ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Papyrus」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Papyrus」に関する情報が集まったページです。

足が妙に生々しいところがいいじゃろう 折り紙でメジェドさまを作ってみた神の動画が降臨
古代人もパピルスで作ってたかもしれないし。(2015/8/24)

オンラインアクションゲーム「ペーパーマン」、「Fate/Zero」とのコラボレーションを6月20日まで実施
期間中は、アーチャーやセイバーの声が出る武器が限定販売されるほか、5月29日まではクラントーナメント「パピルス王国聖杯戦争」も開催される。(2012/5/23)

仕事耕具:
「囃」の書ける電子辞書 シャープ、手書きパッドが広くなった「Papyrus」
シャープは、メインディスプレイと手書きパッドの「Wタッチパネル」を採用した電子辞書「Papyrus PW-AT790」を発売する。手書きパッドが従来機に比べ約30%大きくなり、ペンタッチでかな入力が行える「かなタッチ入力」も新たに採用した。(2009/2/9)

AQUOSケータイやPapyrusを支えるシャープのモバイルTVチューナー
シャープ製のワンセグ携帯や、ワンセグ対応電子辞書「Papyrus」は、シャープが独自に開発した小型のワンセグチューナーモジュールを搭載している。同社はすでに世界のモバイルTV規格に対応するチップを開発しており、今後も小型・軽量化と世界展開を進める考えだ。(2008/3/4)

選べる手書きパッド搭載の“パピルス”に新色
手書きパッドの入力枠を「1枠」と「2枠」とで選択できるシャープの電子辞書「PW-AT760」に新色が登場。(2007/9/6)

シャープ、選べる手書きパッド搭載の電子辞書“パピルス”
シャープは、電子辞書“Papyrus”(パピルス)の新製品として、文字入力枠数などを選択できる手書きパッドを搭載した「PW-AT760-S/B」を5月25日に発売する。(2007/5/17)

シャープ、「手書きパッド」搭載の高校生向け電子辞書
シャープは電子辞書“Papyrus”に高校生の学習に役立つ新モデルを追加した。手書きパッドや音声読み上げ機能を搭載。(2007/1/18)

ワンセグ電子辞書「PW-TC900」のAV機能をチェック
一般的に電子辞書といえば、新入学シーズンが最需要期になるが、シャープの“Papyrus”「PW-TC900」はクリスマスプレゼントやお年玉の使い途としても気になる存在だ。ワンセグチューナーを搭載し、MP3再生などのAV機能を強化した。(2006/12/22)

シャープ、初の“ワンセグ対応”電子辞書
シャープは、電子辞書“Papyrus”(パピルス)の新製品として、ワンセグ放送を受信できるカラー液晶搭載モデル「PW-TC900」を発表した。(2006/11/20)

シャープ、脳年齢がわかる電子辞書
シャープは電子辞書“Papyrus”(パピルス)の新製品「PW-A8410」「PW-N8100」を発売する。脳年齢や英語力、IQなどをチェックする各種コンテンツを収録しており、調べるだけではく、コンテンツを“活用”できる。(2006/6/1)

シャープ、ネイティブ音声で発音を確認できる電子辞書
シャープはネイティブ音声を収録し発音を確認することができる電子辞書“Papyrus”「PW-V8100」と「PW-V8910」を3月10日に発売する。価格はPW-V8100が5万400円、PW-V8910が5万2500円。(2006/3/1)

シャープ、センター試験対策コンテンツ搭載の高校生向け電子辞書
シャープは電子辞書“Papyrus”の新製品「PW-V9500」を発売する。センター試験のリスニング試験対策コンテンツを搭載するほか、高校生の学習に必要な辞書・コンテンツをバランスよく備えた。(2006/2/7)

シャープ、スタイリッシュ&堅牢性ボディの電子辞書
シャープが、電子辞書の新製品“Papyrus”「PW-9920」を発表。スタイリッシュなデザインながらも従来と同等の堅牢性を実現した「新インナープロテクト」を搭載。(2006/1/18)

シャープ、画像や地図からも検索できる電子辞書
シャープはカラー画像や地図など見出し語を検索できる電子辞書“Papyrus”「PW-N8000」を12月17日より販売する。SDカードスロットを備え、自分で撮影した画像を辞書に加えることも可能だ。(2005/12/7)

シャープ、中国語に強い電子辞書
シャープが、中国語コンテンツを強化した電子辞書“Papyrus(パピルス)”「PW-M850」を発表。(2005/11/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。