ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小沢一郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小沢一郎」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
なぜ小池百合子は「仲間」との写真撮影に「3万円」を徴収したのか
「希望の党」を立ち上げた小池百合子さんが、党公認候補予定者らとツーショットの写真撮影をして、そこで「3万円」を徴収した。「選挙資金がないからと言って、お金に汚すぎる」と思われたかもしれないが、小池さんの狙いは別のところにあるのではないか。それは……。(2017/10/3)

小沢一郎氏、“無礼発言”の古市氏を「応援しています」とコメント発表 「謝罪求め抗議」から一転
ネット党首討論で司会の古市憲寿氏が小沢一郎氏にプライベートな質問をし、小沢氏を怒らせた問題で、小沢氏は「古市氏を応援している」という内容のコメントを発表した。(2016/6/27)

ネット党首討論で「不適切な発言」 主催者が「ニコニコ」上で謝罪
「ネット党首討論」主催者が、討論会で「不適切な発言があった」とし、「ニコニコ」上に謝罪文を掲載した。(2016/6/22)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

生活の党と山本太郎となかまたちが新ポスターを公開 完全にコラ画像だこれ
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ! そこにシビれ……ないけどすごい。(2015/5/20)

小沢一郎さん事務所「モンストにタートルズが参上!」 フォロワー「えっ」
小沢さん事務所も遊んでるモンスト!(2015/2/10)

山本太郎議員が生活の党に入党で党名変更→「生活の党と山本太郎となかまたち」爆誕
え?(2014/12/26)

8党の党首がニコ生で「ネット第一声」 衆院選公示・2日午前0時から配信
8党の街頭第一声の様子もニコニコ生放送で生中継する。(2014/12/1)

ブログで話題のアスリート、1位は浅田真央選手 アメブロ7年分11億件を分析
過去7年分のアメーバブログの約11億件の記事で最も多く言及されていたアスリートは、フィギュアスケートの浅田真央選手だった。(2014/4/25)

コンピューターと人間の真剣勝負「囲碁電王戦」、プロ棋士2連勝
コンピューターソフトと人間の棋士が対局する「囲碁電王戦」が2月11日に開かれ、プロ棋士2人が世界最強ソフト「Zen」に勝利した。(2014/2/12)

「第1回囲碁電王戦」ライブ配信 江村アマ七段、小沢一郎さんが囲碁ソフト「ZEN」と対戦
「第1回囲碁電王戦」をライブ配信。江村棋弘アマ七段と政治家の小沢一郎さんが囲碁ソフト「ZEN」と戦う。配信は2月16日9時30分〜。(2014/2/4)

Weekly Access Top10:
STAP細胞で注目の理研、Webから寄附の申し込みできますよ
先週は世紀の大発見「STAP細胞」が日本中で話題でした。理研にはWebから寄附の申し込みができます。(2014/2/3)

世界最強ソフトとプロ棋士の真剣勝負「囲碁電王戦」初の開催 小沢一郎氏も参戦
人間とコンピューターソフトが対局する「囲碁電王戦」の初開催が決定した。プロ棋士、アマ棋士に加え、生活の党代表の小沢一郎氏も一般の代表として参戦する。(2014/1/31)

「囲碁電王戦」ドワンゴが開催 プロ/アマ棋士が囲碁ソフトと対戦、小沢一郎さんも出場
将棋に続き、囲碁もキター!(2014/1/31)

小沢一郎さん、若者に語る 「覇道の政治から王道の政治へ」
「覇道の政治から王道の政治へ」――小沢一郎さんの講演会をライブ配信する。主催は早稲田大学鵬志会。配信は12月19日16時30分〜。(2013/12/16)

【参院選】ニコ生で「ネット第一声」 生活の党・小沢一郎代表から国民へのメッセージ
7月21日投開票の参院選。その公示日となる7月4日に「ネット第一声」と題して各党が国民へのメッセージをニコニコ生放送で配信する。映像は録画によるもので、このページでは生活の党・小沢一郎代表の映像を配信する。配信は7月4日0時0分〜。(2013/7/2)

田原総一朗が9党代表者に聞く! 「参院選で国民に何を訴えるのか?」
田原総一朗さんが各党の代表者に「参院選で国民に何を訴えるのか?」を聞く。映像は録画によるもので、出演者はみどりの風・谷岡郁子代表、社民党・福島みずほ代表、日本共産党・志位和夫委員長、生活の党・小沢一郎代表、みんなの党・渡辺喜美代表、公明党・山口那津男代表、日本維新の会・松井一郎幹事長、民主党・細野豪志幹事長、自民党・石破茂幹事長。配信は7月3日22時30分〜。(2013/7/2)

参院選公示日、7月4日午前0時に各党党首が「ネット第一声」 ニコ生で配信
参院選公示日の7月4日午前0時に、各党党首の「ネット第一声」をニコニコ生放送が生配信する。(2013/7/2)

9党の党首がニコ生で「ネット第一声」 参院選公示・4日午前0時から配信
いよいよネット選挙運動が解禁される。(2013/7/2)

「無慈悲な質問」飛ぶも盛り上がりは控えめ 2回目のネット党首討論、ニコニコに期待するもの
前回より注目度が下がったネット党首討論。視聴者からの質問は切れ味抜群だったが、ニコニコの持ち味が封印されているようにも感じる。(2013/7/2)

「ネット党首討論会」視聴者は前回比9割減 ユーザー質問で児童ポルノ禁止法問題
「ネット党首討論会」の視聴者数は十数万人と、初回だった前回より9割も減少。ユーザーからの質問にこたえ、各党党首が児童ポルノ禁止法について意見を述べた。(2013/7/1)

児童ポルノ禁止法問題、各党代表が賛否を表明 安倍首相「あくまで子どもを守るための法律」
ネット党首討論会で、自民・公明・日本維新の会が共同提出した児童ポルノ禁止法改定案について、出席した各党首が賛否を表明。各党首のコメントをまとめた。(2013/6/28)

28日に「ネット党首討論会」 ニコ生・Ustreamで配信
28日に「ニコファーレ」でネット党首討論会が開かれ、ニコ生とUstreamで配信される。(2013/6/27)

「ネット党首討論会」ライブ配信 9党の代表が出演
9党の代表が出演する「ネット党首討論会」をドワンゴが開催、ライブ配信する。経済政策や外交について語るほか、視聴者からの質問にも答える。登壇者は、自民党・安倍晋三総裁、民主党・海江田万里代表、日本維新の会・橋下徹代表、公明党・山口那津男代表、みんなの党・渡辺喜美代表、生活の党・小沢一郎代表、日本共産党・志位和夫委員長、社民党・福島みずほ党首、みどりの風・谷岡郁子代表。司会は角谷浩一さん。配信は6月28日19時30分〜。(2013/6/27)

「ネット党首討論会」ニコファーレで再び 9党の代表が集結、ニコ生でライブ配信
視聴者からの質問も募集中。(2013/6/26)

藤田正美の時事日想:
ネット選挙解禁、ネットユーザーの化学反応が気になる
最近の政治をふり返ると、政党のガバナンスが効いていない。それは権力基盤を党内ではなく、支持率に求めているからだ。ネット選挙が解禁されると、どんな化学反応が起きるのだろうか。(2013/6/19)

iPhoneを本会議場に持ち込んだら怒られた:
「ネット選挙で政治は変わるか」ニコニコ超会議2で議員7名が討論会
幕張メッセで開かれた「ニコニコ超会議2」には、50人を超える国会議員が参加した。本記事では、政党ブースの展示内容や、ネット選挙についての7人の議員が参加した討論会の様子をお伝えする。(2013/4/30)

【超速報】エイプリルフールまとめ 2013年もガンガンまとめるよ!
最も面白いウソはどれだ!(2013/4/1)

コメントが生むミニドラマに熱視線:
「米長会長の英断に応えたい」――ニコニコ生放送、将棋配信にかける本気
1つの芸に秀で、そこに人生をかける人間の姿、背景にあるドラマをもっと伝えたい。ニコ生の担当者の思いは熱い。(2012/12/30)

「ネットはリアルにどんどん浸食されている」――ニコ動6周年 川上会長に聞く、リアルに投資する理由
ネットサービスながら、「超会議」や「ニコファーレ」などリアルイベントへの投資を加速するニコニコ動画。「ネットとリアルの境界がなくなりつつある」と、ドワンゴの川上量生会長は言う。(2012/12/20)

niconicoの「ブロマガ」、有料登録者3万人に
niconicoの記事配信サービス「ブロマガ」の有料登録者が3万人を突破した。(2012/12/13)

小沢一郎氏の記者会見をライブ配信 日本外国特派員協会主催
日本未来の党の小沢一郎前衆院議員が記者会見、その模様をライブ配信する。会見は日本外国特派員協会主催。配信は12月12日11時0分〜。(2012/12/11)

小沢一郎代表の記者会見をライブ配信 陸山会事件で無罪確定
「国民の生活が第一」の小沢一郎代表による記者会見をライブ配信する。小沢代表は、資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐって政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴され、一審とニ審で無罪を言い渡されており、指定弁護士が10月19日なって最高裁への上告を断念したため無罪が確定した。配信は11月19日18時30分〜。(2012/11/19)

niconicoのブロマガ、有料登録者2万人突破
8月21日にスタートしたドワンゴの記事配信サービス「ブロマガ」の有料登録者が2万人を突破した。人気チャンネルの上位は、「週刊『夏野総研』」「岡田斗司夫のニコ生では言えない話」「GACKT ちゃんねる」など。(2012/10/24)

小沢一郎氏とドイツ再生エネルギー協会長の会談を生中継
「国民の生活が第一」の小沢一郎代表と党議員団が、シュッツ再生可能エネルギー協会会長と会談。ドイツから生中継する。配信は10月18日17時0分〜。(2012/10/18)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(18):
IT復興円卓会議
メディアが劇的に揺れ動く中で被った震災は、変化を加速させている。ITによる全国復興は、変革させつつ進められる(2012/10/3)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年9月第4週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。先週は雑誌大賞の発表などがありました。そのほかのニュースダイジェストと合わせてどうぞ。(2012/10/1)

EPUB対応で電子書籍端末でも読める:
niconicoのメルマガ配信サービス「ブロマガ」、有料登録者数が1万人突破
ブログやメルマガを配信するniconicoの新サービス「ブロマガ」の有料登録者数が1万人を突破した。(2012/9/19)

niconicoのブロマガ、有料登録者数が1万人を突破
ドワンゴは、動画サービス「niconico」のニコニコチャンネルで「ブロマガ」を配信しているチャンネルの有料登録者数が、9月18日時点で1万人を突破したと発表。有料登録者数トップはシンガーソングライターのGACKT氏のチャンネルだ。(2012/9/19)

「ブロマガ」の有料登録者が1万人突破 人気はGACKT、うしじまいい肉、小沢一郎
ジャンルが幅広い。(2012/9/19)

【連載】走りながら考えるメディアマーケティング:
第4回 「読者は国民です」(キリっ という新聞にターゲティング戦略はない
なぜ日本の新聞にはターゲットという概念が存在しないのか? 国家権力との関係を軸に、新聞が辿ってきた歴史を概観しながら、ターゲット不在のメディアが成立した背景を考える。(2012/9/6)

ドワンゴが新サービス「ブロマガ」発表――誠も参加
ドワンゴは8月21日、新サービス「ブロマガ」を開始。政治家やジャーナリスト、企業などのテキストコンテンツを、ニコニコチャンネル内のブログやメールマガジン、ePub形式の電子書籍で読者に届けられる。有料課金も可能だ。(2012/8/21)

ニコニコが新サービス「ブロマガ」発表 誰でも有料メルマガ配信可能に
スタート時点でホリエモンはじめ76チャンネルがオープン。有料・無料でブログ、メルマガ配信が可能になる。(2012/8/21)

ニコニコが有料メルマガに参入 動画や生放送とあわせて配信「ブロマガ」
「ニコニコチャンネル」に、ブログやメルマガを配信できる機能が追加された。押井守さんや津田大介さんなど各界の著名人が参加。動画や生放送とあわせて配信できる。(2012/8/21)

ニコ動に有料メルマガ「ブロマガ」 GACKTさんやデヴィ夫人ら参加
「ブロマガ」はブログとメルマガを合わせた有料コンテンツ配信ができるプラットフォーム。GACKTさんや押井守監督らが参加する。(2012/8/21)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

民主党両院議員総会をライブ配信 野田首相が結束を呼びかけへ
民主党両院議員総会をライブ配信する。野田佳彦首相も出席。小沢一郎元代表らの離党を受け、党分裂を防げなかったことを執行部として陳謝するとともに、残った議員に結束を呼びかける見通し。配信は7月12日17時30分〜。(2012/7/12)

消費増税法案からスライム味のガムまで 旬な話題を届ける「夕刊ニコニコニュース」
ニコニコニュース初のデイリーニュース番組「夕刊ニコニコニュース」。6月29日は、消費増税法案をめぐる小沢一郎氏の話題からスライム味のガムまで、「かため」と「やわめ」なニュースを取り上げる。配信は6月29日18時0分〜。(2012/6/29)

藤田正美の時事日想:
“決められない政治”は民主党だけの問題ではない
消費税増税法案への賛否で揺れる民主党。しかし、国の財政は消費税を少し上げただけでは改善は不十分で、根本的には社会保障費に手を付けなければならない。しかし、日本にはそこに切り込める責任政党は存在しないのである。(2012/6/25)

小沢一郎裁判の判決結果は ニコニコニュースが東京地裁前からライブ配信
政治資金規正法違反で強制起訴された小沢一郎元民主党代表に対する判決が4月26日に東京地裁で言い渡される。これに合わせて、ニコニコニュースが東京地裁前からライブ配信。判決結果などを伝える。配信は4月26日8時0分〜。(2012/4/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。