ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「由来」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「由来」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【前編】
“コロナ離職”はパンデミック後も終わらない――Gartnerが言い切る理由
調査会社Gartnerの人事調査責任者は、パンデミックに由来する高い離職率は今後も続くと考えている。その理由と企業にできる対策を聞いた。(2022/5/24)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズのワンちゃんたち〜名前の由来編〜 2022年5月号
すてきな由来をご紹介。(2022/5/22)

IoTセキュリティ:
米国大統領令の影響か? 商用ソフトウェアのOSS由来脆弱性が減少傾向に
日本シノプシスは、商用ソフトウェアにおけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況を調査した「2022年オープンソース・セキュリティ&リスク分析(Open Source Security and Risk Analysis:OSSRA)レポート」の結果について説明した。(2022/5/20)

LIBの長寿命化と高容量化を両立:
GHG排出量を削減できるLIB向け正極材を開発
日立金属は、コバルト(Co)の含有量を大幅に減らしてもリチウムイオン電池(LIB)の長寿命化と高容量化を両立させることができる「正極材技術」を開発した。この材料を用いると、Co原料に由来する温室効果ガス(GHG)の排出量を削減できるという。(2022/5/20)

脱炭素:
水素由来燃料の採用増えるか、カーボンニュートラル燃料の分野別市場調査
富士経済は、カーボンニュートラル燃料の市場調査結果を発表した。2050年には、液体CN燃料市場は80兆347億円、固体CN燃料市場は11兆4573億円、気体CN燃料市場は34兆8781億円になると予測する。(2022/5/16)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズの猫ちゃんたち〜名前の由来編〜 2022年5月号
すてきな由来をご紹介。(2022/5/8)

金沢「特製牛肉弁当」(1380円):
金沢の名物駅弁を生んだ、かつての北陸本線の特急・急行列車とは?
「白鳥」「雷鳥」「しらさぎ」「はくたか」「サンダーバード」……金沢には古くから東西を行き交う“鳥”由来の特急列車がたくさん。そんな金沢の名物駅弁にまつわるエピソードを伺います。(2022/5/7)

リテール&ロジスティクス:
大阪府箕面市で延べ6.4万m2の物流施設が竣工、100%再エネ由来の電力をテナントへ供給
オリックス不動産は、大阪府箕面市で開発を進めていた物流施設「箕面ロジスティクスセンター」が完成したことを公表した。(2022/4/26)

自然由来を50%以上使用:
コールマン、竹やトウモロコシを使ったアウトドア用食器を発売
ニューウェルブランズ・ジャパンのコールマン事業部が、竹やトウモロコシなど自然由来の素材を使用したアウトドア用食器の展開を開始した。(2022/4/25)

材料技術:
55%高濃度CeF成形材料を用いた洗面/浴室グッズを共同開発
パナソニック プロダクションエンジニアリングとケーワールドismは、植物由来のセルロースファイバー(CeF)を55%の高濃度で樹脂に混ぜ込んだ成形材料「kinari」を用いた洗面/浴室グッズを共同開発した。(2022/4/20)

蓄電・発電機器:
3つの電池で工場を「RE100化」、パナソニックが実証施設の運用をスタート
パナソニックが純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電により、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う実証施設の運用をスタート。本格的に水素を活用して工場で利用するエネルギーを100%再生可能エネルギー由来とする(RE100化)のは、世界初の試みになるという。(2022/4/18)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズの猫ちゃんたち〜名前の由来編〜 2022年4月号
すてきな由来をご紹介。(2022/4/17)

田辺三菱製薬社長 上野裕明さん(63) 安全な植物由来コロナワクチン 国内製造も検討
カナダの子会社メディカゴの新型コロナウイルスワクチンがカナダ政府に承認された。(2022/4/14)

再エネ100% パナ、吹田の先端都市公開
街の中の電力を実質的にすべて再生可能エネルギー由来の電力で賄うのは、先端技術を活用したスマートシティーでは日本初という。(2022/4/12)

工場ニュース:
名古屋工場の電力使用によるCO2排出量ゼロに向けた取り組みを開始
タンガロイは、名古屋工場で使用する全ての電力を再生可能エネルギー由来の電気に切り替え、CO2排出量ゼロを目指す。中部電力ミライズが提供する「Greenでんき」に切り替え、CO2を年間約1425t削減する。(2022/4/12)

脱炭素:
サントリー、国内生産研究拠点の一部を100%再エネ由来電力に切り替え
サントリーグループは2022年3月29日、同社の国内生産研究拠点30カ所で購入する電力を100%再生可能エネルギー由来に切り替えると発表した。同年4月1日に切り替えを実施する。(2022/4/5)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズのワンちゃんたち〜名前の由来編〜 2022年4月号
すてきな由来をご紹介。(2022/4/3)

脱炭素:
帝人のグループ会社が韓国で再生可能エネルギー由来電力を導入
帝人のグループ会社テイジン・リエルソート・コリアが、再生可能エネルギー由来の電力を導入するなど、脱炭素への取り組みを開始する。まずは年間使用量の約30%を置き換え、2025年には全量の再生可能エネルギー化を目指す。(2022/3/24)

エネルギー管理:
セメント由来CO2で合成したメタンを供給、東京ガスと太平洋セメントが事業検討へ
太平洋セメントと東京ガスが、セメント製造工程から回収される高濃度CO2で合成したメタンを、既存のガスインフラにで供給するメタネーション事業の実現可能性調査を行うと発表した。(2022/3/23)

材料技術:
パナソニックがバイオマス度90%以上のCeF成形材料開発、バイオPEの弱さを克服
パナソニック マニュファクチャリングイノベーション本部は、セルロースファイバー(CeF)を高濃度に含有した成形材料の開発において、CeFと混錬する樹脂を従来のポリプロピレンから植物由来のバイオポリエチレンに置き換え、標準品として展開する55%高濃度CeF成形材料「kinari」と同等の強度を備えるバイオマス度90%以上のCeF成形材料の開発に成功した。(2022/3/22)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズの猫ちゃんたち〜名前の由来編〜 2022年3月号
すてきな由来をご紹介。(2022/3/20)

たまごも肉も使わないオムライスが販売 独自の「野菜半熟化製法」で“ふわとろ”も再現
ソースはドミグラスソースとトマトケチャップの2種。どちらも、動物由来の食材は不使用。(2022/3/10)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズのワンちゃんたち〜名前の由来編〜 2022年3月号
すてきな由来をご紹介。(2022/3/6)

プラスチック資源循環促進法施行に向けて:
セブン、新型のスプーンとフォークを導入 脱プラを推進
コンビニ業界の脱プラスチックの動きは加速している。セブンは植物由来素材を30%配合したスプーン、フォークを導入する。プラスチック資源循環促進法への対応策だという。(2022/2/22)

ビジネス・おもてなしシーンでの需要を喚起する:
アスクル、100%リサイクルペットボトル使用の天然水を発売 "あえてラベル付き"のワケ
アスクルが100%リサイクルペットボトルを使用した天然水を発売した。"あえてラベル付き"にすることで、ビジネスシーンでの需要を喚起する。ラベルにも植物由来原料を75%使用した。(2022/2/22)

ペットボトルの再生素材への転換も:
イオン、紙・木製カトラリーの導入を発表 プラ削減に向けて
イオンは紙・木製のカトラリーを導入すると発表した。年間で約150トンのプラスチック削減を見込み、2022年上期中に完全切り替えを目指す。ペットボトルの100%再生、植物由来素材への転換にも取り組むなど、脱プラスチックに向けた取り組みを強化する。(2022/2/17)

製品動向:
アイカ工業がリグニンフェノール樹脂使用のメラミン化粧板を開発、バイオマス度は60%
アイカ工業は、植物由来のフェノール樹脂(リグニンフェノール樹脂)を使用したメラミン化粧板を開発した。今後は、フェノール樹脂を利用したメラミン化粧板のサンプルワークを行いながら、量産化に向けたスケールアップを展開していく。(2022/2/17)

内山信二、愛娘の名前は「絃(いと)」に決定 愛情あふれる由来に「ステキな名前」「パパとママの愛」
妻の名前は琴(こと)さん。(2022/2/2)

珍名競走馬「ウマピョイ」が爆誕 名前の由来は「馬が飛び跳ねる」からとウマ娘の画像を添えて紹介
うー(うまだっち)!(2022/1/26)

導入事例:
清水建設らが水素エネルギー利用システムの実証運用を福島県で実施、53%のCO2削減
清水建設と産業技術総合研究所は、福島県郡山市の郡山市総合地方卸売市場内で、2019年7月〜2021年7月に、建物附帯型水素エネルギー利用システム「Hydro Q-BiC」の実証証運用を行い、電力由来のCO2排出量を未導入時と比べて53%削減することを確認した。Hydro Q-BiCは既にに、2021年5月に竣工した清水建設北陸支店(石川県金沢市)の社屋内に実装され、実用化のステージに進んでいる。(2022/1/26)

医療技術ニュース:
痛みやかゆみなどの感覚異常は、皮膚深部の活性酸素が原因となる可能性
ファンケルは、ヒトiPS細胞由来感覚神経を用いて、皮膚深部での発生を想定した活性酸素が感覚神経の繊維を変性することで、痛みやかゆみなどの原因になる可能性を明らかにした。(2022/1/25)

2025年までにプラ使用量半減へ:
ハーゲンダッツジャパン、石油由来のプラスチック製スプーン順次廃止 バイオマス配合素材に
ハーゲンダッツジャパンは、同社が提供するアイスクリームの包材とスプーン素材を、石油由来のプラスチックから、環境に配慮した非プラスチック素材に順次切り替えると発表した。(2022/1/19)

DAISO、環境に配慮した100%植物由来の生分解性ポリマーを採用したストロー発売
1月中旬から順次拡大。(2022/1/15)

KFC、代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」を全米で発売
Kentucky Fried Chicken(KFC)は全米で植物由来の代替フライドチキンを期間限定で発売する。このチキンはBeyond MeatがKFC専用に開発した。価格はオリジナルチキンと同じ6Pで6.99ドル。(2022/1/6)

産業動向:
保有する賃貸用オフィスビルにオフサイトコーポレートPPAを活用、清水建設
清水建設は、保有する3棟の賃貸用オフィスビルで、「オフサイトコーポレートPPA(Power Purchase Agreement、電力購入契約)」を活用した太陽光由来グリーン電力の導入をスタートする。今回の取り組みは、環境省の補助事業「令和3年度オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業」に採択されている。(2022/1/5)

電気自動車:
EVがカーボンニュートラルに貢献するための環境整備へ、日産が自治体の支援強化
日産自動車は2021年12月22日、自治体のカーボンニュートラル達成を支援するパートナーシップを締結したと発表した。住友商事や住友三井オートサービスとともに、EV(電気自動車)の導入やシェアリングによる地域の移動手段の脱炭素化と、再生可能エネルギー由来の電力の導入を支援する。(2021/12/23)

日本での生産も:
植物由来ワクチン「来年に7600万回分」 田辺三菱製薬社長
田辺三菱製薬の上野裕明社長が21日、産経新聞のインタビューに応じ、カナダの子会社メディカゴが開発中の植物由来の新型コロナウイルスワクチンについて、「早ければ来年中に最大で年間7600万回分の生産を目指す」との考えを明らかにした。(2021/12/22)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Apache Log4j」の脆弱性が話題だけど、そもそもApacheとかJavaの語源って知ってる?
Log4jのjはJava。そしてApache。これらはどういう由来なのか、調べてみた。(2021/12/17)

材料技術:
パナソニック、55%高濃度CeF成形材料「kinari」のサンプル販売開始
パナソニック プロダクションエンジニアリング(PPE)は、パナソニック マニュファクチャリングイノベーション本部が開発した植物由来のセルロースファイバー(CeF)を55%の高濃度で樹脂に混ぜ込んだ成形材料「kinari」のサンプル販売を2022年1月から開始することを発表した。(2021/12/9)

マンダム、スプレー5商品を自主回収 計108万本、卵アレルギーの子どもに健康被害
マンダムは同社のスプレー商品に含まれる卵由来の成分が原因で、卵アレルギーの子どもに健康被害が出ているとして、スプレー5商品、計108万本を自主回収すると発表した。使用中の商品も含め、同社に着払いで送ると、商品代金相当のQUOカードで返金される。(2021/12/7)

フードテックベンチャーが:
植物由来の「ゆで卵」のプロトタイプ 日本で初めて開発
フードテックベンチャーのグリーンカルチャーは、「植物性ゆで卵」のプロトタイプ開発に成功したと発表した。ゆで卵は味や形状の観点から開発が難しいという。(2021/12/6)

米国企業と9年がかりで共同開発:
サントリー、植物由来100%のペットボトルを開発 2030年までに実用化へ
サントリーは植物由来100%の素材を使ったペットボトルの開発に成功したと発表した。既存のペットボトルには化石燃料由来の素材が使用されていることから、植物由来の素材に切り替えることで、サステナブルな社会の実現につなげる方針。(2021/12/3)

京大、記憶が消える仕組みの一端を解明 光とイソギンチャク由来の成分でマウスの記憶を消去
京都大学の研究チームは、光を使ってマウスの記憶を消すことに成功し、記憶が消える仕組みの一端を解明したと発表した。イソギンチャク由来のタンパク質をマウスの脳に埋め込み、光を当てると記憶が消えていることを確認できたという。(2021/11/17)

自然エネルギー:
国内初、電気・ガスともにCO2排出ゼロの分譲マンション 野村不動産が建設へ
野村不動産が、使用する電気・ガスのCO2排出量を実質ゼロにする国内初の新築分譲マンションを建設すると発表。東京ガスの協力を得て実現するもので、「カーボンニュートラル都市ガス」や再エネ由来電力を活用する。(2021/11/15)

産業動向:
大成建設が「御茶ノ水ソラシティ」に再エネ電力を導入、年間6000トンのCO2を削減
大成建設らは、複合施設「御茶ノ水ソラシティ」の全電力を再生可能エネルギー由来の電力に切り替えた。今回の取り組みにより、御茶ノ水ソラシティでは、電気購入由来のCO2排出量ゼロを実現し、年間約6000トンのCO2削減を見込んでいる。なお、電気購入由来のCO2排出量ゼロを達成するために、非化石証書(FITトラッキング付き)またはJ-クレジット(再生可能エネルギー由来)を利用する予定だ。(2021/11/2)

自動車業界の1週間を振り返る:
プリウスPHVで初採用したソーラールーフは「bZ4X」が継承、年間で1800km分の発電
1週間おつかれさまでした。土曜日ですね。Facebookが社名を「Meta」に変更して話題になっています。Metaは、3D CGの仮想空間を指す「メタバース」に由来します。創業からの事業でもある社名から、これから広げる事業であるメタバースを新たな社名とするのですから、とても攻めた社名変更ですね。(2021/10/30)

味が想像できないビール「ねこしかしんじられない」に猫好き&酒好き注目 販売元に名前の由来を聞いた
ねこしか勝たん!(2021/10/26)

太陽光:
再エネの環境価値を「移転」可能に、TISがブロックチェーンを活用した管理システムを開発
TISインテックグループのTISは、一般家庭で発電した再生可能エネルギー由来の電気をEVに充電し、走る蓄電池として活用し蓄えた電気を別の建物に放電することにより、電気と共に環境価値を他者に移転するシステムを構築したと発表した。(2021/10/25)

太陽光:
北陸最大級の蓄電システムと太陽光を導入、村田製作所が生産子会社を再エネ100%で運営
村田製作所が生産子会社である金津村田製作所(福井県あわら市)に北陸エリアでは最大規模という蓄電システム。太陽光発電システムと組み合わせ、11月1日から使用電力の100%を再生可能エネルギー由来に切り替える。(2021/10/21)

SDGs促進へ:
日本KFC、レジ袋改良でプラ使用量削減 利用者への無償提供は継続
日本KFCが、商品提供時に使用するレジ袋を改良し、プラスチック使用量を155トン、CO2排出量を17%それぞれ削減する方針を発表した。レジ袋に使われる植物由来のバイオマス素材の配合率を、従来の30%から50%に引き上げることで、実現できるという。(2021/10/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。