ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オンラインバックアップサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オンラインバックアップサービス」に関する情報が集まったページです。

日本企業も人ごとではない?:
米国で「休日出勤」するランサムウェアが増加中 FBIとCISAがベストプラクティスを発行
米国では、祝日や祝日のある週の週末など防御が手薄になる期間を狙ったサイバー攻撃が増加傾向にある。FBIとCISAはこれを受けて共同のセキュリティアドバイザリを発行し、短期的/中長期的な対策を打ち出した。(2021/9/2)

3〜4年前を思い出す:
本当に「前例はない」のか ニップンが“決算延期”に陥った大規模攻撃の教訓
ニップンがサイバー攻撃を受け、システム障害に陥った。早期復旧は難しく「これほど広範囲に影響を及ぼす事案は例がない」とされる。しかし、実際には前例はあったともいえるのではないか。過去の事例から学べることは……?(2021/8/24)

日本の製粉大手に「前例ない」大規模攻撃 大量データ暗号化 起動不能、バックアップもダメで「復旧困難」
「システムの起動そのものが不可能で、データの復旧の手段はない」――製粉大手のニップンに、前例のない規模のサイバー攻撃。一度の攻撃で大量のデータが同時多発的に暗号化され、決算作業もできなくなった。(2021/8/17)

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

ランサムウェア攻撃の要求金額は前年比の2.7倍以上に 2020年の動向を振り返る
企業のテレワーク導入が進んだことでランサムウェア攻撃の被害はますます増加している。要求金額が高騰しているのに加えて攻撃の高度化も進む。パロアルトの脅威レポートから、2021年のランサムウェアトレンドを紹介する。(2021/5/10)

Gartner Insights Pickup(191):
ランサムウェア攻撃に備える6つのポイント
CISO(最高情報セキュリティ責任者)やセキュリティリーダーは、ランサムウェア攻撃による多大な損失を回避して組織を守らなければならない。今回は、ランサムウェア攻撃に備える6つのポイントを紹介する。(2021/1/22)

ネイティブなブロックチェーン表や永続性メモリのサポート:
Oracle、「Oracle Database 21c」をOracle Cloudで提供開始
Oracleは、コンバージドデータベースの最新バージョン「Oracle Database 21c」を「Oracle Cloud」で提供開始した。Oracle Database 21cでは、200を超える新しいイノベーションが導入された。Oracleのコンバージドデータベース戦略にのっとった製品だ。(2021/1/18)

「リモートバックアップ」用語集【後編】
「リモートアクセス」「リモートデスクトップ」はバックアップにどう役立つ?
感染症対策としてのテレワークの動きが広がる中、バックアップに求められる要件が変化しつつある。今のバックアップを理解するためのキーワードを紹介する。(2020/8/27)

「リモートバックアップ」用語集【前編】
「オフサイトバックアップ」と「オンラインバックアップ」の違いとは?
在宅勤務などのテレワークの動きが広がったことで、バックアップの手法を見直さなければならなくなる可能性がある。バックアップの基本から学び直すためのキーワードを紹介する。(2020/8/17)

災害復旧が失敗する6つの落とし穴【後編】:
データより「人」が課題――意外に多い災害復旧の盲点
IT部門はシステムやデータの扱いには慣れており、災害時の復旧手順も心得ている。だが復旧時は「人」が重要なファクターになる可能性がある。これを見落とすと痛い目に遭う可能性がある。(2020/3/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(99):
Azure Backupの新機能「バックアップエクスプローラー」、プレビュー提供開始
企業のIT基盤がオンプレミスを超えてクラウドに拡張されるにつれ、クリティカルな企業データを確実に保護することが重要になります。「Azure Backup」にプレビュー機能として追加された「Backup Explorer(バックアップエクスプローラー)」は、毎日のバックアップの監視を効率的にしてくれるでしょう。(2020/2/18)

北海道江別市が「Arcserve UDP Appliance」を導入、災害対策を視野にシステム選定
北海道江別市はarcserve Japanの「Arcserve UDP Appliance」を導入した。選定の決め手は、サーバリソースとバックアップ機能がセットになったアプライアンスサーバで、ハードウェアに障害が発生した場合でも短時間で復旧できることだったという。(2019/12/27)

ダウンタイムを限りなくゼロに
延長サポート終了を迎えるVMware ESXi 5.5、驚きと感動のアップグレード方法
「VMware ESXi 5.5」の延長サポート終了が近づいてきた。サポート継続と最新技術活用のため、大多数の企業は最新版へ移行する。しかし、無停止での移行は簡単ではない。ダウンタイムを限りなくゼロにする「驚きと感動」の方法とは?(2019/12/2)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第3回):
PR:Windows 10のデータ管理 データ保護はMicrosoft 365の連携技におまかせ
前回までは、Windows 10のモダン管理を使った展開、管理に関する方法を解説しました。今回は、「データ保護」にフォーカスします。モダンPCは、そもそも社外でインターネットに接続して利用するのが前提の環境です。Windows 10の機能とMicrosoft 365の各種機能を連携させ、PCを社外で利用する際にデータ漏えいを防ぐ機能を紹介します。(2019/6/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(70):
Azure VM内のSQL Serverのバックアップを管理不要にする「自動保護」機能(プレビュー)
2018年6月からパブリックプレビュー提供が開始されている、Azure仮想マシン(Azure VM)内で実行されるSQL Serverのバックアップ機能に「自動保護」機能が追加されました。(2019/1/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(66):
Windows Server 2019やVMware仮想マシンにも対応したAzure Backup Server v3が利用可能に
Azure Backupサービスとともに機能し、オンプレミスサーバのベアメタル回復用バックアップやアプリケーションのD2D2C(Disk to Disk to Cloud)のバックアップ保護と復元を可能にするMicrosoft Azure Backup Serverの最新バージョン「v3」が利用可能になりました。(2018/11/29)

ITりてらしぃのすゝめ:
“データ消失”の悲劇防ぐ 今すぐできる、大事なデータの整理・管理方法
スマートフォンやデジカメで撮影した写真などの電子データはたまっていく一方。しっかり管理し、保管しないと痛い目に遭うことも? 今すぐやっておきたいTodoを紹介したい。(2018/6/18)

IDC Japanの森山正秋氏が指南:
PR:「主役」になったオールフラッシュストレージ、2018年はどう考え、どう選ぶ?
オールフラッシュストレージの存在感が、この1年余りで急速に高まってきた。SSDの価格低下に伴って用途も広がり、ストレージにおけるメインストリームに近づいてきたと言える。では、オールフラッシュストレージを、ユーザー企業はあらためてどう考え、どう選ぶべきか。IDC Japanの森山正秋氏に聞いた。(2018/1/23)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(終):
Oracle DatabaseとMySQLの機能の違いを比較表で理解する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、移行設計を実施するに当たり把握しておきたい、Oracle DatabaseとMySQLの機能の違いについて説明します。(2017/11/30)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるオブジェクトストレージ
IoT/ビッグデータトレンドの進展に伴い、データ蓄積・活用基盤として注目を集めているオブジェクトストレージとはどのようなものなのでしょうか? 5分で解説します。(2017/6/30)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:VMAX ALL FLASHはミッションクリティカルとオールフラッシュの架け橋だ
「VMAX ALL FLASH」は、画期的なアーキテクチャを備えたストレージだ。だからこそ、インフラレベルでの可用性管理やデータ保護が不可欠なミッションクリティカルアプリケーションで、オールフラッシュのメリットをフルに生かすことができる。(2017/5/22)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(30):
“Microsoft Loves Linux”はどうなっている?――Linux on Azureのいま(2017年4月版)
Microsoft Azureは、Windowsはもちろん、Linuxも広範囲にサポートしています。Azureが提供するIaaS/PaaS向けの機能の多くは、Windows/Linuxベースの仮想マシンやサービスの両方で利用可能です。2016年後半からこれまでに一般提供された機能と注目のプレビュー機能をまとめました。(2017/4/24)

デジタル時代、「OSSをいかに使いこなせるか」が勝負を分かつ:
PR:PostgreSQLを企業システムで安心・手軽に導入、活用する秘訣
市場変化が速い近年、ICTシステムにはイノベーティブな機能と変化対応力が強く求められている。これを実現する上では、ベンダーの事情に縛られず「本当にやりたいこと」ができるオープンソースソフトウェア(以下、OSS)の活用が欠かせない。だがとりわけ高度な信頼性・安定性が求められる企業システムのデータベースの場合、導入のハードルはひときわ高くなる。無理なく導入・活用するアプローチをPostgreSQLコミュニティの理事企業である富士通に聞いた。(2016/5/30)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(47):
Hyper-V上のLinux仮想マシンで新たにサポートされる機能
Windows Server 2016のHyper-Vで動作するLinuxのサポート状況について、これまで明らかにされていたものよりも、具体的かつ詳細な情報が公開されました。(2016/4/21)

Tech TIPS:
【7/8.1からWindows 10へのアップグレード】クリーンインストールで安定的な環境を構築する
Windows 7/8.1などからWindows 10にアップグレードする際、上書きインストール(インプレースアップグレード)では、システムが不安定になることがある。そんなときはWindows 10を「クリーンインストール」するとよい。その方法と注意点を紹介する。(2019/8/29)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第7回 オブジェクトストレージを解読する “無限”にためる使い方
前回はオブジェクトストレージの特徴を解説しましたが、今回はそのような特徴からどのような使い方ができるのかをひも解いてみます。(2015/12/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(6):
最大53TBのデータをクラウドにバックアップ――Azure Backup最新情報
マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」では、日々、新たな機能やサービスが提供されています。今回は、「Azure Backup」サービスの新機能を紹介します。(2015/10/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(34):
Hyper-Vのバックアップで仮想マシンは止まらない
前回は、WindowsのクライアントOSにおけるフルバックアップ機能について取り上げ、Windows 8.1における機能削除とWindows 10における復活の可能性に言及しました。今回は、サーバー版の「Windows Serverバックアップ」のHyper-V対応における重要な変更点を説明します。(2015/6/22)

オンプレだけでなくクラウド管理にもSystem Centerを:
PR:Microsoft Azureの運用管理には、System Centerが必要
企業のビジネス領域におけるパブリッククラウドの利用は、いま本格的な普及期を迎えています。パブリッククラウドの利用が拡大すると、特にIaaS環境では運用管理が大きな課題となってきます。マイクロソフトの運用管理スイート「System Center 2012 R2」は、IaaS環境への展開も可能で、クラウド運用管理のさまざま課題を解決します。(2015/4/27)

山市良のうぃんどうず日記(30):
99年間のバックアップに対応、何を保存しましょうか?――Azure Backup最新情報フォローアップの巻
Microsoft Azureが提供中のクラウドベースのバックアップサービス「Azure Backup」が、新しい料金体系に変わりました。変わるのは料金だけではありません。登場時にはなかった、いろいろな機能が追加されています。(2015/4/6)

コンテンツ事業者の悩みを解決:
PR:抜群の拡張性とコストのバランスを実現するクラウドインフラとは
あらゆるコンテンツ配信事業者は、高速かつ安全で、拡張性に優れ、なおかつ低コストなコンテンツ配信環境を望んでいる。しかし、果たして、そんな都合のよいコンテンツ配信環境を実現できるクラウドインフラは存在するのだろうか?(2015/2/18)

マウスコンピューター、写真家向けの新シリーズ「MDV For Photo」を発表
「EIZO」や「PIXUS」とのセット販売も。(2015/2/10)

マウスコンピューター、同社製PCにオンラインバックアップサービス「AOSBOX Cool」90日体験版をプリインストールして出荷
マウスコンピューターは、同社製PCにAOSテクノロジーズ製オンラインバックアップサービス「AOSBOX Cool」90日間無料体験版をプリインストールすると発表した。(2014/8/8)

AOSテクノロジーズ、社内PCの一括バックアップを行なえる法人向けサービス「AOSBOX Business」
AOSテクノロジーズは、法人向けのオンラインバックアップサービス「AOSBOX Business」を発表。管理者向けの各種設定機能も利用できる。(2014/6/26)

Windows Server 2012 R2パワー:
第3回 Hyper-Vの主要な改善点
Windows Server 2012 R2のHyper-Vでは仮想マシンのアーキテクチャが更新されたり、仮想ディスクの帯域管理や動的リサイズなどのSLA向上、拡張セッションモードによる使い勝手の向上、自動アクティベーションなど、多くの機能強化が行われている。(2014/2/27)

業務で使えるバックアップの基礎知識(2):
これで差がつく、知っておくべきバックアップの技術と戦略
バックアップの計画を立てるに当たっては、いくつかのバックアップ技術や戦略を考慮すべきです。これらを利用してバックアップ手法を工夫することで、一見困難と思われるバックアップも解決可能です。(2013/7/5)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】コストを詳細分析、VMware環境の主要バックアップ4製品
VMware環境をバックアップすると、どれくらいのコストが掛かるのか? 小規模/中規模/大規模環境を想定し、主要バックアップ製品を用いたバックアップシステムのコストを比較する。(2013/7/9)

ワイヤレスジャパン2013:
持ち込んだ私物スマホをどうやって管理する?
私物デバイスをオフィスで使う「BYOD」は、作業効率が向上する一方でセキュリティの穴となる。BYOD環境で私物端末を管理する方法をワイヤレスジャパン2013で紹介した。(2013/5/30)

NEC、月額制のPC拡張保証「延長保証サービスプラス」開始──315円/月から
NEC製PC利用者向けの月額制拡張サポートメニューが登場。すでに標準保証が切れた人も加入でき、最大5年まで保証延長、プレミアム電話サポート、データ復旧、不注意の破損も無償修理対象といったメニューを用意する。価格は315円/月から。(2013/5/23)

NEC、容量50Gバイトの個人向けオンラインバックアップサービスを提供開始
NECパーソナルコンピュータは、個人向けのクラウドストレージサービス「オンライン自動バックアップPowered by AOSBOX」の提供を開始した。(2013/4/15)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第1回】
【技術解説】仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”バックアップ
サーバ仮想化の導入が急速に進む一方で、データ量も増え続けている。物理環境と同様のバックアップでは、バックアップ時間や容量、システムへの負荷など多くの課題が出てくる。(2013/2/13)

マイクロソフトがシステム管理製品群を強化、Hyper-Vのシェアも拡大
「System Center 2012 SP1」とクラウド型の「Windows Intune」の新機能などを新たにリリースした。(2013/1/21)

仮想化環境のデータバックアップ 最適解の見つけ方(1):
仮想化環境のデータバックアップ 種類と特徴を整理しよう
仮想化環境でのバックアップにはどんな種類がある? 適用範囲は? 主要な手法とそれぞれのメリット・デメリットを整理しておこう。後半では、従来のバックアップの常識を覆す機能を持ったツール類にも言及する。(2012/11/21)

マカフィー、「マカフィー オール アクセス 2013」など個人向けセキュリティソフト4製品を発表
マカフィー、“2013年版”となる個人向けセキュリティソフト「マカフィー オール アクセス 2013」など計4製品を発表した。(2012/9/6)

ARROWS X F-10Dの“ここ”が知りたい:
第2回 初期設定で何ができる? プリインアプリは? ――「ARROWS X F-10D」
Androidスマートフォンを使用していて意外と見る機会がないことが多いのが、初期設定画面ではないだろうか。今回は「ARROWS X F-10D」の初期設定とプリインストールアプリに関して気になる点を調べてみた。(2012/8/9)

アイデア発想実践記:
こんな文具が欲しい――過去に出たアイデアをPUSHするノート
アイデア発想連載の第9回は「マトリクス法」。遊び心があってオシャレで、持ち運びやすくて……など、設定した機能と心理から欲しいスマート文具を考えてみました。(2012/6/6)

巨人に挑むダビデ:
ウェブルートが誇る「第5世代アンチマルウェア技術」とは――製品担当者インタビュー
第5世代のアンチマルウェア技術を採用したという、コンシューマ向け最新セキュリティサービス「Webroot SecureAnywhere」がいよいよ日本で発売される。米Webrootの製品担当者に話を聞いた。(2012/6/1)

小規模仮想環境に特化したバックアップソフト「Acronis vmProtect 7」
アクロニス・ジャパンは、VMware vSphereで構築した小規模仮想環境向けのバックアップソフトウェア「Acronis vmProtect 7」のパッケージ版を発売した。価格は1CPU当たり6万円。(2012/5/21)

中小企業を取り巻くバックアップの現状、未来
システムや業務データのバックアップの重要性を意識しつつも、十分に取り組めていないという企業は多い。市場の現状やバックアップ技術の今後について、米Symantecの担当者に話を聞いた。(2012/3/16)

大切なものを守るために:
「史上最速のノートン360」――シマンテック発表会
シマンテックの最新セキュリティスイート「ノートン360 バージョン6.0」は、NIS 2012ベースの保護機能にオンラインバックアップ機能を統合し、パフォーマンスも改善した。(2012/2/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。