ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OpenFeint」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OpenFeint」に関する情報が集まったページです。

グリーの今期は大幅減益見通し、最終益はゼロ予想 海外向けプラットフォーム停止、ポケラボ不振で減損
グリーの今期は最終損益がゼロとなるなど大幅な減収減益に。海外向けプラットフォーム停止、ポケラボの不振で減損を迫られることも響く。(2015/2/4)

グリー、米国子会社でリストラ GREE Platform部門閉鎖で
グリーの米子会社でリストラ。グリーの米子会社GREE Internationalはこのほど、ソーシャルゲームプラットフォーム「GREE Platform」事業を東京本社に統合するため。(2012/12/10)

AVTokyo 2012レポート:
雑然紛然? ここが変だよ、日本のモバイルアプリとAPT!
2012年11月17日、都内のClub atomで開催されたディープなイベント「AVTokyo 2012」。その中から公開OKのセッション2つの内容を簡単に紹介する。(2012/12/6)

グリー、ソーシャルプラットフォーム「OpenFeint」のサービスを終了
グリーが昨年買収したソーシャルゲームプラットフォーム「OpenFeint」がサービス終了する。(2012/11/20)

E3 2012総括(前編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。前編ではE3前日午前中に行われたマイクロソフトのカンファレンスまでをまとめてみた。(2012/6/27)

グリー、グローバルプラットフォーム「GREE Platform」提供開始
統一プラットフォーム「GREE Platform」のユーザー数は全世界で2億3000万人となる。「聖戦ケルベロス」などのグローバル配信も。(2012/5/24)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2011年、ゲーム業界今年の11大ニュース
なんで11大ニュース? それは今年が2011年だから! きわめて私的にゲーム業界を振り返ってみました。(2011/12/27)

「GREE Platform」が目指す「10億ユーザー」
国内外のソーシャルプラットフォームを統一した「GREE Platform」でグリーが世界攻略を本格化。スマートフォンの世界的な普及を追い風に、「10億人が使うサービス」を目指す。(2011/12/6)

グリー、世界1.5億ユーザーに向けソーシャル基盤「GREE Platform」を提供
グリーは、GREEとOpenFeintを統合したソーシャルプラットフォーム「GREE Platform」を2012年4〜6月期からグローバル展開する。世界規模で利用されるOpenFeintのユーザーベースとGREEの高い収益モデルとを統合する巨大なゲームプラットフォームとなる。(2011/12/6)

グリー、グローバルプラットフォームを12年前半に共通化
グリーがソーシャルプラットフォームのAPIとSDKを2012年前半に共通化すると発表した。現在は日本向けと海外では異なるが、統一で世界展開を加速へ。(2011/11/2)

D89クリップ(28):
【第21回 HTML5とか勉強会】 ゲーム開発はHTML5+スマホベースが新潮流
今回のHTML5とか勉強会のテーマは「HTML5+ゲーム」。mobage、アメーバピグ、GREE、カヤック、ユビキタスエンターテインメントの取り組みをレポートする(2011/10/19)

AKBのようにゲームは“みんなのもの”になる――グリー田中社長のゲーム論
ゲームはAKB48のように大衆化する時代に入った――世界規模のソーシャルゲーム事業に取り組むグリーの田中社長が、ゲームやインターネットに対する考えをCEDECで語った。(2011/9/8)

グリー、5カ国に子会社設立 世界展開を加速
グリーが、韓国、シンガポール、イギリス、オランダ、ブラジルの5カ国に子会社を設立する。子会社を通じて協業や開発者支援を進め、国際展開を加速させる。(2011/9/1)

グリーの会員は「月1000万人」増えている 「次は3億人目標」と田中社長
「会員数はすでに1億人を超えた。次は3億人を目標にしたい」――グリーが2011年6月期の第4四半期決算を発表。国内の課金や広告事業が好調で増収増益となったが、今後は海外での取り組みを加速させ、将来的には「FacebookやTwitterに並ぶメディア企業」を目指す。(2011/8/9)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(10):
なぜ日本だけにとどまる必要が? 生き残るためにグリーは海外を目指す
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。 (2011/8/8)

グリーが中国に子会社設立
グリーが中国・北京に全額出資子会社を設立。(2011/7/14)

GREEの田中社長、買収は「必要があればどんどん進める」
米OpenFeintの買収を発表したばかりのGREEの田中社長は、「5億、10億とユーザーを伸ばすために必要ならどんどん進める」と積極的なM&Aなどを通じて海外展開を進める考えだ。(2011/5/9)

ねっと知ったかぶり β版(4/18〜4/22)
注目ニュースをまとめてお届けする新コーナー「ねっと知ったかぶり」。今週はソーシャルメディア関連の情報が目立ちました。(2011/4/22)

仕様共通化で競争力強化――OpenFeint買収のグリー
グリーがスマートフォン向けソーシャルゲームプラットフォームを展開するOpenFeintの買収を発表。今後はプラットフォームの仕様共通化を図り、国際競争力を高めていく。(2011/4/22)

グリー、OpenFeintを買収 世界最大級のスマートフォンプラットフォームに
グリーがスマートフォン向けソーシャルゲームプラットフォームを運営するOpenFeintを約86億円で買収。世界最大級となる1億ユーザー超のプラットフォーム構築を目指す。(2011/4/22)

iPhone/iPod touch/iPad向けパズルゲーム「Doodle Lab101」配信開始
ボール状の「エレメント」を、種類による重さの違いと指で作る壁を活用して、1種類だけを振り分けてビーカーまで運ぶという、シンプルながら奥深いパズルゲームが配信を開始した。(2010/11/8)

日々是遊戯:
App Storeに自称「もっともくだらないアプリ」が登場。その名も……
以前紹介した「i刺身 LITE」に続き、またもや「刺身の上にタンポポを乗せる仕事」がゲームになってしまいました。なんだかどこかで見たようなタイトルロゴですが……。(2010/9/24)

App Town ゲーム:
弾幕系シューティング「怒首領蜂大復活」がiPhone/iPod touch向けに配信決定
ケイブは、iPhone/iPod touch向け「怒首領蜂大復活」を、8月26日(木)より配信する。なお、配信記念として4日間限定で600円で提供される。(2010/8/23)

iPad開発者会議リポート(後編):
iPad/iPhoneアプリ開発の成功に必要なもの
App Storeが“第2のゴールドラッシュ”というのは本当だろうか。「iPad Summit」リポートの後編では、実際にiPad/iPhoneアプリ開発で商業的な成功を手に入れたデベロッパーの視点を紹介していく。(2010/7/21)

モバゲーが海外進出――国外向けiphone/iPadサービス「MiniNation」を5月10日から運営開始
(2010/5/10)

DeNA、モバゲータウンのゲームやコミュニティ機能を海外でiPhone向けに展開
ディー・エヌ・エーの子会社のミニネーションが、海外のiPhone/iPod touch向けに、モバゲータウンで人気のゲームやコミュニティ機能を提供する。(2010/5/10)

モバゲー、iPhoneアプリ化で海外展開
DeNAが「モバゲータウン」をベースにしたiPhoneアプリを海外向けにリリース。OpenFeintとも連携し、ゲーム&アバターで世界展開を図っていく。(2010/5/10)

タイトー、iPhone向けゲームにコミュニティ機能を追加する「OpenFeint」を採用
タイトーは、ディー・エヌ・エーが資本業務提携しているAurora Feintの提供するソーシャルゲーミングプラットフォーム「OpenFeint」を、iPhone/iPod touch向けのゲームに順次搭載していくことを発表した。(2010/1/20)

「1アプリ1単価に限界」――ハドソンに学ぶiPhoneアプリの難しさと“次の手”
「当たった時の売り上げの規模は非常に大きいが、当たる“幅”は狭くなってきている」――。価格設定、無料アプリからの誘導、アドネットワークなど、さまざまな策を講じてiPhoneアプリを展開してきたハドソンが感じた「限界」と、期待を寄せる「次の手」とは何か。(2009/12/22)

DeNAの出資企業Aurora Feintが提供する「OpenFeint」をハドソンのiPhoneアプリが採用
DeNAの出資企業Aurora Feintの提供するソーシャルゲーミングプラットフォーム「OpenFeint」が、ハドソンのiPhone向けゲームアプリ3タイトルに採用されることが決定した。(2009/11/6)

「モバゲー」のDeNA、iPhone向けサービスを本格展開
DeNAがiPhoneゲーム向けコミュニティープラットフォームを運営するAurora Feintに出資、世界市場でiPhone向けサービスを本格展開すると発表した。(2009/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。