ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Opera Unite」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Opera Unite」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

HTML5とかtopi(8):
HTML5アプリ開発基盤「Meteor」がすごい
サーバもクライアントもJavaScriptで記述できる「Meteor」が注目を集めている。サーバ上のコードが変更されると、クライアントも自動的に変更されるという(2012/5/9)

W3C、P2Pのビデオコミュニケーションを可能にするAPI策定へ
W3Cが、サーバを介さない音声・動画でのリアルタイムコミュニケーションを実現するAPIを開発するためのワーキンググループを立ち上げた。(2011/5/9)

3分LifeHacking:
オンラインファイル共有サービス、この5本
最近のオンラインファイル共有サービスは、どのように進化しているのだろうか。聞き込み調査の結果からオススメできる5つのサービスを紹介します。(2010/4/2)

2009年、最も素晴らしかった革新技術は?
2009年は厳しい年だったが、それでも多くの企業や起業家は技術革新を続けてきた。2009年に輝いた、「次の波」を生む新技術をピックアップする。(2009/12/25)

「Opera 10.10」、公開1週間で1200万ダウンロード
サーバ機能「Opera Unite」を搭載した最新版のOperaが、公開1週間のダウンロード記録を更新した。(2009/12/8)

Operaブラウザの更新版がリリース、3件の脆弱性に対処
セキュリティ問題の解決や「Opera Unite」などの機能強化を盛り込んだ「Opera 10.10」がリリースされた。(2009/11/24)

Opera Unite付き 「Opera 10.10」β版公開
Opera Softwareは、Webブラウザ「Opera 10.10」β版を公開。P2P通信技術を使い、さまざまなサービスを共有できる「Opera Unite」β版を追加した。(2009/10/14)

IEユーザーはOperaブラウザになじめるのか
筆者はずっとIEを愛用している。でも最近肩身が狭い。そんなとき「Operaを知っていただこう」という誘惑めいたメールが届いた。(2009/9/24)

Webサービス図鑑/Webチャット:
Cometeo
Cometeoは、Cometという通信技術を採用し、Webブラウザで利用できるWebチャットサービス。ブラウザだけでも利用できるほか、専用のソフトをダウンロードすれば、3次元仮想空間「Second Life」内とのチャットも可能です。(2009/9/10)

Opera Turbo搭載:
「Opera 10」正式版リリース
Operaの新Webブラウザ「Opera 10」の正式版ダウンロードが始まった。「Opera Unite」は次期バージョンの10.10で追加の予定だ。(2009/9/1)

Opera Turboでスピードアップ:
Opera 10 β3リリース――安定性と性能が向上
高速化と安定性の向上に加え、タブのサムネイル表示などのUIにも多数の改良が加えられたが、PCにサーバ/クライアント機能を持たせる「Opera Unite」機能の追加は見送られた。(2009/8/17)

「Opera Unite」はボットネットにも利用可能? セキュリティ企業が指摘
Operaブラウザの新機能「Opera Unite」を悪用した「Uniteボットネット」が開発される恐れがあると、Sunbelt Softwareは予想する。(2009/6/19)

アイデアはいいがやり方がまずい:
「Opera Unite」――Googleなら「Wave」でもっとうまくやれるか?
Opera UniteはP2P的な手段を提供するが、ユーザーはすべてのトラフィックをOperaのプロキシサービスに通さなければならず、またオープンソースではない点が批判を呼んでいる。(2009/6/18)

すべてのPCをサーバに:
Opera、Webブラウザ内サーバ機能「Opera Unite」発表
「Opera Unite」は、サードパーティーのサーバを経由せずにPC同士でコンテンツ交換やチャット、Webサービス運営が可能になるサービスだ。(2009/6/17)

ブラウザでP2P通信できる「Opera Unite」、ファイル共有やチャット利用も
 Opera Softwareは、P2P通信技術を使い、ファイル共有やチャットなどさまざまなサービスを他人と共有できるソフト「Opera Unite」を公開した。Webブラウザ「Opera 10」上で動作する。(2009/6/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。