ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「辞書」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「辞書」に関する情報が集まったページです。

メカ設計用語辞典:
メタマテリアル
メカ設計者のための用語辞典。今回は「メタマテリアル」について解説する。(2020/3/31)

メカ設計用語辞典:
アンダーカット
メカ設計者のための用語辞典。今回は「アンダーカット」について解説する。(2020/3/27)

メカ設計用語辞典:
ひずみ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「ひずみ」について解説する。(2020/3/23)

メカ設計用語辞典:
インダストリー4.0
メカ設計者のための用語辞典。今回は「インダストリー4.0」について解説する。(2020/3/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「日次」 「にちじ」ではない読み方は?
辞書を引くと、逆に戸惑うやつ。(2020/3/11)

メカ設計用語辞典:
AR(拡張現実)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「AR(拡張現実)」について解説する。(2020/2/28)

メカ設計用語辞典:
応力
メカ設計者のための用語辞典。今回は「応力」について解説する。(2020/2/26)

「“聞いた風”なことを言うな」→正しくは「利いた風」……ってホント? 近年現れたとみられる「聞いた風誤用説」
辞書によって誤用説が採用されていたり、そうじゃなかったり。(2020/3/1)

メカ設計用語辞典:
ボクセル
メカ設計者のための用語辞典。今回は「ボクセル」について解説する。(2020/2/21)

メカ設計用語辞典:
3Dプリンタ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「3Dプリンタ」について解説する。(2020/2/18)

メカ設計用語辞典:
投影図
メカ設計者のための用語辞典。今回は「投影図」について解説する。(2020/1/29)

メカ設計用語辞典:
モデリングカーネル(カーネル)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「モデリングカーネル(カーネル)」について解説する。(2020/1/24)

Pythonチートシート:
[Pythonチートシート]文字列/リスト/タプル/辞書/集合の操作編
Pythonが提供する標準的な反復可能オブジェクトとして、文字列、リスト、タプル、辞書、集合の操作をギュギュッとまとめた。(2020/1/21)

メカ設計用語辞典:
ROS
メカ設計者のための用語辞典。今回は「ROS」について解説する。(2020/1/21)

メカ設計用語辞典:
OpenGL
メカ設計者のための用語辞典。今回は「OpenGL」について解説する。(2020/1/16)

カシオ、Wi-Fi対応でコンテンツ追加もできる電子辞書13機種を投入
カシオ計算機は、新たにWi-Fi接続機能を搭載した電子辞書「EX-word」シリーズ新モデル計13機種を発表した。(2020/1/9)

メカ設計用語辞典:
VR(仮想現実)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「VR(仮想現実)」について解説する。(2019/12/25)

メカ設計用語辞典:
PDM
メカ設計者のための用語辞典。今回は「PDM」について解説する。(2019/12/20)

メカ設計用語辞典:
FMEA
メカ設計者のための用語辞典。今回は「FMEA」について解説する。(2019/12/16)

「私は私」「私の辞書にヒガミという文字はない」 ポジティブに我が道を行くメンタル強め美女の漫画に憧れしかない
白川さんのような生き方ができたなら……。(2019/12/15)

メカ設計用語辞典:
ロバスト設計
メカ設計者のための用語辞典。今回は「ロバスト設計」について解説する。(2019/12/11)

今年の新語、大賞は「−ペイ」 トップ10入りしたビジネス関連語は?
辞書出版社の三省堂が「今年の新語2019」を発表した。トップ10にビジネス関連語も複数選ばれた。(2019/12/5)

三省堂が「今年の新語2019」を発表 辞書のプロが選んだ1位は「−ペイ」
今後、辞書に載るかもしれない言葉です。(2019/12/5)

メカ設計用語辞典:
粒子法
メカ設計者のための用語辞典。今回は「粒子法」について解説する。(2019/11/29)

【たぶん日本最速レビュー】ありそうでなかった「大喜利」に日本初対応!? 10年ぶりに改訂された『岩波国語辞典』はここがスゴい
たぶん日本のWebメディアで一番早いと思います。(2019/11/26)

メカ設計用語辞典:
シックスシグマ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「シックスシグマ」について解説する。(2019/11/25)

メカ設計用語辞典:
TRIZ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「TRIZ」について解説する。(2019/11/18)

Tech TIPS:
【Windows 10】Microsoft IMEに単語を一括登録する
Microsoft IMEによく利用する社名や人名などをユーザー辞書に一括登録する方法を紹介する。単語リストをテキストファイルで用意し、Microsoft IMEユーザー辞書ツールで読み込めばよい。(2019/11/15)

メカ設計用語辞典:
CIM(コンピュータ統合生産)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「CIM(コンピュータ統合生産)」について解説する。(2019/11/14)

『大辞林』編集長に取材するから“辞書ガチ勢”集まれ〜! → ガチ過ぎて、質問の意味が分からなかった話
「松村明」が立項されないのはなぜか……って、普通の人には気になる理由が分からないのでは?(2019/11/29)

辞書を読破した人にしか分からない「“シ”のトウゲ」 『大辞林』編集長インタビュー
辞書ガチ勢には“あるある”?(2019/11/26)

辞書作りのシステム化は“辞書の定義”まで変えるかもしれない 『大辞林』編集長インタビュー
「分からない言葉があったら引く」以外の使い方も生まれるかも。(2019/11/22)

便利だがリスクもある“ググれば辞書が無料で引ける時代” 『大辞林』編集長インタビュー
辞書作りの難しさ。(2019/11/19)

辞書作りの世界を描いた『舟を編む』、どれくらいリアルだったんです? 映画版制作に関わった『大辞林』編集長インタビュー
というか、リアルの方が辞書愛が試される展開になってません?(2019/11/15)

メカ設計用語辞典:
表面粗さ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「表面粗さ」について解説する。(2019/10/28)

メカ設計用語辞典:
レンダリング
メカ設計者のための用語辞典。今回は「レンダリング」について解説する。(2019/10/21)

メカ設計用語辞典:
マルチボディ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「マルチボディ」について解説する。(2019/10/15)

メカ設計用語辞典:
QFD(品質機能展開)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「QFD(品質機能展開)」について解説する。(2019/10/10)

Python入門:
[Python入門]shelveモジュールによるオブジェクトの永続化
shelveモジュールを使うと、辞書と似た使い勝手でPythonオブジェクトを外部ファイルに保存できる。その使い方と注意点についてまとめる。(2019/10/8)

メカ設計用語辞典:
標準偏差
メカ設計者のための用語辞典。今回は「標準偏差」について解説する。(2019/9/30)

「衝触る」はなんて読む? 当て字ばかりを集めた「当て字・当て読み 漢字表現辞典」
意味は何となく分かるけど……。(2019/10/8)

メカ設計用語辞典:
抜き勾配
メカ設計者のための用語辞典。今回は「抜き勾配」について解説する。(2019/9/24)

メカ設計用語辞典:
デジタルツイン
メカ設計者のための用語辞典。今回は「デジタルツイン」について解説する。(2019/9/17)

メカ設計用語辞典:
データム
メカ設計者のための用語辞典。今回は「データム」について解説する。(2019/9/11)

「夜露死苦」的な当て字めっちゃ集めました 読める気がしない「当て字・当て読み 漢字表現辞典」
読めなくても分かる「客恋慕」の“スナックの店名”感。(2019/10/6)

ビジネス用語も充実:
『大辞林』、13年ぶりに新版登場 「バズる」「ワンチャン」「空気を読む」など約1万3000項目を追加
辞書や教科書で知られる三省堂が、13年ぶりに『大辞林』の改訂新版を発売。新たに約1万3000項目を追加し、既存語の見直しも行った。追加項目の中には、新元号の「令和」や、「バズる」「ワンチャン」などの若者言葉、「5G」「IoT」といったビジネス用語もある。(2019/9/5)

メカ設計用語辞典:
有限要素法
メカ設計者のための用語辞典。今回は「有限要素法」について解説する。(2019/9/2)

メカ設計用語辞典:
公差設計
メカ設計者のための用語辞典。今回は「公差設計」について解説する。(2019/8/26)

メカ設計用語辞典:
幾何公差
メカ設計者のための用語辞典。今回は「幾何公差」について解説する。(2019/8/19)

メカ設計用語辞典:
トポロジー最適化(位相最適化)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「トポロジー最適化(位相最適化)」について解説する。(2019/8/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。