ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「岡田克也」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「岡田克也」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
マスコミが立憲民主党を「躍進」と報じる病
「立憲民主党、躍進」という報道を受けて、モヤモヤしている人も多いのでは。民進党の「チームリベラル」という方々が当選しただけなのに、なぜ「躍進」という言葉が使われるのか。その理由は、マスコミに問題があって……。(2017/10/24)

民進党、新ロゴを発表 Web上で公募、3676件から決定
民進党が新しいロゴマークを発表。3676件の公募から選んだ。(2016/5/19)

民主・維新の新党名は「民進党」に 公募と世論調査で決定
民主党と維新の党が、合流後の新しい党名を「民進党」とすると発表した。(2016/3/15)

民主党と維新の党、合流後の新党名を「民進党」で合意 事前の世論調査の結果を尊重
正式な决定は3月27日の結党大会でとなります。(2016/3/14)

民主党・岡田代表のTwitterが乗っ取り被害、サングラスの宣伝スパムを大量投稿
民主党・岡田克也代表のTwitterが何者かに乗っ取られ、サングラスの通販サイトを宣伝するスパムツイートが大量に投稿された。(2015/4/13)

民主党がTwitterに高級カツカレー写真投稿 → 「安倍首相の時は叩きまくってたのに!」とのデマ広がる
思い込みって怖い。(2015/1/18)

岡田副総理がニコ生出演 津田大介さんがインタビュー
岡田克也副総理大臣がニコニコ生放送に登場。政権交代の意義とは何か、総選挙で問われているものとは――などのテーマで語る。聞き手は津田大介さん。配信は11月29日22時0分〜。(2012/11/26)

岡田副総理の会見をライブ配信 自由報道協会主催
自由報道協会主催の岡田克也副総理による記者会見をライブ配信する。「税と社会保障の一体改革」の見通しなどについて語る。配信は9月3日17時0分〜。(2012/8/31)

藤田正美の時事日想:
なぜ日本政府は外交下手になったのか
日米同盟によって大きなメリットを享受してきた日本。しかし、米ソ冷戦の終了や民主党政権の“政治主導”により、外交の軸が見出せなくなっている。(2012/8/20)

岡田副総理の記者会見をライブ配信 日本外国特派員協会主催
日本外国特派員協会主催による、岡田克也副総理の記者会見をライブ配信する。配信は4月23日15時15分〜。(2012/4/23)

岡田副総理に消費税引き上げの必要性を聞く ニコ生ユーザーの質問にも答えます
岡田克也副総理大臣がニコニコ生放送に出演。政治ジャーナリストの角谷浩一さんが、なぜ今消費税率を引き上げる必要があるかや、それがもたらす今後の影響について聞く。岡田副総理は、ライブ配信を視聴しているユーザーからの質問にも答える。配信は3月22日18時0分〜。(2012/3/21)

“消えた原発記録”、訴訟が情報開示で果たす役割とは
2011年末に毎日新聞が報じた、福島原発事故後の最悪シナリオを記した文書。「訴訟での文書提出命令申立てが情報公開のきっかけになったのではないか」と話すのが福島原発の安全性についての訴訟の原告となっている江藤貴紀氏だ。“消えた原発記録”が明るみに出た過程について、日本外国特派員協会で解説した。(2012/2/7)

藤田正美の時事日想:
野田改造内閣がやるべきこととは
1月13日に改造内閣を発足させた野田首相。岡田克也氏を副総理にすえ、消費税増税と社会保障の一体改革への決意を語るが、消費税を2015年までに10%にしたところで、本当に社会保障は持続可能になるのだろうか。(2012/1/16)

野田改造内閣の記者会見をライブ配信 新閣僚ら登壇
野田佳彦首相が発表した内閣改造後の新閣僚に就任した、岡田克也副総理、小川敏夫法務大臣、平野博文文部科学大臣らが登壇する記者会見をライブ配信する。(配信は1月13日19時0分〜。時間は仮のものです。放送および登壇者等は実際の会見スケジュールに準拠します。)(2012/1/13)

相場英雄の時事日想:
“ポスト菅”はこの男でいいのか? 10%しか伝えない政治部のひずみ
菅首相の指導力低下などを受け、永田町がざわめいている。各種世論調査では早くも次期首相候補の名前が挙がっているが、それを伝える政治報道のあり方に問題はないのだろうか。今回の時事日想は、政治報道のひずみに触れてみる。(2011/2/24)

岡田克也 民主党幹事長 記者会見 生放送
岡田克也 民主党幹事長の記者会見を生放送。ニコニコ動画がユーザーから募った質問を代読する。配信は2月14日16時30分〜。(2011/2/14)

民主・岡田幹事長、2011年を語る!
民主党の岡田克也幹事長が、ねじれ国会や日中外交、自民党との大連立騒動など昨今の政治課題を踏まえつつ、今後の民主党の方針や政策を語る。江川紹子さん、神保哲生さんも出演。司会は角谷浩一さん。配信は1月5日21時0分〜。(2010/12/28)

誠 Weekly Access Top10(2010年9月4日〜9月10日):
党員・サポーター得票率、菅氏60.3%、小沢氏39.4%が意味するもの
9月14日に行われた民主党代表選挙。菅直人氏が勝利したわけだが、その決め手となったのが党員・サポーター票だ。その内容を詳しく見てみよう。(2010/9/15)

誠 Weekly Access Top10(2010年6月12日〜6月18日):
閣僚の去り際の言葉
しばしば、「人は去り際に本性が現れるもの」と言われる。そこで、鳩山内閣の閣僚の退任会見が各省Webサイトで公開されていたので、閣僚の本性を見極めるために読んでみた。(2010/6/24)

誠VOICE 第10回「次期首相を選ぶなら誰が良いと思いますか?」
(2010/6/4)

「行政主導の記者会見開放はメディアの危機」――フリー記者たちがアピール
雑誌やフリーの記者、大学教授など70人が呼び掛け人となっている「記者会見・記者室の完全開放を求める会」は4月19日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見を開き、新聞社や通信社、テレビ局計231社に記者会見や記者室の開放を求めるアピール文を送付したと発表した。呼び掛け人たちが会見で主張した内容を詳しくお伝えする。(2010/4/20)

上杉隆×窪田順生「ここまでしゃべっていいですか」:
週刊誌が記者クラブを批判しない理由(2)
行政や経済団体などが発表する情報を、いわば独占的に入手することができる記者クラブ。ほとんどの週刊誌は記者クラブに加盟していないが、なぜかこの問題を取り上げようとしない。その理由は……?(2009/11/20)

岡田外相、2chに「ねつ造」質疑応答の削除を要求
岡田外相と記者のやり取りをねつ造した文章が2chに掲載されているとして、岡田外相側はプロバイダ責任制限法に基づき内容の削除と投稿者の特定を要求。(2009/10/27)

ニコ動で中継する大臣会見の質問募集
ニコ生で中継している岡田外相と亀井郵政・金融担当相の記者会見で、ニコ動ユーザーから募集した質問を、両大臣にぶつける。(2009/10/27)

財務大臣に誰を推薦しますか?
新しくできた国家戦略局に期待していますか? 個人投資家に聞いたところ「期待している」という人は7割ほどに達した。e-株主リサーチ調べ。(2009/10/1)

外務省がネットメディアにも会見開放 ニコ生やJ-CASTニュースがリポート
外務省が定例記者会見をネットメディアなどに開放した。「ニコニコ生放送」で生中継されたほか、J-CASTニュースも取材している。(2009/9/29)

ネットの逆流(22):
記者クラブという降り積もった塵をネットメディアは掃除できるか
ついに政権交代が実現した。しかし、当初実施されるとみられた「記者クラブ」の開放が成らなかったことに批判が寄せられている。記者クラブには国民の税金も投入されている。「徹底的に無駄を省く」とする中で、民主党はこの問題にどう対処するのか。(2009/9/21)

自民、民主が公示後もサイト更新 「政治活動なら問題なし」 候補者サイトは沈黙
自民党と民主党がそれぞれ、衆院選公示後もWebサイトの更新を続けている。両党ともサイト更新を「政治活動」と位置付け。総務省も「問題ない」とみている。(2009/8/24)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
民主党の試練
日本が抱える財政問題、高齢化社会、人口減という三重苦を解き、本当に必要な将来への投資を考えられるのは誰なのか。(2009/8/3)

小沢代表「もっと早く辞任表明すべきだった」6割 ニコ割アンケート
ニコ割アンケートで、「小沢一郎代表は、もっと早く辞任表明すべきだった」という意見が6割を超えた。(2009/5/12)

山崎元の時事日想・出版&新聞ビジネスの明日を考える:
愛読書は? と聞かれ、この3冊を挙げた理由
「あなたの愛読書は何ですか」と聞かれ、どんな本を思い浮かべるだろうか? 筆者の山崎氏はショーペンハウエル『読書について』、ミルトン・フリードマン『資本主義と自由』、本多勝一『日本語の作文技術』の3冊を挙げた。その理由は……?(2009/3/5)

民主党がサイト更新内容を削除 公選法の問題で
(2005/8/31)

各党の“ネット選挙戦”白熱 公示日までの短期決戦
ネット選挙戦が佳境だ。自民党や民主党はマニフェストをネット公開。候補者の動画で政策を訴える。公選法の規定で、選挙運動のネット利用は公示日までに限られている。(2005/8/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。