ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「年間最優秀(オブ・ザ・イヤー)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「年間最優秀(オブ・ザ・イヤー)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

白城あやか&中山秀征、結婚24年目も変わらぬアツアツ“二人旅”
長男は俳優デビュー、三男&四男は海外留学へ。(2022/5/18)

こんな旅したかった!:
JR四国とクラブツーリズム、小学生考案の鉄道ツアー 2泊3日で四国巡り
四国旅客鉄道(JR四国)とクラブツーリズムが小学生の鉄道ファンが考案したツアー企画を、4月20日から発売した。(2022/4/25)

コストにこだわり残高2兆円 インデックス投信eMAXIS Slimの次の一手
コロナ禍以降の投資トレンドを挙げるなら、若年層が低コストインデックスファンドに大量流入したことだろう。そして、その受け皿の一つになったのが、三菱UFJ国際投信が運営する「eMAXIS Slimシリーズ」だ。(2022/2/28)

この世のものとは思えない冬の湖の光景 野生生物写真コンテスト、一般投票で選ばれた作品が圧巻
冬のイタリアの湖で撮影。(2022/2/19)

「進撃の巨人」エレンの“最優秀悪役賞”にファンの意見が二分 梶裕貴「まさか悪役の方でとは…笑」
さまざまな見方ができる作品。(2022/2/11)

使用サイトの年間増加数を調査:
2021年に躍進したWeb技術は?
Q-SuccessはさまざまなカテゴリーのWeb技術について、2022年1月1日と2021年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2021」として発表した。コンテンツ管理システムやサーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど17種類の技術が対象だ。(2022/1/27)

DAZNの値上げは「成長に必要なこと」 月額3000円でも「競争力ある」と自信
スポーツ動画の配信サービス「DAZN」が2月22日から月額3000円に値上げされる。その理由について、DAZN Japanのエグゼクティブ バイスプレジデントの山田学氏は、成長を目指すために必要だと語った。今後は投資フェーズから収益化を目指す。(2022/1/26)

JFL昇格を目指す:
サッカークラブ「南葛SC」、選手給与の一部を仮想通貨に 『キャプテン翼』作者が代表
人気サッカー漫画『キャプテン翼』の作者である高橋陽一さんが代表を務めるサッカークラブ「南葛SC」(東京都葛飾区)は、所属選手に支払う給与の一部を、クラブが独自に発行する仮想通貨「クラブトークン」で支払うと発表した。(2022/1/19)

4年ぶり:
ホンダの北米向け「シビック」、「2022北米カー・オブ・ザ・イヤー」受賞
ホンダの北米向け「シビック」が2022北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。フォルクスワーゲン、ルーシッド・モーターズを抑えての受賞。ホンダとしての受賞は4年ぶりになるという。(2022/1/12)

円が移動しているように見える……けど動いてない! 驚きの錯視動画が話題
脳が矢印に引っ張られる……と思ったら違った。もう何も信じられない。(2022/1/6)

錯視オブザイヤー2021は「幻のクイーン」に決定! 鏡の中だけに姿を見せる謎のチェス駒
あるはずなのに映らない。(2021/12/24)

プレゼントキャンペーン実施中!:
PR:“更新が止まった会議室”をいざアップデート! Microsoft Teams Roomsがオンライン会議の体験価値を押し上げられるワケ
緊急事態宣言が解除されたのもつかの間、新変異株であるオミクロン株の出現で世間は新たな危機感をつのらせている。目まぐるしく変化を続ける今、われわれはどのように働き方を変革していくべきだろうか。ここからは、SB C&Sがディストリビューターとして提供するPolyの新しいMicrosoft Teams Rooms向けソリューションの魅力をお伝えするとともに、プレゼントキャンペーンも実施。ぜひ最後までチェックを!(2021/12/28)

「The Game Awards 2021」GOTYが「It Takes Two」に決定 絆深まる“2人協力プレイ専用ゲーム”
一緒に遊ぶ相手がいない!(2021/12/10)

Spotifyのランキングから見る、日本アニメの海外人気:
なぜOfficial髭男dismとあいみょんはランクインしないのか
Spotifyが発表した「過去5年間に海外で最も再生された日本のアーティストの楽曲」をみると、国内外のランキングで共通してランクインしているのはYOASOBIの「夜に駆ける」のみ。その要因は何なのか。(2021/12/4)

Apple、「第3回Apple Music Awards」発表 Official髭男dismも受賞
今年は「Regional Artist of the Year」が新設された。(2021/12/2)

専門性を磨き、成長し続けられる場所とは:
PR:ビジネスの変化と共に進化し続ける経営管理――ISIDが描く会計・経営管理ソリューションの現在と未来
大きな変革が進む現在のビジネス環境において、特に会計・経営管理の領域では、ITがその価値を発揮できる余地が大きいという。今後、会計・経営管理領域のシステムインテグレーションはどのように変わっていくのか、そこで求められるのはどういう人材なのか。電通国際情報サービス(ISID)のプロフェッショナルに話を伺った。(2021/11/26)

めっちゃシャープだ 45キロ減のゆりやん、顎ラインが麗しい“モデル風”ショットに反響「美しい」「カッコイイ」
努力の結果が垣間見える。(2021/11/24)

大谷翔平、日本人初の満票でMVP獲得 歴史的快挙に“大谷フィーバー”最高潮「同じ時代に生きてて良かった!」
オオタニサーーーーン!(2021/11/19)

神秘的な光景に圧倒される! 気象写真コンテスト入賞作の美しさにため息
自然の美が圧巻。(2021/11/13)

AWSチートシート:
初学者向け「Amazon Rekognition」(AI画像/動画分析サービス)をPythonで利用するには
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、AWSのAI画像/動画分析サービス「Amazon Rekognition」をPythonで利用する方法を紹介する。(2021/10/28)

月刊乗り鉄話題(2021年10月版おまけ):
シンカンセンスゴクウマイカキゴオリ、登場!? 奈良で「かき氷新幹線」食べてきた
シンカンセンコナイ奈良駅で提供しているんです。(2021/10/26)

明治大学で脳がバグりそうな立体錯視作品を展示中 右向きの矢印が鏡に映ると左向きに変化
何がどうなってるんだ……。(2021/10/24)

月刊乗り鉄話題(2021年10月版):
開業57年の大変化(?) 東海道新幹線の“働く人”向け新車両「S Work車両」、早速乗って分かったこと
東海道新幹線にビジネスパーソン向けの新車両「S Work車両」ができました。ビジネス向け? 私には関係ないや、と思った方ちょっとお待ちを。いろいろいいこともありそうですよ。(2021/10/14)

月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の地下鉄新路線(3):
「大江戸線」が東所沢まで伸びる? これは無理……かな?「京葉線の中央線方面延伸計画」
どこに、いつできるの?──。実はかなりたくさんある、東京圏の鉄道・地下鉄新路線計画。国交省交通政策審議会の答申や東京都鉄道新線建設等準備基金の対象路線から、ワクワクな新路線計画をひもといていきます。3回目です。(2021/10/3)

月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の地下鉄新路線(2):
「秋葉原〜ビッグサイト直結」の地下鉄計画どうなる? いろいろ将来が楽しみ「羽田アクセス線・新空港線」計画
どこに、いつできるの?──。実はかなりたくさんある、東京圏の鉄道・地下鉄新路線計画。国交省交通政策審議会の答申や東京都鉄道新線建設等準備基金の対象路線から、ワクワクな新路線計画をひもといていきます。2回目です。(2021/10/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
面白そうな場所ができていた 京阪電鉄「なにわ橋駅」のB1
京阪電鉄の中之島線「なにわ橋」の改札外コンコース「アートエリアB1」は、駅構内の遊休空間の興味深い事例だ。京阪電鉄、大阪大学、NPO法人ダンスボックスが共同で運営。改札口の隣。大阪の中心部にアーチストや学識経験者が集う、なにやら面白そうな場所ができた。多才な人々が集まり、新しいコトが起こるかもしれない。(2021/10/1)

月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の鉄道・地下鉄新路線(1):
急展開! 東京メトロの「有楽町線延伸」 江東区の悲願ついに叶う?
どこに、いつできるの?──。実はとてもたくさんある、東京圏の鉄道・地下鉄新路線計画。2021年7月に行われた「国交省の交通政策審議会」の答申から、期待の新路線計画をひもといていきます。(2021/10/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2025年の大阪・関西万博で、鉄道の路線図はどうなるのか
2025年に大阪、夢洲で「2025年大阪・関西万博」が開催される。政府は主要公共交通機関に大阪メトロ中央線を位置付けた。このほか会場へのアクセスには船とバス、さらに具体化していない鉄道ルートが3つ、近畿日本鉄道の構想もある。また会場内の交通には、3種類のモビリティが計画されている。(2021/9/18)

EC売り上げ、700%UPの企業も:
全員退職、数億円の借金──どん底で生まれた“接客DX”アプリ「STAFF START」は何がすごいのか
スタッフのECやSNSなどへの投稿をきっかけに、どれだけ商品が購入されたかを可視化するサービス「STAFF START」。導入企業の中には、店舗スタッフたちの活躍でEC売り上げが700%アップした例や、一人で月間9000万円以上を売り上げたスタッフもいるという。アパレル業界の期待を背負うSTAFF STARTだが、開発までの道のりは決して平たんではなかった──。(2021/9/13)

伊原剛志、米国留学中な19歳三男の成長にしみじみ ユニフォーム姿の1枚に「チビがどんどん逞しくなっていく」
どんどんお父さんそっくりに……!(2021/9/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道新幹線「のぞみ」のビジネスパーソン向け「S Work車両」とは何か
JR東海は10月1日より東海道・山陽新幹線「のぞみ」号の7号車を「S Work車両」とし、9月1日より販売を開始した。期間は2022年3月31日まで。ビジネスパーソン向けの指定席として、座席通話、PCの打鍵音などを相互に許容し合う車両となる。ビジネスパーソンへの販促策だが、背景には乗客の多様化がある。(2021/9/3)

YouTubeだけじゃない:
別所哲也に聞く「企業ブランディングに映像が求められる理由」 急速に立ち上がった新市場
俳優の別所哲也氏が主催し、21年で23回目を迎えた国際短編映画祭SSFF。企業のブランディングを目的とした映像だけを集めた部門BRANDED SHORTSには、コンサルティングブランドであるデロイト デジタルが今年からパートナーとしてスポンサードしている。ビジネス業界と映像業界との距離の変化を捉えていきたい。(2021/9/2)

月刊乗り鉄話題(2021年8月版) 「西九州新幹線」の素朴な疑問11選(3):
ところで西九州新幹線って「開業区間が中途半端」じゃないですか?
開業区間が「ちょっと中途半端」な気がする……。フリーゲージトレインはどこ行った……?。2022年秋開業、西九州新幹線の「?」を解消する素朴な疑問まとめ、3回目です。(2021/8/22)

月刊乗り鉄話題(2021年8月版) 「西九州新幹線」の素朴な疑問11選(2):
西九州新幹線の最高速度、開通後の時短効果は? もしかして料金が高くなってしまうのでは……?
開通でどのくらい時短効果がありそう? 料金は高くなってしまうのでは……?。2022年秋開業、西九州新幹線の「?」を解消する素朴な疑問まとめ、2回目です。(2021/8/21)

月刊乗り鉄話題(2021年8月版) 「西九州新幹線」の素朴な疑問11選(1):
なぜ「西九州新幹線」なの? 長崎新幹線じゃダメだった理由
長崎新幹線という名前じゃなかったの……? っていうか開業区間が中途半端じゃないですか……? などなど。2022年秋開業、西九州新幹線の「?」を解消する素朴な疑問まとめをお届けします。(2021/8/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

メッシ、契約金の一部を暗号資産で受け取り 移籍先の仏サッカークラブが発表
アルゼンチン代表リオネル・メッシ選手が加入した、フランスのサッカークラブ「パリ・サンジェルマン」(PSG)が、同選手に支払う契約金の一部に暗号資産を活用すると発表。発行額は非公表。サッカー界ではPSG以外にも暗号資産の活用が相次いでいる。(2021/8/13)

NVIDIA CEOのジェンスン・フアン氏が「ロバートN.ノイス賞」を受賞
米国半導体工業会は、NVIDIAの創業者でありCEOのジェンスン・フアン氏が「ロバートN.ノイス賞」の2021年の受賞者に選ばれたことを発表した。(2021/8/13)

メッシのバルサ退団に楽天・三木谷社長が反応 サッカーファンからは神戸移籍願う声殺到「Jでメッシが観たいです」
獲得に乗り出してほしい。(2021/8/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“日本一高い”北総鉄道は値下げできるのか 「やはり難しい」これだけの理由
千葉ニュータウンを走る北総鉄道は日本一運賃が高い鉄道の1つ。理由は膨大な建設費が運賃に乗っていたから。しかし6月23日発表の決算には、2022年に累積損失を解消、値下げを検討するとある。値下げされても残念ながら相場より高い運賃が続く懸念がある。そこで筆者が、確実に値下げする方法を考えてみた。(2021/8/6)

月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「急行列車」(3):
「は!? なんで?」えちごトキめき鉄道の独特なダイヤ 急行は「急いで行かない」の意味だった!?
えちごトキめき鉄道の「急行」には2つの意味があります。え? 「急いで行かない」なの……?(2021/7/22)

月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「観光急行」(2):
「ここもかよ!」な再現ポイントありすぎ 国鉄急行の「懐かしさ」を感じるか、それとも「珍しさ」を感じるか
この夏、昭和の鉄道ファンに胸アツすぎる注目の列車がえちごトキめき鉄道に誕生。なぜ胸アツなのか、それは「ここもあそこも国鉄時代と同じ」だからです……。え? どういうこと?(2021/7/21)

月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「観光急行」(1):
スピリット・オブ・JNR! 胸アツすぎる注目列車、えちごトキめき鉄道の「急行電車」を昭和のおじさんが語り尽くす
早速乗ってきました! 「昭和の鉄道ファン」に胸アツすぎる注目の列車。何が魅力なのか、どんな工夫があるのか、じっくり愛でていきますよ。(2021/7/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
定期代が上がる!? 鉄道の“変動運賃制度”が検討開始、利用者負担は
鉄道で「変動運賃制度」の検討が開始された。そもそも、通勤通学定期券によるボリュームディスカウントは必要だったのか。鉄道会社の費用と収益のバランスが、コロナ禍による乗客減少で崩れてしまったいま、改めて考えてみたい。(2021/7/16)

サードウェーブが「Intel Partner of the Year 2021」アジア太平洋/日本部門で表彰 記念モデルを発売
サードウェーブは、インテルとのビジネスパートナーとしての実績が高い企業に贈られる「Intel Partner of the Year 2021」のアジア太平洋/日本部門で表彰されたと発表した。(2021/7/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“鉄道観光ビジネス”再起動、失われた2年間をどう取り戻すのか
沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。(2021/7/2)

「Steam」サマーセールが今年も到来! 「SEKIRO」半額ほか、「NieR」「Hades」「Among Us」など話題作をがっつり値下げ
いつものやつ(Portal)は2作セットで180円!(2021/6/25)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【後編】:
博報堂出身のクリエイティブディレクター、GO三浦崇宏さんに聞く「広告業界の問題点」 炎上をいかにして回避するか
広告業界を取り巻く環境が大きく変化し、大手をはじめとした広告会社が事業領域の拡大や異業種との協業を模索している。The Breakthrough Company GO三浦崇宏さんに、広告業界の過渡期に創業した理由や、最近の広告会社のビジネスモデル、広告表現と炎上、その回避策を聞いた。(2021/6/25)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【前編】:
広告業界の風雲児、GO三浦崇宏さんに聞く「若手社員と信頼を築くためのマネジメント術」
コロナ以前から新卒の離職率3割は問題となっていて、リモートワークの普及によりさらにマネジメントが難しい時代となった。創業5年目ながら業界にインパクトを与えている広告・事業会社がThe Breakthrough Company GOだ。同社の代表取締役で PR・クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんに若者のモチベートやマネジメント方法について聞いた。(2021/6/24)

月刊乗り鉄話題(2021年6月版)リニア中央新幹線の「列車名」大予想(3):
新幹線列車名のルーツを探る 伝統の列車名「つばめ」、悲しい歴史「あさひ」
復活して消えてまた復活する、列車名にも楽しく興味深い歴史があります。(2021/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。