ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「三省堂」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三省堂」に関する情報が集まったページです。

「書店の文化を残すため」三省堂書店本店が一時閉店 “第二章”に向けた「巨大しおり」が話題
ネットで買うのもいいけど書店で買うのもいいですよね。(2022/4/26)

石川温のスマホ業界新聞:
auが発売した最強ガラケー「G'zOne TYPE-XX」が大バズり――改めて問いたい「ガラケー」という言葉の意味
KDDIと沖縄セルラー電話が、G'zOneブランドの20周年記念と、同ブランドのケータイを使うユーザーの買い換えを促すためにG'zOneケータイの新モデルを発売した。発売日の発表に合わせた説明会を伝える記事は大きな反響を生み、テレビなどでも大いに取り上げられた。そこで、考えたいのは、この新モデルは「ガラケー」なのかということだ。(2021/12/18)

小寺信良のIT大作戦:
あなたは「人材」? それとも「人財」? 字面で魂は救われるのか
「人財」という言葉が、8年ぶりに全面改訂される三省堂国語辞典に初めて収録される。その語源や経緯を考えながら、字面と印象の関係を考えてみた。(2021/12/6)

どんな意味なのか:
「チルい」「マリトッツォ」「投げ銭」 三省堂、「今年の新語2021」を発表
三省堂は「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2021』」を発表した。大賞は「チルい」だった。どんな意味なのか。(2021/12/1)

三省堂書店「神保町本店」、来年3月に営業終了 本社ビル建て替えで 
三省堂書店は9月2日、東京都千代田区にある「神保町本店」の営業を2022年3月に終了すると発表した。(2021/9/2)

三省堂書店、神保町本店ビルを2022年4月で解体・建て替えへ 新ビルは2025〜2026年竣工予定
“本の街の顔”として40年に渡って読書家たちから親しまれていました。(2021/9/2)

いつか新明解を全版そろえたい――小6で辞書の面白さに気づいた人の10年後が「すてきな夢の叶え方」「初志貫徹」だと話題に
投稿主さんに辞書を好きになったきっかけなど伺いました。(2021/8/8)

DNPとトーハンが出版流通のDXで業務提携 書籍の購買データなどを共有
大日本印刷と出版取次を手掛けるトーハンは、出版流通のDXに向け、4月1日に業務提携を結んだと発表した。書籍の製造・流通における連携を強化する。(2021/7/12)

上半期トレンドランキング:
Z世代が選ぶ、21年上半期「流行ったコトバ」 3位ぴえん、2位アセアセ、1位は?
Z世代が選ぶ21年上半期トレンドランキングが発表された。流行った「コトバ」や「食べ物」など全10カテゴリーでランキングを公開している。Z世代が注目しているモノとは?(2021/6/24)

「取り急ぎお礼まで」は失礼? メールマナー巡り、ネットで議論に
メール文末の「取り急ぎお礼まで」は失礼な言い方と主張するツイートが賛否両論を呼んでいる。ネット上の議論をまとめてみた。(2021/4/30)

初版が予約のみで完売してしまった『水曜どうでしょう×地球の歩き方』の上巻が重版&2020年の最新作の記録も収録した下巻が発売
「情報が古すぎてガイドブックとしては使えない」という難点を補って余りあるファン必携の番組ガイドブック。(2021/4/20)

「今年の新語2020」大賞は「ぴえん」 2位に「○○警察」、3位に「密」など
「大満足」の意味での「優勝」が6位、用言と接続する形の「〜まである」が第8位と、ネットでよく見る言い回しもランクイン。(2020/12/2)

コロコロコミックが「うんこちんちん総選挙」第2回を開催中 うんこ派はちんちん派に勝てるのか……!?
うんこ派の底力を見せるとき……!(2020/11/1)

「TAX FREE」と「DUTY FREE」、どっちも“免税”だけどどう違うの?
街中でも見かけることが多くなった「免税」制度について解説します。(2020/8/26)

三省堂『新明解国語辞典第八版』発表 9年ぶりの全面改訂に “考える辞書”として公式Twitterも開設
日本で一番売れている小型国語辞典が久々の改訂。(2020/8/24)

おじさん・おばさんの境界線? ショックで「ガーン」はもう古い!
(2020/2/11)

ガチ勢のみんな集まれ〜! 2015年〜現在までを振り返る「今年の新語」の傾向と対策
2020年こそランキングを当てたい人向け。(2019/12/31)

モバイル決済の裏側を聞く:
○○Payとは競合しない アプリも個人情報も不要な「QUOカードPay」が狙う市場
全国共通のギフトカード「QUOカード」をデジタル化してバーコード決済で使えるようにした「QUOカードPay」が2019年3月に始まった。QUOカードPay1億円分が1人に当たるプレゼントキャンペーンも話題になった。なぜ、あえてコード決済を取り入れたのか。(2019/12/20)

赤ちゃんパンダだらけの星!? 北海道で人気の作家“そら”さんの絵本『パンダ星』がフワフワでやさしい世界
クリスマスプレゼントにもよさそう。(2019/12/16)

今年の新語、大賞は「−ペイ」 トップ10入りしたビジネス関連語は?
辞書出版社の三省堂が「今年の新語2019」を発表した。トップ10にビジネス関連語も複数選ばれた。(2019/12/5)

三省堂が「今年の新語2019」を発表 辞書のプロが選んだ1位は「−ペイ」
今後、辞書に載るかもしれない言葉です。(2019/12/5)

『大辞林』編集長に取材するから“辞書ガチ勢”集まれ〜! → ガチ過ぎて、質問の意味が分からなかった話
「松村明」が立項されないのはなぜか……って、普通の人には気になる理由が分からないのでは?(2019/11/29)

辞書を読破した人にしか分からない「“シ”のトウゲ」 『大辞林』編集長インタビュー
辞書ガチ勢には“あるある”?(2019/11/26)

辞書作りのシステム化は“辞書の定義”まで変えるかもしれない 『大辞林』編集長インタビュー
「分からない言葉があったら引く」以外の使い方も生まれるかも。(2019/11/22)

便利だがリスクもある“ググれば辞書が無料で引ける時代” 『大辞林』編集長インタビュー
辞書作りの難しさ。(2019/11/19)

辞書作りの世界を描いた『舟を編む』、どれくらいリアルだったんです? 映画版制作に関わった『大辞林』編集長インタビュー
というか、リアルの方が辞書愛が試される展開になってません?(2019/11/15)

写真集『必死すぎるネコ〜前後不覚篇〜』発売記念イベント 池袋と新宿で開催
撮影の裏話が聞けるかも。(2019/9/15)

ビジネス用語も充実:
『大辞林』、13年ぶりに新版登場 「バズる」「ワンチャン」「空気を読む」など約1万3000項目を追加
辞書や教科書で知られる三省堂が、13年ぶりに『大辞林』の改訂新版を発売。新たに約1万3000項目を追加し、既存語の見直しも行った。追加項目の中には、新元号の「令和」や、「バズる」「ワンチャン」などの若者言葉、「5G」「IoT」といったビジネス用語もある。(2019/9/5)

「世利布」「便桶」「洋盞」ってどう読めばいいの? 現代人には読めない“本当に使われていた漢字の読み方”
“今の漢字”の読み方に詳しくても、読めない。(2019/10/3)

「遅刻遅刻!」食パンくわえて走る大学院生 パッと見ベタな少女漫画風“言語学ラブコメ”がシュール
世界の広さを感じさせる1本。(2019/8/8)

辞書マニアが語る“『新明解国語辞典』第4版を43冊持っている理由” 繰り返しますが「第4版だけで43冊」です
同じじゃないんだな、これが。(2019/9/7)

「鍵垢」「パクツイ」「ツイ廃」 実は辞書に載ってるTwitter用語はどれ?
「何語載せても大丈夫!」なデジタル辞書「スーパー大辞林3.0」。(2019/8/12)

【新解さんの謎】辞書マニアが答える「新明解国語辞典は食にうるさい」「辞書なのに一言多い」は本当か?
「食べ物の語釈で『美味』などと書きがち」といわれていましたが……?(2019/7/23)

「理科の実験でおなじみのガスバーナー」って辞書で引けたのか! 意外と知らない“国語辞典の個性”
ずっと「理科の実験のガスバーナー」って呼んでた。(2019/7/9)

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
【新連載】あなたは部下の目に「信頼できるエグゼクティブ」として映っているか?
「上3年にして下を知り、下3日にして上を知る」という言葉がある。上司は部下のことを3年たってやっと理解するが、部下は3日もあれば上司の人間的な本質を見抜くという。(2019/6/10)

「自撮り」「ふわとろ」「エモい」辞書に載ってるのはどれ? 『三省堂国語辞典』第7版
新語に強い『三国』。(2019/6/13)

「大人」の読みは「おとな」じゃなかった! 「大人500円 小人200円」の読み方は?【漫画版】
「小人」も読めない。(2019/6/5)

水曜インタビュー劇場(阪神・広島公演):
市場は縮小しているのに、なぜトラとコイの国語辞典は好調なのか
三省堂の国語辞典が売れていることをご存じだろうか。昨年「タイガース仕様」を発売したところ売れて、今年「カープ仕様」を発売したらまた売れて。「辞書」といえば「カタイ」イメージがあるが、なぜ同社は球団愛に満ち溢れた辞書をつくったのか。(2019/5/15)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

「令和」のアクセントは「栄華」と同じ? それとも「平和」? 内閣官房に聞いた
ローマ字表記は「REIWA」が正しいとのこと。肝心の発音はというと……。(2019/4/1)

PR:「六本木1-1-1」って六本木ヒルズじゃないって知ってた? UCCの限定カフェに行ってきた
UCCの新コーヒー発売イベントを「六本木1-1-1」でやってたのー。(2019/3/28)

「手つだいが こうかいに かわる」9歳の少女が作った天才的“ことわざ”が書籍化 1年半かけて100個以上を考案
付録「死にかた占い」付き。(2019/2/20)

中国の友人「一番難しかった日本語は“ギンギラギンにさりげなく”」→そもそも日本人にも分からない 解釈を巡る議論に発展
「ギンギラギン」と「さりげなく」は両立できるのか問題。(2019/2/7)

2018年の新語に「ばえる(映える)」「モヤる」「わかりみ」「尊い」 三省堂、辞書のプロが選ぶベスト10
「寄せる」や「VTuber」「マイクロプラスチック」などもランクイン。(2018/12/6)

今年の新語大賞は「映える」 読み方は「はえる」ではなく……
三省堂が「今年の新語 2018」を発表した。大賞に選ばれたのは「映(ば)える」。(2018/12/6)

【マンガ】「暮れなずむ」の「なずむ」って何?
卒業ソング「贈る言葉」でおなじみ。(2018/12/6)

スマホをかざすと「書き順」分かるペン字練習帳 三省堂が発売
三省堂が、スマートフォンをかざすとアニメーションで文字の書き順を確認できるペン字練習帳を発売した。(2018/11/30)

「ギガが減る」に「推しメン」 三省堂が現代新国語辞典に新語やネットスラングを収録した理由
(2018/10/29)

『キングダム』、最新巻発売記念に1〜30巻をビジネス書風の演出で販売 「バカという才能」「仕事は『仲間』が9割」など
三省堂書店や蔦屋書店など、一部の書店で表紙と同サイズのビジネス書風カードを重ねて販売。本来の表紙カバーも入っています。(2018/10/15)

なんだか応援したくなる “残念すぎるネコ”の写真展 東京・池袋で開催
大きなサイズの写真パネルが展示されます。(2018/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。