてサードパーティーCookieの規制による個人情報保護など、マーケティング業界は今、一大転換期を迎えている。今までの常識にとらわれることなく、顧客接点を拡大し、売り上げにつなげるためには何が必要なのか? 「デジタルギフト」という新しい切り口で多くの集客・販促施策を支援するギフティに聞いた。(2021/8/31)

楽天ペイ、中小店舗の決済手数料を1年間無料に 楽天ポイントが集客の強みに
楽天ペイメントは、年商10億円以下の新規加盟店を対象に、「楽天ペイ」のコード決済の手数料を、2021年10月1日から2022年9月末まで実質0円とする。楽天の決済サービスで同社が強みに挙げるのが「楽天ポイント」だ。加盟店になることで購買意欲の高いユーザーが来店し、売り上げのアップが期待される。(2021/8/25)

コクヨ、実験店舗でAR活用 「ゴゴゴゴゴ……」「ぷにぷに」──文具の周りが擬音語だらけに
「ゴゴゴゴゴ……」など、ARで表示される擬音語で埋め尽くされた店内でお買い物──コクヨが自社の文具などを販売する店舗でこんな実験を始めた。店内でユニークな体験ができるようにし、実店舗の集客につなげるという。(2021/8/23)

プランは2種類:
富士山の目の前にグランピング施設がオープン どんな特徴があるの?
グランピングのプロデュースや集客を行うブッキングリゾート(大阪市北区)が運営する「リゾートグランピングドットコム」は、JSフーズ(東京都品川区)が山梨県南都留郡山中湖村にオープンするグランピング施設「LE NIDO(ル・ニド)」の予約受け付けを開始した。プライベートグランピングをうたうLE NIDOの特徴とは?(2021/8/21)

「購買」が起点:
楽天が本気で進める「オムニコマース」 1億超のIDがオンラインとオフラインの体験をつなぐ
楽天グループが広告事業の領域をオンラインからオフラインまで拡大させている。1億を超える楽天IDのデータを集客と顧客エンゲージメントの向上にどう活用できるのか。担当者に聞いた。(2021/7/15)

現地を取材:
オープン1週間で満室! 在宅勤務の20代がソーシャルアパートメントを選ぶワケ
グローバルエージェンツが5月末にオープンしたソーシャルアパートメント「ネイバーズ鷺沼」が人気である。開業2カ月前から集客を開始したところ、約180件の問い合わせを集め、オープンして1週間後には全60室が満室に。住民の多くは20代のリモートワーカーだ。(2021/6/27)

コロナ禍の影響も:
首都圏、商業施設の集客力ランキング 「渋谷ヒカリエ」や「伊勢丹 新宿店」を抑えて1位になったのは?
日経リサーチが「首都圏利用商業施設(集客力)ランキング2021年春」を発表した。コロナ禍の影響も見られたが、1位になったのは?(2021/6/18)

飛沫の抑制と通気性を両立させる不織布マスク、花王が開発へ 鹿島アントラーズも協力
花王は24日、不織布を使って「飛沫抑制と通気性を両立させたマスク」を開発するプロジェクトを立ち上げると発表した。感染予防と集客の間で苦しむJリーグの鹿島アントラーズと協力して検証する。(2021/5/24)

「京都タワー大浴場」が6月末に閉店へ 夜行バス利用者も悲しむ声
「コロナ禍における集客の減少」が理由。(2021/5/17)

約900店舗が参加:
スシロー、京樽や海鮮三崎港と合同キャンペーン 史上最大規模の「あっぱれ、日本!超すし祭」
外食大手FOOD&LIFE COMPANIESが、「スシロー」や「京樽」など5ブランド合同のキャンペーンを実施する。同社史上最大規模。グループの調達力を生かし、集客を図る。(2021/5/13)

どう立て直す?:
バブルの名残 温泉街の「大型施設」が廃墟化 鬼怒川と草津の違いと「大江戸温泉物語」の戦略
コロナ禍がもたらす温泉街への影響は甚大だが、「温泉の魅力」として考えさせられるのが“街づくり”という点だ。筆者は「施設そのもので集客できる強い宿は例外的で、温泉地の魅力自体が集客を左右する」と指摘する。(2021/5/7)

かわいい動物たちをWeb会議に招待できる「ZOOm」 森永乳業が無償提供 動物園支援で
森永乳業は「Zoom」などのWeb会議に動物園の動物たちが参加するサービス「ZOOm」の提供を始めた。「リモートワークの疲れを癒し、集客に苦しむ動物園を応援するプロジェクト」という。(2021/4/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍でも「横丁」は大繁盛 昼から酒を楽しむ人が殺到する理由とは
コロナ禍で大都市都心部の居酒屋やレストランが苦戦している。一方で、集客に成功している横丁が多い。その理由とは?(2021/3/29)

専門家のイロメガネ:
映画「えんとつ町のプペル」を大ヒットに導いたオンラインサロンは信者ビジネスなのか?
映画「えんとつ町のプぺル」がヒットした背景には、西野氏が率いる「オンラインサロン」がある。7万人以上が参加するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は映画のヒットにも寄与したといわれているが、サロンを活用した集客・マーケティングは賛否も呼んだ。このオンラインサロンの実態とは?(2021/2/18)

コロナ前の観光客数はハワイ越え:
夏だけじゃない! アフターコロナに向けた沖縄観光の秘策は”サウナ” リゾートホテルが冬の集客に力を入れるワケ
観光立県・沖縄の典型的なイメージ戦略はこれまで常に「夏の沖縄」と結びつけられてきた。そんな“常夏の島沖縄”に冬季限定のサウナ施設が誕生した。(2021/1/21)

noteにBASEが出資 「クリエイター支援を強化」
noteとBASEが資本業務提携。noteで商品への思いを発信しているクリエイターにBASEで販売してもらったり、BASEのクリエイターにnoteを通じて集客してもらうなど、両サービスの活性化を狙う。(2021/1/12)

SNSで発信:
2020年、全国の宿自慢「看板犬ランキング」発表 犬の魅力が集客に影響
旅行予約サービス「楽天トラベル」が開催した「2020年全国の宿自慢の『看板犬ランキング』」の投票結果が明らかに。施設だけでなく犬の魅力も集客に影響する。(2020/12/1)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
キャンピングカーでGoToホテル!? コロナ禍、宿泊業界のユニークすぎる集客の仕掛けに迫る
外国人観光客の増加などでホテルの建設ラッシュが続いた。しかし、新型コロナウイルスの影響でその計画は大きく変わり、宿泊業界は苦境に立たされている。「Go Toトラベル」により国内の観光需要は持ち直しつつあるが、各施設も「宿泊にとらわれない」新たな需要喚起を図ろうと、さまざまな施策を打ち出している。(2020/10/30)

収益の柱に育てる:
Sansan、セミナーの集客から運営まで一括支援 「イベントテック事業」へ参入
Sansanは10月8日、企業が主催するセミナーなどの集客や運営を一括で支援する「イベントテック事業」に参入すると発表した。あわせて、法人向けセミナー管理システム「Sansan Seminar Manager」の提供を開始(2020/10/9)

プロジェクト:
センサーやカメラを合計1300台搭載したスマートビル「東京ポートシティー竹芝オフィスタワー」開業
東急不動産は、センサーやカメラを合計1300台を備えたスマートビル「東京ポートシティー竹芝オフィスタワー」を開業した。センサーやカメラで取得したさまざまな環境情報は、入居企業の社員が建物内にある施設の混雑状況確認や入居店舗が集客向上に役立てている。(2020/9/14)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
他県ナンバーが殺到!? 「Go To」除外の東京、集客の最前線を探る
「Go To トラベル」キャンペーンの対象から除外された東京都。集客のために観光地や施設は知恵を絞っている。一方で他県ナンバーのクルマが異常に増えた場所もあるという。(2020/8/18)

予約システム運営会社調査:
7月飲食店予約、回復基調から一転急落――コロナ禍で集客悪化が加速
7月末の飲食店予約数が一転急落。コロナ感染者急増が原因か。予約システム運営会社調査。(2020/8/4)

業界動向:
建設業のコロナ影響調査、施工は半減もICT活用は拡大
ハイアス・アンド・カンパニーは、運営する経営情報サイト「HyAS View net」の登録会員にインターネット調査を実施し、会員である中小建設会社や不動産会社における新型コロナウイルスの影響を調べた。結果として、コロナ禍の集客件数やテレビ会議システムの導入状況を明らかにした。(2020/7/7)

7月10日から東海〜中国地方に拡大:
USJ、集客エリアを徐々に拡大 7月20日以降、全国から入場が可能に
ユー・エス・ジェイは、関西2府4県に限定していた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の集客対象エリアを拡大する。7月10日から関西に隣接する地方からの入場が可能となり、20日からは全国に拡大する。(2020/7/1)

産業動向:
新型コロナの不動産業界への影響を調査、81%が集客減
クラスココンサルファームは、同社の不動産テックを利用する全国の不動産業4000店舗にアンケート調査を行い、新型コロナウイルス感染症への影響などを調べた。(2020/7/1)

「豚組しゃぶ庵」コロナ禍で閉店 “Twitter集客”で愛された店、13年の歴史に幕
東京・六本木のしゃぶしゃぶ店「豚組しゃぶ庵」が10月末に閉店。Web業界人に愛された店だったが、コロナ禍を乗り越えられないと判断した。(2020/6/29)

池袋最大級オフィスも:
「ハレザ池袋」が全体オープンへ シネコンとオフィスが開業、“8つの劇場”がそろう
東京・池袋の複合施設「Hareza(ハレザ)池袋」が7月1日にグランドオープンする。オフィスとシネマコンプレックスが入る「ハレザタワー」が開業。商業施設の集客が難しい状況が続く中で本格稼働となる。(2020/6/18)

堀江貴文の「スマホ人生戦略」:
ホリエモンが語る飲食ビジネス「集客成功の法則」――世界のセレブを落とし続けた「インスタマーケティング」の秘密
IT起業家として、インターネット黎明期から第一線を走り続けているホリエモンこと堀江貴文。堀江の行動原理はしばしば「多動」とも呼ばれているが、その多動的な行動を支えているのは実はスマートフォンだ。堀江は自身の仕事においてPCはほとんど使わず、スマホを使って多くの関係者とコミュニケーションを取りながら複数のビジネスを回している。連載第1回は堀江が携わっている最高級の和牛ブランドを世界に広める飲食事業「WAGYUMAFIA(ワギュウマフィア)」を例に、飲食ビジネスにおける集客を成功させるための法則について語ってもらった。(2020/5/18)

自治体では初:
神戸市、UberEatsと提携し飲食店支援 外出自粛受けデリバリー促進
神戸市がUberEatsと自治体初の提携。新型コロナで集客が激減した中小飲食店を支援する。配達の割引サービスを助成。(2020/4/10)

マスクおとりに集客か 消費者庁がドラッグストアなど2社に指導 
消費者庁は、在庫がないにもかかわらずマスクの値段などを書いたチラシを配っていた2事業者に対し、景品表示法(おとり広告告示)に基づき再発防止の行政指導を行った。(2020/3/27)

MAツール活用最前線:
CRMやMAと外部サービスを連携させて集客からクロージングまで一気通貫で――ROBOT PAYMENT
クラウド型請求管理サービス「請求管理ロボ」や決済代行サービス「サブスクリプションペイメント」などを展開するROBOT PAYMENTのMA活用について聞いた。(2020/3/3)

AI活用の街路灯、NECが六本木に設置 通行人の性別・年代など推定
NECが、AIを活用した「スマート街路灯」を3〜6月に六本木に設置する。街路灯に搭載したカメラ映像を基に、通行人の人数や移動方向、性別、年代などを推定。防犯や六本木商店街への集客に役立てる。(2020/2/21)

SHIBUYA109とコラボ:
「築地銀だこ」史上初 フルーツを使ったスイーツのようなたこ焼きが登場した背景
新感覚チーズたこ焼き「GIN CHEE(ギンチー)」が登場。SHIBUYA109エンタテイメントと「築地銀だこ」運営会社が共同開発。集客の目玉にする。(2020/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。