ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OLYMPUS AIR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OLYMPUS AIR」に関する情報が集まったページです。

3Dプリンタニュース:
3Dプリント×CMF加工で生まれた「OLYMPUS AIR」向けアクセサリー
カブクは、オープンプラットフォームカメラ「OLYMPUS AIR」向けアクセサリーパーツを、FEEL GOOD CREATIONと共同開発したことを発表した。(2015/10/22)

メイカーズバザール大阪 vol.2 リポート:
「作りたいから作っちゃった」が面白い、大阪発メイカーズ
ラズパイでピザを焼き、段ボールで家作り。市場調査と販売予測を立てない、そんな“作りたいから作った”面白いモノがある。モノ作りを楽しむヒトが集まった、「メイカーズバザール大阪 vol.2」をご紹介。(2015/7/6)

撮ったらすぐにスマホに転送:
カシオの「EXILIM EX-ZR1600」に見る、スマホ時代のコンデジのあり方
Bluetooth SmartとWi-Fiを組み合わせて、スマートフォンとのWi-Fi接続がストレスなく行える製品が登場してきた。今後、スマホと組み合わせて使うタイプのコンパクトデジカメは、こうしたスタイルになっていくのかもしれない。(2015/3/31)

新世代カメラを楽しむ:
いろいろなレンズ、スタイルで撮る「OLYMPUS AIR A01」
マイクロフォーサーズのレンズをあれこれ付けて、いろいろなスタイルで遊べる「OLYMPUS AIR A01」が発売になった。今回は手持ちのレンズをいろいろと試してみたのでご覧あれ。(2015/3/26)

動画で360度チェック:
マイクロフォーサーズ仕様のレンズだけデジカメ「OLYMPUS AIR A01」を試す
ソニーに続き、“レンズだけ”デジカメの「OLYMPUS AIR A01」が発売される。そのユニークなボディを見ていこう。(2015/3/24)

アプリで進化するカメラ:
マイクロフォーサーズを小さくまとめた“マウントだけカメラ”「OLYMPUS AIR A01」
残念ながら発売の延期が発表されたが、オリンパスからスマホと連携して遊べる新世代カメラ「OLYMPUS AIR A01」が登場する。アプリやパーツの作成が可能なオープンプラットフォームカメラという位置付けだが、まずはカメラ機能をチェックしてみよう。(2015/3/6)

CP+ 2015:
三井公一と荻窪圭がCP+のポイント指南 ショウルームで見られないものに注目すべし
多くの企業がブースを連ねるCP+は、時間があれば全部見て回りたいほど盛りだくさんな内容だが、さっと見て回るなら押さえておくべきポイントはどこか。初日の取材を終えた三井公一氏と荻窪圭氏に聞いた。(2015/2/13)

ハッカソンイベント:
想定外な使い方考えて! ――国内最大のハッカソン「Open Hack Day Japan 3」、3月に開催
2015年3月にヤフー主催の国内最大のハッカソン「Open Hack Day Japan 3」が開催される。それに先立ち同年2月8日にカンファレンスが開催された。(2015/2/13)

CP+ 2015:
CP+ 2015会場で見かけた参考出品モデルをまとめてチェック
CP+ 2015が開幕。会場には発表されたばかりの新製品が多数実機で展示されているが、まずは参考出品モデルを中心に展示を見ていこう。(2015/2/12)

どこから見る?:
2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ
2月12日から15日までの4日間、パシフィコ横浜でカメラと写真用品のイベント「CP+ 2015」が開催される。主要なカメラメーカーや用品メーカーが勢ぞろいするイベントの見どころをまとめた。(2015/2/12)

3Dプリンタの可能性を探る(5):
Hack&Makeが楽しめるオープンプラットフォームカメラ
オリンパスイメージングは、オープンプラットフォームカメラ(OPC)「OLYMPUS AIR A01」を、2015年3月6日から同社オンラインショップ限定で販売すると発表。製品説明会では、3Dデータを活用した“Make”作品が披露された。(2015/2/6)

オリンパスから“レンズだけ”デジカメ「OLYMPUS AIR」登場 スマホ連動のマイクロフォーサーズ
オリンパスがスマートフォンと連動させて撮影を楽しめるデジカメ「OLYMPUS AIR A01」を発売。(2015/2/5)

スマホで遊べるマイクロフォーサーズカメラ「OLYMPUS AIR A01」
オリンパスから、スマホと組み合わせて使える新たなレンズスタイルカメラが登場。「オープンプラットフォーム」を掲げ、アプリや専用アクセサリーなどが自由に作れるのが特徴だ。(2015/2/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。