ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ナイン・インチ・ネイルズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ナイン・インチ・ネイルズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ウルヴァリン」シリーズ最新作「ローガン」の日本公開時期が決定 プロフェッサーXがツルツルじゃない……
ウルヴァリンもプロフェッサーXもボロボロなんですけど!?(2016/10/21)

まさに“買いあさり”状態:
Appleはどこへ?――ここ1年で買収した10社から検証
Appleは積極的に買収戦略を展開している。2014年5月、CEOのTim Cook氏は、その時点までの18カ月間で24社を買収したことを明らかにした。今回は、Appleが2014年と2015年に行った買収案件の中から10件を紹介し、それぞれの狙いについて考察してみる。(2015/4/8)

Facebook描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」、ゴールデングローブ賞4冠
Facebookの誕生秘話を描いた「ソーシャル・ネットワーク」が、ゴールデングローブ賞で作品賞や監督賞などを受賞した。(2011/1/17)

せかにゅ:
iPadでFlashを動かすプログラム、ハッカーが開発
JailbreakしたiPadでFlashコンテンツを再生するプログラム「Frash」をハッカーが開発した。iPhoneへの移植も予定している。(2010/7/6)

「SNSはバカが支配」発言のトレント・レズナー、Twitterをやめる
ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーがTwitterのアカウントを削除した。彼は6月に「SNSをやめる」と宣言していた。(2009/7/22)

SNSは「バカが支配している」――NINのトレント・レズナー
ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー氏は、ネットコミュニティーへの参加は「益よりも害の方が多い」という考えに至った。(2009/6/12)

Twitter、「インターネットのアカデミー賞」を受賞
「インターネットのアカデミー賞」とも言われるWebby賞で、Twitterが「Breakout of the Year」に選ばれた。(2009/5/8)

アップルインタビュー(前編):
“天才”は進化する、アップル担当者に聞く「iTunes 8」
iPodの新製品が予想通りだったことで「拍子抜け」と評する声もあるが、真の魅力は細部にこそ宿っている。AppleワールドワイドプロダクトマーケティングのiPod担当者、ショーン・エリス氏に話を聞いた。まずは「iTunes 8」について。(2008/9/12)

コールドプレイ、新曲を無償公開
英国の大物ロックバンドが、先行シングルを1週間の期間限定で無償公開する。(2008/4/30)

おもしろさは誰のものか:
「コピーされ、2次創作されてこそ売れる時代」――伊藤穣一氏に聞く著作権のこれから
「誰にもコピーされなければ、作品は広がらない」――CCのCEOに就任した伊藤穣一さんは、コンテンツビジネスが変革期にあると語る。(2008/4/15)

新CEO 伊藤穣一氏に聞く、クリエイティブ・コモンズとは
レッシグ氏の後を引き継ぎ、伊藤穣一さんがCCのCEOに就任した。CCとは何か、CCを使うメリットは、CEOの役割は――伊藤さんに聞いた。(2008/4/15)

ナイン・インチ・ネイルズ、クリエイティブ・コモンズで新譜を無料配布
新作「Ghosts I-IV」は、全曲ダウンロード購入が5ドル、CD2枚組なら10ドルとなっており、9曲は無料でダウンロードできる。(2008/3/4)

レディオヘッド「値段はあなた次第」販売、日本でも
「アルバム価格はあなた次第」というレディオヘッドのユニークな試みが日本でも登場。「www.inrainbows.jp」が12月3日正午にオープンする。(2007/11/26)

ビデオ購入:
iTMS-Jでミュージックビデオを買ってみた
日本のiTunes Music Storeでも動画の配信が開始された。外出先で楽しむには新iPodの出荷を待たなければいけないが、PCだけならすぐにでも楽しめる。早速、iTunes Music Storeでビデオクリップを購入してみた。(2005/10/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。